今日のごった煮。
   日々の気になることや好きなもの、画材レビューサイト「Prismatic Colored Fancy」関連記事、ベジの生活情報など。        一言で言うと「ごった煮」。たまーにこっそり更新しています。
グルーミンググッズ
諸行無常をかみしめました。キサです…


記事タイトルに毛抜きって入れるのをためらっただけで、今回は毛抜きの話です。
グルーミンググッズとか書いちゃってすみません。

今日まで日本橋の木屋(日本橋三越の向かい側にお店がある)で買った毛抜きを愛用していたんです。
もしかしたら4、5年ぐらいは使ったかもしれない。
リンクはこの木屋の團十郎という2000円超ぐらいの高級版ですが、
私が使っていたのは遠くからの見た目ほぼ同じで「木屋」と字が入った1500円のものです。
日本橋 木屋オリジナル毛抜 團十郎
ところがまさに今日、これを折ってしまったんです。
落としたりしたわけじゃないんですよ。金属疲労からか、ほんとに半分にまっぷたつ
違うブランドからジプシーして3本目に出会い、
わりと気に入ってたのに、本当に諸行無常です。
わりと厚みがあったので、まさか折れるとは思いませんでした。


というわけで、次に良さそうなものを探してきました。
この木屋の1500円のも十分おすすめできる商品なのですが、つい新しいのを探し
(て記事にし)たくなる癖がしみついています。
ブロガーも年期が入ると生活がブログ意識になっていけません。
木屋の團十郎は今のものよりさらにごつくて、私にはちょっと扱いが苦手だったので、
軽そうな違うものを探すことにし
グリーンベルだったら前の木屋の方が良かったかも(*値段も木屋の方が高い)と悩み
フェザーの5mmでないストレートのとかもわりと良かったんですが

これだと思ったのは結局ルビスでした。
ルビスの平タイプが より力が要らなくて良かったです。

2枚を張り合わせているタイプだったので、割れたりもしなさそう。
グルーミンググッズとしては高いんですけど、
触れるところで手に取って比べたら、やっぱり良かったのはこれなんですよ。
ルビス、軽いし扱いやすい。
既に毛抜きとかいうレベルでなく、なにかの作業をしている気分になるくらい精巧。
あともうひとつ、店にはなかったんですけど、Tweezermanのと迷って
たまたま安くなっていた、ルビスのスラントにしました。

スラント、先端が細いので、毛が埋没してようが皮膚と毛だけをスムーズにとれて凄い。
今度のは長く使えるといいのですが。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


私は現在友達からもらった毛抜きを使用しています。
新潟のもので、ひょうたんのような形をしています。
無理な力を入れずに毛を抜けます。

しかし、その変な形のためか、
空港の荷物検査で引っかかり、何度も画像を通されて、
危険物を持ってるかのような気分でした。。。
最後にピンセットを見せてください。とポーチから出すように言われました。

毛抜き・・・オソロシヤー・・・。
みやび | URL | 2009/09/26/Sat 18:51 [EDIT]
新潟ですか!地方のものというのは頭になかったのですが、そういうのも使いやすくていいかもしれませんね。
ただ、確かに変わった形だと何だか分からないですし、空港ではひっかかりそうですね…。
キサ | URL | 2009/09/26/Sat 20:17 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 今日のごった煮。. all rights reserved.
まとめ