今日のごった煮。
   日々の気になることや好きなもの、画材レビューサイト「Prismatic Colored Fancy」関連記事、ベジの生活情報など。        一言で言うと「ごった煮」。たまーにこっそり更新しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ベジタリアン/ヴィーガンと健康・体調って正直どうなの&ベジタリアン精神
ベジタリアンになって丸3年が経ちました。
今回は、
「ベジタリアンである意識」に少し距離が出てきて見方が中庸になってきたので
ベジタリアンと健康・体調の裏側、と、ベジタリアン精神について、
できるだけ正直に書きたいと思います。


ベジタリアンと健康って、正直、どうなんでしょう?
多くのヴィーガンブロガーがいて、人気を得ている反面
私はヴィーガンあるいはベジタリアンで影で多少健康を害している人も、いると思うんです。

でも、そのことはあまり表立っては書かれない。
それはベジ本人は、ベジこそが正しく倫理的で、色んな問題を解消してくれる方法で、
「他にもベジやヴィーガンがたくさんいる(ブログ等で見る)くらいだから問題ない生き方だ」
と信じているし、
「自分の個人的な失敗」でベジタリアン全体が誤解されたらまずいと思う心理が
あるからじゃないかと思うんです。
こういう心理、結構、くせものだと思います。
ほんとはある程度の人数が失敗してても、自分だけかな、と思って書かないでいる、みたいな。
みんながベジ最高って言って、実は問題は書かないでいるだけ、って可能性もあるんです。

実際は、栄養学の専門家か料理人ではない人が完全なベジタリアンになるのって、
結構難しいこともあるわけなんです。

私の場合は、完全にヴィーガン生活してた頃
3食食べてるのに飢餓感が抜けなくて、でも食べられるものが減り、
おやつとか言ってせんべい2/3袋くらい一気食いしたこともありました。
炭水化物でかさ増しして、空腹とかをまぎらわせてたんです。
こういう「炭水化物過多」経験のあるベジタリアン、ほかにも絶対いると思います。
(たまに欧米とかで、やけに太ってるベジタリアンいるじゃないですか。
私は完全ヴィーガン食だったので、太るまではいかなかったんですけど ほぼ同じような感じで)

もう、どう考えてもこれはおかしい、と自覚しながら。
あとこっちは前も書いたんですが、爪の真ん中が横にへこんだ(貧血)こともありました。
別のとき、冬なんですが
元々冷え性だったのがさらに悪化した上、指がふくれあがってかゆいとか変になり
皮膚科に行ったら、ずっと屋内にいるのに手がしもやけに近い状態になってたとかも。
あれはほんとにびっくりしました。
こんなことありうるんだ、っていう。
あとはたまに口内炎ができたりとか。爪が薄くなって割れやすくなったり(たんぱく質不足)とか。
要するに、鉄分とか、血行とか冷えとか、たんぱく質とか、良くなかったんでしょう。
いっぺんに全部出たわけではなく、しばらくヴィーガン食を続けるとどれか1つ出たりしました。
倒れるとかふらふらとか、そういう派手なのはありませんでしたが。

で、あわててラクトオボに戻したら
「不具合」は一気になくなりました。が、蛋白質がわずかに足りなかったりすることもあります
(最近ベジになって2度目の血液検査をしまして、たんぱく質の基準値って6.5~8.2なんですが、
卵も乳製品もちょっとは食べてたものの6.4とギリギリ届きませんでした。
私個人で見れば「もうちょっと食べれば完璧」ってだけの話なんですが、
一般論では「豆腐も豆も、たまに卵乳まで食べてても、控えめだとボーダーを切る」
んだと思いました)
ほかに、肉食べてた人がベジになると、ラクトオボでも、
ちょっと食べ足りない感とかは 時々出たりするかもしれません。

もちろん体調面で、よくなる部分もありますがそれだけではなく
爪が変になったり、口内炎になったり、そういうのを何回も繰り返したりと
ベジタリアンで体に不具合が出てる人も、中には何人もいます。
何も悪いことがなく大丈夫ならもちろんいいのですが
もし不具合が出たら、様子を見て、気をつけたり、食生活を整えるべきです。
こんな単純で、当たり前みたいなことを言うサイトも、私が見た限りでは存在しませんでした。
あまつさえ、有名どころでも、
ベジタリアンでも大丈夫だと思い込みたいばっかりに、
いちいちベジの有名人を列挙しているサイトだってあります。
ネットでの又聞きで(世の中、画像とか説だってねつ造し放題なのに)
自分の主張を補強するため、自分に都合のいい内容だけ書いているところもあると思っています。
(ただ、菜食になって体調「悪かったのがなおった」、という例は本当の場合も多いと思います。
 例えば、健康に気を使わない食事してる人、
 カップラーメンみたいな加工食品ばかり頻繁に食べてる人(昔の私)と比べたら
 健康に気を使いはじめ、
 肉と、肉を使った加工食品を食べず「食事」らしい食事に整える方が健康的に決まってます。
 肉は栄養価が高いというメリットの反面、健康へのデメリットも意外にあるからです。
 私も大学の頃はおやつとマックとカップ麺を結構食べてて栄養状態悪く
 血液検査で「一人暮らし?ちゃんと食べないとだめよ」とか言われる
 (※実際は実家暮らし)レベルでしたが
 ラクトオボになってはじめて血液検査したら全部正常値になってました。
 逆に、食べ方によっては、たんぱくとか鉄分減りすぎ等の不具合もありうると思います。
 もうひとつ、ベジタリアンが
 花粉症対策として効くのはベジタリアンの中ではよく言われる話で、私も実験済みです)

ほんとに、迷いました。
ベジタリアンて、「動物を苦しめない」でも「飢餓」「環境」でも、健康以外を目標にしてると
ヴィーガン至上主義になりがち
(というか、日本の現状を見据え、つきつめれば当然そうなるはず)なんですよ。
卵と乳製品をどうするか、これで随分悩みました。
周りへの影響を考えたらヴィーガンの方がいいに決まってて、
ヴィーガンでありたくて、でも、爪が割れたり飢餓感が消えなかったりして。
この3年の間にヴィーガンとラクトオボを何回もふらふらしましたし
どれだけ調べたか、苦しんだか、分かりません。
疑いなく「肉食べないと栄養足りない」と発信してる旧世代の情報は置いておいても
『葬られた第二のマクガバン・レポート』みたいな、ベジタリアンで問題ないという研究もあり
ベジタリアンは増えてるけどタンパク質が足りなくなることもあるよみたいな注意
(題名忘れましたが、今年?出た「妊娠のためにはたんぱく質が必要」みたいな内容の本で
 「ベジタリアンだと足りないことも」みたいな部分が結構印象深かったです)もあり
両方、あります。
ヴィーガンだとサプリメントとか当たり前みたいに扱ってる人がいますが
よく考えたらサプリメントって食べ物じゃない気がしたんです。
サプリメントを当然視した「栄養」って、「みんなができる、正しい食べ方」じゃない。
肉や魚はもう一生なくても大丈夫だし精神的にもいらないけど
多くの人間にできること、少なくとも自分にできるラインは
この「魚か、卵か、乳製品はある程度食べる」あたりなんじゃないかと、思うに至りました。
健康のためやってるわけじゃなく、周りのことを考えてベジになってても、
それでも健康害するのは、きっと間違った食べ方だと思ったからです。

ヴィーガンでもローフードでもなんでも、可能な人も実際にいるかもしれない。
うまくいっている人もいます。
けど、そうじゃない人だっているんじゃないかと思うんです。
元々肉は動脈硬化とか不健康のイメージはありつつ、やはり栄養価は高い。
食べられるものが減れば、栄養バランスは当然シビアになります。
食事バランスをとるのに成功する人もいれば、失敗する人もいます。

ベジになって良かったって人もいれば
ベジタリアンやヴィーガンのデメリットに悩んでいる人も、いるはずです。
私は「多少(肉食べてたときよりかなり少ない)の卵・乳製品あれば問題出ない」タイプでしたが、
牛乳が体質的に合わなくて 肉・卵・乳製品抜きで魚だけ食べるのが合ってるとか、
そういう色んな兼ね合いは個々人で違う可能性もあります。
(追記:個人的な印象として、
 特に、出産可能年齢の女性は問題発生率が上がっている気がします。
 要するに、肉でもなんでも好きなだけ食べていても貧血になる女性が時々いる中で
 そこからさらに肉卵等を抜いて、貧血等になる可能性を100%払拭できるのかということです
(男性にはもともとあまり貧血はみられないですが)。

 ブログをやっていて私が感じるのは
 ベジタリアンやヴィーガンになるのは女性の方がかなり多いですが
 実際にヴィーガン食の生活に成功し長期継続できるのは男性の方が多い、という印象です。
 これはしばらく気づかなかったほど、私にとって極めて意外な発見でした。
 男性は 肉料理を好む人が多い だけで
 肉体構造的にロスが少なく、菜食でも栄養不足になりにくいのだと思います。
 よく考えれば、歴史的に僧侶が精進料理を食べていた=
 男性が純菜食で生きやすいということなのかもしれません)

ヴィーガンものを色々食べてネットで紹介してはいますが、
それでも食べ物に関する「ヴィーガン」は、自信を持って人に薦められる段階にない、
誰でもできて安全なヴィーガン食理論が広く行き渡っておらず
不用意に「ヴィーガン万歳」と言うには、栄養を整えるための研究がまだ少なすぎる
と思ってます。


そしてようやく「体に不具合出ることもあるよ」って気づき、ちゃんと言えるようになった今、
心配です。無理して、誰か、体を壊していないか。
ブログにいらっしゃる方でたまに、ベジタリアン 口内炎とか、体調とか、
ご本人がちょっと不具合経験してらっしゃるのかな、って検索の方が見受けられるんです。
特に、意志が強いほど、危険もあるんですよ。
理由なくベジタリアンになんてならないじゃないですか。
好き嫌いか健康志向ならぼちぼちやっていくと思うんですが
動物のこと・環境のこと・飢餓のこと、そういう残酷な現実を知って、
それを変えようとベジタリアンとかヴィーガンになろう!って思ったタイプだと
とにかくなんとかしなきゃ、頑張らなきゃ、って思いやすいんです。
私はそうだったし、だからこそたくさん苦しんだし、
反対に 決意があったからこそベジも3年続いてるんですけど。

悲しむだけでは、体質や栄養的な問題が乗り越えられるわけじゃないんですよね。
そんなので体質変われてたら私はブレサリアン(ものを食べない人)になったはずですし
最低でもヴィーガンでは いられたでしょう。
でもそうじゃなかった。
精神や理想から入っても精神や理想で片付けるのは非現実的だということです。

ベジタリアンて単に「食べるものを変える事」で、別に全てを救う画期的手段じゃないわけです。
そういう風に主張してるサイトもありますが、期待しすぎてはいけないというか。
ベジのブログやサイトはハッピー、エコ、地球や動物に優しい…明るい面を強調した記事ばかり。
でも、本当に必要なのは夢じゃなくて、現実的な方法です。

