今日のごった煮。
   日々の気になることや好きなもの、画材レビューサイト「Prismatic Colored Fancy」関連記事、ベジの生活情報など。        一言で言うと「ごった煮」。たまーにこっそり更新しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ヴィーガンとメープルシロップと砂糖
あけましておめでとうございます38248dad.gifキサです。
2010年という近未来みたいな年にしみじみしています。
今年が全ての人にとってよい年になりますように。


今日は書こう書こうと思いながら年を越してしまった
ベジタリアンと甘味料の話です。

日本にはベジタリアンもその情報も少ないので、
とんでもない誤解が放置されている場合があるので、まずはそのことを。

これまでベジタリアンの中で流れていた説で最も驚いたのは
「メープルシロップには豚の脂が入っている」という説です。
海外でこれが流れた時の影響で、まだ日本のサイトにもそう書いてある所がありますが
もちろん です。
にも関わらず、わざわざアメリカのヴィーガン協会の視察が入り、
公式に「そのような事実はない」という発表する事態に発展しました。

メープルシロップは木に傷をつけて、ホースとか金属の缶を付けて蜜をとり
そしてそれを煮詰めて作るものですよね。
その製法でどうすれば豚の脂が入るのか、普通に考えたらありえないことで
なぜそんな誤解が広まったのか、個人的には謎なんですが…。
メープルシロップを薄めた甘味料かなにかの原材料を見たミスとかですかね?
ですが、
ベジは動物性のものが入っていないかには敏感だし、
有名サイトに書かれていたら「そうかも」と信じてしまう。
本当に、社会学の「流言」の話を現実に見た気分でした。


あと、砂糖ですね。
これは以前コメントをいただいたんです。
「砂糖はベジ的にはアウト」
「骨のフィルターを通している」…
これ、判断するための情報が少ないです。

砂糖を精製するときにフィルターが必要なのは事実で
それに動物の骨(bonechar、carbon、等)が使われることがあるのも正しいんですが、
全ての企業が骨を使っているわけではないようです。
http://www.thefreelibrary.com/Is+your+sugar+vegan%3F+An+update+on+sugar+processing+practices.-a0170412905
アメリカでいうとFlorida Crystals、Refined Sugars Incorporatedなどでは、
骨のフィルターを使っていません。
日本だとそういうフィルターに関する情報はないですよね。
日本でベジだと、フィルターを考える以前に
健康志向で白砂糖そのものをやめてしまう人が多い気がするのですが。

他にたとえばここなんか見ると
http://www.ivu.org/news/2-97/sugar.html
http://www.vegsource.com/jo/qa/qasugar.htm
beetがてん菜(サトウダイコン)、caneがサトウキビのことです。
「beet sugar」というのが「cane sugar」という単語と対比で使われているので
「てん菜糖」でなく「てん菜由来の砂糖」のことだと思うんですが
beet sugerの場合は精製上、この骨フィルターを使わなかったりする
…と私は読んだのですが、英語得意な方どうですか…?
もしそうな場合、もし骨フィルターを避けたかったら
てん菜糖などを使うか
白砂糖やグラニュー糖ならスズラン印の砂糖に、てん菜100%の砂糖がありました
普通の製糖会社だとサトウキビ由来とてん菜由来の砂糖ミックスだったりするのですが
スズラン印は「日本甜菜製糖」という会社なので、甜菜しか使っていないものがあるんですね。
同社でもケーン糖のものもあるので、パッケージを要確認です。


なんとなくブラウンシュガーに近いイメージの三温糖は、
製造過程を考えると白砂糖とあまり変わらないようです。
既に精製し、白砂糖をとったあとの汁から作られるためです。
なので三温糖だと、フィルターを避けたい場合には意味がない、という感じだと思います。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 今日のごった煮。. all rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。