今日のごった煮。
   日々の気になることや好きなもの、画材レビューサイト「Prismatic Colored Fancy」関連記事、ベジの生活情報など。        一言で言うと「ごった煮」。たまーにこっそり更新しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


365 ORGANIC Organic Vegetable Soup
こんにちはキサです。


ハワイ土産メモが苦行のように続く最近の「今日のごった煮。」ですが
お菓子がまだ3つ残ってるものの
ハワイで買った食品のほうはこれでラストです。長かった!
とはいえ「ヴィーガンだからって一通り(同じ商品のフレーバー違いは除く)買うと
     書くの大変なほど大量」
にヴィーガン加工食品があるハワイって、
ベジにはやはり恵まれてますよね。



今回のご紹介はスープです。
365organicvegetablesoup.jpg
商品名は「オーガニックベジタブルスープ」、
パッケージ表、商品名の横の緑の丸は「vegan」表記です。

カハラモールのホールフーズで1缶2.39ドルで購入。
容量はスープカップ2杯ぶんくらいです。

この365 ORGANICというロゴの商品は
ホールフーズの自社ブランドみたいなんです。結構いろんなものがありましたよ。
スーパーで自社ブランド製品を売ってることって日本でもありますが
ヴィーガンスープを作ってくれるあたり、さすがホールフーズです。

味の方ですが
アメリカものってブイヨンたっぷりでめちゃくちゃ味濃いめだったりするのですが
これはえぐみも少なく「ふつう」のスープだと思います。
アメリカっぽい味ではあるものの、日本人も食べやすい感じ。
スーパーのオリジナルブランドなので「攻めすぎてない」、
こぢんまりとまとめた味なのが功を奏してるのかも?


日本でこういう缶スープの輸入ものを買うと500円ぐらいしますが
これはカップ2杯ぶんで200円くらいなので安い方ではあるんですよ。
すっごくおいしいまではいかないのですが、ふつうに野菜スープらしい味で
缶詰で日持ちするし、開けて温めるだけですぐ飲めて、
普段使いとかストック用に便利なのかな、と思います。
日本だと加工食品はほんとにどれも高いので、
こういうところがアメリカとたぶん違う気がします。
スポンサーサイト


Twilight Candy Bar
日本で「ヴィーガンバー」というと、ローフードを使ったフルーツバーが主流ですが
アメリカではチョコレートバーもいくつか見かけました。

今回買ったのはTwilightというバーで、商品名の右側にVegan表記があります。

(すみません、ちょっと都合により回転できませんでした)
購入場所はハワイ・カハラモールのホールフーズで、2.99ドルでした。
このブランドには
ミルクの代わりにライスミルクを使ったヴィーガンチョコレートバーのシリーズが
色々揃っているようです。
http://www.gomaxgofoods.com.products.htm

Twilightは、キャラメルをライスミルクチョコレートでコーティングしたお菓子です。
チョコレートはなるほど納得のライスミルクチョコ味。
説明がすごく難しいんですが、普通のチョコとは違う香りがするんです。
あとライスミルクってお米なのでそれ自体に甘みがあり、
さっぱりしていながらも甘さは強くなっています。

しかも中身がキャラメルを再現したもの(固くなく、やわらかめです)なので
「外国お菓子のむちゃくちゃな甘さ」ではないものの
かなり甘い部類に入るんじゃないかと思います。
なんだろう…日本で売っているお菓子では「ミルキーウェイ」が一番近いかも。
やわらかめで、あれの、中身キャラメル風味バージョン、というか。

先日のハワイ旅行で買ったライスドリームのライスミルクチョコよりも
クセがなくておいしく、結構完成度は高い気がするので
甘いものが大好きな人だったらチャレンジしてみてもいいかも。
ただ、ナチュラルな甘さに慣れている日本のベジにはびっくりのお菓子かも…
しれません。


MI-DEL Lemon Snaps(レモンクッキー)
引き続き、ホノルルで買ったヴィーガン商品のメモです。

こちらはMI-DELのLemon Snapsというレモンクッキーです。
ホノルルのベジタリアンショップDown To Earthで、4.79ドルで購入しました。

レモンクッキーって日本ではあまり見ないですよね。
こちらはちょっとザクっとかためのクッキーで、レモンの風味はしっかりします。
むしろレモンのフレーバーで食べるクッキー、かも。
私はレモン好きな方なので買ったのですが、
レモン・あるいはかためのクッキーが好きでない方にはあまり向いてないかもしれないです。

スウェディッシュスタイルと書いてあるんですが、
スウェディッシュクッキーってどんなものか分からなくて調べたら
かためのものが多いみたいですね?
卵を入れてふっくらやわらかくさせずに、小麦粉がみっちり詰まったような感じというか。
そう考えてみればこのクッキーはまさにそのタイプですし
IKEAのスウェーデンフードマーケットで買ったクッキーもそうだったかもしれません。