だから、菜食のメリットを知ってベジタリアンになろうとする場合や、
あるいはなろうとしたけどちょっとうまくいかなかった場合は
とにかく
自分にとって本当に必要なものはなんなのか を
自分で1つ1つ見極めていくことが必要
なんじゃないかと、今は思うんです。
例えば美容のために馬油を塗りたくる必要は別にないなとか、
シルクの衣類はなくてもいいか とか、
じゃあ、焼肉食べ放題って必要?
食べ放題じゃない、食事で出される数切れの肉は?
卵は?
マクロとかローフードとかって…?
そうやって考えたり、「自分」にとってどうかを試すことがすごく必要だと思います。
(マクロビオティックやローフードは失敗例も時々聞きますが…)
そうやってボーダーを前後して調べると
例えば私だと、ラクトオボベジになったときは健康面では全然問題が出なくなり、
食べられる食品自体が激増するのもあり、このあたりが自分の思うボーダーでした。
それでも、卵食べる量とかは、ベジタリアンじゃないときよりは明らかに減ってます。
オムレツで卵二個とか牛乳を飲むとかそんなには食べません。
ヴィーガン基本で、たまにちょっと卵と乳製品が入ってるものも許容するぐらいの、
ヴィーガンとラクトオボの中間くらいがベストと思ってます。
なおも絶対にヴィーガンとしてやっていきたい方は、食事を完全に解体するつもりで切り替え、
専門家並みの知識をつけるくらい研究しないとだめです。
もしかしたら私が何か間違っていて、「正確に研究され組み立てられた食事」にしたなら
私だってヴィーガンでも大丈夫なのかもしれませんが、
理由は分からないのですが、失敗しました。数日は平気で、続けると不具合が出がちでした。
ヴィーガンとかフルータリアンで本当に健康に暮らしてる人には、
本当に何も体の悪い変化はないのか、
なぜ私はヴィーガン食がだめだったのか、
なぜ世の中にはベジタリアンで体に不具合が出る人がいるのか、
何を食べれば良いのか、教えてほしいくらいです。
あんまり悩んで、血液型別の食事とかいうよく分からない理論まで思い出してしまいました。
私O型(肉を食べるのが良いと言われている。A型がベジタリアン向きだそう)なんですが、
どうなんでしょうか。

ベジタリアンは確かに1つの選択肢で、私は肉を食べる生活に戻るつもりは全くありませんが
ほんとに、ベジとしての立場抜きの、3年ベジタリアン試した個人としてしゃべります。
正直 健康でいたかったらたまに魚か卵くらいなら食べてもいいんじゃないかと思います。
なんか物足りなかったり、ガッツが出なかったり、することは時々はあります。
「動物」を食べるのは私は絶対やりませんが、それでもヒトという動物としてみれば
肉も卵も乳製品も取らないなら 栄養としての魚はアリだと思います。
同時に、魚や肉は、「時々」ならいいかもしれないですが、
毎日、ましてや1日数回食べるようなものではないと、試した感覚としてはっきり思っています。
肉なんか3年間一口も食べなくたって何も問題ありません
でも、その中でやりすぎだったり無謀だったりで失敗もしているので、
他の人がそれで健康を害したりしていないかと、考えて今回の記事を書きました。

食肉のこととか飢餓のことを初めて知ってショックを受けた人、
特に学生年齢の若い人たちや繊細な人へ、
悲しみすぎないでね。と言いたいです。

実際、「動物を殺さなければいけない」と思うのは、本当に悲しいことです。
生きるために動物でも植物でもなにかしら殺さなければいけないなら、
自分なんて死んだ方がいいのかと思ったことだって、もちろんあります。
中学校のときに最初に気がついたときも、ベジになった3年前もそうでした。
植物にだって命はあるだろうと批難するノンベジがたまにいますが、
私だって、食べずに生きられたら今日からだって植物も何も食べません。
切り花とか切るのもどうもなじめなく思ってるし、
生きるために植物を殺さなきゃいけないなんて心底悲しいし、
生きるために何か殺さなきゃいけないなんて心底バカバカしいブラックジョークみたいに思ってます。
でも、そうやって極端に走っても結局変わらないじゃないですか。
自分が死んだとしてもそれでも何も変わらない。

なんでも、
ベストな理想は叶わないときでも、限りなくベターに近づけることはできるはずで

なにかを変えたいと思ったことは大切にして、
自分にできることは他人ができなくても他人がやっていなくても必ずやり通し、
人に出来ても自分には出来ないことや、理想と現実的な部分はちゃんと見極める。

これに気づくまで、3年です。遅かったなー。

ベジになると決めた時点で、ベジサイトはもう参考文献程度にして、
健康を保つことも、理想や現実や精神との折り合いも、
自分で探る、べきだったんですね。

一人でつっぱしって無理するより、
「二人が肉とか魚を半分にすれば、実質1人のベジタリアンができる」みたいな
ああいうのを目指すのもいいのかもしれません。
この考え先日どこかのサイトで見たんです。ノンベジにも適用できそうで、いいですよね。
もちろん、ゆるみすぎてあれもこれもオッケーとかはよくないと思いますが
不具合が出た時点で、無理しすぎないことは覚えておいてほしいんです。
皆さんには、動物や、飢えた人、環境以外に、自分のことも大切にしてほしいなと思います。
体を壊す食事は、正しい食事ではありえません。絶対に。
理想や目標も大切にしつつ、
無理しすぎず、自分にとって正しい位置や、食べ方を見つけてほしいです。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


キサさん、はじめまして。
いつもブログ楽しみに拝見してます。
今日のエントリー、私も2年くらい前からまったく同じことを思って、
そして1年間のビーガンから時々魚・卵・乳製品を摂る、セミベジになったんです。
そう、ベジでそれを声高に言う人って少ないです。
思わず共感して書き込んでしまいました。

私のサイトも、「ベジ 肝臓 数値」とか、ベジになって何か害があったのかな?
と思われる検索ワードで来られる方もあるようで。
やっぱり人それぞれなんですよね。
ギリギリでバランスをとるから、本当にシビア。
ベジタリアンは、栄養バランスにおいてボーターにいるんだと思います。
だから、ほんのちょっとしたことでバランスを崩しやすいし、崩すと結構ひどかったり。
私もセミベジになって、すごくいい感じなんです。
自分の体の声を聞くのってとても大事だと思います。

すみません、長々と…。
これからも楽しみにしてます。
iori | URL | 2010/05/30/Sun 23:51 [EDIT]
iori様、はじめまして、こんにちは。ブログご覧になって下さって、ありがとうございます。

「ベジ 肝臓 数値」は心配ですねー、何かをすると肝臓の数値が良くなることを期待して探してるノンベジの人とかだといいんですれけど。なんと言うか、自分の体調での問題を隠してヴィーガン最高~みたいに煽り、それでヴィーガンになった誰かが体調を崩したら、ブロガーであってもその責任は免れ得ない気がしたんです。「体調を崩す食べ方は食べ方として間違ってる」と今は思いますし、そろそろ「体に不具合出ることもある」「自分にできることで良いんだ」と書く人が必要な気がして、書いたのが今回のエントリーでした。
とんでもないです、全然長くないです。それに、あぁやっぱりヴィーガンて難しいんだ、と思いました。参考になります。私こそ謙遜抜きの長文書きで反省しています;ほどほどに飛ばしながら読んでいただければと…。この度はコメントありがとうございました。
キサ | URL | 2010/05/31/Mon 08:08 [EDIT]
魚は食べてます。花粉症対策なのでベジタリアンの哲学はわかりません。自己流ですが子育てをする動物としない動物で線引きしてます。親の愛情で育った動物は感情的に食べれません。テレビ番組でも動物親子愛物は泣いちゃいます。
5番目 | URL | 2010/05/31/Mon 11:05 [EDIT]
いつも読ませていただいています。
有益な情報ありがとうございます!

わたしはヴィーガンではなくペスコでしたが、2ヶ月ほど前に生活環境が大きく変わってからバランスを崩していて、いわゆる「未病」な状態になってしまってます。
キサさんと比べると、本当になんちゃってベジなのですが・・・それでも。

たぶん持病との複合要因なので、卵や乳製品、まれに肉も摂ったりしてみて試行錯誤中なのですが、ベジってギリギリのバランスにいるなあというのを痛感していたところです。体だけで見た栄養バランス的にもそうだし、心のバランス的にも。
以前だったらなんてことない変化でも、対応しきれなくなってしまってました。まあ、わたしのやり方の問題もあるかもしれないですが。。。

免疫力の本を書いている安保徹さんが、働き盛りのフェーズにいる人は、やる気醸成のためにも時に肉類が必要。でも引退してのんびり過ごせばいいとかガンになったとか、そういう人生のフェーズにいる人は玄米菜食すべき。と書かれていました。
氏の主張については賛否両論ですが、この柔軟さって重要だと思うんです。
一般的な日本社会から若くして「降り」られてラブアンドピースで暮らせるなら、突き詰めてもいいかもしれないですけど、そういう人ってやっぱり限られてますよね。少なくとも日本では。

>二人が肉とか魚を半分にすれば、実質1人のベジタリアンができるみたいな

この考え方、すごくいいと思います。いただきました!
いわし | URL | 2010/05/31/Mon 13:49 [EDIT]
>>5番目様
あ、親の愛情…という発想は今まで全くなかったです。なんか優しい感じがします。
確かに花粉症だと、たんぱく質補うのに卵乳製品、ってわけにいかないですからね(経験済)。そうすると魚を食べるタイプってかなり健康・体調面ではいいスタイルの1つなのかもしれません。和食って立派ですね。
キサ | URL | 2010/05/31/Mon 15:52 [EDIT]
>>いわし様
その安保徹さんの説ははじめて拝見しましたが、分かるような気がします。「やる気」というより、肉食獣的な「強さ」「周りを食ってやるという気概」というか、のし上がってやるというガッツやパワーは減る気がするんです。そしてそうなると、競争社会みたいになってしまった都会ではなかなか生きづらいという気はしていますので。同時に癌とかで玄米菜食すべきもすごく分かります。

「二人が肉を半分にすれば1人のベジタリアン」は最近どこかのベジサイトかブログで見かけまして、私もこれはノンベジでも取り組めそうでいいなと思ったんです。本当は人数が増えればかなり減らせるんですよね、1人が完璧にするより3人半分にする方が減らせますし。

最後になってしまいましたが、どうぞお体ご自愛下さい。いわし様に良い食事のバランスが見つかって、そして体調が好転しますように。
キサ | URL | 2010/05/31/Mon 16:14 [EDIT]
自分の体の声を聴くのも大切なのですね.
キサさま,はじめまして.
いつもは見ているだけなのですが,今日のエントリはとても参考になりましたので,コメントさせていただきました.
ヴィーガン生活を実践していらっしゃる方のサイトやblogなどで,「よい面」ばかり強調している方が結構多いのが気になっていました.
こちらのブログのおかげで,そればかりではないこともわかりましたし,今日のエントリでは,共感する部分がたくさんありました.
自分の体の声を聴きながら,自分にとって一番心地よい状態を探していこうと思いました.
うまく表現できなくて恐縮ですが,とてもためになるエントリでした.
ありがとうございました.
いずみ | URL | 2010/05/31/Mon 21:08 [EDIT]
いずみ様、はじめまして、こんにちは。これまでもブログを見ていただいているとのこと、ありがとうございます。

他のサイトさんのヴィーガン/ベジタリアンについての「良い面」だけを前面に出す記述、確かにそうですね。コメントをいただいて気づいたのですが、以前の私はその「良い面ばかりの記事」をどこか真に受けている部分があって、当然ヴィーガンには問題がないだろうと思いこんでいました。ところがどうも、長期間ヴィーガン食だと不具合が出がちで…自分自身が見るからにおかしい爪になってそれでもなお、「誰もそう書いていないので」、それは自分がおかしいのかと思っていました。今回書くことで、不具合を経験されている方が、無理はしなくていいんだと思って下さると良いのですが。こんな文章でも(長い上にまとまっておらず本当に申し訳ありません)参考になったとおっしゃっていただいて、恐縮でもあり、嬉しくもあります。ありがとうございました。
キサ | URL | 2010/05/31/Mon 21:50 [EDIT]
いつもブログ拝見しています。

