今日のごった煮。
   日々の気になることや好きなもの、画材レビューサイト「Prismatic Colored Fancy」関連記事、ベジの生活情報など。        一言で言うと「ごった煮」。たまーにこっそり更新しています。
砂糖不使用・玄米せんべい
先週、日本橋三越で行われた玄米菜食トークショーに行ってきたキサです。
ハナダ・ロッソ(おいしいですよね。全品ヴィーガンです)の料理DVD・基礎編の発売イベントで、
応用編もまもなく発売されるようでした。

ハナダ・ロッソの花田美奈子・BANCO両先生、女優の野村佑香さんのお話で

玄米は圧力鍋で炊くのが良いと強くおすすめされました。
すごくおいしく、しかも50分ぐらいで炊けるんだそう。
私は炊飯器玄米なんですが(白米は外食でない限り食べません)、炊くのに2時間かかるんです。
圧力鍋…考えようかなぁ。


今日は玄米つながりで、玄米を使ったおせんべいの話です。
最近、玄米のおせんべいを2つ、続けて買いました。

それで、ほんとにほんっとに意外だったのですが
玄米のおせんべいって、全然「玄米」って感じがしないんですね。
玄米の殻っぽい食感とか、茶色さとか、何もないんです。
自分で買ったのに、これ玄米なの?と思ってしまうくらい、普通ーの、おせんべいです。

添加物とか、あと砂糖を使ってないお菓子って、おせんべいでも少なかったりしませんか?
自然食品系のものでなければ、調味料(アミノ酸等)はまず入っていることがほとんど。
等って、なに、みたいな。
その点、今回の2つは非常にシンプルです。

まずは、ムソーの玄米煎餅。

<原材料:うるち米(玄米)・本醸造醤油(小麦・大豆を含む)・麦芽糖・澱粉>
動物性不使用・玄米使用・砂糖使わずに麦芽糖使用です。

味はすっごく、薄いしょうゆ味です。
だいたいおせんべいって、しょうゆ味が3割・残り7割がお米の味 くらいだと思うのですが
これはしょうゆ味が1割半ぐらいしかない気がします。
珍しいくらいに、薄味です。江戸っ子な味つけに慣れていると驚きます。
強い醤油味のものが食べたいときには向きませんが、絶対に健康によさそう。
そう思ってつい食べ過ぎそうになります…。


もうひとつおせんべいを探したのですが
シンプルにしょうゆか、ごませんべいがやはり多かったんです。
そんな中ひとつ見つけたのがこれです。

マクロビマルシェのひじき玄米せんべいです。
<原材料:うるち玄米、ひじき、しょうゆ(大豆・小麦を含む)、玄米水飴>

買う前は、ひじきが0.5、しょうゆ2.5、残り7割がお米くらいの味を想像していました。
違いました。
ひじきが2。しょうゆ1。残りがお米の味です。
醤油味が薄くて、ほとんどひじきの味で食べるおせんべいだったんです。

全体的に薄味なのは上のものと同じですが、
醤油が薄いことによって、じんわーりしたひじきの風味が味わえます。やさしい味ですね。

私、ベジになる前、ひじきってほとんど食べられなかったんです。
味のせいではなくて、魚と同じような臭さ…磯臭さ?
(ベジになる前から魚ダメで、焼き海苔以外の海産物はほぼ全部避けてた)があって。
でも「これは磯臭いけど魚じゃないんだから大丈夫だ・ベジでも食べられる」って
思うようにしてから、一応食べられるようになりました。
こんな私が食べられたくらいなので、磯臭さが苦手な人でもトライしやすいかと思います。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 今日のごった煮。. all rights reserved.
まとめ