今日のごった煮。
   日々の気になることや好きなもの、画材レビューサイト「Prismatic Colored Fancy」関連記事、ベジの生活情報など。        一言で言うと「ごった煮」。たまーにこっそり更新しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


三育 ベジツナ
三育の新製品、ベジツナを購入しました。

10月のベジフェスは1日目しか行かなかったので、ちょっと遅れて入手しました。
都内の実店舗では広尾のナチュラルマート、
ネットでも楽天おおばこなど多数の店舗で購入できます。


今回はちょっと、感想が平均的と言えるのか自信がありません
…その、私、ノンベジの頃から魚がだめで
本物のツナを人生で「小さい子の2口ぶん」くらいしか食べたことがないので
食べ慣れていた方の感想と若干ズレていたらごめんなさい。


開けてみると、独特のにおいがちょっとある感じなんですが
質感は優秀です。
三育の大豆たんぱくシリーズと同じような、薄い湯葉のような大豆が
繊維状にからみあっていて、パサパサ・キシキシ感がかなりツナっぽいです。
そうそう、こういう感じだった、みたいな。
結構再現度が高いので、うろ覚えな記憶も蘇ります。

味は塩やブイヨンで、整えてあるようですが
そのままだとちょっと淡白め+最後に大豆系の臭みがほんのり残るかもしれません。
ここはやはりあれです。
ツナマヨ

卵OKの方はマヨを、
ラクトベジやヴィーガンの方はソイマヨなどのヴィーガンマヨを使うと
両方の合わせ技でいかにも「さっぱりめのツナマヨ」らしくなるので、
より一層ツナっぽさが感じられる、と思います。
もちろん大豆のクセもほぼ消えますしね。
なのでベジツナを買われる際はぜひ、ヴィーガンマヨも用意してみて下さい。

日本のメーカーのものなので
日本人がイメージする「ツナ缶」を目指して、きっちり作られていると感じます。
1缶315円と、ちょっと値段は高いのですが、「ツナっぽいベジ商品」が今までなかったぶん
ダイレクトに「新しい食品が増えた」みたいな感覚があるので、
レシピに変化がつけられて良いかなと思います。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 今日のごった煮。. all rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。