話題がタイムリーだったので、コメントを書かせていただいてます。

Veganになって8ヶ月くらいが経過し、明日、年に1回の健康診断に行きます。

結果によってはVeganを諦めるとか、Vegetarianになって乳製品は摂るようにするとか、そういう選択を迫られる可能性もあるので、少し、不安はあります。

ただ、今のところ、体重が極端に落ちた以外は、体調に関してマイナスな方向での自覚症状はなくて、お腹の調子も良いですし、肌も綺麗になりました。

太極拳をやったりプールで泳いだり、体も作っているので、疲れやすいとか、ガッツが出ないとか、そういう事もないですし、確かに花粉症も今年は出なくなりました。

食事もほぼ100%自炊で、絶対量が少なすぎるようにも思うのですが、炭水化物に頼る事もなく、比較的バランス良く食べているとは思っています。

手先が少し冷えるような気もするのですが、これは元々だったように思います。

Veganになった当初、それまでの知り合い関係でそういう主義の人は誰もいなかったので、色々と手探りで始めましたが、最近はちょっとしたVeganのコミュニティーに入っていて、月に1回の食事会とかもありますし、仲間もできて情報交換もできて、気持ち的には楽になりました。

でも、文頭に戻りますが、明日の健康診断である意味、科学的な数値を採るわけなので、その結果と体感や気持ちとにズレがある場合、どういう風に受け止めようか、その辺が難しくなりそうです。

そういう意味で、このブログのエントリーは非常に正直な心境を語ってくれているので、参考になりました。

有難うございます。

hiro | URL | 2010/06/01/Tue 18:55 [EDIT]
hiro様、こんにちは、いつもブログを見ていただいているとのこと、ありがとうございます。

これから健康診断ですか。でも、ほんとに体調に問題が全くない場合は、数字の方も大丈夫な可能性は高いかもしれませんね。私の場合は数値を測る以前に、明らかな自覚症状が出てしまっていたので…。例えば手の冷えも、元々冷え性の自覚はあり、なおかつそれ以上にひどくなった実感があったのです。冬は手を服のポケットにずっと入れてないと手があっという間に冷えてしまう、という感じで。
体重の減りについてはおそらく異常ではなく、正しいと思います。もしかしたらお医者様は「急に痩せたって病気?」とおっしゃったりするかもしれませんが、私もはじめてすぐ(異常がない頃)減りはじめました。多分、ヴィーガンは「ノンベジの頃より体重がかなり減った状態」が正しいのではないかと。
ヴィーガンで地味に失敗をした身としては、健康体でいらっしゃるhiro様はほんとに尊敬します。私なんかより、きっとhiro様が何かお書きになった方が、ヴィーガン実践として役に立つのではないでしょうか。あまり健康の数値とかを出される方っていらっしゃらないので、健康診断の結果も気になるところですし。

とにかく今回は正直に書きたかったので、そういっていただけるととても嬉しいです。コメントありがとうございました。
キサ | URL | 2010/06/01/Tue 19:27 [EDIT]
同感
今日の記事、納得です。

私自身、アトピーがひどくなった時に
ごはんと煮た野菜だけ
という生活にしばらくしていました。

その結果
肌の状態もよくなったし
体重も減りました。

しかし、目がかすむようになり
視力が落ちてきた感じがしたので

これは、たんぱく質を減らしすぎたことが
原因かと思い

少し、肉・魚・卵なども
取り入れることにしました。

そうしたら、その状態が一番快適だったのですが

やはり、体調によっては
野菜と穀物だけの生活に
戻しています。

関係ないかもしれませんが
あの釈迦も
牛乳を飲んだと
伝えられているぐらいですし

自分も地球も大切にしたいです。
HAPPY♪ | URL | 2010/06/06/Sun 14:45 [EDIT]
HAPPY♪様、こんにちは。

ヴィーガン食で目がかすむというパターンははじめて聞きました。本当に蛋白質なのか、それとも動物性食材に含まれるビタミンか何かでしょうか?動物性食品を完全に除く影響って、思ったより色々あるのかもしれません。

アトピーと菜食は、今、個人的にとても気になっているテーマです。私自身は昔から肌荒れ性(1回食器洗いをするだけで手があっという間にひびわれたり)なもののアトピーではないのですが、ベジタリアンの食事でアトピーが改善したという内容をたまに見かけますし、悩んでいらっしゃる方も多いので、改善する方法がまとまれば、きっと役に立つと思っているのですが…。コメント参考になります。
体調によって野菜と穀物だけに戻すということは、アトピー対策には「ヴィーガン」が向いているんでしょうか。牛乳が良くないんでしたっけ?(小学校の頃、一番仲のよかった友達もアトピーがあって、給食の牛乳を飲まずにお茶を持ってきていたことを思い出しました)もし動物性たんぱく質を取る場合、花粉症と同じように、魚だけ食べるタイプのベジが向いていたりするのでしょうか。難しいです。はっきりとした指針が集められるといいのですが。

はい、ぜひ地球も大切にしつつ、HAPPY♪様もご自愛下さい。肌のことも含め、HAPPY♪様のご健康をお祈りしております。
キサ | URL | 2010/06/06/Sun 16:05 [EDIT]
はじめまして自分はベジタリアンでもなんでもないのですが、健康でいたいので、食事などにも興味があります。

よくテレビや雑誌で、・・は体にいい、・・は悪い、といいますが、、個人差があるのに、なぜアンナに無責任な言い方をするのだろうと、気分が悪くなります。。同じ日本人といってもいろんな体質がある、同年代でも。皆遺伝情報が違う。個人差があるのに。

薬と一緒で、食事療法も効果のある人、逆効果の人、出てきて当然。なのに○○な食生活をしない人間おかしくなるとか、、酷く煽る人達がいて、正直不愉快です。


ある人はブログで、牛乳や肉で病気になりなくなった身内が多くいるから、そういう食品は悪い!と力説しています。でもそれはその家系の遺伝子、体質に合わなかっただけだと思うのです。

うちの曾じいさんは、大酒のみで大食家、猟師だから戦時中もいのししやら大量に食べて、80以上まで生きていました。
病弱で兵隊になれなかった爺さんもタバコとスキヤキ、カフェインタップリのコーヒーが大好物、それでも89まで生きました。
祖母もも肉もスナック菓子でもなんでも食べてました。88だったはず。長生きな方ですよね?
イギリスの貴族のある女性はそれは美食家で何でも食べて、でもエアロビクスもする超健康。祖母より長生きです。

牛乳も肉も蜂蜜もとらないベジでも病気になり、もっと早く50代とかでく亡くなっている人だっています、ベジが万能ならより長く、しかも健康に生きているはずなのに。


食事でも運動でも個人個人の体質を考慮して選んだ方がいいと思うのです。
MM | URL | 2011/07/31/Sun 08:34 [EDIT]
MM様、はじめまして、こんにちは。

体質とのマッチングって、コメントのお返事であっさり書くには非常に難しい問題だと私は思うんです。例えばタバコって体にいいことはないですが、でもタバコ吸ってても長生きする人もいますし、「悪い」ものでさえ「必ず致命的」なわけではないんですよね。食品でもそうで、体に悪いものも量が多くなければたいしたことないか、単に「リスクが増加する」程度かもしれない。それどころか、肉は脂が多いなどの反面、栄養価が高いというメリットもあるので、長生きという点にはその部分が勝るかもしれない。私みたいな素人が判断するには、難しいです。
ベジは万能ではないですよ、もちろん(そういう風に書いている方がいらっしゃるのと、それによってそう信じてる方がいらっしゃるので、記事を書く必要があったわけですが…)。癌になる人もいますし、それとヴィーガンは案外早死にしたり…という例もありましたし。要するにただベジタリアンを増やしたいばっかりに煽ってる人もいますからね。誰かの意見や説は、出版されている本であってもそれを鵜呑みにするものではなくて、それをもとに生きるためのものですし、自分がやってみないことには有効かどうか判断できません。健康面だけを理由にベジタリアンになる人がどれ程いるのか分からないのですが、食べるものの内容でも、バランスでも、どなたにもご自身で試してみていただきたいと思います。
キサ | URL | 2011/07/31/Sun 15:44 [EDIT]
1年ほどヴィーガン生活をしているのですが、昨年末に扁桃炎に、最近口内炎がたくさんでき、なかなか治りません。(扁桃炎になった時には栄養不足と、免疫システムの低下と言われました。)又、やや暴食気味かもしれません。

自分の健康を害すことによって家族に迷惑をかけたくないので、ラクトヴェジタリアンになろうかと考えていたところでした。

このエントリーに感動しました。ありがとうございます。
Junior | URL | 2012/04/20/Fri 00:16 [EDIT]
扁桃炎大変でしたね、お見舞い申し上げます。口内炎もあったということですが、ヴィーガンによる不具合にはよくあるものなのかもしれないですね。
お医者さんに栄養不足とか結構はっきりしたワードを言われても、日本だと普通のお医者さんはベジタリアン自体あまり理解していないかもという懸念もあり、ヴィーガンが理想だという思いもあり、従うべきか考えたりするじゃないですか、ベジ側の人間が「不具合出る人もいる」ことを書いておかないと、ちょっとぐらい問題があってもヴィーガンを続けたくなってしまうと思ったので、この記事ができました。Junior様も無理しすぎず、ご自分に適したスタイルを探って下さればと思います。
キサ | URL | 2012/04/20/Fri 07:16 [EDIT]
ラクトオボです。
倫理的理由からスタートした者です。魚は食べますし乳製品も取ります。
いままで毎週買っていた肉を買うことをやめました。
色々見聞きした結果、肉が動物の死体に見えてしまい調理するのも注文するのもそそられない。ですが元々は肉好きな方でしたので、ハンバーグや焼鳥が食べられなくなったのがたまに辛く、、、精神と体が一致せず、なんだかよくわからなくなってしまいました。
肉を欲する体、命を奪うことを毎日している。
そうしなければ生きていけないなんて、なんて罪な存在なんでしょうか。
他の命を奪ってまで生きている価値が果たしてあるのか。考えていると死にたくなってきます。

記事読んで涙が出ました。
付き合っている彼からは、今まで一緒にハンバーグとか食べてきたじゃないか、食の楽しみを共有出来ないのは困ると言われて理解が得られません。つらいです。
記事を拝見し、同じ思いや葛藤を持つ人がいることがを嬉しかったです。
何を選択するか、極論は自己満足なんだと思います。自分に納得いく選択をしていきたいと思います。
長文失礼しました。ありがとうございます。
あんな | URL | 2012/05/27/Sun 20:33 [EDIT]
あんな様、こんにちは。
ベジって完全に定着するまでが大変なんですよね。やめたけど肉を食べたいのって、私も最初はありました。でもそのうちどんなに頑張っても肉の味を思い出せなくなるので、もうやめるって決意があれば半年もすれば平気になるんじゃないかなと。精神的なものも…死にたくなってくるっていうのもすごく分かりますが、ベジが日常になってくると色々考えることが減るので、とりあえず自分にできることを1つずつでもしようって思っておいたらいいんじゃないかなと思います。

うーん、同じものを食べて共有できないと嫌な人、結構いるみたいですね。本当は「同じものを食べる」と「場を共有する」はイコールではないのですが…。彼氏さん、あんな様の変化を受け入れてくださるといいですね。
この記事は2年前に書いたものなのですが、いまだに結構拍手が多い記事で、色んな悩みや葛藤って多分「肉をやめた」人は誰もが通る道なんだと思います。それを通ってこそ落ち着くところが見つかると思うので、あんな様にベストなスタイルが構築できますように。
キサ | URL | 2012/05/27/Sun 21:46 [EDIT]
参考になりました。
キサ様、はじめまして。

私は開業医ですが患者さんに何を食べるのが健康か、で随分悩み研究してきました。そして最終的にビーガンがいいのでは、という結論に達しそういう生活に近い生活を私自身二年ほど続けました。

