今日のごった煮。
   日々の気になることや好きなもの、画材レビューサイト「Prismatic Colored Fancy」関連記事、ベジの生活情報など。        一言で言うと「ごった煮」。たまーにこっそり更新しています。
フツーの人がベジタリアンになった理由と変化
ブログがベジタリアン記事だらけになってきたので今更ですが

私、今まで普通に焼き肉とか食べてたのに、先月から肉やめたんですよ。

肉やめるなんて、普通考えつかないじゃないですか。
でもなんか、色々理由があって、こうなってしまいました。


肉おいしいじゃん、毎日食べてたじゃん、未練ないの?って言われたら
全くないとは実はまだ言えない;、 一般人です。
けどそれより、これから書く「理由」を優先したってだけです。
焼き肉も唐揚げも食べてた人間が、自分で選んでなったこと、長いですが記事にしました。

先月まで私ベジタリアンてよく分かんなくて、え、野菜だけ食べる人?とか思ってました。
増えた知識で最低限フォローしておくと、
肉/魚とかエビとか、つまり「動物」を食べなければ、いわゆる「ベジタリアン」になります。
かつおだしが入ってる味噌汁とかも飲まないです。
卵・乳製品・ハチミツ含め「動物性食品」を全て食べず、毛皮とか革とか動物を使ったものも避けると『ヴィーガン』と呼ばれます。


(追記:私は今のところ
ヴィーガンの日もあるけど、時々卵や乳製品とるベジタリアン、です。
これが栄養や生活的に一番、自分に合っているところだと思ったので。
完全にヴィーガンとして頑張ってたときもあったんですけど、
もともと偏食(小さい頃から魚介ほぼ×、しかもけっこうな野菜嫌い)で
野菜の量をなかなか食べられず、
どうも連日飢えた感じが抜けにくかったんです。栄養バランスとれなくて爪割れたりとか…。
それと結構お菓子とか買ってきて下さる方が多い環境だったり、
外食すると絶対に人に気をつかわせてしまうので、このへんで落ち着きました。

毛皮とかはもともと嫌いでした。革製品も。
シルクとかは普通に買ってたんですが、これからは買わないことにしました。)



で、ベジになった理由、なんですが

私の場合、もともと魚がだめだった(食べられた時期がなかった)のがまず大きいと思います。
小さい頃から
「魚に頭がついてた」のがだめで、小6位まで「絶対こっち見てる、こわい」と思ってました。
頭ついてなくても、「頭ついてる魚(の顔)」がトラウマ的に焼き付いてて、
かわいそうとかじゃなく、こわい、気持ち悪い、感じがして食べなかったんです。

それで中学生くらいの頃、肉だって全部ほんとは動物殺してるじゃんと思うようになり、
全部やめたいと思ったものの
当時は「魚食べないのに肉もやめたら栄養足りないんじゃないか」と思い込んでて、
肉を食べる生活に戻り、大人になりました。


が、最近になってようやく色々知ったので、ベジタリアンになる方に傾いていきました。

たとえば

肉をつくるのに、餌としてその10倍ぐらいの穀物が必要で
 100gの肉なら1kgの穀物を一人で食べている計算になる

 そのぶんを、本来は10人で100gずつ穀物食べれると知ったから。
(もちろん、栽培してる穀物が全部人間の食べる種類ではないと思いますし
 人間の食用になるものを栽培できる土地ばかりなのかというのは不明なので
 そのへんは差し引いて考えるべきかと思いますが)
 これすごく大きかった。私、小さい頃から妙に飢死というものが気になる子で
 多分、自分が飢えることにずっと怯えていて、今もわりとそうなんだと思いますが
 自分が肉食べるせいで誰か飢えてるの?と初めて思うようになったんです。
 世界の穀物は、今いる人類を全員まかなえるぐらいは生産されてるんですって。
 恥ずかしい話、私、そんなこと知りませんでした。
 それなら本来誰も飢え死になんてしないはずじゃないですか。
 日本は輸入量も、食糧廃棄量もすごいし、
 これって…と考え始め。
 (もちろん、飢餓の原因て他にもあるんですが。)

