今日のごった煮。
   日々の気になることや好きなもの、画材レビューサイト「Prismatic Colored Fancy」関連記事、ベジの生活情報など。        一言で言うと「ごった煮」。たまーにこっそり更新しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


OIOI 春のプレスデー2012 パート2
OIOI春のプレスデー見学の続きです。
(注:パート1より後に書いた記事ですが、読みやすいよう
   1の下に来るようにアップしています)


今回は靴と、サイズ展開のお話です。
ユーザーの要望を取り入れた共同開発商品が熱かったのは前回の通りなんですが、
共同開発商品、シューズもいっぱい出てました。
rakuchin-kireips.jpg
「足の裏にすっごくやさしいです!」とのこと、
クッションを入れたりして、歩きやすさや疲れにくさを追求しているそう。

このツイードと、ストーンつきの2種類が春の新色です。
rakuchin-kireip2012s1.jpg rakuchin-kireip2012s2.jpg
基本的には合皮で、リクエストでレザーのものも出たそう。
デザインもどんどん増えてます。
velikokoshoes2012.jpg
kyoudoukaihatsu-shoes2012.jpg
サイズ展開も幅広いです。
大ヒット♪お客さまと共同開発したパンプスシリーズ


共同開発でない靴では
今、ヒールローファーはやはり人気だそう。
oioiheel2012.jpg
ほか、ぺたんこ靴の需要が高くて、ジャケットと合わせて履けるような感じのものとか
あとはパンプスからサンダルに移行する時期の、オープントウパンプスとか
メッシュで涼しげにしたものとかが春から出てくるようです。
opentoe2012.jpg


珍しいと思ったのは「濡れると柄が浮き出てくる靴」です。
元は無地の靴が、濡れると花柄が…
raingarashoes.jpg
角度によっては濡れる前でも柄が分かるんですけど、下の紺の靴の写真だと
全体は無地ですが、つま先の方は 濡れると出てくる水玉模様が少ーし見えます。
2月上旬に店頭に並ぶそうです。
raingarashoes3.jpg

靴はこんな感じです。


今のシーズン人気がある商品について聞いてみたところ、
卒・入園とかに使えるセットアップが売れているんだそう。
特に白など春らしい色が人気だそうです。納得。
 


ちょっと先のシーズンものは浴衣も出ていて、
OIOIの浴衣は古典柄で、そこに小物で変化をつける感じが主流みたいです。
ru-yukata2012.jpg



最後はサイズショップの話ですね、
小さめ、大きめ、Mで丈だけ長いのとか色々ありました。

この春のトレンドが「シャーベットカラー」というのはあちこちで言われていますが
小さいサイズの「クリスタルシルフ」は3~7号でそういうテイストのものが特に豊富なのと
crystalsylph2012s.jpg
レッセパッセなどのブランドもサイズを揃えているそう。
20.5cm~22.0cmで、子ども向けしかサイズがないという悩みに答えて
ヒールのある靴とか、ヒールでなくても大人なイメージの靴を揃えているそうです。
Sサイズの方のためのファッションサイト


ラージサイズのマルイモデル(身長基準はトールではないそうです)は
オリジナル商品のアールユーから
earth music & ecologyなどブランド展開。
靴が24.5~26.0cmまであり、
バレエシューズとか低めウェッジとかが人気があるそうです。

それと「丈が長め」の商品ですね、
私は167cmというトールでも普通でもない半端身長で
Mで丈だけ長い」のが欲しいタイプなのですが
最近、OIOIのカタログには丈だけ長いワンピースとかスカートもいくつか載っていて
今回もありました!
ru-nagame20121.jpg oioionepiece2012.jpg
リボンベルトスカートが50cmと54cm、
ワンピースが88cmと93cm(ともにMサイズの場合)の長さ違い展開です。
ワンピース、後ろの濃色のものだけちょっと長さ違うの分かるでしょうか。
いつも必ず「長め丈アイテム」チェックするのですが、これはありがたいところです。



一足先に春物が色々見られる機会だったので、ひととおりまとめてみました。
お買い物の参考になれば幸いです。
マルイウェブチャネル
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 今日のごった煮。. all rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。