しかし、あなたのおっしゃるような不具合がちょこちょこ見られるようになりました。
今回のブログはとても参考になりました。

患者さんには、ガンや膠原病、リウマチ、神経難病などの重症の患者さんがいますが、そういった難病の患者さんにはしばらくはビーガンに近い食事をとってもらいます。

しかし、そのあとは状況をみながら肉、魚、卵、油、甘いもの、を少しずつ再開しその人の体にあった食べ物を戻していってもらっています。

但し、個人的な見解として牛乳・乳製品、カフェイン飲料、加工食品は禁止しています。なぜならアトピー、喘息、花粉症などは摂取すると、すぐ症状の悪化する患者さんがいるからです。

症状が出ないから安全と言えるのでしょうか。表に出ず、からだのうちに堆積する場合があればどうなるのでしょう。いつか破綻する可能性もありますね。それは、ガン、脳血管障害、心筋梗塞などはある日突然に起こったり、見つかったりしますね。

カフェインはカフェイン中毒という言葉があるように慎重に飲んで欲しいですね。メーカーが勧めるようには健康的ではないように思います。

それは、私自身数十年の頭痛が、お茶も含めて一切のカフェインを排除して今は頭痛が起こっていないからです。この経験から、同じような患者さんにも指導して効果をあげています。

またカルシウムパラドックスという言葉、ご存知ですか? 骨折の多い国が酪農国家に多いという現象ですね。キャンベル博士の本にも出てきますね。牛乳、チーズ、ヨーグルト、パン、バター、ケーキ、アイスクリーム、洋菓子など子供たちへの影響が心配です。

私自身も小さいころからの体調不良がこの乳製品にあるとしらず、先の乳製品を大好きで、牛乳など1000ccとっていたこともありました。一切を止めてとても健康になりました。特に胃腸の調子の問題でした。便の性状が一変しましたね。

パンも問題ありますね。添加物を吟味して選ぶ癖を身につけると良いですね。しかし、水分を含まない書物はおよそダメですね。なぜなら人体は60-70%は水分ですから、食べ物もこれに近いものを選ぶのがベターですね。

その意味でフルーツと生野菜が人類を700万年いき続けさせたのだと思います。

また、実際、患者さんで(特に女性)脊椎骨粗鬆症の患者さんがどれほど多いか、診療現場では驚くほどです。殆どの高齢女性の身長が低くなっていることで分かります。これも乳製品を止めさせると身長低下は減るか免れるのですね。
昔にはあまり見られなかった現象です。

関節リウマチなども乳製品を取らせないようにすると改善していきます。

油に関してはオメガ3の油が健康にいいようです。勧めています。しかしオメガ6は勧めていません。一回こっきりの油使用なら問題ないようですが、買ってきた揚げ物、炒め物、天ぷらなどは禁止しています。酸化していますから。

キサさんの観察眼は素晴らしいと思うし、中庸にものを考えるという態度も非常に好感が持てます。

何事も過ぎれば害は及ぶし、不足すれば、ビーガンのようにビタミンB12のサプリをとらないといけないし、オメガ3でもわざわざフラクシード、チアシード、ヘンプなどというスパーで手に入り難いものを推奨していますが現実的ではないですね。

青魚や大豆を摂ったりして日本人は世界でも頭のいい国民と世界に評価されたりしました。

しかし、今は残留農薬や放射能汚染の問題もあるので手放しでお魚を推奨できないのは辛いところではあります。

油そのものを否定するビーガンの人もいますが、私はシソ油、エゴマ油、アマニ油などは勧め、良い手応えを感じています。それにスーパーで手に入るのが嬉しいですね。

ながながと書きましたが、ヴィーガンの問題点、という検索をしたらキサさんのブログにぶつかりました。良い情報を入手できて嬉しいです。私の食事法もまだ間違っているところもあるかも知れません。

その都度修正してより良い健康法を模索していきたいと思っています。

良いブログに出会え嬉しくて書き込みました。
有難うございました。

自然治癒力を勧める医師より | URL | 2013/04/28/Sun 07:07 [EDIT]
はじめまして、こんにちは。

さすがプロというほかない内容で、すごく参考になりました。特に全く考えの及ばなかった点では、食べ物を選ぶとき「水分の割合」という視点は気付かなかったですし、一番びっくりしたのは脊椎が骨粗鬆症になるというところです!全然知らなかったです。こわいですね…
まぁ乳製品と現在の日本の認識・環境もなかなか恐いですけどね。学校給食に出してるのに、ほんとベジに入った人たちが皆さん口を揃えて乳製品の害をおっしゃいますから、「それを毎日子どもに飲ませてるの?」っていう話になってきますから…。関節リウマチが乳製品除去で改善する!…φ"(. . )メモしました。
カフェインは私も避け気味でありつつ、自覚症状が何もないので案外摂ってしまっているかもしれません。コーヒーか紅茶か緑茶しか選べないこととかありますしね。なんでも「症状は出なくても蓄積されている」をありがたく肝に銘じます。

フラックスシードみたいな聞き慣れない・なのにヴィーガンになると突然推奨される食材、ありますね!ヴィーガンを始めた頃のことを思い出して笑ってしまいました。あんまり売ってないし、探してようやく買っても、どうやって使っていいか分からないんですよね


私はベジ(最初からヴィーガン→ラクトオボベジとヴィーガンをふらふら)とベジブログ歴がもうすぐ6年になるんですが、見てると菜食に入ってくる人は女性の方が多い印象ですが、ヴィーガンが長期続く人って男性の方が多い印象を持っています。皆さんモチベーションが高いのは一緒なのに、女性は構造上ロスが多いので難しいのかと思っていましたが、男性のヴィーガンもいろいろ不具合が出るとなった場合、それは食べ方として改善が必要になってきますよね。「(魚を使わない流派の)マクロビオティック」とか「ヴィーガン」というスタイルが比較的新しいせいか、どうもリスクをなくす点まで含めて確立された感じはしないんです。たぶん、悩んでいる人もいて、失敗した人もいて、でもその情報すらも少ないんですよね。もしかしたら食べ方などを改善すれば純菜食が可能なのか、何をどこまで食べるべきなのか、本当に健康に良い食習慣が作られるのって、これからなんだと思っています。コメントありがとうございました。
キサ | URL | 2013/04/28/Sun 15:51 [EDIT]
キサさん、はじめまして。
ビーガンのブログを探していて、ここにたどり着きました。
記事、非常に興味深く読ませて頂きました。

私は、ここ数年、肉や魚を食べたり、ビーガンになったりしています。この先ずっとビーガンでいくのか、それとも時々は、肉や魚を摂るのか、気持ち的に揺れているんですが、まだまだデータを集めたり、自分の体の反応を見ないと決められないなあと思います。
ビーガンでいるのがベストなのか、それとも他にも摂取した方がいい食品があるのかは、その人の生活スタイルや運動量と元々の体質などが関連してくると思うので、様子を見ながら決めていこうとは、思っています。私は、小麦粉、ラクトース、あと 調味料だったら、塩とはあまり相性が良くないので、食べられるものが限られてきてそれが辛いときもあります。近所のスーパーやレストランで出来合いのもので食べられるものはないので、どんなに疲れていても自分で料理しないといけないのが、辛いです。

元々、ビーガンになったのは、幼少時、カップ麺やお菓子ばかり食べさせられていたので、健康な食事っていうものに憧れがあったからです。でも、舌は未だに、小さい頃に食べていたものを覚えていて、そういうものを食べたくなります。自分の舌は、そういう味を求めているんですが、お菓子とか食べた後、胸焼けしたりするので、自分の体の中でも、舌と消化器官が違う食べ物を欲していたりして、何が本当に食べたいのか分からないことがあります。

また、ブログを拝見させて頂きます。
ビーガン | URL | 2013/08/25/Sun 06:21 [EDIT]
こんにちは、コメントありがとうございます。
何を食べるのがベストなのかって、つきつめていくと本当に難しいですよね。悩みながらというより「食べてみる」「やめてみる」をいくつか繰り返して見つけていくのもありなのかも、と思っています。
キサ | URL | 2013/08/25/Sun 10:56 [EDIT]
はじめまして。
こんにちは。はじめまして。

ずいぶん過去の記事へのコメントで失礼いたします。

たいへん解りやすく勉強になりました。
ありがとうございます。

わたしは肉食をやめてベジになって、今年二月からヴィーガンを目指しており
ほぼヴィーガンの食事をしています。

色々共感できる部分があり、わたしのブログへ引用とリンクをさせていただきました。

事後報告で申し訳ありません。

たんぽぽ | URL | 2013/09/04/Wed 12:06 [EDIT]
たんぽぽ様、はじめまして、こんにちは。
ベジに関するまとめとして使っているブログなので、古い記事に関することでも全然問題ないです。引用のご連絡ありがとうございます。
キサ | URL | 2013/09/04/Wed 13:00 [EDIT]
キサさん 
はじめまして 
私はアレルギー体質を治したくて、色々調べているうち、
動物性たんぱく質をとらず、菜食がいいというものに辿りつきました。
しかも近頃、なぜかヴィーガンの知り合いが増えてきました。
そこで、本当に体へのリスクはないのか?など調べているうち、
キサさんのこの記事に行き当たったのです。
臆せず、素直な体験を読ませていただけて、感謝してます。
私も少しずつ、体に合う食事を探していこうと思いました。
のら | URL | 2013/12/17/Tue 15:15 [EDIT]
のら様、はじめまして、こんにちは。
ヴィーガンの知り合いが増えるってすごい環境だと思います!だいたいの日本人はベジタリアンにすらなかなか出会えないですからね。
ヴィーガンのリスクについては、のら様のお知り合いの方は「大丈夫」とおっしゃるかも知れないですし、大丈夫なのか無理があるのかって、本当のところはなかなか分からない気がします。今回の記事は一個人の感想として少しでも参考になれば幸いです。アレルギーのための食事といえば、この記事のコメントに開業医の方が書いて下さった内容に牛乳・カフェイン等やめた方が良いというお話もあったので、ヴィーガン以外にも色々なやり方がありそうですね。アレルギーが良くなる、のら様にとって良いスタイルが見つかりますように。
キサ | URL | 2013/12/17/Tue 15:48 [EDIT]
はじめまして。
動物の死体写真や映像を人に見せつけてベジタリアンだけが正しい!
肉食は悪!狂ってる!みたいな主張をしているブログの方に
この記事を見せつけたいですね。

冷静に我が身を振り返るコメントに安心しました。
正直、産まれたばかりの子供に完全菜食を強いるのは
虐待以外の何者でもないだろうと心配していたもので・・・。
自分の体と相談しつつよりベターな方向に辿りつけるといいですね。
まい | URL | 2014/01/13/Mon 03:41 [EDIT]
まい様、はじめまして、こんにちは。
私がベジタリアンになった頃には既にそういう、まい様がおっしゃる感じのサイトやブログはいくつもあったのですが、それがあったからこそ自分はどうあるべきかと思ったり、違うなと思った主張は自分で考え直したりするようになったのも確かなので、そういうサイトも含めた色んなベジタリアンの人たちのおかげで、今の自分のやり方があると思っています。
栄養の観点では、ベジタリアンやヴィーガンの研究が進んでいない日本にいると分からないことってやっぱりあるので、慎重になった方がいいのかもしれません。子どもの菜食もそうですね、本当に心配になります。
私もまだまだ模索中ですがなんとかやっていきます。ありがとうございます。
キサ | URL | 2014/01/13/Mon 16:04 [EDIT]
ほぼベジタリアン生活で何も問題ないどころか満足していました。しかし眼が急激に見えなくなってしまいました。本当は摂取したくない動物性を眼の為だけに少量摂取。これはキツイです。本人の心と身体は摂りたくないのですから。しかしこの視力の低下は怖いです!テレビですら目の前に行っても見えないのですから。こんな人裏では本当に多いのです。ベジタリアン良い面ばかりの思考は大変な結果を招きます。
| URL | 2014/05/05/Mon 19:51 [EDIT]
目!?!?
目ですか!それは恐いですね……私はそういう風にはならず爪のへこみとか違う症状が出たので経験がないのですが、もしかしてこの記事のコメント欄にHAPPY♪様が書いてらした
「目がかすむようになり視力が落ちてきた」
みたいな感じの症状ですか?もしそうでしたら、ヴィーガン食だけを続けることで出る可能性のある症状なのかもしれないですね。

