今日のごった煮。
   日々の気になることや好きなもの、画材レビューサイト「Prismatic Colored Fancy」関連記事、ベジの生活情報など。        一言で言うと「ごった煮」。たまーにこっそり更新しています。
Vegans Cafe and Resaurant(京都・藤森)
こんにちは、
乳製品不使用アイスのショップ・Kippy's(都内。千駄ヶ谷)の存在を知って以来
冬なのにすっごいアイス食べに行きたいキサです。


今回は都内じゃなく、秋に京都に行ったときのランチの話です。
ベジになって以来、はじめて京都に行くことになり、ランチで利用したのが
Vegans Cafe and Restaurantです。

雑誌かネットか忘れたのですが、何かで読んでたんです、
人気の焼肉屋さんだった人が、ベジになって、焼肉店をやめて、ベジのお店を始めた話。
あれを読んだ時に、自分がベジになるまでの苦闘(?)を思い出し、
非常に打たれるものがありまして……
焼肉ピザが好きだったくらいの私なんて、ほんと大したこと無いよなぁ。
印象的だったので、それでこのお店に行ってみたいと思ってたんです。
あとは勿論
焼肉屋さんだった人が、焼肉っぽいベジメニューを作ると、きっとおいしいに違いない
という理由です 笑 Veganて書いてあると分かりやすくて安心ですしね。


お店の行き方ですが
京都駅から(東福寺駅や、伏見稲荷に近い稲荷駅からも乗れます)奈良線に乗って
藤森(ふじのもり)駅で降ります。
公式サイトに書いてある通り、踏切を渡ったのはいいのですが、
書いてある文章の意味が分かってなくてちょっとうろうろ。
スーパーが入ってるでっかい建物があって、
ビルをくぐって西側の大きい通りに出ないといけない
ようです。
kyotovegans-map1.jpg(クリックで拡大可)

スーパーの入り口を右手に見ながら西に抜ければよくて
ほんとにマックスバリューのお店の中を通り抜けるわけじゃありません 笑
ビルをくぐったらあとは右の方にauの文字大きく見えるので、
サイトに書いてあるとおりの道順で簡単に着きます。駅からわりと近いです
kyoto-vegans.jpg


そして選んだメニューはもちろん、人気メニューの厚揚げ丼です。
(サイトに書いてあるようなカルビ風のベジミートじゃなくなったようですね)
厚揚げ丼のタレは、甘め・辛めを選べます。
メニューの下に「単品」ていうのもあり、
これは丼じゃなく、厚揚げがお皿に載って出て来る感じだそうです。


こちらが厚揚げ丼M、972円です。
kyotovegans-don.jpg

甘めを選んだのですが、うまっ!!甘みとわずかな辛み、最強です。
どう見てもどう考えても厚揚げなのに、炭火焼き肉を思わせる焼き色とタレのうまみ。
さすが本格的です。
ごはんも普通の白米じゃなくて、赤米とか色々入ってて…
多分、ショップスペースで売ってた「虹いろ米」っていうのだと思います。
タレは焼肉屋さん時代のタレのレシピをアレンジしたもののようです。
2階に自然食品販売スペースがあり、カルビのたれも1ボトル800円で販売していましたよ。

置いてある本、人は結構いるわりに静かでのんびりした空気
どれをとっても「ベジカフェ」のイメージそのもの。
慌ただしい0泊京都の旅にひとときのリラックス、ランチと一緒に堪能しました。
ごちそうさまでした。



今回京都観光に行って思ったことは
「とりあえず着いたら京都駅の観光協会に行く(バスの一日乗車券を買う。超便利!)」と
京都観光に行くなら、その近くのベジの店をセットで把握しておくのがいい」です。
Vegans〜なら、東福寺・伏見稲荷が同じ電車(奈良線)ですし、
電車には乗るものの、位置的にもそこまで遠くないです。
京都駅から近いとこだったらオーガニックハウスサルーテとか。
清明神社だったらmorpho cafe(駅から神社方面に行くバスから見えました)とか。
京都はベジの飲食店が選べるほど大量にあるので、そんな感じで把握しておくと利用しやすいです。

他の予定が詰まっていたので、はるばる京都に来たのに1軒しか行けませんでした。
京都はほんとにまた行きたいなー。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 今日のごった煮。. all rights reserved.
まとめ