食料品の値上げ、最近ニュースでよく見ますよね。
 値上げの原因として、中国とかで肉の消費が増えて↑みたいに家畜の餌に使われるのとか
 バイオエタノール、食べ物が燃料に使われ始めてることがあるらしいので
 みんな肉食べてたら穀物、食物が余計足りなくなるんじゃないか、と思って。
 ちなみに今後は飼料が値上げしてる分、肉も値上げしそうだとか言われてます。

・ネットニュース見てたら、家畜(牛)のCO2とか、メタンガスの排出量ってすごいらしいし。

・これはこのブログには関係ない話なんですが
 人間殺すの良くない!みたいな話を書いてるのに動物放置は納得いかない=
 大袈裟にいうと「この話の作者として肉食はふさわしくない」と思ったから
 誰もそんなこと気にしないでしょうが、自分自身が気になってしまったので

・たまたま読んだ本(邦訳で、著者は日本人ではありません)に、
「(食べるためも含めて)動物を殺すのは絶対に良くない」って
 相当確信を持った口調で書いてあって、
 あまりにも当たり前のことを言ってる態度すぎて なんとなくひっかかったから


この辺が一気にきて、その後調べたり考えたりすると


・なんというか、受け入れるのに時間がかかったんですけど
 肉とかって、本当は食べなくても栄養足りるらしいんですよ。
 私は学校の家庭科でなんとなく「たんぱく質=肉、魚、卵」というイメージでいたのですが
 栄養関係の本、例えば『ベジタリアンの医学』という本(これおすすめです)を見たら、

 肉魚やめても乳製品か卵取るなら栄養学的に全く、何の問題もないんですって。
 一応、卵乳製品も含めた動物性食品全部なくても
 ビタミンB12とかに気をつけて栄養バランス考えて食べれば大丈夫みたいなんですが
 完全に手放しで大丈夫って言われてる印象だったのは「卵や乳製品を食べる」場合でした。
 「肉と魚ないと栄養足りない」っていう前提自体が間違いだったと気づいたんです。


・アメリカでは1996年に農務省(日本の農水省みたいな所でしょうか)から
動物性食品は必ずしも必要でない」って正式に発表があったそうです。
 だからハンバーガー大国でもベジタリアンがいるんだったんです。
 なんかだまされた気分でした。
 日本ではタンパク質には肉と魚食べなさい!ってよく言うじゃないですか。
 そんなことないんじゃん!って。


・「もう肉も卵も牛乳もいらない!」っていう本に、

 相当ひどい牛とか豚とか鶏の待遇が書いてあって、ショックまでは行かなかったんですが
 別にそこまでして食べたくはないよなーと思って。
 (やや冷たいかもしれませんが、誇張なしの正直な感想がこれでした)
 もし肉やめて、鶏一羽でもこうならずにすめば もうけもんかなぁとか。

・あと、あの…
 …屠殺業とかにつく人は少ない方がいいと思ったんです。
 今現在仕事をしている人のことではなく
 私個人の勝手な気持ちなのですが、
 こどもたちが大きくなったら屠殺業につくかもしれないと思ったら
 なんか、それは少ない方がいいかな、とか。
 私はそんなに動物好きな方ではなく、動物愛護ってタイプではないので、
 (好きでもないけど何も殺すことないじゃんね くらいのドライさというか)
 むしろ人間寄りの理由でのベジタリアンだと思うんです。
 飢餓対策のためだから我慢できるし、
 動物を殺す仕事に就くこどもがいないなら、一生肉食べなくてもいいと思いますし。


・100万部突破の『病気にならない生き方』とその続編(オススメです)を↑に続けて読み

 いかに肉が体に良くないか、牛乳が良くないか、本当に「食」の常識が崩れ去りました。
 上の『ベジタリアンの医学』と合わせて読んで
 学校では古い情報を教えられ誤解してんじゃないかと思い始め
 大学まで16年も学校行ったのに、あれはなんだったんだろう?と自問しました…

ベジタリアン、特にヴィーガンになると、
 アレルギーが治ったり大きく改善する人がいるらしい
(勿論、全員じゃないですが)から。
 特に花粉症が改善するのはよく言われています。
 私、花粉症とかその他アレルギーあるので、ちょっと自分で実験しようかなとか。
(後日追記:実験結果はこちらベジタリアンと花粉症に書きました。)

・アインシュタインとかレオナルド・ダ・ヴィンチとか、いわゆる天才から人道的な人まで
 とにかく書ききれない程ベジタリアンはたくさんいる
 割と彼らの菜食に関する意見(こちら)を、ある程度理解できたから。
 特にトルストイには納得。
 バーナード・ショーのコメントはちょっと笑いました。皮肉っぽいですけど。


