今日のごった煮。
   日々の気になることや好きなもの、画材レビューサイト「Prismatic Colored Fancy」関連記事、ベジの生活情報など。        一言で言うと「ごった煮」。たまーにこっそり更新しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


茎工房のナチュラルクッキー
茎工房のナチュラルクッキーを買いました。
国産小麦粉使用、卵・乳製品不使用です。

自然食品クッキーとしてはかなりメジャーで、
都内の実店舗では有楽町イトシアのナチュラルハウスでも売っているほか
ネットでは楽天の、Natshell・リマの通販・マクロビ「笑顔のだんらん」など
多くの自然食品店で購入できます。


今回買ったのはかぼちゃクッキーです。
思ったより小麦粉メインですがかぼちゃの風味もあって、自然なやさしい味。好みでした。
かぼちゃクッキーでは砂糖は粗糖を使用しているようで、甘みは意外と弱くありません。

茎工房のホームページを見ると、このかぼちゃが一番人気だそうです。
他にもココア、にんじん、玄米、たんぽぽクッキーなど種類があります。

(追記:コメントで「おいしい」と教えていただいた珈琲クッキーも買ってみました。
 ほろ苦いフレーバーが生きつつ、やさしい味でした。納得。)
スポンサーサイト


ヴィーガンの入浴剤
こんにちは、キサです。
過去の記事をちょっとずつ追記したりまとめたりしているので、
このブログはブログというよりヴィーガン情報保管庫として使っていただければと思います。


久しぶりの新しい記事は、入浴剤についてです。

もともと入浴剤って使わない方なんですけど、
今年、はじめて、あまりの暑さにお風呂を張らなかったんです。
そうしたら超お風呂が恋しくなったので・・・入れる気温になったら満喫したいです。


ヴィーガンの入浴剤、
一番簡単に見つけられるのは多分LUSHです。
ここのバスボムはベジ関係なく女性に広く人気がありますが
20種類近く(リトル版を除く)あって、ほぼVeganマークがついていました。
みつばちB(と、リトルみつばちB)はヴィーガンではありません。

よく名前を聞くのは
・セクシーダイナマイト や
・アボバス? とかでしょうか。
毎冬、限定商品が出て、
私が使ったものでは
・シュートフォースターズ の変化が面白かったのでリピしたいです。
バブルバスにもヴィーガンものがいくつかあります。
LUSHは着色料とかすごいので、ナチュラル志向の方には向かないかもしれません。
 



あとはBOMB COSMETICS。
これちょっとLUSHに感じが似ている・・・気がするのですが。
商品名とか、見た目の雰囲気が。
このブランドは商品によってveganと記載があるようなんですが、
実際
どれがveganか書いてあるサイトがなかなか見つからなくて大変でした。
ほとんどのバスボムはヴィーガンで、日本に入ってきているものでは
・陰と陽
・クレイジーアフターダーク
・クレオパトラの欲望
・ゴートゥベッド
・シュガーキッス
・スウィートミー
・スキンキッス
・スターリースターリーナイト
・ダーリンのつぼみ
・フラワーチャイルド
・ミネラルヘイズ

などがvegan、
(例:http://www.bathbombshop.co.uk/mineral-haze-160g.html など
 ここのサイトにはBomb Cosmeticsの商品それぞれがVeganか記載があります)
・おやすみハニー
・シンクザピンク などはヴィーガンではありません。
ネットではBath Terminal(新しく楽天ショップができました)、
都内では池袋駅西口の方にあるBATH TERMINALや
神保町のヘアサロンEidaに置いてあります。
ええと、バスクリーマーのうち
今は廃盤になっている「バニララテ」を買ったことがあって
コーヒー豆がごろごろ入っていたのですが
本体がお湯に溶けが悪くて、かなり手で砕かないといけなかった印象があります
バニラビーンズの黒い粒々が肌に付いたりするので、
バニララテはあんまりおすすめできなかったかも…もう廃盤なのでいいんですが。


日本語サイトのトップページにも植物性成分のみを使用と記載のあるブランド、
ロバート・ティスランドでは
・エッセンシャルオイルリッチ インダルジ バスソーク
・エッセンシャルオイルリッチ リラックス バスソーク


ドクターハウシュカ
・ラベンダーバス
・レモンバス
・ローズマリーバス

(ハウシュカは英語公式サイトにvegan表記がありました。こちらです
 http://www.drhauschka.co.uk/products/vegan
 上の三つはそのまま載っていて、
 「Sage Bath」「Spruce Bath」という商品名もveganとして載っているのですが
 日本語のハウシュカ公式サイト「サルビアバス」の公式ページを見ると
 どうもこのサルビアがセージのようで、
 お店によっては英語と同じ「セージバス」表記で販売されています。
 あとSpruce Bathのフランス語パッケージに「Pin(マツ)」とあり、原材料も同じようなので
 これが日本のパインツリーバスと同じもの
 なので
 ・サルビアバス
 ・パインツリーバス もveganなんだと思います)

ヴェレダ
・ラバンド バスミルク(英語では普通にLavenderという表記になっています)
・ロマリン バスミルク(英語での商品名はローズマリー~です)
・サパン バスミルク (鼻通りの悪い時も鼻がスーッとします、木の香りらしいのですが
           入れすぎるとメンソレータムみたいな匂いになります……)
・トチ バスミルク(英語ではChestnutと表記されています)
・シトラス バスミルク
(それぞれweleda ukの公式サイトでvegan表記があるのが確認できます)
ワイルドローズのバスミルクはUKにはない(日本向けのようです)のでveganかどうか分かりません



ヴィーガン御用達ブランドではほかにも
・lavera ボディスパ バスソルト
ラヴェーラって、シャワー&バスジェルとかにいろんな香りの、
vegan認定マーク付きのものがありましたよね?
同じラインからバスソルトが出ています。
シャワー&バスジェルなどと同様、ハニーモーメント以外がveganになります。



・HERBAN アロマバスミルク ラベンダー
              グレープフルーツセージ
              スウィートジンジャー

HERBANはヴィーガンブランドです。

あとはフォアバス(お風呂用ハーブ)。
これは乾燥ハーブなので、ナチュラル志向の方にも大丈夫そうです。
楽天のNatshellとか、あとはケンコーコムとか爽快ドラッグでも売ってます。


ハーブバスなんかも同じ系統で、ハーブだけ、という感じです。


入浴剤を買いたくなってから
Kneippとか前から目をつけているのですが、ちょっとveganかはっきり分からないんですよ。
なのでハーブだけという商品は、成分的には分かりやすくていいのかもしれないです。

ほか、
・デッドシー バスソルト も、
「死海の塩」そのものが売りなので、シンプルに塩だけか、塩+ハーブという感じのものが
多く、ヴィーガンフレンドリーだったりしました。
例えば私が見たのは「DEAD SEA   JARDEN J. MARKI」と書かれたものです
(銀座LOFTで見つけました)。




Copyright © 今日のごった煮。. all rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。