今日のごった煮。
   日々の気になることや好きなもの、画材レビューサイト「Prismatic Colored Fancy」関連記事、ベジの生活情報など。        一言で言うと「ごった煮」。たまーにこっそり更新しています。
カルディオリジナルシリアルバー
こんにちは、
らあめん花月嵐の春恒例のベジラーメンが去年と全く同じ内容のものと知ってから
まだ行ってないキサです。
去年のNANA、麺が緑になってからはおいしい方だったのは確かですが
同じだと記事にしがいがないので、他のラーメンを探索するか迷っちゃうんですよね。


先週クレヨンハウスに行った時、近くの表参道GYREに寄ったのですが
地下のカルディコーヒーファームでこんなものを発見しました。

原材料が小麦粉・オートミール・植物油脂・砂糖・レーズン・シナモンパウダーだけなので
ヴィーガンかなと。
パッケージ表に「カルディコーヒーファーム」ロゴが入っている
カルディオリジナルシリアルバーです。税込ジャスト100円です!
ネットでも楽天などにカルディコーヒーファームショップがありそこで購入できます。

シナモンが効いててざっくりしたビスケット生地。
甘さ控えめといいますがレーズン入りなのでその甘みもありますね。
たしかにコーヒーとも合うかもしれません。
こういうバーって案外高かったりしますが100円というプチプラも魅力です。
スポンサーサイト


クレヨンハウス「広場」のベジタリアンナイト
こんにちは、
ニュースで見た、興福寺の「精進ふりかけ」が気になっているキサです。


きのう3月25日は、前から行ってみようと思っていた
表参道 クレヨンハウスのレストラン「広場」の恒例行事
月2回・夜のベジタリアンビュッフェ「ベジタリアンナイト」に行ってきました。
crayonhouse-evgetariannight.jpg
名前は「ベジタリアン」ですが
動物性素材は一切使っていないとお店の人に確認しました。

ビュッフェは大人2000円です。たっぷり取りました!
vegetariannightmeal.jpg
ベジタリアンナイトはその日によってメニューが違い
今回は
・いろいろ豆とおからのハンバーグ
・ロースト長ねぎのいかすみ風スパゲティー
・春キャベツと新玉ねぎのコロッケ(これ特においしかったです!)
・蓮根とスモーク豆腐の香草パン粉焼き

・みちのく有機長芋とスナップエンドウのクミンソテー
・ブロッコリーとカリフラワーのグリーンオリーブのマリネ
・ホウレン草と春雨の梅ナムル
・白菜の浅づけ
・タケノコと油揚げの炊き込みご飯(玄米もあります)
・具だくさん味噌汁
・サラダバー(レタスとか豆とかスライスしたりんごとか。
       ドレッシングも選べるほどありました)
・デザート(白玉入りのあんみつ)
でした。

使われている野菜自体のおいしさも感じられる食事です。
味付けはだいたいやさしい感じですが、味噌汁はしっかりめでした。
こういう食事、いいなぁとしみじみ。

オープンからしばらくたつと「キャンドルナイト」ということでキャンドルが灯されます。

ベジタリアンナイトは結構好評のようで
お店は結構混んできてびっくり。
何人かで行く・開始時から微妙に遅れて着くなら予約をした方がいいかもしれません。

ベジタリアンナイトは月2回、月曜の夜(ベジーマンデーだからでしょうか)に行なわれ
次回は2013年4月8日、その次は2013年4月22日になります。
次回のメニューは
・桜風味のおから入り蓮根ボール
・春キャベツのステーキ
など(ベジタリアンナイト公式ページに記載あります)なので、ご興味のある方はぜひ。


ベジタリアンのリゾット
こんにちは、
今「王様のブランチ」で放送されていた渋谷Sanpachi Cafeの「飲むカレー」が
ベジタリアンだけでなくビーガン対応という記載を見て気になっているキサです。


今週は「ベジタリアン」という単語が入っていて以前から気になっていた、
イタリアンなリゾットの紹介です。

商品名はそのまま「ベジタリアンのリゾット
ネットではケンコーコム、
都内の実店舗では、日本橋三越本店・新館地下1Fのイータリーでも売っていました。
ケンコーコムは840円て書いてありますね、三越では920円と見た気がしたんですが。


2人前のお米が入っているにしては、結構実物は小さいです。
オリーブオイルで少し炒めた後お湯を入れながら14分ほど温めます。
かきまぜたり何度かに分けてお湯を足したりする必要があるので
わりとつきっきりで作る感じです。
結構油はねが激しいです。
最後にはバターをひとかけら乗せるそうですが、それはなしのヴィーガンで作っています。

