今日のごった煮。
   日々の気になることや好きなもの、画材レビューサイト「Prismatic Colored Fancy」関連記事、ベジの生活情報など。        一言で言うと「ごった煮」。たまーにこっそり更新しています。
ベジタリアンと貧血対策
こんにちは、
最近話題らしいネットの記事「僕が菜食をやめた理由」
http://neem.ti-da.net/c320433.html を完読したキサです。


いやー、
私もベジタリアン歴もうすぐ8年なので、何言ってるかはすっごいよく分かります。
体調不良のところとか、マクロビオティックという宗教にハマってたみたいなとことか
(私はマクロビは、ほぼ通ってないですが)。
私の一匹狼ブログでさえ、ヴィーガンの健康/体調の記事が根強く閲覧数あるので、
やっぱり陰では悩まれてる方もいるのかなと……。
このケースでは減糖肉食で健康になったなら、それはそれで良かったと思うんですが
原始人て現代人より相当寿命短いのではというところだけが非常に気になります。
「自分のやっていた宗教Aは間違っていた、だからB(別の宗教)にした、幸せだ」
みたいな印象を受けなくもないというか……
自分の信じたものに一直線な人なんですかね。

あと、この記事、虫歯についての示唆が私には大きな収穫でした。
私も比較的できやすいのですが、遺伝と(私は「唾液の質が……」と指摘されたことアリ)
甘党だからだと思ってました。
でも、白砂糖食べないマクロビ系のヴィーガンで虫歯が増えたら話は別というか
もっと騒いでいいくらい大ごとじゃないでしょうか?
歯?カルシウム?それとも別の何か?口内炎と関係あるの?みたいな。
こういう失敗とかも含めた色んな情報のシェアで、
少しずつ「本当によい食事とは何か」のひな型が、できていくといいなと思います。



これに触れといてなんですが ベジやめませんよ(笑)
今新しいヴィーガンシューズ狙ってます!新しいヴィーガン食品も買いました〜。



それでですね、今回のテーマは「鉄分」です。

最近また血液検査をしまして、それで血を見たせいで、鉄分について考えてます。
ベジタリアンに起きやすい体調不良の原因は
やっぱり「タンパク質不足」と「貧血」が多いかなと思うので。


私、多分、未だに栄養のことがあいまいなような気がするので
鉄分の基本的なことをメモしました。
検索するとすぐ出てくるような内容なので、もう常識の方も多そうですごめんなさい。

鉄分には
ヘム鉄 と 非ヘム鉄 があって
ヘム鉄は吸収効率よくて、肉や魚に含まれる。
非ヘム鉄は吸収効率がそれほどよくなく、プルーンやナッツ、あと卵・乳製品の鉄もこちらで(卵乳製品にはヘム鉄も含まれるようです)

つまりベジタリアンは非ヘム鉄に頼ることになる。

非ヘム鉄は吸収を悪くする要因がまずあって
タンニンで吸収が阻害されるそうです。
つまり緑茶とかコーヒー、あと意外と多いのが紅茶ですね。
ベジ食品を買うために自然食品店に出入りするようになってから
なんとなくノンカフェイン意識になっていましたが、
ベジタリアン食品全般のほか
当然ヴィーガン素材で作ったサプリメントも、非ヘム鉄ってことですよね……?
食事の前後に緑茶や紅茶、とかはやらない方が良いということですよね。
そこかー。ノンカフェインも、そういうところにつながっているんですね。
私あまりカフェインで体の変化を自覚しない体質で、
控える意識のわりに、ついゆるくなってしまうので
せめて食事と合わせるときは、もう少しきっちりカフェイン減らしてみようかな。


反対に吸収効率を上げるには
タンパク質やビタミンCを含む食品と一緒に摂る ことらしいです。
片方だけでもいいのかもしれないですが
タンパク質とビタミンC両方っていうと、
なんとなくグラノーラみたいな?のをイメージしました。
今だったら、例えばプルーンを用意して、
豆乳(か牛乳)をいちご(今の時期のビタミンCの代表)とプルーンと穀物フレークにかけて
朝いただく、みたいな。
ヴィーガンのグラノーラって時々ありますよね。
チャヤのグラノーラが、東京大丸の東急ハンズに突然置いてあってびっくりしたことが……

単体の効果や栄養素考えた献立だけでこころもとないなら、
より効果よある食べ合わせを活用。
最近ようやく身につけはじめました。


飲んでいたヴィーガンサプリメント

(最初に紹介した「ビーガンワン」。マルチビタミンとマルチミネラルが一粒で摂れる)
が切れそうなので、また買い足そうかなと思いつつ
もうちょっと理論的に、栄養を組み立てようかなと思う今日この頃です。
スポンサーサイト




Copyright © 今日のごった煮。. all rights reserved.
まとめ