そしてこれは最後に来たとても大きい理由。
これに自分で気づかなかったら始めなかったし続かなかった。物書く人間で良かった。
これだけ飢え死にする人もいて、環境にもよくなくて、動物にもよくなくて、
健康にもよくなくて…てなっていくと
そしたらもう食べる理由が「おいしいから」しか残ってないんですよ。
昔は「食べないと栄養足りない?と思うし、おいしいから食べる」だったのが
「おいしいから殺す」になってしまった。
なんか急に、さめました。
知らないならいいんですよ。これだけ知ってて「おいしいから」って食べるのは
どんなものより非人道的に思えて、急に 食習慣を捨ててもいい気になったというか。


で、なんかためらいながらも えいっ!て始めて、今に至ります。
花粉症以外の健康改善とか、宗教とか、過剰な動物愛護では全くないです。
偉くもなければ博愛精神にも満ちてないし、特に動物好きですらないので、逆に申し訳ないです。

正直ここまで知ったら、うまく戻るに戻れなかったんですよね。
前みたいに喜んで食べようにも、ちっとも喜べなくて、
食べないのもつらいけど 食べるのもつらいみたいになってきて。
両方からフルパワーで圧力かかってる みたいな苦しさで。
食べないつらさより 食べることの嫌さが上回ったときが辞め時だったのかなと。
人間の本質なのか、味の我慢より、罪悪感の方が耐えられなかったんです。
一生食べない!なんて全然思えなかったし、多分そう思ってたらベジ生活入れなかった。
でも、なんだか続いています。

もう一つの隠れ理由は、先日の記事にも書いたように
母のおかげでハンバーグが嫌いだから(笑)かも?
まぁ肉も魚も大好きな人がベジになるより、
魚介と挽肉が大部分ダメな私が、ベジになる方が簡単だったとは思います。
こういうやつがベジタリアンになるんだな。という感じでしょうか。
魚食べられないことを知っている親しい友人には、
ベジタリアンになったことを言ってもびっくりされませんでした。
前から魚食べなかったじゃんみたいな。


ベジタリアンになって日が浅いんで影響とかはそこまで感じないんですが…
あ、やせました。別に太ってたわけでもないんですけど
ここに書いたって恥ずかしくない体重と体脂肪率までやせました。
3~4kg、これはもう肉やめただけでストンと。
そんなに肉たくさん食べてたほうでもなかったのに、これは驚きでした。
私の料理の影響で大豆料理食べだした家人も少しやせました。よかったね…

(後日追記:肉やめて2ヶ月ぐらいしたら、この記事の書き出しと違って
 肉食べたいと思わなくなりました。
 なんていうか、食べてないために肉の味を忘れました。ほんとに。
 肉って、なにも付けないで食べることないじゃないですか、
 絶対味がついてるじゃないですか。焼き肉のタレとか、しょうがとか。
 焼き肉のタレ(動物性素材入ってないものが時々あります。モランボンのジャンとか)
 で大豆でできたベジミートとか食べてたりすると、余計混乱して
 ほんとにどんなに肉の味を思い出そうと頑張っても、焼き肉のタレの味とかしか思い出せません
 肉本体の味が思い出せないです

再追記:ベジタリアン約3ヶ月です。減った体重もリバウンドせず、すっきり体型のままです。
    「っていうか全然問題ないじゃんベジタリアン」ていう結論が確信を帯びてきました。

    なんて言うかね、何もないんですよ。こんなに最高ですvなんてこともないし、
    へにゃへにゃに活力なかったりもしないし、フツー。別にフツー。
    すっきりしてるのは分かるんですけどね。

    あと気がついたこと。
    ベジ生活だと、肉食のときと「お腹いっぱい」の胃の感覚が違うんですよ。
    初めて分かった。肉食べたときの「お腹いっぱい」は
    胃に負担になって胃もたれ手前みたいな、胃が重い、そういう感じだった。
    うそーと思われるかもですが、今比較するとそうとしか言えない気がします。

