今日のごった煮。
   日々の気になることや好きなもの、画材レビューサイト「Prismatic Colored Fancy」関連記事、ベジの生活情報など。        一言で言うと「ごった煮」。たまーにこっそり更新しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


パントンツインマーカー
注文してたPANTONE UNIVERSEのパントンツインマーカーが届きましたー!
コピックと一緒にバラ買いしたら、当たり前のようにコピックスケッチの箱に入ってきてびっくりしました(笑)もっと太く見えてたので意外でした。
copic-hako.jpg


で、これ、片方だけ細いんで
ファインニブの方を下にすればコピックスケッチのクリアケースに入ります(笑)ブラシニブを下にするとギリギリで入りません。
右がツインマーカー、左がコピックスケッチですよ。
clear-case.jpg

ブラシ側が太いので全部パントンツインだとギチギチになって取り出しづらいかもですが、コピックに数本まぜるぐらいなら普通にいけるはず。
公式サイトでは厚み12mm、幅16mmと、大きい方のキャップサイズだけが紹介されてますが
ファインニブ側は厚さ9mm、幅12mmです
(コピックスケッチは厚さ10mm、幅15mmぐらい)。

レビューとは別に個人的意見をいうと、ブラシ側は本体がかなり太くて、握るとちょっと角が痛い…というのが本音。
さっそく描いてみました…

というわけでパントンツインマーカーレビューを追加しました→マーカー類レビュー
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


ライセンス物
結論を先に申し上げると、ろくなものがありません。
例を挙げると、有名なLiquitexですが、日本で売られているものと、本国のものは雲泥の差があります。いづみやのベラム紙も酷いものです。サンスターのそれは使用した事がありませんが、どうせ・・・と思っていた所、やはりろくな物ではないみたいですね。
なにか闇の取り決めでもあるのかもしれませんが、amazon等海外のものが容易に手に入る様になった昨今、本物の質を確認しても良いかもしれません。きっとTRIAに出会った時の様な衝撃を体験出来ます。
通りがかり | URL | 2006/10/31/Tue 13:16 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 今日のごった煮。. all rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。