今日のごった煮。
   日々の気になることや好きなもの、画材レビューサイト「Prismatic Colored Fancy」関連記事、ベジの生活情報など。        一言で言うと「ごった煮」。たまーにこっそり更新しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


外国語学習ソフト SOURCENEXT ロゼッタストーン
こんにちは、転職を固く決意し
色んな準備を進めているキサです。
今日はその一部として手に入れた外国語学習ソフトの話です。


ロゼッタストーンていうんですけど、
昔テレビCMしてた(おじさんが真的(ジェンダ)!真的!って言うやつ)ソフトで
WindowsでもMacでも使えます。

24バージョンあって、
英語(アメリカ英語) *アメリカ以外にもカナダとかメキシコ、フィリピンもこちら
英語(イギリス英語) *UK以外にもオーストラリアやインドもこちら
中国語(マンダリン) フランス語 ドイツ語
スペイン語(スペイン) スペイン語(ラテンアメリカ)
韓国語 イタリア語 ロシア語 ベトナム語
アラビア語 ポルトガル語(ブラジル) 日本語 フィリピン語(タガログ語) ヒンディー語
ヘブライ語 スウェーデン語 オランダ語 トルコ語 ギリシャ語 ポーランド語
ペルシア語(ファルシ語) アイルランド語 です。

あんまり安いので、ちょっとかじってみようかなと思いつつ先送りしてたマイナー外国語、
ヒンディー語なんですけど、ゲットしてしまいました。
ロゼッタストーン
もとの27593円から
今、先着30万本が4980円。
数字の衝撃が大きすぎてやられました。


コンテンツボリュームは言語によって違って、
120時間だったり最大200時間くらいだったりするそうです。
単語→フレーズ→文章→会話 って段階を踏む感じで(どれをやるかは自分で選べます)
わりと作りとしては王道で

レベルなんですけど
以前あったタッチイベントに行って、ソースネクストの人に聞いたのは
ロゼッタストーンのレベルっていうのは
最終的に
旦那さんが駐在に行く奥さんが
現地についていくのに困らないレベル

くらい らしいです。

英語だとTOEIC600くらいらしいので
えっと、
得意科目は英語で難関大学卒ですみたいな人は向いてないと思います。
そういう人だといきなり最後の章行ってもパーフェクト出ちゃうくらい簡単な可能性があります。
私には英語は簡単すぎました。

中国語だと、ビジネス用途以外に、飲食店勤務で
お客さんと簡単なやりとりをするために買う、みたいな方もいるようです


でも個人的にはロゼッタのいいところは
色んな言語のバージョンがあるところだと思います。
メジャー言語だったら学習方法っていっぱいあっても、
ベトナム語の勉強ってどうしたらいいのよ、とかなるじゃないですか、
教材の数自体少ないし、CD付きの本か単語の本みたいな。
そういう教材が少ない言語でも、音声付きで単語から会話までいってくれるので
独学のためには便利かなと思います

ちなみにマイクとヘッドホン推奨です。
音声波形付き発音判定もありますけど、話すタイミングが合うかって問題もあるので、
どっちかっていうと
「ゆっくり発音してくれる」「自分の発音をもう一回聞ける」とかの方が
判定自体より役に立つと思います。


価格なんですけど
ちなみに30万本が終わると価格は戻るっぽいです。
もっと高くなるのか、安めに売るのかは未定で
9月くらいまでは4980円で買えるんじゃないかという予測だそうです。

5,6年前はもっと高額だったんですけど、今「何で?」ってくらい安いじゃないですか、
この3月から販売会社がソースネクストに変わって
そもそもビジネスモデルとして、本国で既にコストを回収してて
販売権をソースネクストが持ってる形なので今安くなってる、という感じっぽいです。
今セットで買うとさらに安くなるキャンペーンなんかもやってます。
カナダに行くからアメリカ英語とフランス語、みたい買い方もできるかなとか。

私は駐在に行くわけじゃないんですけど、
ロゼッタストーンに入ってる内容は分かるよう、時間を作りたいと思います。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 今日のごった煮。. all rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。