こういう記事を書いたブロガーとしては、「足りなかった栄養」が具体的に何だったのかも気になるところです。パッと見でビタミンAとか?と思ったのですが、やっぱり全然分からないのがもどかしいです……。
本当におっしゃる通り、何か問題が出ることがあると誰も言わないのは危険ですよね。理由があってベジタリアン食に切り替えられたことはもちろん分かっていますが、とりあえずそれよりもご自分を優先して栄養補給して、どうかお大事になさって下さい。
キサ | URL | 2014/05/05/Mon 21:38 [EDIT]
はじめまして。
ヴィーガンとかではないので、
お門違いで申し訳ないのですが、
自分の体調不良の原因を調べていて、こちらのブログにたどり着きました。
私の場合、元々乳製品が体質的に全く受け付けず、食べると下痢嘔吐してしまい、肉は食べられるのですが、腹痛、胃もたれ、吐き気、時々嘔吐を覚悟しなくてはなりません。数年前、日本海側から太平洋側に引っ越したのですが、太平洋側で水揚げされた魚の匂いが苦手で、とても耐えられず、魚も食べなくなりました。小麦アレルギーがあり、小麦から米もアレルギーが出るようになりました。そうしているうちに、体温が常に34度台になるようになり、目が霞むようになり、このあたりまでは、ホルモンバランスや、自律神経の問題だと思っていました。そのうち、貧血や低血糖の急性症状の頻発を繰り返し、電車などでよく倒れるようになりました。目眩もひどくなり、寝起きも悪くなり、最後には関節の激痛に悩まされるようになりました。関節痛は2ヶ月程続き、病院で診ていただきました。
色々言われたのですが、とにかくきちんとバランスの良い食事をとるよう言われ、関節痛の原因はなんとビタミンBのうちの何か忘れましたが、その不足と診断され、ビタミン剤を処方されました。

野菜のみで生活していらっしゃる方も大勢あるはずと思っていたのに、一体私の何がいけなかったのだろうとかと、調べ始めました。
こちらのブログがとても勉強になり、野菜だけではいけないのだと知り、炭水化物も、タンパク質も、他の栄養も、たとえ吐いてでもたべなけば、私はもっと悪化して行くでしょう。
筆者の方も、こちらのブログを愛読されていらっしゃる皆様も、私のようにならないよう、どうか無理をなさらぬよう、体が資本でございますから。
さしこ | URL | 2014/05/14/Wed 01:07 [EDIT]
さしこ様、はじめまして、こんにちは。ベジタリアンでない方も大歓迎ですよ。

本当に大変な経験をされましたね。お見舞い申し上げます。
でも1つ気になったのが、「吐いてでも」っていう頑張り方は逆に良くない気もするんですよね、ご自身がつらいだけでなく、根本的に体に合っていないためにそうなっているのかもしれないですし。小麦もダメとなるとタンパク質難しいですが、文中に卵は登場していないので卵とか、大豆製品、あとベジタリアンが食べる豆(ひよこ豆・キドニービーンズ・レンズ豆など)も意外と種類がありますよ。アレルギーで食べられない方とか厳密なヴィーガンとか色々いらっしゃるぶん、代替食やサプリメントも色々ありますから、少しでも楽な生活スタイルを選んでいただければと思います。

さしこ様の体に合った食べ物・食べ方が見つかりますように。
キサ | URL | 2014/05/14/Wed 11:22 [EDIT]
キサさん、はじめまして。こんにちは。
キサさんの文章を読ませて頂いて共感した部分がたくさんありました。私は女性でヴィーガンを10数年続けてきました。こちらの書き込みの方の中にはそこまで長く続けた方がいらっしゃらないようなので、一例として書き込みをさせて頂こうと思いました。

私がヴィーガンになった理由のひとつは、ずっと子どもの頃から原因不明の腹痛があって大人になってからヴィーガンの食事にしたところ身体がとても楽になり、腹痛が全く無くなったからです。

けれども、腹痛は無くなったままですが、身体全体の関節や筋肉が痛かったり、だるかったり、もともと紫外線が弱かったのがもっと弱くなったりいろんなところに不調が出てきました。病院で調べてもらっても原因は分かりませんでした。ひとつだけついた診断は甲状腺機能低下症です。薬をのむほどでは無いそうです。骨密度や鉄分などは人並みでした。体重はヴィーガンを始めた頃にはがくんと減って周囲に心配されましたが、今では始めたころよりずっと体重が増えて標準体重です。

栄養士でもあるので食事のバランスには気を遣っていたつもりでしたが、植物性の食品だけで生活していくと私の場合はタンパク質は不足しがちになりやすいかなと思っています。甲状腺機能低下症の人は大豆製品を沢山摂りすぎると良くないと言われていることもあります。また、動物性食品にしか含まれないビタミンもあります。有名なのはビタミンB12だと思いますが、私はその他に紫外線に弱いためビタミンDが不足しました。それを補う為のサプリメントや油も摂っていました。

けれども、最近では背骨が一月以上痛いのが続いたり、火を止め忘れて鍋を焦がすことを毎日のように繰り返したりしてほんとうにこのままではいけないと思うようになり、魚を食べてみることにしました。やはりお腹が痛くなりました。そういう腹痛はたいてい一月くらい続きます。
そんなとき、スーパーで買い物をしているときにふと梅酒を飲みたくなって購入し飲んでみました。(ふだん飲酒の習慣はありません。)そうしたらお腹がじわっと熱くなって、痛かったお腹は壊れずにそのままおさまりました。それからは、魚を食べるときは梅酒(または梅エキスや梅酢も試してみています)を摂ることにしました。

そして、卵や乳製品も完全に除去するのもやめることにしました。といっても、今現在、腹痛はありませんがお腹が張って苦しいです。赤みのある尿も出ました。ヴィーガンが一番体質に合っていると思うのですが、今後は自分の体調をみながらその時その時で工夫して生活していこう思っています。ヴィーガンとそうではない食事と、私の中では葛藤はありますが、私個人の考えとして、ヴィーガンとかそうでないとか関係なく、もともと人間はいろんな生き物の犠牲の上に存在していると思っています。本当は苔みたいに光と水だけで生きられたらいいのにな、と思います。

長くなり本当にすみません。皆さんの健康をお祈りしています。それでは失礼いたします。
sumire.n. | URL | 2014/06/05/Thu 11:10 [EDIT]
sumire.n.様、はじめまして、こんにちは。コメントありがとうございます。私はまだベジ歴自体が7年くらいなので、長く続けていらっしゃる方のコメントは大変助かります。誰でも読めるようにブログで情報まとめているのですが、色んな方から本当に色々教えていただいていることを実感します。

でも何より元々お持ちという腹痛についての記述がいたたまれないです、これはほんとにつらいですね。ヴィーガン関連の内容に触れる前にお見舞い申し上げます。

えぇと、関節炎は「甲状腺機能低下症」の症状の1つだったということで合っているでしょうか。関節痛だという方が以前にもいらっしゃったので、ちょっと気になりますね。甲状腺に問題が出たのがヴィーガン食のせいだと仮定すると、何か体内で合成する上で不足ができてるとかでしょうか……症状の原因と結果の関係を整理するのがちょっと難しいところです。
あと栄養士さんでも植物性だけだとタンパク質不足になりがちというのは衝撃でした。それじゃあ私なんかが血液検査でひっかかったのも当たり前でしたね。大豆その他の豆を意識して頑張っても、やっぱり「全然」までいかなくても「いくらか」足りないんですよね。でも栄養士でいらっしゃるsumire.n.様でも足りない栄養あるって、ほんとに世の中のヴィーガンの栄養状態ってどうなってるんでしょうか?なんだかこの記事を書いて以来数年ぶりに、本気で心配になってきました……
魚と梅…も不思議で興味深いです。食べ合わせで体調悪化が防げるなんてほんとにすごいことです。動物を食べないだけじゃなくて植物のこととか、私もずいぶん考えたので、ベジになる多くの人が色々思っているのかなと感じさせられました。

最後に、今度は私からもsumire.n.様の健康をお祈りさせてください。コメントありがとうございました。
キサ | URL | 2014/06/05/Thu 21:20 [EDIT]
キサ様、こんにちは。
お見舞いのお言葉とお祈りをありがとうございます^^

関節の痛みについては甲状腺機能低下症の症状のひとつなのかもしれないし、違うかもしれないし良く分かりません。お医者さんでは、この数値ではこんなに痛くならないのではないかと言われました。甲状腺機能低下症といってもごく軽く、TSHの値が高いだけだったからです。
私は乳製品を摂ると鼻が詰まって顔が痛くなる蓄膿の症状がでるのですが、その時に耳鼻科に行ったところ、先生に少しだけ赤いかな、と言われてそんなにひどくないと言われました。自分ではすごくひどく感じるけれど、お医者さんではそんなにでもないよ、と言われることが多いので、もしかしたらちょっとした変化や痛みに敏感な体質になっているのではないかなとも思います。

私の発言がキサさんの不安を誘ってしまって申し訳なく思います。私は立派な栄養士ではなくて、性格もおおざっぱです。でも一応ある程度バランスは考えてきたつもりという意味合いで前回の書き込みをさせて頂きました。今、キサさんの身体になにも困ったところがなければ、上手に食生活を送られているのではないかなと思います。私はヴィーガン歴7年目くらいの時に、既に困ったことがありました。

栄養の基準みたいなものがヴィーガン食にもあると良いですね。または健康に長く過ごされているヴィーガンやベジタリアンの方がどんな食事をされているかという情報があったらいいのにと思います。タンパク質については個人差もあると思いますが、私は前髪の生え際を見ていつもより髪の毛が少なくなっている時はタンパク質が不足しているかな、と思っていました。

昨日あたりからどうしてもお腹が痛くはないけれど気持ち悪くて、またしばらくヴィーガンに戻ることにしました。今まで使わなかった食品にも目を向けていろいろ試してみようと思います。またまた長くなってしまいました。それでは失礼いたしますm_ _m
sumire.n. | URL | 2014/06/06/Fri 12:21 [EDIT]
いえ、専門の勉強をした栄養士さんでも栄養足りなかったりするって、結構大きいことだと思います。私は最近はゆるみがちでラクトオボ寄りなので、自分の不安というより、皆さんのことが心配です。

ヴィーガンの栄養基準は本当にあるといいですね、洋書だとヴィーガンの本てすごくたくさんありますけど、それを実践して本当に栄養が足りるのか、失敗例まで含めて検討して初めて基準が分かるんでしょうね。日本食は大豆製品の量とかで欧米の食事と違いがあるので、その辺りも含めて分かるといいのですが。

sumire.n.様のタンパク質基準は髪の生え際なんですね。私は本文にもある通り、爪と血液検査しか見てなかったので、新しい視点を得ました。

再コメントありがとうございました☆
キサ | URL | 2014/06/06/Fri 22:36 [EDIT]
キサさん、はじめまして。

数年前にこちらのブログを一度拝見させてもらいましたが、今回はビーガン食の不具合について書かれた記事だったので読ませてもらいました。
実は私もキサさんと同様に「こんなんでイイのかな・・?」と疑問に思う事柄がいくつか有ったので。

私は3年前にビーガンを目指して?いたのですがさまざまな問題から挫折してしまいました。
家人に理解されずバッシングとか、毎日の献立の知識が薄く何を作ったら良いのか・・等。
でもそのうちに、沢山のベジタリアンやビーガンレシピ本などを買いあさって少しずつ献立を作って実践していくうちにコツの様なモノが分かって来て、今では毎日の献立も以前より迷わなくなって来ました。
家人は今だ私の食の思考を理解してくれていないので別メニューになるのですがその点、はっきり言って面倒です。が、慣れれば大丈夫です。
(ただし料理人が時間の有る人じゃなければ最初は無理かも?)

