今日のごった煮。
   日々の気になることや好きなもの、画材レビューサイト「Prismatic Colored Fancy」関連記事、ベジの生活情報など。        一言で言うと「ごった煮」。たまーにこっそり更新しています。
おいしかった/おいしい バレンタインチョコレート2009・2010・2011
2月になりました。バレンタインの季節です。
今年も例年通り、チョコ選び情報の掲載です。
今年は去年とは違うブランド中心に回って来ています。


個人的ダントツはレ・グラン・ショコラティエでした。見た目も完璧・味◎。
あとはパレ・ド・オールゴディバ
はじめて食べた中ではア・ラ・レーヌ・アストリッドが良い方でした。

まだイベント会場もない店が多い&試食も出てないこの時期にこの量を食べ比べた
しかも自分ではまだひとつも買ってないあたり、私の環境は凄まじいと思います。

去年以前の分は別にまとめてあります。
(この記事と去年の分おととしの分の3回で 私のチョコ知識の全部です)
去年の記事に書いてるものは今年ほぼ書いてないので
もっとたくさん情報を探している方は、去年の記事も合わせて見ていただきたいです

それでは今年もらったチョコレート感想・50音順です。


ア・ラ・レーヌ・アストリッド…これ個人的には好きでした
AMEDEI…賞をもらっているだけあって、おいしいです。
アンジェリック・チバ…ピンクのパッケージと赤いハートのチョコが最高に可愛い。
     …んですが、なんだか私は苦手な味で…
     周りは好評だったので、私が食べた2種類がたまたま良くなかったのかも。
     ただ逆に、2つもらって2つとも好きじゃなかった時点で
     万人受けはしないのかもしれないです。
     買いたい場合は試食とかして買った方がいいかもしれません。
ヴェストリ…濃いめです。ので好みは分かれるかも…味自体は○。
宇治園…私ここ好きなんです。抹茶生チョコもチョコとしておいしいし、
    甘納豆を使った粒のチョコもおいしい。棗に入ったパッケージも可愛いです。
ゴディバ…今年の「ラブプロムナードコレクション」可愛すぎじゃないですか。

     乙女全開。超可愛い。本命の代名詞のブランド名と合わせてこれは使えそう。
     トリュフアソートメントの方は中がコーヒーでほろ苦く、チョコも甘くなく
     パッケージの印象とトータルでおじさま向けっぽいイメージです。
シェ・松尾…おしゃれかつきっちりした見た目が好印象。
     もこもこしてるのをナッツだと思って食べたらキャラメルでした。
     すっごい甘かったんですけどおいしかったです。これは人にあげられる。
ジャン・フィリップ・ダルシィ… 濃い…けどしっかり作られているのは感じます。
     いかにも外国っぽいので好みは分かれるかもしれません。
セルジュ・アレクサンドラ…ラモって生チョコが口溶けが早いです。○。
Diva Life Chocolatier…今年初登場の台湾のチョコらしいのですが
     アジアっぽい脱脂粉乳の味がします。
     中国系のチョコってわりとどれもこういう味しますよね。なんでだろう…
hacci…はちみつが入っているというチョコ。やや微妙な感じ…
BABBI…
    なんだかんだで毎年食べてるような感じが…。
    例年パッケージが女子受けのいい感じなので、まず誰か買ってくるんですよね。
    私としてはこれは友チョコ的なイメージです。
    ウエハースのぶん、なんとなくおやつ感覚です。重すぎず食べやすい。
パレ・ド・オール…これ良かったです。めっちゃイチオシです。
         濃いしっかりした味だけどそんなに苦くない。男性にあげられる。
         見た目もブラックトーンに金粉と
         すっごいクールでゴージャスなイメージで、かっこいい。
ピエール・ルドン…これもわりと食べやすくておいしかったです。
プチ・フルール…「Petite fleur YOKOHAMA」と書いてあるオレンジのパッケージです。
        すごいきれいできっちりしていて、プラリネおいしかったですよ。
        パヴェはなんとなく物足りない…かもしれません。
        1粒でもチョコレートを食べた感はちゃんとあるんですけど、
        ややアルコールっぽさが強いのでもうひと味ほしいところ。
ペック…ジャンドゥイオットの黒(クラシック)は、
    わりと本当のジャンドゥーヤっぽい味かなと思います。
ホテルオークラ…コーヒークリームチョコレートっていう生チョコが
        すっごい上品なパッケージなのでそこに惹かれました。
        ただクリームの多い分、コーヒーもチョコもどっちも薄まっている
        ような気もするんですよ。そこがちょっともったいない。
       「ミルクたっぷりの薄いコーヒー」がお好きな方ならむしろオススメ。
        ここのスパイシーレーズンが食べたいと言ってた人がいたのですが
        レーズンて嫌いな人結構いるので(私は平気ですが)
        人にあげるには王道でない気がしています。
        アーモンドガナッシュはちょっとおやつっぽいけど普通に○。
ミッシェル・ショーダン…ここのチョコはどれもすごいきっちりした見た目の
        パッケージとチョコレートで素敵です。
        パヴェは見た目でイメージしたよりはミルク感がありましたが合格点。
モロゾフ…モロゾフって基本的には手を出さなかったのですが
     今年もらったらメッセージのとかすっごく可愛いし、独特なパッケージ。
     しかも安い!ので 義理チョコにも自分用にもいいかも。
     チョコレート自体はいつものモロゾフの味です。
     日本ぽくてわりとミルキッシュな感じ。
レ・グラン・ショコラティエ…パッケージのかわいさとおいしさで文句なし。
     むしろあまりにも美しいので女性向けな気がします。
和楽紅屋…試食で抹茶生チョコをもらったら、
     ほんとに抹茶の粉をそのまんま食べたような、濃い粉っぽい抹茶生チョコで
     衝撃を受けました。これはチョコでなく抹茶の粉です。おすすめできません。
(2010年と2011年ぶんの追記:)
あとは
ヴァン・デンダーもまぁまぁ良かったなーとか
貴腐ワインも独特でなかなかよかったなぁとか
セバスチャン・ブイエは微妙だなとか
ノイハウスなつかしいなーこれもおいしいなとか
バルベロっていうのが苦かったけど乳製品不使用なのは珍しくていいなぁとか。
マックスブレナーは癖もあるけどまぁまぁいいかなとか。
ロイスピエールのチョコケーキがおやつ感覚だなとか。
イルサンジェーは男性向きっぽいですね。
日本橋の三越に入っていた
アルナスマっていうラクダのミルクを使ったのは
意外と普通だったんです。もっとクセがあるのかと思ったのですが
そんなに食べづらくないし、そんなにおいしいって感じでもないというか。
あと意外とそんなに良くなかったのがショコラトリー・ド・モナコ。
パッケージ豪華だったので、もっとすごくおいしいのを期待していたのですが
そこまででもなかったです。見た目は良いのですが。

今年は、家人が人に配る用にはすっごく丁寧に作られた&おいしいし工夫が利いてるドゥバイヨルを薦め、
自分が配る分は王道かつパッケージが綺麗なレ・グラン・ショコラティエを買いました。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 今日のごった煮。. all rights reserved.
まとめ