今日のごった煮。
   日々の気になることや好きなもの、画材レビューサイト「Prismatic Colored Fancy」関連記事、ベジの生活情報など。        一言で言うと「ごった煮」。たまーにこっそり更新しています。
辞書が好き。
実は私、辞書が好きなのです。


っていうとすごい誤解を与えそうですが、勉強家とかじゃなくて
底辺まで俗っぽくして言うと「文章語好き」なのかもしれないです。

それに辞書って「フルコンプ」の情報を手にした気分になれるんですよね。
ヲタなら絶対惹かれる「データの」「コンプリートボックス」みたいな感じで
コレクター魂がね、満たされるんです。
私にとって辞書はなんでも教えてくれるおじいちゃんのような存在です。
時々、調べると「A…Bのようであるさま。」って出て
じゃあと思ってBを調べると「B…Aのように感じるさま」みたいなこともあって
なんだよそれ!分かんねーよ!ていうことも
おじいちゃんちょっとぼけてきたと思えば許せるはずです。

なんだかんだで一番よく見るのは広辞苑かなぁ。最新版でも色々中身が古い気もするんですけど。
次に好きなのは外国語辞典。和英とかじゃなくて、英和とか外国語項目のが好きです。

今は独和辞典が本気で欲しい。文体好きからするとドイツ語は神レベルの燃え言語です。
つづり長過ぎて読みづらいとき多いけど最高。いつか発音できるようになりたいなと思ってはいるのですが。

あと医学書とかも大大大好き。心臓とか、難しそうな項目であればある程
ニコニコして読んでしまう。完全に危ないんですけど…
結構病名とかも自然に暗記したりして。
私は紙であることにはそんなにこだわってない(単に文章と情報好き)ので
電子辞書も愛用してるし、最近はWikipediaにマジハマリ。
あれ人物の項目が充実し過ぎですよね!最新の社会問題とかも。
叶姉妹の項目を読んだ時には全然知らなかったんで感激しました。

「キサちゃんは本読んでそう」と時々言われるんですが
(裸眼生活者なのにどこを見て言われてるんだろう)
小説とか創作文芸系は読みません。てか大学のレポートなかったら絶対1冊も本読まない。
実用書ならたまに読むかな。
じゃなかったら最近は社会心理学とか(関係ないけど最近、
「心理学者はメランコリックにものごとをとらえてそれらしく創作する文学者だ」
とかいう文を見まして、ひねくれてるけど言いたいことはよく理解できて爆笑)


最近は卒論のためにラカンの鏡像段階論とかいうのを読み読み。
これ、言ってることはよく分かるけど、それ言い出したら収拾つかないんじゃ。
どうしよう。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 今日のごった煮。. all rights reserved.
まとめ