今日のごった煮。
   日々の気になることや好きなもの、画材レビューサイト「Prismatic Colored Fancy」関連記事、ベジの生活情報など。        一言で言うと「ごった煮」。たまーにこっそり更新しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ぎんざ泥武士のベジ弁当
※今日はオボベジ(卵使用)商品の記事です。ヴィーガンではありません。


先日、日本橋美人博覧会のスタンプラリーの景品として
グランスタ(東京駅構内)の商品券をもらいました。(ありがとうございます)

せっかくなので以前から知っていた「ぎんざ泥武士」のお弁当を購入。
その名も「ベジ弁」です。
dorobushi-vegeben.jpg

「泥武士」は銀座にあり、
ノンベジ中心ですが、ヴィーガンメニューやベジメニューもあるお店です。
泥武士キッチンという、地下にあるお店には入ったことがあり、記事にもしています。


ビーガンのコース料理を作る技術もあるお店なので、
ベジ弁当がオボベジのお弁当なのはほんとに惜しいなと思います。
「人参フライ」の衣に卵が使われています。
(ポテトサラダは原材料に記載がなかったのでちょっと分かりません)
乳製品は不使用です。

升本がそうだったのですが、マクロビメニューだと変わった味のものもあるんです。
が、このベジ弁はそういうのがなく
ほんとに普通のお弁当を、ヘルシー野菜で作った感じ。
野菜を生かしてシンプルにつくられた、自然なやさしい味です。
中でも野菜ちらしは案外薄味です。酸っぱさもないマイルドな味付けです。

ただ大豆たんぱくの甘酢和えはちょっと、変わった味だと…思いました。
私が肉(肉もどきも)を、甘酢和えで食べたことがないからかもしれませんが
大豆がすっぱいというのに慣れず一口目でちょっと笑ってしまいました。
すぐ慣れましたが。


商品券を使ったため実質500円で買ったからいいのですが、
これ、1500円は結構高いな…と思います。
味は合格なんですけど、ワンブロック500円となると、とにかく量が上品で…。
ベジになって平均より小食になったと思うのですが
そんな私でも、これは完食してもまだ何か食べられそうな気がするんですよね。
そういえば泥武士キッチンもメニューによっては量が少ない印象が強かった気が。
結構早くお腹すきます。

味はOKなので、できたらもう少し、量を増やしてほしいな…と思いました。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 今日のごった煮。. all rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。