今日のごった煮。
   日々の気になることや好きなもの、画材レビューサイト「Prismatic Colored Fancy」関連記事、ベジの生活情報など。        一言で言うと「ごった煮」。たまーにこっそり更新しています。
物を捨てる/減らすコツ 脱・雑然部屋
長きにわたる戦いが、だいたい終わりを告げました。
キサです。

やりました

ようやく紙類が棚におさまったっやっふぅぅぅぅぅ
テンション上がり過ぎましたごめんなさい。
そうじをしたんです。物を捨てました
今まで棚におさまってなかったんかいって話ですが、机とか棚に積んでたんです;


今思うと紙は「積む」のが一番いけなかった。
下の方の紙は取り出せないし、見た目も悪いし。
きれいにしたかったら絶対に立てて置くべきと気づきました。
そうしたらどこからでも取り出せて、使ったり、捨てるか否かの判別もしやすい。

それで今回確信しました。誰でも、「片付かない」理由は99%物が多いからだと。
コツは「ゴミの日の前日になったら捨てるものを探す」、一日一つ捨てる、とか決めること。
私はこれで相当片付きました。
一回見てスルーしても、次の週のゴミの日とかにあらためて見ると
「これいらないんじゃ」って分かります。
生活用品とか、いつか使うかもってとっておいたものとか。
紙だって一枚をバカにできません。一枚分でも捨てるようにしたら明らかに減っていった。
何回かチェックしてみることをおすすめします。
そしたらだんだん、色んな物が納得して捨てられるようになっていきます。

あと「増やさない努力をする」こと。スーパーでビニール袋はもらわないとか、
どれか売る・使い切るまで趣味のものは買わないとか。
家にたまってるものを使い切ったり減らしてから、と決めると
いかに今まで 無頓着に増やし過ぎだったか気づきます。
物がたまってるってことは 消費量・消費速度より 多く・速く手に入れてる ってことで
要するにそんなに量いらないんですよね; 服でもなんでも。

あと減らしにくい趣味の物。食品とかだったら期限切れを基準にして処分できるじゃないですか。
でも、見て楽しむものだったら、今見て100%素敵と思えなかったら
着て楽しむものだったら、今着れなかったりちょっと着るのためらうようだったら
それって賞味期限切れと同じかなと気がついて。
物にも賞味期限があるっていうの、私気づきませんでした。

部屋の収納を見ると、モノの総量はこれに入るぐらいだとすっきりするだろうと思い
物が入らなくても家具を買い足さず
「スペースにおさまるように」と決めて、自分の基準や大切にしてたものと向き合いながら
少しずつ減らして今日まで頑張ってきました。
服とか超あってもったいない、穴あくまでとか思ってたけど
これだけの服が朽ちるより自分が朽ちる方が早そうだと思って少し捨てたりしました。
あとは切り刻んで使い捨てぞうきんにして、ゴミの日の前日にあっちこっち拭いて 捨て。
ケチらずにできるだけ色んなとこを拭いてたくさん捨て。
物が多いうちは実感するの難しいけど、1つ捨てたらそのぶん絶対に物は減ってる。

ガラクタ捨てって奥深いですよ。本当。
なんか、部屋にあるものって、全部過去の自分て感じ。
見なかったことにしてたもの、大好きだったもの、よく考えずに買ってしまったもの。
それを今自分で変える、っていうか。

あれをこうしたらどうかなとか、あれ捨てようかなと思ったら絶対にすぐ行動しないと
忘れたり、いつまでも後回しになって片付かないので、思いつくところ、できるところまで行動。
そうすると何か、自分が変わってきて、次が見えてきます。

で、仕上げに忘れちゃいけないのが、ものを「整えて」しまうこと。
ピッチリはしっこを揃えるとか、それだけで全然見た目が違う。

そしたら引き出しとかきれいになりまくりで、超気に入ってきた。
自分の部屋バンザイ。こんな日が来るなんて…


あとビデオ類も時間を見つけてDVDに移しました!ビバHD/DVD/VHSレコーダー
これ絶対買った方がいい。買って移して正解でした。
本数が多い程、スペースが全然違う。重さも(ビデオって重いですよね!)。
一日一本頑張りました。

大切にとっておいたビデオでも、10年ぐらいたって見ると思ったより内容がよくなかったりして
移さずに、見ただけで捨てたりもしました。


本当今、何年ぶりか分からないぐらいの量まで紙とかが減りました。
これまで一度だけした、引っ越しのときより減った。

画材なんかも使い切らずしまったまま5年前のとかになってるのもあって(それはひどい)
消費したり処分したりしてます。
黒インクあたりから、夏にはレビュー増やせそうかな。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 今日のごった煮。. all rights reserved.
まとめ