再々追記:もうすっかり肉のない生活が当たり前な6ヶ月です。
    動物性食品を食べなければ食べないほど、動物性食品の消化能力は落ちてますね。
    ヴィーガンきっちりやってた時期、
    肉入ってない(乳製品は入ってる)ラザニアを、家人が作ってくれた時があって
    急ぎの用があったので焦って食べたらお腹いたくなりました; 情けな…
    よく噛んでゆっくり食べれば大丈夫みたいです。経験上。

    今はヴィーガンとラクトオボをふらふらしてますが
    だいたい健康には良いと思います。私胃腸弱い方だったんですけど、
    暴飲暴食で体調悪くしたりしないし
    家人全員風邪ひいても一人だけ無事だし
    血液検査したら全部正常値でしたが、
    私の場合唯一改善しなかった~むしろ微妙に悪化したのが冷え性。
    今年特に寒いからか、手が冷たくなりやすい気が。
    外出するとすぐ冷えきってしまいます。
    余分な熱量がないからなのかどうかは、ちょっと分かりません

最終追記:2011年5月で、ベジタリアンになって4年になりました。
     この4年間、一回も 肉も魚も食べませんでした。
     今後も食べない予定です。
     …あっさり書いてますが、この記事書いてた頃の私が見たら、多分相当びっくりする。
     人間、変われば変わるもんです。)


で。
ベジタリアンて、なかなかとっつきにくいイメージあると思うんですが
とりあえず今日の一食だけベジタリアン」やってみるくらいだと
朝ご飯だと 結構簡単なんですよ。
要するに、肉と魚さえなければベジタリアンですから
トーストにジャムとかバター塗って食べてもいいし。目玉焼きがあってもいいし。
シリアルでも大丈夫なの多いし。
ベーグルとか、あと菓子パンとかでもいいし。
牛乳もジュースも野菜ジュースもヨーグルトもヤクルトもオッケーだし。
あと果物でも添えれば、十分形になりますよね。

朝は和食で魚!とかじゃなければ わりと普通にベジタリアンと同じような感じだと思うんです。
こういう朝食を食べたことある/普段食べてる方のほうが多いぐらいかも?
ハードルの低さ的に、歩いてまたげそうなぐらい低いので
生涯でその一食きりでも、ちょっと意識してみてください。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


すごいですねー。
私はおいしいから食べちゃいます。これからも。v-7

ベジアリアンの人って意志が強いんでしょうね。
とり | URL | 2013/01/30/Wed 13:43 [EDIT]
うーーん、自分を見ると意志は全然強くない…(笑)と思うのですが、食べたいからって目を背け続けるのに耐えられなくなってきて、精神的に「そうならざるをえなかった」んだと思うんです。
だからベジタリアンになるのは意志が強い人でも動物が好きな人でもなくて、「タイミングが来た人」なんじゃないかなと、今は思います。
キサ | URL | 2013/01/30/Wed 15:18 [EDIT]
屠殺は完全に隠されてます。ネットで屠殺の動画が見れますが怖くてみれません。
かなりやばいと聞いてます。
| URL | 2013/05/18/Sat 16:21 [EDIT]
公開したらグロすぎてごくわずかでも食べる人減ったりとかするんですかね……?そうすると生産側としては、公開しない方が良いのかもしれませんね。消費者も「見ないでおきたい部分」だと思いますから、お互いの利害の一致でもあるような気がします。

ネットには色々ありますけど、それでもネットで見られる内容って一部だったりしないんでしょうか?私なんかは映像観る前に肉やめちゃったのですが、屠殺とかの映像観て大泣きしてベジタリアンになったって人は時々いるようなので、あんまり勧められたものではないんでしょうし、特に見る前から恐いくらいだったら、そこは無理しなくていいと思いますよ。ただ結局、スーパーや食卓にある肉は生きてる動物を人間が殺したものですから、その事実以上に恐いことってない気もします。
キサ | URL | 2013/05/19/Sun 01:38 [EDIT]
はじめまして。最近ベジタリアンに興味がありこのブログにたどり着きました。
私はもともとお肉をあまり食べるほうではなかったのですが、先月久しぶりにお肉を食べたとき気持ち悪いというか美味しくないなと感じてしまってから、怖くて口にしていません。
なので、特に思想なども持たずこのままベジタリアン(正確にはノンミートイータ―ですね)になろうか悩んでいます。
今海外在住なのでベジタリアンに対しての理解はもちろん、ベジフード、べジレストランも充実していて住みやすいのですが、日本に帰っても続けられるのか不安です。
特に強い思想があるわけでもないので、人付き合いの場面で食べざるを得ない状況になったら食べてしまうのかなぁとか考えてしまいます。
キサさんは今までそういった状況になったことはないですか?
にこ | URL | 2013/05/20/Mon 23:51 [EDIT]
にこ様、はじめまして、こんにちは。

