今日のごった煮。
   日々の気になることや好きなもの、画材レビューサイト「Prismatic Colored Fancy」関連記事、ベジの生活情報など。        一言で言うと「ごった煮」。たまーにこっそり更新しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


マッセルのベジタブルブイヨン
新しく固形ブイヨンを買いました。
画像が大きめな理由はのちほど。
7svegetable.jpg
購入場所は広尾の「ナショナル麻布スーパーマーケット」、
他に広尾の明治屋でも見かけました。
楽天でも購入でき、下にあるリンクは楽天ショップ「インポートショップトレンド」です。


あの、実はこれを買うとき、すごいことに気がついてしまいまして

ナショナル麻布ではこれのシリーズのキューブが棚に3種、
ベジタブル、  ビーフ、   チキン って並んでいたんです。
  
ベジタリアンは当然ベジタブルを手に取りますよね。
上の画像、字が読めるように大きめにアップしているんですが、
パッケージ前面、右の下から2段目にもNO ANIMAL CONTENTって書いてあるし。
よしよし。


ところがですね
なんと
ビーフにもNO ANIMAL CONTENTって書いてあるんです。
はっ?

チキンにもNO ANIMAL CONTENTって書いてあるんです。


こっ、これ、一体何でできてるの…!?


思わず両方手にとって、裏面の原材料表示を凝視してしまいましたが
要するにベースはほとんど同じ、塩やデキストリンや野菜で
「香料でビーフ(チキン)コンソメっぽくしてある」ものだったみたいです。

「ビーフを使ったお料理に向くコンソメ」とかでなく、
「ビーフコンソメ(味)」として売っている、のにビーフは入れない
日本のだと、恐ろしい安さのものでも一応動物は入っているというのに…
ベジタリアンでも食べられるものとはいえ、ちょっと食べる気がせず、
チャレンジできませんでした。オーストラリアって一体…

「ビーフ入ってないビーフコンソメ」を作っちゃうあたり
相当化学っぽい味がするのかもと思っていたのですが、
化学調味料は不使用の商品のようです。
味は比較的しっかりつき、なおかつ外国のコンソメにしてはクセがないので、
キューブブイヨンの中では一番おいしいかもしれないです。
ちょっと濃いめの味で家人にも好評でした。

塩分半分の「減塩タイプ」(缶入り)も販売されているようです。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 今日のごった煮。. all rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。