今日のごった煮。
   日々の気になることや好きなもの、画材レビューサイト「Prismatic Colored Fancy」関連記事、ベジの生活情報など。        一言で言うと「ごった煮」。たまーにこっそり更新しています。
コピック、分解
こんにちはキサです。
年賀状の返事にジバニャン描いてたら、コピックスケッチが1本ぶっ壊れました。
これぞ本当の意味で妖怪のせい。新年初びっくりを画材からもらえて本望です。


私、スケッチを多分18年近く使っていますが、壊れたのは初めてです。
しかもその最初に買った18年前くらいのも今なお現役。
そんなMADE IN JAPANクオリティ全開の優秀すぎるコピックを
分解するとどうなるのか初めて見たので記念にブログに載せておきます

copic-bunkai1.jpg
ここからさらに「キャップの色番号」「ニブ」「スポンジ」も外すことができます

copic-bunkai2.jpg
中の「インクを吸ってためておく部分」。長いスポンジって感じです。
手で触ると大惨事になるかと思いきや、
一周ビニールみたいなのが巻いてあるので、持っても全然大丈夫です

私のがどういうふうに「壊れた」かというと
なんかニブが両方ほぼ乾ききってるなーと思ったら

ブラシニブ側に、濃いグレーの部分ありますよね?
あの部分が、ブラシニブのキャップを引っ張ると、
一緒についてくる感じで、本体パーツから少しだけ浮くようになっちゃってたんです。
「外れる」ほどじゃなくて、ほんとミリ単位の話ですけど、
そのグレー部分と本体部分の隙間で乾くようになっちゃったのかなとか。


インク足して使うこともできなくはないのですが、また外れてきかねないし
コミックマーカーを買い込みがてら、新しいのを買いに行こう。そうしよう。
新しいスケッチも買っちゃおう。
お正月からこんな感じだと、今年も画材が増えそうです。
スポンサーサイト




Copyright © 今日のごった煮。. all rights reserved.
まとめ