「食べざるを得ない状況」ですか、結構複雑なテーマですね。「食べざるを得ない」と感じるかは人によるとしても「食べた方がいいのかな」っていうシチュエーションは時々あると思います。付き合いで出されたとか、注意してたのに配られた後に何かベジではないものが入ってると知った、どうしよう、とかもありましたね。
そういうとき、ヴィーガンでも外食で魚の出汁だけは許容して食べることのある方、ベジでも出汁どころかしょうがなかったら肉でも食べることのある方、私はきっちり肉・魚を避けるためなら卵・乳製品に逃げるほうだったり、全てきっちり厳格に「ダメなんです」で通す方まで、すごく色々なパターンがあるみたいなんです。なのでそれは自分の生活に合った、心地よさと周りの人・環境との兼ね合いで落としどころを見つければいいのかもしれません。思想とか目指すものがあると自動的に許容できる幅が狭まってくるのですが、感覚から入られたならなおさら、ご自身でここまではOKにしようって決めることが全てというか。1口でも食べちゃったら永久にベジ失格!とかではないので、食べられるならその1食限り手付け程度にいただいて、またベジに戻る…もし、それは嫌だな、食べるのは無理だな、と思ったら食べないことに決めるのももちろんありですし。
ただ、ノン・ミート・イーターなら食べられるものの幅も広い(特に日本では、ベジレストラン・メニューが少ないからこそ、魚OKかNGかって大きいと思います)ですし、あまり心配いらないと個人的には思います。ベジも色々なので、にこ様にもご自分なりの生活スタイルが見つかりますように。
キサ | URL | 2013/05/21/Tue 00:45 [EDIT]
ご丁寧なコメントありがとうございます。
感覚から入ったものの、キサさんのようなご自分の意見がしっかりと確立されているベジタリアンの方の意見をに触れるたびに、考え方も少しずつ変わっていっているような気がします。
まだまだ中途半端な自分ですがこれからも模索しながら自分にとって一番ベストなスタイルを見つけられるよう頑張ってみます。
これからもブログ楽しみにしてますね(*^v^*)
にこ | URL | 2013/06/12/Wed 09:11 [EDIT]
はじめまして
こんにちは。
ベジタリアン料理を検索しているうちにこのサキさんのブログを発見しました。
過去に何度かベジタリアンを実践してみた事があるのですが、周りからの偏見やバッシング等であえなく挫折してしまった事があります。
が、最近また自分自信に色んな変化?がおこりまして(健康面や動物愛護とか)ヴィーガンとペスカトリアンを行ったり来たりしてます。
魚はそんなに好きではないのですが貝類・イカ・タコなどは時々食べます。

先程も書きましたが自分の周りに採食を理解してくれる人が居ないと、妙に孤独感を感じる時がありまして。
サキさんはそんな事ありませんでしたか?
そこで時々、同じベジタリアンな暮らしをなさってる人達のコメント等を聞けたら心強いし(楽しいかな?)と思ってちょっとお邪魔させてもらいました♪

こちらのブログ、食品情報とか色んな話題が豊富で楽しいですね。
これからも楽しみにしてますv-21
メイ | URL | 2013/06/12/Wed 16:09 [EDIT]
メイ様、はじめまして、こんにちは。

あー、周囲との関係、色々ありますね。「よく分かってない」くらいならいいですけど、迫害レベルまでくることもあるみたいですから。
孤独感に関しては、ベジになりたての頃、情報収集がてらブログと掲示板を読みあさって<会わないけど、ベジ人口自体はちょこちょこいる>ことに気づいて解消されている気がします。身近にベジの知り合いは、いまだに私はいないですね。

