今日のごった煮。
   日々の気になることや好きなもの、画材レビューサイト「Prismatic Colored Fancy」関連記事、ベジの生活情報など。        一言で言うと「ごった煮」。たまーにこっそり更新しています。
ベジタリアンのためのマカロニグラタン
桜井食品の「ベジタリアンのためのマカロニグラタン」を購入しました。

動物性原料不使用、ヴィーガンです。
ネットでは楽天ケンコーコムなどで購入できます。
都内の実店舗では、西武新宿ペペのボンラスパイユなどでも見かけました。

1袋で二人前作れるのですが
材料としてタマネギなどの野菜のほか、豆乳200mlが必要です。
今回は、ちょうど200mlパックの、スーパーなどで簡単に手に入る
紀文の無調整豆乳を使いました。



市販のグラタンが食べられないので、
グラタンてかなり久しぶりで…

マカロニのやわらかさといい、クリーミーなソースといい、たしかにグラタン!

なのですが

何かもうひと味ほしい。ような気がする。
野菜も結構多めに入れたのにな?
それでも野菜の味ではカバーできない、ソース部分の味のフラットさが…

メープルシュガー・野菜エキス・ピーナッツペーストなど、色々入っているので
豆乳が目立ちすぎたりもしないし、
クセもないし(桜井食品は、あまり好みではなかった商品があったので
       このマカロニグラタンも今まで買わなかったのですが
       食べやすかったので安心しました)
全く味気ないわけでもないし、マカロニも細めで扱いやすいし、
ここが良くないというマイナス点はひとつもないんですよ。
「普通にいける」という点ではわりとおいしいんですけど、
でもやっぱり何か、もうひと味ほしい
それを強く感じる味でした。

バランスはとれている気がするので
☆5が満点なら、☆4には明らかに届いていると思うのですが、
おいしい!という満足感を得るには、これをベースにさらなる工夫が必要な気がします。
初回で指示通りに作ったため、何を足せばおいしくなるのか、今回はまだ分かりません。
塩もう少し?ブイヨンを足す?豆乳を変えるとか?
うーん…。
作るのも全く難しくないですし、
何かコツさえつかめば、定番のおかずにできそうな気もするんですよね。
スポンサーサイト


オーサワのマクロビオティック豆腐ハンバーグ
オーサワの「洋風」豆腐ハンバーグを購入しました。
ヴィーガン&マクロビオティック仕様、380円です。

都内の実店舗ではリマ新宿店、
ネットではリマの通販などで購入できます。


実は今まで豆腐ハンバーグを食べたことがなく
(自分でバーグを作る時はひよこ豆バーグとか、金時豆とか
 いつも豆だけで作っているのです)
いかにも「豆腐」っぽい感じを想像していたのですが

豆腐っぽいのは本体部分の淡白さとやわらかさだけで、豆腐の味は特にしないですね。
トマトソースの野菜味が、ちゃんとハンバーグっぽさを出してくれています。
全粒粉食パンに挟んでハンバーガー風にしたのですが、
個人的には意外においしかったです。
サイズも大きめで満足できたので、値段さえもっと安ければリピしたいのですが。


今回買ってみた洋風のほかに
和風、中華風のバリエーションがあり、
さらにオーサワにはトマトソースのベジハンバーグもあります。
 


やさい畑(中野 オーガニック・キッチン)のステップ・マクロビオティック弁当
(※途中で仕様や値段が変わったようなので、新しい情報を下に追記しています)



今日のお昼は、「やさい畑」(中野区「オーガニック・キッチン」)のお弁当でした。
購入場所はリマ新宿店、ライスとおかずのセットで500円です。
securedownload.jpeg
リマってマクロビのものしか扱わないお店だと思っていたのですが、
この「やさい畑」のお弁当に魚のお弁当・肉のお弁当もあるため一緒に取り扱いがあり
ちょっと意外でした。
動物性素材不使用と確認できたので購入しました。
ライスは玄米と雑穀米から選べます。

ペンネボロネーゼが意外なくらいおいしかったし
かぼちゃコロッケ、大根ステーキ、漬け物(酸っぱくなくて私でも食べられた)
どれも変わった味だったりせず、やさしい薄味すぎたりもしない、
ほんとにごく普通の、でもそれが貴重なお弁当です。
おいしかったです。
リマではお弁当を買ったことはありませんでしたが、これならリピしてもいいかも。

