今日のごった煮。
   日々の気になることや好きなもの、画材レビューサイト「Prismatic Colored Fancy」関連記事、ベジの生活情報など。        一言で言うと「ごった煮」。たまーにこっそり更新しています。
もどき肉(ベジミート)を比較する
こんにちはキサです。
今日は
料理がぐっと簡単になる、あるいはベジタリアン初心者の助けになる、もどき肉のまとめです。
新しいものが出たり廃盤になったら順次更新していきます。


こういう商品に対して、ベジタリアンじゃない方の疑問を見た事があります。
「肉を食べないのになぜもどき肉が必要なのか。本当は肉が食べたいのか?」
私の場合としてお答えします。
もどき肉を使うのは料理がしやすいからです。

ベジタリアンでない方、野菜だけのメニューって、あまり思い浮かばないですよね?
だいたいメインのおかずって肉か魚にしてません?
私もそんなに、野菜でメインになるおかずは何種類も思い浮かばないです。

そこを、大豆等で出来た肉っぽいものを肉の代用として料理すれば
もどき肉に、からあげのたれを付けて揚げればから揚げになる!
しかももどき肉本体以外は からあげと同じ味=おいしい!
という具合に
皆が知ってるおかずのベジタリアン版がおいしく簡単に作れるわけです。
別に肉が食べたいわけじゃなくて「料理レパートリーが簡単に確保できる」ので
私みたいに、元は肉食べてたけどベジになったという人には便利なんです。
もどき肉便利ですよ。私は食材の1種としてお世話になってます。


さて本題。
ここではもどき肉を色々まとめ、新しいものを見つけたら順次更新していきます。

普通のラクトオボ・ベジだと、評判のいい三育のリンケッツや
同じく三育の大豆ハンバーグも食べられますが、
ヴィーガンだともっと限られるんですよね。
なのでヴィーガンOK・モドキ肉の中で、私が食べたものをまとめました。

まずは
*挽肉*
グルテンバーガーは缶入りで開けるだけですぐ使えます。

これはですね、使う料理っていうか味付けが大事かもしれません。
餃子にして食べたら、大豆くささが目立っておいしくなかったんです。
でも焼き肉のたれ(ヴィーガンOKの)でそぼろ状に炒めたら、
あれ!?っていうぐらいおいしい!
どうも味濃い目の料理だとベストっぽいです。
缶開けたら小分けにして冷凍しておくと便利かもしれません。

他にも挽肉の代用では、大豆たんぱくミンチとかがあります。

これとsofaさんの(No.3と書いてあります)は、お湯で戻すと見た目も味もふやかしたパン粉みたい。
水分を吸うと思ったより膨らみます。
三育さんはまだ臭みが少ない方?ですが、sofaさんは微妙に豆っぽい臭みがあったような気が。
同じく濃い味付け推奨かもしれません。


あと、
*コンビーフ*として使われるのが「ソイーズ」。
何となくシーチキンみたい?
(※魚嫌いでシーチキンを食べた事が無い私の勝手なイメージです)に見える上、
そもそも本物のコンビーフを食べたことがなく、食べ方が分からなかったのですが
とりあえずそのまま固めて焼いてみたら、意外に○。もっと早く食べても良かったなと。
味は初めからついているので十分おかずになります。
追記:
ソイーズは終売になり、
新しく三育から「コンベジ」というコンビーフタイプのものが発売されました。


*薄切り系*
↑上の商品とかを見るとみんな該当するんですが
たんぱく質を取ろうとすると、もどき肉以外にも豆腐とか納豆が増えて
殆ど大豆になっちゃうじゃないですか。
そこで小麦たんぱく薄切りも買ってみました。

たれで焼いたりするだけで簡単に食べられます。
でもこれ、なんかぶにぶにしてます。戻し過ぎって事はないと思うんですが…
湯葉みたいでもあり、味が淡白。うすい小麦味?
薄切りというわりに厚め & 中まで味が染みないので余計淡白さが際立っている気が。
暖かい料理に使うなら普通のお麩、車麩とかの方がいい気がしました。
あまりおすすめはしませんが、強いて言えば冷しゃぶがいいかなと思います。
さっぱり感がいい感じ。

小麦使用のタイプがみんないけないわけではなく
小麦と大豆混合のなら、小麦っぽさ/大豆っぽさが中和されてる場合もあります。

あと、sofaさんの「modoki」が肉に近い味らしいので食べてみることにしました。
ナチュラルハウスでゲットしました。no.2はフラットタイプで薄ーい感じです。
パッケージに説明が何も書いてないのに逆にびっくり。
(追記:お店に説明の紙が置いてある場合もあります。
ぬるま湯で戻してあとは炒めるなりなんなりすればいいそうです。なんて大ざっぱな…)

これ食べた感じ、なんか、あれに似てる。
カップラーメンに入ってる、お湯で戻る薄ーいハムみたいな肉?
ってことは 肉っぽい = 肉もどきとしては合格 なのかな?
ナチュラルハウスなどで購入できます。

ベーシックな薄切りは三育の、大豆系かなと思います。
大豆ミートもいけるけど、一番は大豆たんぱく薄切り。台湾製の本格派です。


あと大豆ミートチキンタイプも当たりでした。乾燥している状態だと「?」ですが
戻すとかなりいい感じ。予想より膨らむで食べごたえもあります。

かるなぁの大豆ミートも、薄い割にはきっちり伸びます。

びっくりしたのはリケンのものです。
すっごい、大豆の味です。節分の豆と同じ味。
他のもどき肉ってそこまで大豆の味がしないのですが、ここまできっちり大豆味だとありだと思えます。
手羽タイプとか特に良かったです。
お湯につけるだけで戻るものもありますが、こちらは茹で必須です。


三育の「大豆たんぱく大判」は焼き肉にはあまり向いていなかったです。
厚い分、湯葉っぽい味と食感が目立ってしまうというか。揚げ物向きだと思います。
「国産大豆ミート厚切り」も厚みのぶん大豆味が強めだったので、料理を選びそうです。


スイスの「サボ」ソイミートは
薄切りタイプなのですが調理法としてからあげが書いてあって、
作ってみたらちょっとパリっとした感じになりました。



*粒タイプ系*

畑の肉はなんというか変わった味がします。ちょっとクセが強かったかな。


逆においしくて感激したのが、大豆からあげ!でした。
これはまさに「からあげ」。微妙にぶにぶにしてるっぽいとこもありますがほぼ完璧。
ぜひ一回作ってみてください。
湯戻し時間が長いですが、お湯に入れて放っておけばいいので煮るタイプより楽。
中までうまく戻らないよーという場合は、お箸で回したり、ぐにぐに押したりすると
ちゃんと中まで戻ります。30分もかからないのでお試しを。


同じく、三育の「大豆たんぱく 中粒」も出色の出来です。まさにから揚げ。
こちらは大豆だけでなく小麦や、とうもろこし由来のでんぷん等を混ぜて
より臭みを消してある気がします。味濃いめにすればさらに完璧。

完成度高くてちょっとびっくりしたのが三育 国産大豆ミートの小粒。
からあげにするとほんとにおいしいです。

他のブランドからも色々出ていますが、
粒タイプのもどき肉は、どれを買っても比較的ハズレがなかったです。
なんとなく、ちょっと安いので三育のを買っている気がします。


最後に。肉の変わりにテンペを使う手もあります。
味は普通に大豆のかたまり、って感じで、納豆ほど発酵臭はないですね。食べやすい。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 今日のごった煮。. all rights reserved.
まとめ