このブログは日常使えそうなヴィーガンものを一通り集めて載せることにしているので、探し物があるときなどに気軽に使ってください。
キサ | URL | 2013/06/12/Wed 17:39 [EDIT]
サキさん、おはようございます♪
ベジのレシピって慣れないと何をどう作ったらいいのか悩みますよね。
(外食も然り、ですが。)
ナチュラルハウスやオオサワは私もたまに利用させてもらってます。
ナチュラルハウスのベーグルはもちもちしてて私も大好き!
デイリーなレシピとしては浅倉ユキさんの『あな吉さんのゆるべジ』シリーズの料理本はよく使います。
どれも肉・魚・卵・乳製品・砂糖・だし不要!なのでべジのどんなタイプの方達にも嬉しい本だと思いますね。
簡単だし美味しいものも割と多いかな。
それと、カノウユミコさんの『野菜×めん』というレシピ本はなかなかの優れ物ですよv-237
一冊あると重宝かも。
メイ | URL | 2013/06/13/Thu 10:01 [EDIT]
こんにちはキサです。

メイ様はあな吉さんレシピ派なのですね。ベジレシピ本も色々あって選べないほどですよね、私は結構節操なくというか、ヴィーガンの本だけでなく、まずは食べたいものありきで、ノンベジのレシピ本を見てベジミートで作っちゃったりとかなんでもしてます。カノウユミコさんの本も持っていますが、『野菜×めん』はまだ見た事がないので早速チェックしてみます!
キサ | URL | 2013/06/13/Thu 11:04 [EDIT]
大変面白い記事をありがとうございます。
私も最近ベジ生活に片足突っ込んでます。ただ、プレーンヨーグルトは毎朝食べるんです。
私のきっかけは、ジェームススキナーさんの成功の9ステップという本で無限健康を学んでからです。
よかったら一読してみてください。
teamDB | URL | 2013/07/17/Wed 09:13 [EDIT]
teamDB様、こんにちは。
ジェームズスキナーという名前は初めて知ったのですが、本当にいろいろな健康法があるのですね!教えてくださってありがとうございます。日本ではあまり言われませんが、肉とか、カフェインとか、健康のために見直した方が良いものって色々あるのかもしれませんね。
キサ | URL | 2013/07/17/Wed 09:33 [EDIT]
感動しました。
俺の友達に突然ベジタリアンになった人がいるんですけど、なんとなく気持ちがわかった気がします。

最初はなんで?え?じゃな何食べるの?などと周りの人から言われてましたけど徐々に周りも慣れだし

その友達といるときはその友達が食べられるものを選んで食べるようにしています

なんていうか…うん…

もし自分がベジタリアンになったら周りを巻き込みそうで怖いですww


あ、ベジタリアン 理由と検索してこのページを見つけました!
よしき | URL | 2013/10/13/Sun 07:43 [EDIT]
コメントありがとうございます、周りにベジタリアンになった人がいるという方のコメントって珍しいです。

ベジタリアンになるきっかけやタイミングってわりと人によるんですが、慣れたと言って下さる皆さんのおかげでなんとか生活しています。いつもありがとうございます。
キサ | URL | 2013/10/13/Sun 11:38 [EDIT]
>世界の穀物は、今いる人類を全員まかなえるぐらいは生産されてる

仮にベジタリアンばっかりになったら牛を育ててもしょうがないから
穀物の生産を縮小するだけです。
なぜならお金にならないから。
あなた達が肉を食べようが食べまいが、餓死死者は減りません。
貨幣経済が利益を生まない分配を好まないからです。
ですからあなたの殊勝な心は現実には本当になんの役にも立たないし
まったくお門違いですよ。

あと「おいしいから」という理由を軽視してますけど、なぜ「おいしい」とか
「まずい」というふうに食物を身体の方が選別するのか考えたことあります?
単純に身体に毒を排除して、必要なものを摂取するためですよ。
私は医学のことは分かりませんが、あらゆるものを選別して食べてきた歴史が
我々のDNAには刻まれています。
コロコロ変わる医学の知識よりも信頼できないものだとは私には思えませんけどね。
肉好き野郎 | URL | 2013/10/22/Tue 16:07 [EDIT]
肉好き野郎様、こんにちは。