リマ新宿店のヴィーガンなお弁当は、ほかに升本のお弁当もありました。


(追記:味が好みだったので、ここのお弁当はリピしています。
 やさい畑の「ステップ・マクロビオティック」という名前がついている
 動物性素材不使用のマクロビ&ヴィーガンのお弁当です。

 中野区の工場、新宿ペペのボンラスパイユ、神保町マザーズなどでも販売されているようです。
 やさい畑のホームページで毎週メニューが見られます。
 http://www.yasai-batake.jp/
 記事を書いてから3ヶ月くらいしか経っていないのですが、
 ごはんも一緒のお弁当箱に入るタイプに変わっていました。
 玄米も選べたのですが、夕飯も玄米なので、違うごはんにしてみました。
 今日のおかずはベジ回鍋肉です。)
nakano-organicbento2.jpg


(再追記:2011年10月、マザーズ日本橋店でも購入できます。
 マザーズは都内では神保町と多摩センターにもあるオーガニックスーパーです。
(ホームページにはまだ日本橋店が載っていません)
 650円でした。
 ここ、いつも正統派でおとなしめ(薄味ではなくて、濃さはちょうどいいんですが
 あまりうるさく主張しない味)の味付けなんですが、
 今日はオレンジ果汁を使ったさつまいものジューシーな甘さにちょっとびっくりしました。
 最近は「ごはん(玄米か、雑穀米が選べます)」+「野菜野菜(おかず)野菜(漬け物)」
 という印象が比較的強いですね。
yasaibatake-stepmacrobento.jpg


東京メトロポスター「またやろう」にあの人が?
東京の地下鉄、東京メトロには
「(親切を)またやろう」というポスターのシリーズがあるのですが、
matayaroumini.jpg
今飾られているこの最新作が
何日見ても、
何回見ても、
親切なマツコ・デラックスにしか見えないので載っけておきます。
matayarou.jpg
どうですか東京メトロを利用していない地域のみなさん。
マツコさんですよね…?

…すみませんこんな記事で。
ずっと一人で思ってたので我慢できませんでした。
「おばあちゃんどうやって荷物置いたのよ」というツッコミどころもあるのに
マツコさんに気をとられて、いつもツッコめません。


OIOI春の新商品発表会 2011・パート2
引き続き、
マルイの春の新商品発表会(春のプレスデー)の記事です。
マルイウェブチャネル


パート1では通販や、水着・浴衣、スカーフについてでしたが、
今回はバッグ、靴、マルイブランドru(アールユー)などの記事です。
まずはバッグから。
oioi-kyoudoukaihatsu-bag.jpg
バッグの中で一番目立っていたのは、
「お客さまと一緒につくりました」という、この共同開発のバッグでした。

既にoioiのトップページで紹介・販売もされているバッグなんですが、
すごい売れ行きで現在欠品、今週再入荷になるんだとか。
合成皮革なのもあってか、
こだわり満載+すごくしっかりした作りでも9900円と安く抑えられています。
ちょっと大きめLサイズでも11550円です。
oioi-kyoudoubags.jpg


その「こだわり」、たとえば
「肩にかけて負担がないように」という持ち手の形・幅(1.8cm)とか、
A4サイズがスッと入るとか、
どちらからでもファスナーが開けられるとか、
考え抜かれたサイズのポケットがたくさんとか、
パスケース(IDホルダーとしても使えます)つきとか、
「それいいなぁ」と思えるポイントがいろいろあり

さらにもう1個。
バッグに、ペットボトルを入れるじゃないですか?
冷たいペットボトルを入れると、水滴でものが濡れちゃったりしますよね。
このバッグにはペットボトルホルダーもついていて、
水滴もつかないし、飲み物の保温効果もある、ということでした。
さらに、バッグの中で動いたり倒れたりしないように、とめておけるスナップつき。
こんなかんじで。
oioibag-snap2.jpg oioibag-snap.jpg

どうですか?
私、これを聞いて、確かに水滴つく!鞄の中で飲み物が倒れてるのやだ!と、
同じことを自分も感じていたことに気づかされました。
ほんとに納得。これぞユーザーとの共同開発、という感じです。
再入荷は今週19日(水)だそうなので、ぜひチェックしてみてください。
サイトの方には、ほかにもこだわりポイントが載っていました。
(追記:このバッグ、MORE3月号にも掲載されたようです。)



