今日のごった煮。
   日々の気になることや好きなもの、画材レビューサイト「Prismatic Colored Fancy」関連記事、ベジの生活情報など。        一言で言うと「ごった煮」。たまーにこっそり更新しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


レバノン料理 シンドバッド(新宿)
キサです。
レバノン料理を食べに、新宿の「シンドバッド」に行ってきましたー!


雑誌ベジステ(Veggy Steady Go!)で、世界のベジ料理のページにレバノン料理の名前があり
Wikipedia(本当よく読むんです私)にも
海外ではヘルシーなベジ料理・ダイエット食として人気が高いと書いてあり、
ずっと気になってたんです。

いつものようにメニューとにらめっこすると「ヘルシー」と書いてあるDランチが。
多分これかなと思って聞いたら
本来、Dランチにはビーフを使ったメニューが一品だけ含まれるものの
お願いすればベジタリアン対応メニューに差し替えてもらえるそうです。

で、やってきたメニューはこちら!

Dランチ(ベジタリアン仕様ver.)、コーヒーと紅茶のドリンクバー付きで1100円です。

左上から、まずドリンク
サラダにはカラウエ(言われて分からなかったので調べたら「キャラウェイ」のことかもしれません)
やビネガーを使ったドレッシングが使われていて動物性不使用。
その隣がピタパン
中段左がハンムス(フムス)で、右がババガヌージ(ナスの料理。ペースト状です)
下が、差し替えメニューの里芋を使った家庭料理です。

なるほど間違いなくヘルシー。
全体的にさっぱりめです。野菜が多く使われているのに、食べにくさもクセもなし。
油はオリーブオイルでこれもあっさり味の手助けになっているのかも。
あとハンムスがおいしい。家にあったひよこ豆で自分で作ったのとは全然違う(笑)
ベジ料理が発達しているレバノンだけあって、ベジ素材だけで完成されていて
物足りなさがないのがポイント高いかも。

というかほとんど「民族料理」という感じがありません。
「食べやすい」を超えて、普通。初めて食べるのに違和感なしというか
多分「苦手だ」という人がほとんどいない料理だと思います。
さっぱりした素材の味を楽しめます。


これがレバノン料理かー。
はじめての経験ができてキサは満足です。
ランチ以外に、ディナーにも「ベジタリアンコース」があります。
ちなみにお会計はこのお店の区画内ではなく
このお店が入っている民族料理エリア「スパイスロード」の入り口の所になります。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 今日のごった煮。. all rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。