今日のごった煮。
   日々の気になることや好きなもの、画材レビューサイト「Prismatic Colored Fancy」関連記事、ベジの生活情報など。        一言で言うと「ごった煮」。たまーにこっそり更新しています。
ヴィーガンな持ち物、ヴィーガンじゃない持ち物
今日は持ち物の話です。


私キサ、肉と魚を全てやめ(卵・乳製品はときどき食べてます)、
動物製素材を使っていると分かるものを買わなくなって、来月で4年になります。

ベジになったときすぐ、持ち物を見直したんです。
ヴィーガンじゃないものはもう買わないと決め、ヴィーガンスタイルに切り替える場合
非ヴィーガンの持ち物を全て処分するタイプ
今持ってるものは使おうかなっていうタイプ に分かれると思うんですが
私は靴と鞄はいつも使うので気になった&レザーのものが1つずつくらいしかなかったので
早めに処分()。
化粧品とか石鹸とかは処分したり、消費しきれず年単位経過~で処分(に近い)。
あと趣味的にファー等もなく、
年齢的に本真珠とかも買ったことがなかったのは良かったんです。
残りは()でもなんとかなるかなぁと、いう感じにしました。


しかし


最近気づいたのですが
4年もたつのに思ったより動物製のものが減ってないんです。
買うのをやめたらもっと早く、少なくとも2年くらいで切り替わると思ってたんですが
実はまだヴィーガンじゃないものが残ってます。


この記事を書くきっかけになったものは

銀行印! なんです。

この4年の間に間違いなく使った気はするのに、なぜか放置でした。
年度が変わるときに使って、そういえばこれ、角じゃない?みたいな
(小学生のときに親が作ったため不明なのですが、多分ツノ)
字体が全く趣味じゃないので、未練はないんですよ。
銀行とかに手続きして、登録を変更すればいいんでしょうか。
ちなみに人工象牙だと牛乳タンパクが使われていることもあるらしいので
(海外にはハンコ文化がないので、最近まで知りませんでした)
人工ものは避けて石や金属にすると、ヴィーガンには安心かもしれません。
こういうの、自分で好きな字体にして、買うのもいいかなーとか。

あと減ってないのはふとん。掛け布団です。
掛け布団の寿命は15年程らしいので、寿命は近いはずなんです。
なので綿や合成素材の布団も、チェックは確か一昨年からしています。
しかし結局、今冬もこれで過ごしてしまい…
これこそ「もう古いし、ヴィーガンだからいらない」って思いきる時なのかなとか。
(打ち直すと30年くらい使えたりするそうなのですが)

ウールを使った服もそうです。
これが意外なくらい減ってない。
今冬、1枚捨てました。
…なのにまだある。
絶対誰も「食べ物以外はヴィーガン」の人の引き出しだと思わないレベルに場所を取ってる。

捨てればいい。
捨てれば良いのに全捨てできていないのは、
取り繕わず正直に書けば
靴とかは大量に見つけたのに 防寒具を見つけきれていないから、かもしれません。
特に冬、ヴィーガンじゃないものだけで暮らすって、なかなか大変な気がするんです。
もちろんアクリルニット・厚手のコットンニット・トレンチコートなど
ヴィーガンで暮らすための衣類は既に用意して試したんですが、
…暖房効いてるとこや車内ならいいですけど、真冬に外を歩くには結構厳しいですよね。
関東では。(もっとあったかい地域なら平気なのかも?)
少なくとも私の実感として、もっこもこで見た目度外視のアクリルニットや
春向きなコットンニット、トレンチで冬を越すのは無理だと思います。
自称ヴィーガンの人って結構いますし
レストランやレシピの情報はすっごく揃ってる反面、
ヴィーガンがどうやって暮らしてるかの情報ってほんとに少ないんですよ。
みなさんはどうしてらっしゃるんでしょうか。
エアコンをガンガンかける、とか、室内でも毎日カイロ、とかだと
自分にも環境にも相当無理した生活で、誰も得しないし。

別に古い動物性製品を使っても、誰にも害はないし
焦る必要もないんですけど
「どこかで思いきらないと いつまでもなくならない」のを実感してきて、
それに悶々としてきてるのも事実なんです。
「ヴィーガンになる」と決めるとき
もう買わないけど持っているものは使おう、というのはアリですが
私のように4年でも案外なくならない
気になるから捨ててもいいけど、代替がなかなか見つからないケースもある。
動物性じゃないもので、どのように代替を効かせていくか?
Vaute Coutureみたいなヴィーガンブランドのコート
(見た目好みだったんです、どれくらいあったかいのかは不明ですが…
私が最初に日本で買えるヴィーガンの靴を探した時はearthしかなかったのに
今はたくさんあるように、きっとこれからveganの服も増えると思うんです)
とかの輸入を待ってみるか?個人輸入などをしてみるか?
それとも、ヴィーガンでも寒くない革新的素材の発売
(ヒートテックはレディースはミルクプロティンが入っていて
   http://www.fastretailing.com/jp/group/news/1010221600.html
 ヴィーガンじゃないのでダメですが)を待ってみるか?
それに、印鑑みたいな「動物性だった」って思い出せるものならまだしも
把握しようがない動物性のものってあるじゃないですか。
絶対、気づかないで生活に混在している動物性のものだってある。
これもすっごく悶々とします。
「買わない」だけでもヴィーガンになったつもりだったのに、
今もなんだかまだ、「きっちりヴィーガンになりたい」と思っている感じです。

鞄、靴、コスメや生活用品など、
日本で買えるヴィーガン商品は確実に増えてきているので、
あきらめずに追求していけばいいのかな、と思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここからはちょっと違う話。


ヴィーガン生活にしようとして以来
好きだった食べ物とか、便利さだけじゃなくて
ずいぶんたくさんのものを手放しましたが、
憧れも結構捨てたなと思います。
ベジになる直前くらいに、食器にハマって
ウェッジウッドの食器のデザインが好きで、憧れだったのですが
ボーンチャイナって本当に骨が入ってるらしい
(最初聞いたとき、食器に骨なんてありえなすぎて都市伝説なのかと思ったんです、
 本当だと知ったときの方が衝撃でした)
と知り、諦めました。
一生買うことはないでしょう。
シルクも布として、質感が一番大好きだった。
でもすっぱりやめたし
デパートのイベントで繭を煮ながら糸を取っているとこを見たのもダメ押しでした
(シルクOKにしてるベジの人でも、
 あれを見たらほとんどの人はやめる気になると思います。ベジなら。
 虫といえば、旅行先の蜂蜜屋の店先で、
 蜂の巣が 蜂の死骸と一緒にガラスケースに飾ってあるのを見た時もそう思いました)
虫まできっかりやめるヴィーガンスタイルにして本当によかったと思えた瞬間でした。

動物性のものは買わない/ヴィーガン商品・ベジ商品は高い
相殺すれば多少は節約にはなっていいのですが、
それでもいまだに、あぁ、買えなくなったんだな、と思うものはありますね。
あの、もちろんベジなので動物性のものは買いたくないんですけど、
きれいなものとか、あと高級で上質なものは動物製素材で作ったりすることが多いので
コットンとポリエステルのものくらいしか買えないんですよね。
上の「不便さ」に加えて、「きれいなものがない不満」はあります。
ありますが、それでも「使いたくない」気持ちがあるぶん
どうしてもナチュラル志向+禁欲的な方向に行っている気がする今日この頃です。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 今日のごった煮。. all rights reserved.
まとめ