今日のごった煮。
   日々の気になることや好きなもの、画材レビューサイト「Prismatic Colored Fancy」関連記事、ベジの生活情報など。        一言で言うと「ごった煮」。たまーにこっそり更新しています。
裏磐梯高原ホテル
先日、裏磐梯に紅葉、五色沼、諸橋近代美術館を見に行ってきました。
多分、23、4日ごろが紅葉のピークだったと思うので、31日頃は散りはじめでしたが
東京あたりでは見られない赤を堪能しました。
寒暖差が大きい方が紅葉は鮮やかになるそうですが、この色なら納得。
urabandai-kouyou.jpg
沼もきれいで、充実した旅行でした。


ベジタリアンが旅行する上でホテルは悩みどころですが、今回はすぐ見つかりました。
磐梯エリアのホテルで、人気のあるところをJTBのサイトで探したら

「ベジタリアン(卵・乳製品含まず)」という案内がある裏磐梯高原ホテルが見つかり
ここに泊まりました。
(このホテルの公式サイトにはベジタリアンに対する案内がないので、
 たまたまJTBで調べなければ分からないところでした)
和食・洋食どちらもベジ対応可能なようですが、今回は連れの要望で和食に。

最初のお通しとメニューから
urabandai-yoru.jpg
夕飯は手の込んだコース料理で、昆布や椎茸などの甘みのある出汁が印象的でした。
工夫があって、おいしい。
秋のためか、お料理はキノコ多めでした。
そして夕食の量自体も多めでした。
写真の献立に書いてある品数からして、ノンベジの連れより明らかに多かったんですよね…。

朝食はごはんにみそ汁に、だしの効いたなすに、サラダに納豆、湯豆腐、
グレープフルーツの寒天ゼリーなどでした。
朝はさすがに量が多すぎなかったので安心しました。
urabandaikougenhotel-asa.jpg
安いホテルではないのですが、ちゃんとベジタリアン対応してもらったことを考えると、
この値段でも仕方ないかなと。


ベジと関係ない追加情報として
このホテル、絶対に「沼側」の眺望を指定して部屋をとった方がいいと思いました。
これ、部屋の窓から撮った写真です。部屋指定で追加料金はかかりましたが、
部屋にいながらにして こんな風に沼が見えるのがとても良かったですよ。
urabandai-numagawa.jpg
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 今日のごった煮。. all rights reserved.
まとめ