今日のごった煮。
   日々の気になることや好きなもの、画材レビューサイト「Prismatic Colored Fancy」関連記事、ベジの生活情報など。        一言で言うと「ごった煮」。たまーにこっそり更新しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ヴィーガンの歯ブラシ? テラデント エコ歯ブラシ(M22)
ヴィーガン系あるいは自然雑貨系のお店でよく売っている、
エコハブラシを使い始めました。

今回はエコロジーショップGAIAで買いましたが、楽天でも取り扱いのあるショップがあります。
別にこれじゃなきゃヴィーガンじゃない、というものではないのですが
見る度に気になっていて、気になると買いたくなる性分なので…
ブラシの部分だけを取り替えて、ゴミを減らすことができるというエコ商品です。
この商品を見るまで、歯ブラシのゴミの量なんて考えたこともありませんでした。

使ってみた感想ですが

1.
これ、開けて最初にびっくりしたんですけど
グリップがかなり太いんですよ。
太すぎて、1本分ずつあいているハブラシ立ての穴に入らなかったんです。
しょうがないので今、その横の、歯磨き粉などを入れるスペースに同居しています。

2.
それとグリップ部分の長さが短いのか、全長もちょっと短めになります。

3.
最後に、ブラシ部分もわりとコンパクトなんです。小回りは利きます。

3つトータルすると
コンパクトヘッド+短めで太いグリップの握り心地もあいまって、
なんとなく、こども用ハブラシを使っているような気分になります…
女性・こども用と書いてあるお店もあったんですよ。ちょっと納得。

M(かたさ普通)のタイプを使っていますが、これはちょうどよかったです。


歯の磨き心地は悪くないんですけど、
今までの感覚からいくとやっぱり少し短いのが気になるんですよね。
なんとなく、もうちょっと違うグリップの歯ブラシにしようかな…とも思いますが
とりあえずしばらくはこれを使おうと思います。

(後日追記:替えブラシはH(かため)を買ってみました。
 これもそんなに硬すぎないので、かためがお好きな方ならありだと思います。が、
 力を入れて磨きすぎるクセのある人は、
 固い歯ブラシを使うと知覚過敏になるおそれがある(経験済)ので注意が必要です。

 むしろ古い方のリフィルを外す時の方が硬いというか、手間取りました
 慣れればこの作業も大丈夫そうです。)
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 今日のごった煮。. all rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。