前置きが長くなってしまい済みません。

私が今ぶつかっている問題はこの手の料理本は確かに参考になって良いのですが、油を使う料理が多いように思います。
そのせいか、顔にぽつぽつが出来たり、口内炎にもなりがちです。
体調不良としては冷え性になった様に感じます。
夜寝てて手足と背中がいつまでも暖まらないとか。

ご飯は玄米に小豆を入れて一緒に炊く「寝かせ玄米」とやらを実践しています。
今ちょっとブームですよね?
ゴマ塩をかけて食べると美味です。

私は昔から健康意識が高い方で1年程前はマクガバンレポートやナチュル・ハイジーンの本も読みました。
サイトでビーガンの人達のコメントやブログも手当たり次第読んでは参考にしています。
レシピも取り入れたりしてますが、皆さん「これは美味しい。最高!」みたいな事を仰ってますがその通りに作っても意外と美味しくなかったり W。
それに、こんな材料や量(量は自分で加減できますが)本当に身体に良いの?
本当に毎日こんなのばっか食べてるの?とか疑問に思う事も有ります。
(勿論、美味しくて何度もリピしたメニューも結構あります!)
、慣れれば平気なのかも・・・とか、こんなん思うのって私だけかな?とか。
感じていたんですよね。

それから、もう一つ気になる事は。
動物が殺される時に感じる恐怖や悲しみを肉を食べる側は受けてしまい少しの物事の波動の様なモノも敏感に感じて同じく恐怖や不安を感じやすくなると聞いた事があります。
本当がどうかは分かりませんが、もしも本当なら・・鬱や暴力的な人が最近は多いのも肉食が原因なのかも知れませんね。

健康やダイエットもそうですがこう言った理由で今年に入って挫折していたビーガンをまた始めています。

でも、時々鬱っぽかったり以前同様いらいらストレスが溜まって来たりと採食の割りには善されていない様な気もして、これってもしかしたら採食生活(ビーガン)ガンバリ過ぎてかえって精神不安定なのかも知れないと思い、キサさんはじめ皆さんが仰る様に少しの魚や卵等の動物性蛋白も多少は食べた方が良いのかな~と。

性格がストイックな方なので(良くも悪くも)今回、このテーマがとても参考になり励まされたのが嬉しくて書き込みさせてもらいました。

自分の体調を観察しつつ、ビーガンだのベジタリアンだのと決めつけずに自分に合ったスタイルを見つけていくのが良いのかも知れませんね。
ビーガンときどきベジタリアンみたいな!

今後も読ませて頂きます。
長文、すみませんでした。






はっぱ | URL | 2015/03/02/Mon 17:58 [EDIT]
お返事遅れてすみません!改めましてはっぱ様、はじめまして、こんにちは。

今回1番びっくりしたのは顔のボツボツの話です。私もあるんですよ!絶対ニキビって歳じゃないのに、なんか治らない顔(※なぜか顔だけ)のブツブツ。あれなんなんでしょうね?油は私も疑ったんですが、そんなに油っぽい食事でないときも改善されてないような気もするんです。家人には「大豆が合ってないんじゃ?」とか、皮膚科に行けと言われましたが、未だに原因不明です。ブログやってて口内炎の話しか聞かなかったので、菜食のせい?かもしれないと思い至りませんでした。逆に私自身は、口内炎はここ何年なくなったと思います。最近ヴィーガンというよりただのベジタリアンだからかもしれないです。冷え性は記事にも書きましたがやっぱりありますね。ヴィーガンで初めて迎えた冬ほどじゃありませんが、手、冷たいです。熱を出した人の額に当ててあげたいくらい冷たいです、ホントに。ショウガ(苦手な方ですが)飲むと急にあたたまるんですけど。
寝かせ玄米、テレビで見ただけでやったことありませんでした。なるほどー。一回どこかお店で食べてみようかな。

ありましたねーマクバガンレポート。あの本は結論として「ヴィーガンでも栄養的には大丈夫」という感じだった気がするのですが、それならと思ってヴィーガン続けてみても、自分がヴィーガン生活を成功させるには至らなかったんですよ。多分、出版時期からいって、ヴィーガンで不具合→ベジとヴィーガンをふらふら→マクバガン読了→またヴィーガンに戻る→不具合(爪とか)→卵食べたりしてベジになる→またヴィーガンにしてみる→不具合→あれ???くらいの流れで、この記事書いたかもしれないです。難しいですね。あの本ではどういうレシピや食材でヴィーガンを成功させてるのか非常に気になります。むしろそれ食べさせて下さい、くらいの勢いです。
レシピの話、色々分かって笑っちゃいました(いや、笑ったら失礼になる気がしますが……)。菜食料理って味の基準点が違うケースがありますよね、個人でも、飲食店でも。量少ないの当たり前ですし。
ヴィーガンの鬱とか、トリプトファンが足りないケースがあるみたいなのでそのへんは気をつけた方が良いみたいです。
なんというか、ヴィーガンにまつわる不具合は努力・気力でなんとかなる範囲ではないですし、不具合を起こさないレシピや食生活などが分かりさえすれば完全なヴィーガンでいてもいいと思っている以上、不具合を起こさない程度に何かしら動物性のものを摂ってやり過ごし、もう少しやり方が確立されるのを待つ、というのもありかなあ……と。昔はエゴマ油なんてヴィーガン業界でしか聞きませんでしたが、最近は健康効果で注目されてますし、情報ももっと出てくるのではないかなと。とにかく不具合の自覚がある方には、無理しないでいただきたいなと言うのが、今回の記事の役目です。

私自身もまだまだ食生活には改善が必要だと思っています。私は料理もともと自信ないので(笑)、ブログはほぼヴィーガン商品まとめとして使っているので、探し物があるときにお使いいただければ幸いです、コメントありがとうございました。
キサ | URL | 2015/03/03/Tue 16:18 [EDIT]
キサさん。
二回目の訪問です、何度もすみません。

キサさんも採食に関して色々、思考錯誤の上でご苦労されたのが分かっているので安心して話せる事を感謝です。

改めて食と言うテーマに面と向かってご自分のライフスタイルを実践されていて凄いな~と思っています。
でも、体調の不具合にはきちんと対処するんだよと言うメッセージがとても優しくて、ステキだと思います。

ところで問題の・・・
顔のぶつぶつは(これニキビではないですね、私も確かにお年頃では有りますがニキビが出来るお年頃ではないですし・・笑)。
私の場合、一か所に出来たぶつぶつは2~3日で治るんですがまた別のカ所に新しいのが・・って感じです。
今の所、皮膚科に行く程では無いのですが。
キサさんも同じ症状だったなんてちょっと心強い?ですって言うか原因が知りたいですよね。
私はてっきり油の使い過ぎかと思ってましたが、う~ん何なんでしょう?
まっ油は控えめにこしたことはないですけどね。

後、お腹が減って困るという経験もしています。
(と言ってもその症状のピークは少しずつでは有りますが改善に向かってると?)
お昼にご飯食べても2~3時頃にはもうお腹が空いて空いて・・・。
私もおせんべいとかポテトチップス(身体に悪いのしょうちで!)バリバリ食べてた頃がありました。
今も4時頃には何か食べたくなります。
このまま飢餓状態がおさまってくれたら良いのですが(溜息)。

寝かせ玄米は「寝かせ玄米生活」と言うレシピ本がでていますよ。
この本の著者は「結わえる」と言う会社を設立されてる男性です。
寝かせ玄米で検索するとすぐに出て来ますね。
保存がきく醤油タレのレシピとか、その他にいくつも乗っていて使えます!

それとキサさんならもうご存じと思いますがニュートリショナルイーストを使った料理はどれも美味しくて好きです。
納豆やアボカド、パスタにも合います。
これって醤油との相性が抜群に良いみたいですね。
興味があったら「アリサン」のサイトへGOです!
ビーガン対応、ビタミンB群を補う万能なヤツです。

鬱予防にはトリプトファンが有効なんですね。
教えて下さって有難うございます。
食べ物には何に含まれているかとか色々と調べてみます。
私の知る限りですと牡蠣とかの貝類や蟹、ゴマの種子(練りゴマ)、小麦胚芽、ひまわりやカボチャの種など。
とりわけビール酵母が良いらしですね。
う~ん、なかなかの顔ぶれです、笑。

前回、冷えに関する話をしましたが。
余りにも低体温っぽかったので鮭を一切れ夕飯にたべました。
その二日後、なんと!冷えが解消。
「あれ?今日は足も背中も寒くないぞ」みたいな(たまたまかな?)
何となく知ってたけど、食材って食べてその日にすぐ効果が出るもんじゃないんですね。
今回の私の経験だと(最短で)二日後位でしょうか?
また冷えを感じたらお肉以外の何かたべます 笑。

また長くなって申し訳ありません(汗!)

最後に・・私がビーガンに拘る訳は健康云々有るけれど、一番の理由は動物愛護です。
これを言うと世間からのバッシングが凄いので何故食べないのか聞かれるとアレルギーですとか言ってごまかしてる。
相手をみて話さないとえらい事になる!っとここ数年で学びました。

話は変わりますが。
今後はどちらにコメントをさせてもらったら良いでしょうか?
ここでも良いのでしょうか?

私も出来る限り、ビーガンで行ける様にしたいのが本音です。
今後もアドバイス、お願いします。

最後まで読んでくださり、有難うございました。

追伸☆
ナチュラルハイジーンとかマクガバン推薦の料理レシピは、多分きっと・・・美味しくないと思います 笑!
ほんと、一度食べさせてもらいたいですよね。
私はビーガン対応のコンソメや出汁を利用していますよ。
・・・リーズナブルでは無いのでお金、掛りますけど。
個人的にはカノウユミコさんのレシピ本はかなり重宝してます!