いざ食べてみるとこれが結構本格的な味!
これは三越で売っててもOKな味ですね。
イタリア米なので日本とは違う食感ですが、野菜スープと乾燥野菜のうまみが良い味です。
規定時間よりもう少し長めに熱してもよかったかも。
ちょっと高いと思って長く手を出さずにいたのですが、正解なお買い物でした。


Cafe&Natural Food Cocokara(大宮)
(後日追記:こちらのお店は閉店されたそうです)


こんにちは、
THE VEGANSのブース目当てに青山学院大のWOMEN'S MAGAZINE in Aogakuに行こうか
相当迷って結局行きそびれたキサです。


先週、すっごい久しぶりに、初めて行く店で外食しました。
大宮(大宮とさいたま新都心の間で、どちらからもそれほど駅近くではないです)にある
Cafe&Natural Food Cocokaraです。日曜定休です。

ここ、「国際学院埼玉短期大学」の中にあり、メニューには肉や魚を使っていないそう。
大きい道路に面したところに、大学の看板が出ていて目立つのと
さらに健康志向っぽいカフェの案内ボードもあるので入り口は分かると思います。

cocokaramenuboard.jpg
ここの学校の学生さんなら割引になり、外部の人は850円になります。
ヴィーガンやベジタリアンの場合の注意書きがあり
cocokaracaution.jpg
お店の人にヴィーガンメニューを聞くと答えてもらえるのですが
「スープと〜はつかないんですけどこれが提供できます」みたいな説明だったりしたので
もしかしたらヴィーガンメニューというより「ヴィーガン仕様でも出せる」感じかもしれないので
ヴィーガン食希望の人は必ず「どれがヴィーガンですか?」って聞いた方が良さそうです。
野菜がごろっと入ってるカレー(名前失念)はヴィーガンじゃないようでした。

こちらがヴィーガンで提供された「小麦グルテンの根菜カレー」850円です。
cocokaravegancurry.jpg

カレーのグルテンは細かい粒状(いわゆる挽肉タイプ)で、薬味効いてます。
野菜おいしい。サラダの野菜もおいしいし、
カレーや、みじん切り野菜入りのドレッシングなどまで全て野菜が生きた味。
学食というよりは、ほんとにカフェの味です。
人気カフェでもおかしくないですね。

飲み物は自由にとることができて、コーヒーやジュースなどのほか
マクロビでよく見る「三年番茶」?がありました。


それにしても「学内のカフェが菜食」なんて、最先端ですよね。
短大=女子が多い=野菜メニューに人気がある からでしょうか?
理想的でうらやましい限りです。
大宮(埼玉)で駅からも近くはないのですが、紹介しておきます。


資生堂、化粧品・医薬部外品の動物実験を廃止
久しぶりに驚いたニュースだったので記事を立てました。

「資生堂、化粧品・医薬部外品における動物実験の廃止」と発表がありました。


この時期に突然発表したのは
EUで3月11日から
動物実験された化粧品は一切販売してはいけない法律になるので
これまでの、日本で流通してる資生堂の化粧品はEUでは「売ったら違法」レベルのものになるからです。

もちろん資生堂が
「(生きるためでない)化粧品のために動物を犠牲にするのは間違っている」という
EUと同じような倫理感になったわけではなく
「売れないと商売にならないのでEU対策として実験廃止になった」だけです、
その根拠といってはなんですが
日本経済新聞では中国向けの商品にはこれからも行なうと書いてありました。


資生堂は動物実験を長期やり続けて相当叩かれてたので
今廃止になったのは遅いような、
私としては「あの」資生堂にしては早いような、気もするのですが
EUの完全廃止に合わせて廃止&中国向けでは続けるという
倫理とか全く関係なく、商業的なことではちゃんと動くあたりが、
非常に資生堂らしい、そして日本らしいなと思います。


「販売できない」と困るので、今後ほかのメーカーも廃止の流れはあると思いますが
今回の資生堂のように「廃止、ただし〜と〜と〜のときはやります」だと
結局抜け道だらけなんですよ、
今回資生堂を讃えてる人もいますが、今回は言ってみれば
「真っ黒 に 白い点を二つ塗った」くらいで、全然シロじゃないわけです。
そしてほかの日本の有名化粧品メーカーはかなりの数が真っ黒です。

日本て、「感謝して食べ物をいただく」のはいいのですが
それが歪んで「感謝したら(生きるためじゃなくても)何やってもいい」になってしまって
なかなかそこから抜けきれてない気がするんです。

実験しなくても既に安全と分かっている成分がたくさんあり、
動物で安全でも人間にとって100%安全とは限らず、
しかもEUでは安全等全て検討した上で廃止しても大丈夫と判断されて法律が施行される今、

「食品」でもなく「薬」でもない
「化粧品」のために、大量の動物を傷つけてもいいのか?
その答えが変わらない限り、日本では大きく変わることは難しいのかもしれません。




Copyright © 今日のごった煮。. all rights reserved.
まとめ