もちろん無駄かもなとも考えたことは私にも何度かありますよ。最初は肉使ったものを買わなくなって浮いたお金をWFPとかハンガーフリーワールドとかに寄付したりしましたけど、それも無駄だろうなと思って中断したりとか、まぁ、ブログの内容以外でも裏では色々ありました。
ただ、ある程度「肉を食べない層」がいないと、今後ますます足りなくなるんじゃないかという不安があるんですよね。肉じゃないですけど魚はもうウナギも減って高くなって、マグロとかも減って来て、漁どうすんの?って感じに実際なってますし。日本はなんでも消費しすぎていて、地球の人口が増える+中国とかインドとかが肉を大量に食べるように生活レベルを上げて来ている以上、もう「元のライフスタイルを全員が続ける」ことは不可能だと思うんですよ。ラジェンドラ・パチャウリのスピーチなんかもありましたしね。

肉を食べるにしても肉ばっかりになったら逆に体にも良くないわけですし、バランスってあると思うんです。一人の健康にも、地球全体でも。私は地球全体のバランス的にもう無理だなぁと結論づけて、だから捨てられる自分が真っ先に捨てて、「マグロもウナギもステーキも全部皆さんにお譲りしますから食べなくても放っといて下さい」ぐらいの距離感でやらせていただいてます、はい。

あと、ベジタリアンに関係なく、飢餓の解決自体は今も諦めてはいません。私は肉の味をもう思い出せないので、他にいい解決方法を見つけても肉を食べる生活に戻る気は別にないんですけど、解決のやりようがないか自体は、考えてます。
キサ | URL | 2013/10/22/Tue 16:44 [EDIT]
現実って恐ろしい。
はじめまして。
ブログを読ませていただきました。
わたしも先日、友達がFacebookにフォアグラの作られ方の実態…のような物をアップしていて、鳥たちがいかに酷い殺され方をしているか知りました。今まで命を頂いているという思いはありましたが、深く考えずに美味しい美味しいと食べていました。
でも、私たちも動物。鳥や牛や豚たちも動物。感情があるはずです。
屠殺の現場では、悲しくてなのか涙を流す牛もいるとのこと。
その事をかんがえるとアメリカのように肉食の生活になってしまった日本で沢山の動物たちが殺されてしまっているという、事実を考えさせられました。
単純な考えかもしれませんが、悲しい思いをしている動物たちを食べることが出来ない…と思ってしまいました。
ベジタリアン生活は送った事がないので、先がわかりませんが、食に対する考え方が変わりました。
家族に言わせると、怖いと言われてしまいました。でも、事実を知らない方がもっと恐ろしいと思います。
長々と失礼しました。
とても参考になりましたので、コメントさせて、いただきました。
Star girl | URL | 2013/11/23/Sat 11:17 [EDIT]
Star girl様、はじめまして、こんにちは。

そうですよね、「食べるぶんにはおいしいけど、色々見ちゃうとちょっと気がひける」感じってありますよね。そこからまた食べ続ける人もいれば、やめようかなって思ってもう何年も肉を食べなくなった私みたいな人間もいますが、感じたものとしてはそんなに差がないと思うんです。ただタイミングとか、自分で調べて知ったものの量とか、決意するかどうかだけ、というか。
一方で、ご家族の知ることへの拒否感みたいなものも、同じくよくある反応だと思います。真に受けてたら食べられなくなりますし。

牛が涙って私も聞いたことはあるのですが本当なんでしょうか?私は動物に縁遠い生活をしているのでいぶかしく思ってしまうのですが、動物が好きな方ほどつらい現実ってあるかもしれないですね。
キサ | URL | 2013/11/23/Sat 11:34 [EDIT]
こんにちは、ベジタリアンについて検索していて読ませていただきました。やはりというか、個人的な趣味の域を出ない状態かなと。ついでに、ベジタリアンが理解されにくい理由の一つに動物愛護=キチというイメージのせいがあるので、周りに話す時は愛護関係の話は伏せた方がいいかもですね。
ふらり | URL | 2014/01/22/Wed 12:46 [EDIT]
ふらり様、こんにちは。
私自身はベジタリアンなのにいわゆる動物好きですらない、多分日本では珍しいタイプなので、動物愛護の話ってしたことがないのですが、動物愛護=過激で攻撃的なタイプのイメージは私も持っていました。むしろそういう悪いイメージが強くなるほど敬遠されるかもしれないのはやるせないですね。
キサ | URL | 2014/01/22/Wed 13:09 [EDIT]
植物も動物も同じ命なのに…
差別主義者って怖いと思いました
芸ニューの名無し | URL | 2016/03/20/Sun 22:48 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 今日のごった煮。. all rights reserved.
まとめ