他のバッグでは、
パート1でも書いたとおり、今期はスカーフがたくさん出るそうなので
スカーフと合わせたバッグや
oioi-scarfbag.jpgoioi-bag2.jpg
春夏恒例のコットンバッグもありました。かごバッグは2月後半からみたいです。
oioi-cottonbag.jpg




あとはやっぱり靴ですね。
花柄やボーダーのファブリック素材の靴や(クリックで拡大します)
oioi-fab-shoes-big.jpg

こちらも、バッグと同じくユーザーの声を反映した共同開発のシューズが大人気だそう。
「痛くない、疲れにくい、歩きやすい」を追求した工夫があるようです。
oioi-kutsu.jpg
右の黒い靴でも分かるように、リボンは取り外しできます。合皮です。
21.5~26.0cmまであり、
プレーンタイプ、キラキラリボン付きなどデザインもいろいろです。
oioi-kyoudoushoes4.jpg
そして、こちらが共同開発シリーズの春の新作デザインです。
oioi-kyoudoushoes-haru.jpg
フラワーコサージュつきで、同じく取り外しができます。
静音ヒールにもなってます。


それと個人的に気に入ったのは
LOVE LIKE LIPの靴、かわいいです。こちらも合皮のシリーズだったかと。
lovelikelipshoes.jpg
lovelikelip3.jpg
こういう「かわいい」靴だと、ヒールが高いものがほとんどですが
ぺたんこで足にやさしい、それでいて可愛い靴もできたんだそうです。
これです。嬉しいですよね。
lovelikelip2.jpg



マルイのブランド、ru(アールユー)は
ベーシックで使いやすいデザインが揃っていますが、
oioi-ru.jpg oioi-bd-s.jpg

今年は「ノスタルジック フレンチスタイル」なんですって。
シャツ+ニットで9900円とかでした。
さらに、デザイン性だけでなく
テフロン加工で汚れにくくなっているスーツや、
洗えるセットアップ、洗える素材のスーツなど機能性も備えたものが出るみたいです。
これはウォッシャブルのもので、裏地がマリンなストライプになってます。
oioi-washable.jpg 5058.jpg


個人的に欲しいなと思ったのがこのruのバッグ。
oioi-ru-bag.jpg
ほんとにシンプルな、黒の合皮ビジネスバッグ
(中に、取りはずせる仕切りがある+パスケースつき)
なんですが、今期ならではのスカーフと、パールチェーン(どちらも別売)で
カジュアルすぎないしっかり感と、華やかさが両立してますよね。
一式買って真似しようかな?と真剣に考えました。

ほかにも
女子会需要のビジューつきワンピ、キラキララメがついたドレスも発見したり
oioi-jyosikai.jpg

ほかにも
クルーソックス(クロップドパンツと合わせてアクセントに)、
サイハイソックス(レッグウォーマーと重ね着したり、
         ブーツと合わせて脚を細く見せるんだそうです)や
crewsocks.jpgthighhigh.jpg

ランニングのとき、ランニングスカートの下に履くレギンス、
runsca.jpg

もこもこのルームウェア、北千住のマルイにあるこども用品など
ほんとにいろいろありました。


最後はアクセです。
あえて大ぶりにして、「揺れ」感を出しているものが多かったですね。
華奢で繊細な感じなので、すごくフェミニンです。
oioi-yureacce.jpg
oioi-yure.jpg
ピアスはチタンポストにするなど、金属アレルギーにも配慮しているようです。
パッケージもかわいいものが色々。なんだかお菓子っぽいものまで。
oioi-acce.jpg
oioiホワイトデーお菓子風アクセパケ




今回の春のプレスデーのまとめは以上です。
ブログをやっていると、その関係で色んなイベントに行けたりするのですが
今回は特に色々なお話が聞けて、色々なものを一度に見れて、
充実したイベントでした。
その中でポイントだと思ったものを私なりにまとめたので、
よかったらお買い物の参考にしてみて下さい。
サイトでは今回のような新商品だけでなく、セールも同時にやっているようです。
マルイウェブチャネル


OIOI春の新商品発表会 2011・パート1
OIOIのオンラインショッピングサイト、マルイウェブチャネル
春の新商品発表会(春のプレスデー)に行ってきました。
本来は名前通り出版関係(プレス向け)の発表会なのですが、
ブロガーの招待枠があったんです。