はっぱ | URL | 2015/03/03/Tue 18:58 [EDIT]
いえいえ!「分かる〜」な内容ばかりで、コメントとてもありがたいですよ。またまたお返事遅くなってすみません。

本当は、何も問題なくヴィーガンできてるヴィーガンやヴィーガンブログが理想なんですけど(苦笑)、自分には難しかったんです。でもブログ中で一番閲覧数やコメント数が高い記事の1つがこれなので、やっぱり皆さん、苦労されているのかなと思います。
ブツブツ本当にどうしようかな?と今日も思うのですが、もしベジ絡みのなにかが原因だったら、日本の皮膚科に行ったとしても正しい診断がつくのかも不安なんです。とりあえずアレルギー説を消すために、アレル・チェックとかしてみようかなとも考えてはいるのですが……結構高いです。
お腹空くってことは、多分何か栄養が足りないんですよね。おせんべいとかポテトチップスありましたか!私も、じゃがいもと植物油と食塩だけのヴィーガンも安心☆のポテトチップスにはそれはもうお世話に……なんか勝手に親近感がわきます(笑)やたらお腹すくの、タンパク質がやや足りないときに多かった気がします。
レシピ本まで紹介していただいて!何から何まですみません。寝かせ玄米はほんとに食べたことが無いので、作る前にまず一回市販品を食べるところからはじめたいです。
鮭って効くんですね。冷えって2日後に改善するんですか!私ベジになる前から魚食べられないので、貴重な資料です。メモメモ……

うーん。動物愛護って、それを言うだけでベジ側が攻撃してなくても攻撃されますね。私はそれ以外の理由でベジになったのですが、色んなベジの残酷アピールと、ベジへの激しい罵りに近いものとを色々見て、それを見てそういう話を全て避けるようになって、でも、波風立てないために何も言わないのどうなのかな、というジレンマも感じなくもないんです。動物のことを考えている方だったら、なおさらだと思います。でも正面から言って改善するものが何もなかったら、言っても意味ないし。うーん。

コメントは、ブログにコメントが入るとケータイにメールが入る設定にしてあるので、どの記事に入れていただいても大丈夫ですよ。アドバイスなんて全然できないのですが、何か役に立つ内容があればなと思います。


追伸レス☆
あはは!確かにおいしくないかもしれないです…けど、ヴィーガン続けてうまくいく食べ物なら多少まずくてもなんでもいいよ、という気持ちも正直あります、もう。
私も出汁はだいぶ色々買いました。本当高いですよね、でも最近は高くてもおいしいものが色々あるので、ありがたいなと思います。
カノウユミコさん私も、本持ってます。「カノウさんぽい味」ってなんとなくある気がしますが、それが嫌じゃないんですよね。
キサ | URL | 2015/03/04/Wed 23:31 [EDIT]
キサさん、こんにちは。
本当に何度もたて続けでごめんなさい。

ベジタリアンも何度も挫折して、それでもやっぱりまたベジに戻って来て・・を幾度か繰り返し、自分の周りにはベジタリアンもヴィーガンも誰も居なくて。
情報を追ってるだけじゃなくて、その内、自分と同じ様な人と会話というものがしたくて心細かったりしてた矢先にキサさんと出会えました。
(なもで、今しばらくお付き合いの程をお願いできたら嬉しいです)。

今日はキサさんにお聞きしたい事があって書いています。
今さらながらでは有りますが・・・。
キサさんがヴィーガンになろうと思った決定的な出来事って何でしょうか?
以前、お母サマが作ったハンバーグのお話は楽しく読ませてもらいました 笑。
昔からお肉やお魚は苦手と言う事は仰ってましたけど、それも原因の一つだった?みたいですね。

私は総合的な理由からなんですが、健康面に関しては肉とその加工品は身体に物凄く負担がかかる(消化が悪い)し血液を汚すためあらゆる病気の原因になると言うのを知ったからです。
マクガバンレポート然り、ですね。

メンタル面に関しては。
肉食は気が荒くなるとか落ち込みやすくなるとか言われてる事かな。
後は、採食=ヴィーガンの人は穏やかで知的な人が多いと言われてる所です。
(これは今、自分自身で実験中)。

前回でヴィーガンの食事方が確立されてれば実践できるのに、みたいな事を仰ってましたよね。
「寝かせ玄米」はその指針になるかは分かりませんが、もともと玄米には身体に必要なビタミン・ミネラル・食物繊維・酵素がちゃんと入ってるそうです。
玄米6:野菜3:動物性タンパク質1の割合での食事が理想だそうですね。
この動物性タンパク質の代替えって何かないかしら?と言うのがいわゆるヴィーガンの食事なんですよね・・。
ここで、つまずくって感じ?
一度、この寝かせ玄米はどこかで召し上がってみるのも良いですね。

私もキサさんの様にヴィーガンとベジタリアンを行きつ戻りつしながら「おとしどころ」を見つけて行こうかなと思ってます。
ただ、不安なのはこれがいわゆる「入口」になってあれも食べて良いこれも食べて良いと私の場合なりそうで恐い! 笑
例えば、チーズとかですね。
私は乳製品の摂取は止めています。
もともと乳製品とは相性が余り良くなく牛乳はお腹を壊すしヨーグルトは嫌いだしと言う事で止めるのは簡単でした。
でもピッツァは・・・好きなんですよね~。
心の健康のためには、あえてたまにはこういったモノも許すってのも良いと言われてるのは確かなんですが・・。

あれから早速、トリプトファンが多く入ってる食品を調べてみました。
やっぱり、ダントツはお肉や魚ですね。
野菜や果物は少ないです。
魚ではすじこ、かつお、くろまぐろ・・等。
肉がダメなら魚介類ですか。
うん、私タラコとか嫌いじゃ無いし。
いざと言う事にはこれで・・!?

話変わりますが。
市販の調味料に関して、食品の表示欄でチキンエキスとかビーフエキスとか鯖節とか、色々書かれてるモノが多いですよね。
キサさんどこまでを許容範囲としていますか?
ドレッシング類は自分で何とか出来るけど麺つゆに関しては厳しいです。
ヴィーガン対応の使ってますが、自分で何とか作れないものかと。
ちょっと頑張ってみるつもり。
(なんたって時間だけは充分あるので)!
昆布と干しシイタケベースで・・!
後、キサさんは普段はどういった日々の献立をなさっているのか、良ければ伝授してくだされば有りがたいです(参考にさせて頂きたいと)。

後は外食の時って困りませんか?
皆さん言ってますが余り周りに気を使わせてしまうのも辛いですし。
難しいですね。

そう言えば。
キサさん、自然派コスメにも重点を置いてる所が凄いです。
ブログで拝見しました。
私も以前(一回ですが)ラッシュの化粧水、洗顔、使ってました。
今はシャンプーは石鹸シャンプーでリンスは自分で作ってます。

例外なく、長文すみません(汗)!
キサさんのサイト、色んな場面で今後も利用させてもらいますね。

では、またたまに?オジャマっさせてもらいます。

PS.
お顔のぽつぽつの件ですが。
疑わしい事は検査で原因が分かるなら是非した方が良いかも知れませんね。
原因が分からないままではメンタル上良く無いですから。
良くなられる事を祈ってます☆






はっぱ | URL | 2015/03/06/Fri 17:47 [EDIT]
やばっ!
はっぱ様、お返事今日も書けてないすみません!今日はコメントにあったベジになった理由について考えました。明日中に必ず書きます!
キサ | URL | 2015/03/07/Sat 23:08 [EDIT]
キサさ~ん。
お忙しいのにごめんなさい!
時間の有る時いいんですよ。
無理しないでくださいね。
はっぱ | URL | 2015/03/08/Sun 09:07 [EDIT]
はっぱ様、お返事大変遅れまして本当にすみません。現在進行形でやらなきゃいけないことに追われまくっています(苦笑)。普段だったらここまでではないのですが。
私もベジと直接お話ってしたことないですね。

ヴィーガンになろうと思ったきっかけですか、
んー、言われて考えてみると、元々ハンバーグが嫌いとか(笑)、魚の顔が気持ち悪いとか(今でも非常に苦手です)、それだけじゃなく中学生くらいから「革はいやだな」と思って布バッグを買い・あまり長持ちしないので次は諦めて革バッグを買い・やっぱり嫌で布バッグを買い……を繰り返したりとか、色々ありまして、
つまり「元々、肉も魚も全部食べて革製品を使うという生活には、いまひとつなじめていなかった」んです。これは結構大きいと思います。だって寿司なんて食べたいと思ったこと一回もないですから。
ただ、魚を食べないなら肉くらい食べないと栄養が足りないと(直接そう言われたこともありますし、家庭科の授業の内容とかから)信じて、食べられる肉料理は食べ続けること数年、たまたま読んだ本にあったベジタリアンを示唆する内容に、非常にひっかかりを覚えたのが直接のきっかけだったと思うんです。
魚食べなくてもいいように肉も食べなくていいことが示唆されたようで非常に気になり、ネットや図書館で調べものをしまくり(今思うと、「疑問に思ったから」というより、「やめて大丈夫だという確信を得るため」に調べものをしていたぐらい、もう菜食になる方に傾いていた気がします)、結果「本当は飢餓を減らせるはず」「動物がやたらひどい目に遭わされているらしい」「肉ないと栄養が足りないというのは本当は嘘だったっぽい、てことは私は騙されてたんだ!」「花粉症が改善するらしい?」と一気に知ることになり、好きだった肉を食べないのもつらいけど、食べるのも前みたいに素直においしいと思えなくなって、もうどうしようもなくなった時がベジになったタイミングでした。花粉症以外の健康理由はなく、非常に精神的な理由だと思います。
ただ、普通こういうことは起こらないと思うので、究極的には「時期がきたから」ということだと思っています。だから他の人に一生のあいだに「ベジになる時期」が来なくても普通のことだろうと思ってもいます。
ベジタリアンになった理由のページ、あんなに長かったのに質問くる時点でダメですね(笑)、近いうちに書き直します。

菜食主義者は穏やかというのは私は特に信じていません。私がベジタリアンになるずっと前から、ノンベジに対して攻撃的なベジを見ているからです。あれでベジが増えるならいいのかもしれないですが、実際にはベジが忌み嫌われるようになっている気さえしています。もちろんベジになった以上、私だって動物の待遇に何とも思わないわけじゃないですが、北風と太陽みたいに、本当は違うやり方の方がいいんじゃないかなと思っています。ベジタリアンの天才は確かに多いですね。

玄米6って割合としてはものすごく多いですよね?そうですよねー、寝かせ玄米を1回食べてみないことにははっぱ様のお話についていけてない感じが……。やっぱりお店を探して行くようですね。

ピザは私も前から好きだったので、ヴィーガンピザを見つけたら食べたりしましたね。ヴィーガンチーズって高いですよねぇ。
調味料の許容という話がありましたが、私はヴィーガンの時期は妥協なし、本当に全部ヴィーガンで通していました。大変でした。今は卵・乳製品の「(いわゆる、西洋式の)ベジタリアン」ラインで切っていて、肉エキス魚エキスが入っていたら一切手を出しません。乳製品NGで魚だし許容の方とかも結構いらっしゃるようで、ベジのやり方も人それぞれですよね。アミノ酸とかが微妙ですけど、でも魚由来のアミノ酸とか、ショートニングでも動物性とか、分かっているものだったら買いませんし、レンネットが牛由来と聞いたよつ葉乳業のカマンベールチーズも買わないようにしています。だしもベジタリアンショップで扱っていたものを選んだり、結構慎重?かもしれないです。
めんつゆは一時期なしで出汁使いで暮らしていましたが、やっぱり買った方が便利&おいしくて、ずっと市販のを買っています。今冷蔵庫に入ってるのは「かるなぁ」かな?実店舗で買えた「健福」の濃縮だしつゆを一番リピしていたのですが、銀座のお店がなくなってしまったので。「グリーンズベジタリアン」で売ってる紙パックのも、ちょっと甘さありますがいい感じです。
献立は人様に披露できるようなものでは…(苦笑)でも私は家人と近いメニューにそろえることが多い気がします。家人が肉系の揚げ物だったら、野菜や、大豆ミートの唐揚げを揚げるとか。家人がすき焼きでも、1人別鍋にお麩とか白滝とか豆腐入れてすき焼き風〜とか。なので私には大豆ミート必須です。豆はひよこ豆がわりと好きで使っています。でもひよこ豆だと市販の水煮をつぶして小麦粉で強引に固めて豆バーグとか、簡単なのしかしないかも…

外食はもう常に困りますよー。人がいても困りますし、1人でも、このへんで食べられるとこあるかな?ってなっちゃったりします。決まったお店をリピしがちですね。
ヴィーガンOKのコスメ、最近はすごく増えたと思います。今はどんなアイテムでもほとんど1つはヴィーガンのものあると思うので助かります。リンス手作りですか!石鹸とかシャンプー手作りの方は聞いたことありますが、リンスも作れるんですね。私も本当はもっと色々作れるのかも?違う趣味をはじめるくらい調べものが要りそうです。


