今日のごった煮。
   日々の気になることや好きなもの、画材レビューサイト「Prismatic Colored Fancy」関連記事、ベジの生活情報など。        一言で言うと「ごった煮」。たまーにこっそり更新しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アバクロに行ってきました
こんにちは、キサです


銀座にオープンしたというカジュアルブランド、アバクロンビー&フィッチのニュースを
テレビで見てはいたのですが、どんなものか全然知らなかったので、ちょっと覗いてきました。
オープンから10日後なのと平日のせいか、H&Mのオープン時期ほどは行列してませんでしたよ。
入口でちょっと止められて5分待ったかどうか、くらいでした。


それで…
あの…本国アメリカでもこういうお店の感じらしいのですが、無知な自分には全てが衝撃でした

まず店内は暗いし
エントランスの像の前で、上半身裸の店員?のお兄さん(わりかしマッチョ)
マッチョな像の前で、お客さんとの写真撮影に応じていて
なにこの空間。どうしよう。私達何をサービスされているんでしょう

店員さんはみんなチェックのシャツ着用で、結構背の高い人とかスタイル良い人比率が高い気が。
店内の階段部分の絵も、お買い物を済ませた人が持っている紙袋の写真も、エントランスの像もマッチョ
カジュアルなジーンズとチェックシャツとマッチョに、アメリカンな趣味をひしひしと感じます。


フロア分かりにくいかもしれないので書いておきますが
7階に少しと、8階~11階(その高さにびっくり)までがレディースでした。下がメンズです。
1階-7階にしか動かないのはオープン直後だからなんでしょうか?ずっとかな?


エレベーター降りるともう、すごい空間です。まず臭い。ただひたすらに香水臭い。
ほどなくアバクロの名を冠した香水が大量に並んでいるのを発見して納得。これか!

そしてやっぱり暗い
基本的に全体が暗くて、小さいスポットライトがいくつかあるような店内なので、
とにかく商品をしっかり見るのが難しいんです。
これどうかなって思って手に取ったものの
ほんと 暗くてよく分かんないという…
そんなにいい生地じゃないなぁとか漠然とした感じしか分からないので
あの暗さの中で買い物すること自体が冒険です。ここで早くも買い物を断念。
商品はアメリカより割高になっているそうですが、確かにそんなに安くないと思います。
ファストファッションという感じの価格帯ではあまり…
服の値段としてはそこまで高いわけではないのですが、カジュアルでこの生地と考えると…普通。

暗さに加えて音楽もダンサブルな感じのがガンガンかかってるので、クラブみたいな雰囲気…で

それで今回何にびっくりしたかって、全員じゃないんですけど
店員さんが曲に合わせて揺れてるんです。
揺れてるだけならいいんですけど、ステップ踏んでる人とか、既に踊り入ってる人とかまでいて

まさか業務中にノリノリになるわけないし、指導が入ってるんだと分かりますが、衝撃でした。


ほんと、独特の世界を見た気分です。服とか抜きにしても、雰囲気があって。
ハマる人はハマるのかなぁと…
ちなみに店にしばらく居ただけなのに、しばらく持ち物から香水臭さが抜けなかったです。

それにしてもちょっとしかいないお客さんには面白いですけど、毎日働くのは大変そうです…
踊るのもそうなんですけど、ほんとに暗いので、昼でも日中と思えない空気なんです。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 今日のごった煮。. all rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。