とりあえず、今日は「前半」ということで
30代向けのものもあるというネット通販・カタログ通販と、
全年齢向けの今年の水着・浴衣、
あとはイチオシらしい、あるファッションアイテムのことなどからまとめました。


まずはマルイのオンラインショッピングサイトと、カタログのことから。
voigladee-model.jpg

OIOIって実店舗だと、だいたい大学生かもうちょっと上、くらいのイメージですが
20代向けのカタログ「Voi」だけでなく
30代・40代向けのカタログ「Voi Gladee(ヴォイ・グラディー)」もあるんです。
値段も買いやすいものが多いですよ。
写真の右のトレンチコート(S~4Lサイズまであり)もワンピースも税込9800円、
左のブラウスで6990円、パンツで6900円、とか。
トレンチの安さにはかなりびっくりしました。

私はサイトの会員でカタログも送られてきていたので、
SHIHOさんがイメージモデルなのは知っていましたが
voigladee-s.jpg
OIOIのおしゃれさだけでなく
ヒップラインまで隠れる長めの丈になっていたり、袖のゆとりがあったり
うまく体のラインを隠す工夫のあるアイテムも、いろいろ揃っているようです。


それと、スタイリストさんのポイントつきコーディネートも載っていて
自分でも日常ファッションに取り入れやすくなっているようで、
これ、すごくいいなと思いました。
voigladee-stylist.jpg

丸井って入っているショップの数が多かったり、
新宿や渋谷みたいに建物自体が分かれていたりしますが
ウェブやカタログ(お店で売っているのと同じブランドが豊富)ならじっくり、
しかもピックアップされたものが効率よく見れますね。
カタログの最新号は2月発刊だそうです、
今申し込んでおくと、春号が出たときに届けてもらえるようです。
マルイウェブチャネル



あと、今年どんなアイテムが出るのかも、教えていただいちゃいました。
まずは水着

今年は「柄×柄」が押しだそうですよ!
こういう感じとか。
gara-kakeru-gara.jpg
ボーダーにレースがついていて、カジュアルすぎない感じとか。
mizugi2011.jpg

それと、「あまり肌を見せたくない」という需要が結構多かったようで、
露出を抑えられるセットが出るもよう。
私は去年OIOIのビキニ(長めのパレオ付きで露出抑えられる)を買ったんですが、
確かにこういう、そで付きだったり、
「服みたいな」形でも着れるセット水着も、色々あったのを覚えてます。
「ビキニ+いろいろ」のセット、今年はさらに増えるんですね。
hanagarasetmizugi.jpg
oioiset2.jpg
sodetsukimizugi.jpg 



次は浴衣です。
浴衣は今年は古典柄が結構出るそうです。
kotengara2.jpg
ごめんなさい、ちょっと画像暗いですが、落ち着いた柄の感じ、分かりますよね?
あの、キラキラ~な感じのものだと、可愛いけど25歳過ぎると着にくくなってくるという
非常に現実的な問題もあるので、
長く着られるものも出しているんだそうです。
もちろん甘い華やかなデザインのものもたくさんありますよ。
サイズもSサイズ(150cm基準)あり、トールサイズあり、
ウォッシャブルのものありと、色々なものが揃っているようです。
kirakira-yukata.jpg
それと去年人気だったという下駄や、
普段使いもできる↑和バッグなんかも出ていました。
たしかに、浴衣のときだけしかバッグを使わないの、もったいない気がしますからね。
下駄はヒールのぶん、スタイルがよく見えそうな気がします。
oioi-getas.jpg




そして、この春OIOIさんでイチオシのアイテムがあるらしく

それは

「スカーフ」らしいんです。


普通に首に巻いたり、頭に巻いてターバン風にしたり、帽子に巻いたり、
scarf-hatand.jpg scarf-headand.jpgoioi-scarf-boushi.jpg

ベルトまでスカーフを使ったものが。
scarf-belt.jpg

さらに、会場内でひときわ目立っていた小物があったんです。
小物につけるクリップかと思ったら、全部スカーフリングでした。
こんなにたくさん!
oioi-scarf-clips.jpg
向かって左側のものも、指輪でなくスカーフリングです。
かわいい。これ…欲しいです…
scarf-ring.jpg


スカーフって、アレンジが難しかったりしますが、
こんなスカーフクリップの使い方の案内もいただきました。
画像大きいのでクリックで拡大します。
scarf-clip-arrange1_20110116104419.jpg scarf-clip-arrange2.jpg