TANGERINE TARTSキャンディー
キサです。
実は先月カメラが壊れまして、
撮ってたハワイ現地の内容の更新が止まってます。
(SDカードとデータはありますが転送できてない状態)

今は日本に買ってきたものを携帯で撮って更新してますが、
週1更新だと10月のベジフェス前までハワイ土産で埋まりそうな
早くカメラ確保しないとなぁ…


今回はオーガニックキャンディの記事です。
tangerinetarts.jpg
ケータイカメラなので見えなくなっちゃってますが
パッケージ下の白い文字、一番下の列に「Vegan」と書いてあります。
ハワイ・ホノルルの人気スポット、アラモアナショッピングセンター内
VIM N'VIGORで購入しました。
1.05ドル、90円しないくらいでしょうか。

キャンディと書いてありますが
口に入れてすぐにザクザク噛めるタイプで、
食感は飴でなくタブレット系です。

で、味ですが


…ビタミンCっぽい味がします(笑)

柑橘類というより、
ビタミン剤系の酸味+ちょっと柑橘の苦味のある味というか
ビタミンオレンジ味、というか
オーガニック認定が付いてるのでナチュラル原料のはずなんですが
(アセロラビタミンCと書いてあります)
「思いっきりビタミンの味」だと、自然食品のイメージないですよね。


お菓子というよりビタミン補給用食品なのかと思ったのですが
小さいので2粒で1日のビタミンCの0.8%で
あれ?(笑)と…

でも本来ナチュラルに作ったら、ビタミンの量ってこんなものなのかもしれないですね。

あと1つ注意が必要なのが
袋がちょっと弱いことです。
お店で手に取ったときも、破れてる?と思っていくつか見比べたのですが
日本に帰ってきたら買ったのも破れてました。変質しかねないので危ないですよね。

皆さんにおすすめはしないのですが、
こんなものもあった、というメモとして書いておきます。


Lucy's Sugar Cookie
日本でも、アレルギー対策の食品にビーガンOKのものがあったりしますが
それはアメリカでも同じのようです。


今日の記事はハワイで買った、アレルギーのある子どものために作られたクッキー
Lucy's Sugar Cookie」です。
lucyssugarcookie.jpg
他にシナモンやチョコレートなどのフレーバーもあります。
複数のアレルギーを持つお子さんのために、お母さんであるルーシーさんが作ったもので
ナッツ・卵・乳製品・グルテンフリーです。
ハワイ・カハラモールのホールフーズで購入。6.99ドルでした。

パッケージがかわいい&白っぽいシュガークッキーがおいしそうだったので目を引いたのですが
vegan.orgのヴィーガン認定マークがついた、れっきとしたベジタリアン商品でもあります。
lucyssugarcookievegan.jpg



クッキー生地本体が独特の味がするのですが、これはこれでおいしいというか、
完成された味がします。
甘みは少なめで風味のある生地ですが
砂糖がかかっていて、その甘さがクッキー生地とうまくマッチしています。

アレルギー対策商品や
元々ヴィーガンでないものをヴィーガンに置き換えたものって、味がなじめないものになりやすく
素材の味がストレートに出る「プレーン」「バニラ」系は鬼門だったりする
(チョコとか味がついたものの方がごまかしが効いてハズレがない)ことが多いのですが
これはシュガーを選んでも大丈夫な気が個人的にはします。


独特な味の原因が分からないので原材料を見たらなんとガルバンゾー!ひよこ豆ですよ!
原材料の上の方に「Dr.ルーシーブレンド粉」と書いてあって、その内訳が
ひよこ豆・ポテトスターチ・オート麦、タピオカ、ソルガム、そら豆粉 だったんです。

日本のアレルギー対策のものって、ひえ・きびとか、米とかを使っていますよね。
もう、ひよこ豆やポテトスターチでクッキーを作ろうという発想がすごい。
それでアレルギーない人でも結構食べられる味なんだからもっとすごい。
知らないで食べると普通に「お菓子」なので、材料を見たときの驚きが大きいです。


このクッキーは値段は結構高いと思いますし
小麦粉を避ける必要のない普通のヴィーガンが買うことはあまりないかもしれませんが、
そもそも食べられるものが売っていない苦労って、ベジタリアンも経験していると思うんです。
日本でも、アレルギー対策のお菓子の選択肢が もっと増えるといいですね。
こういう日本にないものを、
アレルギーのある子へのアメリカみやげにするのもいいかもしれません。




Copyright © 今日のごった煮。. all rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。