今日のごった煮。
   日々の気になることや好きなもの、画材レビューサイト「Prismatic Colored Fancy」関連記事、ベジの生活情報など。        一言で言うと「ごった煮」。たまーにこっそり更新しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おすすめ筆ペン&毛筆VS非毛筆の筆ペン
画材整理を継続して、わりといい感じに減って来たのですが
「減らしたのにまた欲しくなる病」がたびたび発病します…。我慢。
ただちょうど筆ペンのインクが切れたので、筆ペンだけは新しく買うことになりました。

が、

評判のいい筆ペンを探そうとしたら
おすすめの筆ペンを書いている人がほとんどいなかったんです。
なので今回は
*毛筆と非毛筆の2種類の筆ペンについて思う事*と、
*今回探して買ったおすすめの筆ペンについて*も書いておきます。



*毛筆/非毛筆 筆ペンについて*
筆ペンて、「毛筆」の毛になっているタイプと
毛ではなくて一本の固まりになっている軟筆(呼び方が分からないのすが通じますか)がありますよね。
あれって、どっちを使っている方が多いんでしょうか。やっぱり毛筆でしょうか。

個人的には、そこまで高度な「表現力」となると
筆ペンじゃなく「筆」にしたほうがいいだろうなと思いますが、
筆ペン同士で比べるなら
毛筆に慣れていれば、毛筆筆ペンの方が表現力としては優れるのかな、と思うんです。

でも、毛じゃない筆ペンは「筆」と違うからこその良さもある、 と思うんです。
毛筆で書くのって、書道に不慣れだと力加減が難しいんですが
かたまりの筆だと毛がバラけないので、線が極太になったりもしないため
誰でもコントロールしやすく、悲惨な仕上がりにならないんです。
筆苦手だっていう人にこそ向いているし、使って欲しいです。
私も本当に「筆」の毛のコントロールが苦手なので、かたまりの筆派です。
(あ、絵筆は特に苦手ではないです。念のため。)
本当にかたまりタイプの筆ペンには助けられてます。



*おすすめの筆ペンについて*

そして今回の本題です。

毛筆でないタイプの筆ペン派の管理人は
ぺんてるの「ふでペン<細>」を、それこそ小学校から10年以上使っていたのですが、
あれ結構先(ニブ)が長いので、ちょっと加減を誤ると「くにゃ」ってなりやすく
失敗すると細書きにしては太くなったりしやすいんですよね。
ベーシックなのはベーシックですし、今後も使い続けてもいいなと思っているんですが

今回新しく出会ったおすすめがあるんです。パイロットの「筆ペン 小筆軟筆」です。
pilot-kohudenannhitsu.jpg
名前だけ見ると何回筆言うねん、て感じなんですが
これ、マンガならツヤベタ・字ならやや小さめの字をきっちり書く用途においては
賞賛に値すると思います。
使ってみると、やわらかくコシが弱いので力加減が難しい(誤ると線がつぶれやすい)ですが
先が小さめのぶん、やや細かく書く時もつぶれず、綺麗に決まるんですよ。
パイロットってあまり筆ペンのイメージがなかったので、これは意外でした。
筆ペンレビューのページでも紹介しましたが
少女漫画的なきれいなツヤベタを表現したい方に、あらためておすすめします。
ただし、太いのとか迫力が欲しい方には全く向きませんのでご注意を。
あとやわらかすぎるとコントロールする自信がない人にもおすすめしません。
力を抜いて、立て気味に使うのがポイントかと思います。

メジャーな「毛筆」タイプなら
細い感じが出やすい筆ペンは「くれ竹 万年毛筆 卓上型(8号)」だと思います。

毛も思ったよりバラけないですし、小筆軟筆みたいにやわらかすぎたりしません。
毛筆は苦手ですが、これだったら自分でも少しは使える、という印象です。
微妙に高いですがカートリッジ2個なので、普通かと思います。
くれ竹の筆ペンていっぱいあるので、「8」って数字で探すか、
「オレンジ台紙」で「万年毛筆」って書いてあるものを探すかすると早く見つかるはずです。

ちなみに新宿の世界堂本店1階に、試し書き用の筆ペンが色んな種類・大量に出ています。
自分に合う筆ペンに出会いたい東京近辺の方は、ぜひ行ってみて下さい。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


いろいろな筆ペンの試し書きができるお店を探していました。
世界堂本店では現在も試し書き用で出されていますか?
でしたら是非行きたいのですが・・・。
あと、東京都内で他にもそのような店があったら教えてください。
| URL | 2010/01/23/Sat 00:25 [EDIT]
暁様、はじめまして、こんにちは。
世界堂今月行ったのに筆ペンコーナーは見なかったので、はっきり申し上げられないのがつらいです…以前見たときはたくさんの品揃えと共に試し書き用もたくさん出ていたので、きっと今もあるとは思うのですが…。私が見た時は1階にありました。
全ての筆ペンの状態が良いわけではないので、もうインクが出なくなってしまっているものや筆部分が破損しているものもあると思いますが、同じものが2本出ている場合もありまので、それを補える数はあると思います。

私の知っている限りでは、世界堂本店以外にあれだけの数が出ているお店はなかったですね。というか、筆ペンは、普通のお店では呉竹かぺんてる等以外はあまり試し書き用が用意されていない気がするのです。その2ブランドだったら文具店なんかでも試し書き用が出ていることがあります。世界堂本店は、この記事で書いたパイロット小筆軟筆とか、トンボの筆之助とか、他のブランドもたくさん出ていたのが長所でした。
キサ | URL | 2010/01/23/Sat 00:40 [EDIT]
非常に参考になりました。
ありがとうございました。
| URL | 2010/01/23/Sat 09:50 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 今日のごった煮。. all rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。