お手持ちのスカーフか、今期出るたくさんのスカーフにリングをプラスして、
ぜひチャレンジしてみて下さい☆

私もお土産に1つ、箱に入っている一覧の右下の黒いクリップをいただいたので、
(ありがとうございます)
やってみようと思ってます。




靴やバッグやアクセ、あとはマルイのブランドRUのことなど、
続きはまた別にアップします。


スタバ・カフェミストのノンカフェイン&豆乳カスタム、ディカフェ ソイミスト
ヘルシー志向の人がスタバで飲む、例のカスタムコーヒーを購入しました。

「ディカフェ カフェミスト 豆乳カスタム」です。
decaf-soymist.jpg

2011年1月現在、スタバでは
「ドリップコーヒー」(ホット/アイス。ふつうのコーヒー)と
「カフェ ミスト」(ホット。ふつうのコーヒー+泡立てたミルク)を
ノンカフェインコーヒーである「ディカフェ」で作ることができるんです。
(追記:2017年1月から、エスプレッソビバレッジもディカフェにできるようになりました)
カフェインを取りたくない妊婦さんや、健康志向の方、カフェインが体に合わない方も
これで安心です。

さらに、ミルクが使われる「カフェミスト」の場合、
ミルクを豆乳に変えることもできるんです。
スタバの豆乳はコーヒーとの相性を考えたオリジナルなんだそうですよ
(後述のSoy milkカードに記載)。
これで乳製品を避けたい人も安心です。


カスタムなんてしたことがなかったので、私はかなりたどたどしく
「ええと…ディカフェで…これ…トールで…豆乳に…」とか言ったのですが
お店の人のコールは
「トール ディカフェ ソイミスト」でした。シンプルです。
レシートの記載はこんな感じですよ。
decaf-soymist-receipt2.jpg

豆乳を使った商品を買うと、Soy milkカードみたいなものが渡されます。
牛乳アレルギーの人へ注意が必要だからのようですね。
ディカフェがあることも含め、親切です。

ようやく完成したディカフェ・ソイミスト、
味はほんのわずかに甘い?(気がする)調整豆乳です。糖分入り、みたいな。
泡がほわほわです。
カフェイン独特の、頭に変に響く感じやえぐみがないのは、いいですね。
(コーヒー大好きな人から見たら
 ディカフェにしてまでコーヒー飲みたいの?って感じかもしれませんが、
 ディカフェになることでようやく気兼ねなく飲めるんですよ。
 あと、コーヒーが好きな人で「ディカフェはまずい」という人が時々いますが
 普通のコーヒーを飲みたくない人が飲むものだと理解した方がいいかもしれません)
冬にホットコーヒー、温まります。


それにしてもディカフェって、すごく時間がかかるんですね。
3、4分かかるということだったのですが、10分近くかかった気がするので
急いでいるときにディカフェでの注文はおすすめできません。
なんだか余計な手間をおかけしているようで、お店の人にも申し訳なくて。
もっとすぐにできれば、お店にも買う側にもお互いにいいのですが。

あと、私としては
エスプレッソビバレッジのディカフェもできるようになってほしいなと思います。
セガフレード・ザネッティ・エスプレッソ(ってお店)だとできるみたいなんですけど。
というのは、ディカフェってカフェインのえぐみがなくなって味がライトになるので
多分、エスプレッソくらい濃い方が、
バランスがとれておいしいんじゃないかと思うんです。
日本にはディカフェの豆はコモドドラゴン1種だけが販売されていますが、
アメリカのスタバだとディカフェのエスプレッソ豆も売ってるんですよね。
もっとディカフェ文化が日本で広まったら、スタバでも実現してほしいです。


ベジタリアンとDHAの疑問
ベジタリアンの栄養について
長年すごく疑問に思っていることがあります


それはDHAについてです。


ヴィーガン対応のDHAサプリメントなんかも売っていて、
ショップや広告とかでも見かけるんですが

ベジあるいはヴィーガンの皆さん、DHA、意識して摂っていますか?


