FC2ブログ
今日のごった煮。
   日々の気になることや好きなもの、画材レビューサイト「Prismatic Colored Fancy」関連記事、ベジの生活情報など。        一言で言うと「ごった煮」。たまーにこっそり更新しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


資生堂、化粧品・医薬部外品の動物実験を廃止
久しぶりに驚いたニュースだったので記事を立てました。

「資生堂、化粧品・医薬部外品における動物実験の廃止」と発表がありました。


この時期に突然発表したのは
EUで3月11日から
動物実験された化粧品は一切販売してはいけない法律になるので
これまでの、日本で流通してる資生堂の化粧品はEUでは「売ったら違法」レベルのものになるからです。

もちろん資生堂が
「(生きるためでない)化粧品のために動物を犠牲にするのは間違っている」という
EUと同じような倫理感になったわけではなく
「売れないと商売にならないのでEU対策として実験廃止になった」だけです、
その根拠といってはなんですが
日本経済新聞では中国向けの商品にはこれからも行なうと書いてありました。


資生堂は動物実験を長期やり続けて相当叩かれてたので
今廃止になったのは遅いような、
私としては「あの」資生堂にしては早いような、気もするのですが
EUの完全廃止に合わせて廃止&中国向けでは続けるという
倫理とか全く関係なく、商業的なことではちゃんと動くあたりが、
非常に資生堂らしい、そして日本らしいなと思います。


「販売できない」と困るので、今後ほかのメーカーも廃止の流れはあると思いますが
今回の資生堂のように「廃止、ただし〜と〜と〜のときはやります」だと
結局抜け道だらけなんですよ、
今回資生堂を讃えてる人もいますが、今回は言ってみれば
「真っ黒 に 白い点を二つ塗った」くらいで、全然シロじゃないわけです。
そしてほかの日本の有名化粧品メーカーはかなりの数が真っ黒です。

日本て、「感謝して食べ物をいただく」のはいいのですが
それが歪んで「感謝したら(生きるためじゃなくても)何やってもいい」になってしまって
なかなかそこから抜けきれてない気がするんです。

実験しなくても既に安全と分かっている成分がたくさんあり、
動物で安全でも人間にとって100%安全とは限らず、
しかもEUでは安全等全て検討した上で廃止しても大丈夫と判断されて法律が施行される今、

「食品」でもなく「薬」でもない
「化粧品」のために、大量の動物を傷つけてもいいのか?
その答えが変わらない限り、日本では大きく変わることは難しいのかもしれません。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 今日のごった煮。. all rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。