今日のごった煮。
   日々の気になることや好きなもの、画材レビューサイト「Prismatic Colored Fancy」関連記事、ベジの生活情報など。        一言で言うと「ごった煮」。たまーにこっそり更新しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Nonuttin'
これもヴィーガンバーです。(商品には表示がありませんが、
ホノルルのホールフーズマーケットでVeganと表記がありました)

ピーナッツ不使用。さらに遺伝子組み換え食品も不使用のシリーズ
「ノーナッティン」
味はダブルチョコレートチャンク、1.99ドル+税でした。
nonuttin_20100405165455.jpg

なんとなく、こういう「バー」で「ヴィーガン」だと
個人的にはララバーのようなドライフルーツ系をイメージしてしまいがちなのですが、
全然そんなことありませんでした。
nonuttin.jpg
これは麦やライスのフレークがたっぷりで、
朝食のグラノーラと同じような、ちょっときしきしした噛みごたえがあります。
そこにパフとチョコが加わって
ほどよい柔らかさとチョコレート具合が、「おやつ」「お菓子」らしい感じになっています。
グラノーラで作ったチョコフレークバー、という感じでしょうか。

「おやつっぽい」感じが、ほっとひと息つくにはいいかも。
ただし、グラノーラの食感が苦手な方にはおすすめできません。


どれを食べても毎回感心するのですが、
アメリカのヴィーガンお菓子って、ほんっとに、普通のお菓子ですね。
全然、「乳製品を使っていない」とか意識させない味です。

日本のものよりちょっと濃いめに味付け(砂糖以外で)する方が、
不自然さをなくしやすいのかもしれません。
自分で作るときの参考にします。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 今日のごった煮。. all rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。