お祈り&コメントありがとうございました☆自分の周りのものはわりと書き尽くしたのもあり、更新頻度下がってますが、ブログ自体は続けているので、なにかお役に立つ情報があれば幸いです。
キサ | URL | 2015/03/08/Sun 23:40 [EDIT]
↑なかなか投稿できなくて、大幅に書き込み遅れてしまいました。すみません。
すっごい焦ったのですがなんと「動物をコロ す」がNGワードで投稿できなかったみたいです。私はそれに対してどうなのという文脈で書こうとしたのに書けず削除し、コメントに書くこともできないようなことを毎日やってるのが人間なのよね、みたいな。
乱文失礼いたしました。
キサ | URL | 2015/03/08/Sun 23:50 [EDIT]
キサさん、こんにちは。
お忙しかった様ですね。
私、その削除してしまった内容、読んでみたかったかも。

畜産動物の現状は、実は皆が知っているべきですよね。
子供には配慮が必要かと思いますが。
私は(もう6~7年経ちますが)飼っていた猫をたて続けに二匹病気で亡くしてから、肉食について「これ(お肉)食べるのってどうよ?」って思うようになって行きました。

家人などはバリバリのミータリアンなので、私が動物愛護を語ってもいっこうに動じないと言うか、むしろむきになって(笑)論破しようとして来ます。
自分が好きで食している物を批判されてる気持ちになるんでしょうね。
私はただ自分の思い(考え方)を聞いて欲しいだけなんですけど。
「北風と太陽」・・まさにコレですよコレ!
これがうま~く出来たら、言い争うなんて無くなるかもしれません。
ん~私にはまだ難しいけど今後のテーマかしら。

キサさんの「ベジタリアンになった理由」、単に私の読解力の無さだと思います(笑)!
なので書き直さなくても良いですよ~(焦)。
ごめんなさいね。

先日、ちょっと思ったんですが。
キサさんの手の冷えとか爪の変形とか身体の不調は、もしかして好転反応ではないでしょうか?
どこかのサイトで読みましたが、ヴィーガンを始めて1年位経って(出るのに個人差がある様です)爪がぼこぼこになったけど、治ってはまたなって治ってはまたなってを何度か繰り返しながら最終的には正常な爪に生え換わったと言う話が有りました。

私の冷えも好転反応?ってなんでもそのせいにする訳じゃないけど、一応疑ってみつつ体調管理って感じですかね?
タンパク質はお魚たべないならナッツ類、特に胡桃が良いらしいです。
お魚の持つ栄養がナッツ類には沢山入ってるみたいで、特に青魚の。

あ!それと私もべジ・ハンバーグたまに作ります。
牛蒡のみじん切りいれると歯ごたえ有りでイイよ。
後はつなぎに山芋いれるとふんわり出来る様です(カノウさんレシピ!)。
フープロが有ると何かと便利かな。

ヴィーガン対応のインスタント食品の紹介は参考にさせてもらってます。
情報はいくらあっても良いですから!
これからも、どんどん発信して行ってくださいね。
応援しています。

何度もお返事を有難うございました。
またそのうちにコメントさせてもらうかも、です。 
では、また ☆



はっぱ | URL | 2015/03/10/Tue 12:12 [EDIT]
初めまして。
完全採食・ヴィーガンについて色々調べてたらこちらを見つけました。

ツィッターなどを拾い読みしてると「誰にだってヴィーガンは可能、体調悪くなったり、挫折した人はやり方が悪い/根性が無い」みたいに言い張って絶対に譲らないヴィーガンの人が大勢いて、逆に「いや、体質によって合う合わないがある、ヴィーガンが向かない人が現にいるのがその証拠」と言ってる人の論争のようなものが定期的に起こってるようです。

私自身、ほんの数ヶ月ですが環境負荷低減には動物食のカットが最善だろう、との考えから完全採食を試してみて、体調不良が酷くて止めてしまった経験が有り、しかしながらやり方次第でもあるのだろうか?と色んな人の話を聞いてみていますが、どうにも決着が付きません。

以前の様な酷い体調不良はまっぴらゴメンなのですが、通常レシピから動物性を抜いて、その代わりの蛋白源として大豆根菜を増やしたやり方が駄目だったのかもしれない、と色々なヴィーガン実践者の食生活を見れば、「絶対玄米でなければ駄目/玄米は良くない」だったり、「ローフードで無ければ駄目、果実中心で」だったり、「果実は実を冷やすので駄目、発芽醗酵させた穀物と大豆がいい」だったり、人によっては、私が以前失敗した「単位動物性食品を抜いただけ」で全く問題なくヴィーガンになれてる人がいたりします。

このコメント蘭を見ても、単に玄米食やマクロビが合わなかった、というだけでなく、動物性食品の欠如による体調不良を起こしてる人が居られる様なのですが、実際問題、どんな体質の人にでも完全採食って可能なんでしょうか?

これはツィッターで言ってる人がいたのですが、もしそうじゃないのであれば、体質によって完全採食では生きられなかったりする人がいるのであれば、「誰にでも可能、だから味や嗜好の為だけに動物食を止めないのは極悪」と煽ってる人たちは、それを信じて無理して菜食続けて体壊してる被害者を作り出してる、って事ではないか?と私も考えています。

キサさんを初めとして、ここに書き込まれてる人たちは動物愛護や飢餓問題解決を動機とされてる方が多いかと思いますが、このような事実関係がハッキリしないままで被害者が出てしまってる状況をどの様にお考えでしょうか?

動物を思うあまりに、「誰にでも可能、だからヴィーガンやらないのは悪」という煽りは多くの人を追い込んでるかと思いますが、「誰にでも可能かどうか?」が明確ではない現状でそれを放置する事、それがこのまま続いてしまうのは「錯誤の拡大再生産」として間違った倫理観で人生を狂わせられる人が今後も増えてしまうのでは?と考えています。
ひらばやし | URL | 2015/08/06/Thu 15:55 [EDIT]
ひらばやし様、はじめまして、こんにちは。


あぁー……そういう論争があるんですね、最近ほとんどベジのサイトを見なくなってしまったのですが、想像はできます。特に「ヴィーガンは可能と主張する人たち」が。

コメントの骨子は「実際問題、どんな人にもヴィーガンは可能なのだろうか」と「『被害者』が出ている状況をどう思うか?」ですよね。
結局ヴィーガンて誰にでも可能なのか?と言われると、うーん……となってしまいますね。そもそもこんな一番重要な点で意見が分かれる時点でおかしいですけどね。
私は最初は当然可能なのだと思い込んでいました(本、あとはやっぱりネットの影響で)。で、実際やってみたら失敗しましたけど、だからといって自分の経験だけで「これは不可能」と結論づけられないですよね。逆に成功例見つけても、その人は狂信的ヴィーガン至上主義者で、体調不良から目をそらしてるのかもしれないですし。もしかしたら可能不可能で割り切れず「理論上は誰にでも可能、だけど過半数の人にはやたらと多くのシビアな調整が要って、実践は不可能なくらい難しい」のかもしれないですし(苦笑)。
個人的には「ヴィーガンは可能」という線は捨てていないのですが(これも最初に可能と思い込んでた名残かどうか、自信はないです)、結局、情報が足りないんですよね。このページだと私が失敗したって書いてるので、うまくいかなかった人・体調を崩した人の比率は高くなっていると思うんですが、結論出せる程の信頼性・成功失敗を分けるものまで網羅したまとまった量の情報がないのが一番の問題というか。「できる」っていわれても「なにがいけないのか」分からなかったら意味が無いので。
で、そんな感じで「なにもかもハッキリしないからこそ」体調を崩す方が多いんじゃないかな?と思います。

ただ思うんですが、自分がうまくいってる人だったら、「可能」と主張し続けても当然なんですよね。私たちだって、最初に考えてたようにうまくヴィーガンで生活できてたら、なんの疑いもなく「可能」とアピールしてたかもですし。ヴィーガンは可能だと読んで、実践して、体調崩した人が出たら、責任は免れないと思いますが、もし本人がうまくいってるなら責めるに責められない……んですよね、私は。無理なのに煽ったから病気になっただろ、って矛先向けられるほど、はっきり「ヴィーガン無理」とも確定していない。現状に対して、お怒りに近いものがあるのはもちろん分かりますけどね。
でも無理してる人を放ってはおけない以上、「ヴィーガンでこういう体調不良が出ることもあるから、無理しないで」って誰かが言わないといけない。そうやって、無理してヴィーガンに走る人たちのバランスをとる。私にできることはほんと、何年たってもこんなことだけですよね。

ヴィーガンて難しいんですね。最初に思ってたより、きっと。


今お返事書いてて思ったのですが、日本だとヴィーガンの絶対数も少ないし、そういう報告が上がってくるとすれば既にいくらかveganがいるアメリカ・カナダあたりになるんじゃないかなと思います。体調不良ばっかりは本当にまずいので、ヴィーガンが可能か不可能かを自分で結論出さずに、ちょっとでもおかしいと思ったらヴィーガン手前くらいに戻って、ベジ先進国からヴィーガンの研究や報告が上がってくるのを待つ、という「堂々と結論を保留する」スタンスでもいいんじゃないかと思います。
キサ | URL | 2015/08/07/Fri 02:28 [EDIT]
ベジタリアンからヴィーガンになって、1ヶ月で体調不良(胃の消化力激減&目が網膜炎)になったのですが、
魚の出し汁を飲んだらその日に治りました。原因はビタミンB12不足でした。
詳しくはこちらをご覧ください。
http://d.hatena.ne.jp/uneki2012/20161119/1479517132#seemore
通りすがり | URL | 2016/11/21/Mon 22:15 [EDIT]
えっ!
ヴィーガン食はビタミンB12が摂れないというのはヴィーガンの基本知識ですが、1ヶ月!は短いですね。B12は体内貯蔵量がいくらかあって、何年か〜10年あまりくらいでB12がなくなるという話だった気がするのですが、通りすがり様の貯蔵量が元々少ない方だったとか?何年か普通にベジタリアンしてるだけでもノンベジよりB12が実は減っていた、とか…
それにしても原因が早く分かって、まだ良かったんじゃないかと思います。私ベジタリアンですけど、仮にそばにいてもヴィーガン1ヶ月だったらB12不足を可能性としては言えても断言はできなかったと思います。「B12不足」らしき症状の話ってそれほど聞かないので、実は貴重かも?コメントありがとうございました。
キサ | URL | 2016/11/22/Tue 00:42 [EDIT]
あ、5年ベジタリアンやってたんですけど、卵や乳製品はそこそこ食べてたけど、魚はたまにしか食べてなかったので、そのせいだと思います。
言葉足らずですみません。
通りすがり | URL | 2016/11/22/Tue 05:33 [EDIT]
あ、全然言足らずじゃないです、すみません。
私ベジタリアン9年半で、その間魚介摂取量本当にほぼゼロ・B12サプリメントも3ヶ月くらいしか飲んでなかったですけど、全然目がかすんだりしたことないのですが、ヴィーガン時期がベジタリアンの前半(5年たたないくらい)の頃中心だったからでしょうか。
ベジタリアンが長い状態でヴィーガン移行するとB12がすぐに尽きることもある、ということでしょうか。今迄になかったパターンで勉強になります。
キサ | URL | 2016/11/22/Tue 10:45 [EDIT]
スミマセン、veganは誰にでも可能である、という方への反証として此処のURLリンクをツィッター上で貼らせて頂きました。事後報告で申し訳ありません。

削除を望まれるのであれば、即時削除いたしますので、お伝え下さい。↓
https://twitter.com/kasugabe1111
kasugabe1111 | URL | 2017/05/25/Thu 17:21 [EDIT]
twitterの件、全然大丈夫です!むしろ十分ご配慮いただいた上で貼ってくださった感じで。ありがとうございます。いやーヴィーガン論争…ありますね…私はもう言うこと言ったので、静観するつもりですが。丁寧なご連絡、ありがとうございました。
キサ | URL | 2017/05/25/Thu 22:32 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 今日のごった煮。. all rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。