というのは、私

ベジタリアンになる前から魚が食べられなかったんですね。
(年齢1ケタの小さい頃からです。
 これの延長で結局ベジタリアンになったとも言えるかも)

DHAの1日の摂取基準量って1gくらいで
魚だと「マグロ(中トロ)の刺身4切れ」くらいらしいんです。
字で読むと「ちょっとじゃん」て思うんですが
でもその「ちょっと」さえ食べたことは1回もなく、

明らかに、20年以上、DHAの基準摂取量を満たしてない状態が続いてるんです。


魚を食べると頭がよくなるっていう歌がありましたが
魚を食べているみんなの方が頭がいいと思ったこともないし

DHAってなんなんだろう??みたいな、
DHAって本当に必要なの?っていう疑問を、非常に長いこと持ってます。

ビタミンが足りなくて口の端が切れたり
たんぱく質が足りなくて爪が薄くなって割れやすくなったりした経験はあるんですが
DHAって、
足りてるのか足りてないのかさえ、よく分からないんですよ。
味噌汁に入ってるダシも一切摂らない、きっちりベジタリアンになって3年半が経ち
サプリメントも飲まず、
DHAが入っていると言われる亜麻仁油とかも摂らない状態で暮らしていますが
特に何も起こりません。
私がこうなんですから、
ベジタリアンになって人生の途中から魚を食べなくなったくらいじゃ
20年位経っても何も起こらなくても不思議はなく、むしろそうだろうなと思います。
少なくとも、問題が出るとしたら、他のベジの人より私が先になるでしょう。

欧米人だと、代謝が違い、
n-3系脂肪酸が少ない食事でもDHA足りないということはないという説を
みたことがあります。どの程度本当なのかは分かりませんが。
これは欧米人に限らずなんですが
とりあえず、そんなにすぐに欠乏して問題が出る、というものではない様子。
一方、日本人は
魚を食べると~ブーム以来、DHAっていう単語を聞く機会が多いのと
もともと魚をよく食べる民族なのとで
「魚は普段から食べるもので、魚を食べなくなったらDHAを補わないといけない」
みたいな考えがあるような気がするんですよ。

なんかちょっと、煽り過ぎな空気を感じなくもないんですよね。
売り上げのため、みたいな。
実際のところ、どれくらい欠けるとどうなる、っていうデータで
明白なものってない気がするんです。うーん。
そのせいか、植物性の食事だけでDHAは足りる・いや足りない、というように
サプリメントも要る・いらないの情報が交錯しているんですよね。

ただ、ちゃんと摂るべきという結果が出ているものもあります。
ヴィーガンの人を対象にした調査では
「妊娠希望の人・妊婦さん・授乳中の人にはサプリメントが勧められる」
という結果になったようです。
vegan DHA のGoogle検索トップに来る、こことか。
www.vegetarian-dha-epa.co.uk/

アルファリノレン酸を摂るには
亜麻仁油、キャノーラ油、クルミ、大豆や豆腐などが良いそうです。
もちろんベジになってすぐ、この情報は見つけたのですが
あまにあぶらって何?どこで売ってるの?どうやって使おう?と思って
まだ買ったことがないんですよね。皆さんは使ってらっしゃるんでしょうか。
私自身は、大豆や豆腐は摂っていますが、どうなんだろう…という状態です。
ヴィーガンのDHAは、
一般的なDHAの「摂取基準」から見れば足りないのは間違いないんです。が
http://www.dhcblog.com/kamohara/archive/1122
αリノレン酸を摂れば直接血中DHA量が上がったりすることもないみたいで
(αリノレン酸からDHAへの代謝って、それほどよくないみたいなんです)
DHAを求めるなら直接DHA自体を補給した方がいいみたいなのが
今回記事を書くために調べて分かったんです。

でもどれくらい足りないとどうなるのかは、やっぱりいまいちはっきりしない。
アルツハイマーがどうとか、ちょびっと書いてあるくらい。
それに非常に大きなもやもやを感じます。


DHAのサプリメントを見かけるたびに、買ってみようかなと凝視して、
でもDHA不足のデメリットがはっきりしない
(「20年以上DHA基準以下だと思うけど何もない」という体験もあるため)
から結局買わない。という生活が、もうだいぶ続いています。

折衷案で、ミックスナッツが好きなので、くるみを買って食べているところですが
もちろん変化はよくも悪くも何もありません。…どうしようかな。
妊娠希望時期まではクルミとかで騙し騙しいこうか、とも、
一回くらいはサプリメントを買ってみようか、とも思います。
海外ブランドでは結構種類を見かけるんですよ、Vegan対応のDHA。


コピックスケッチ2011春新色Ex-5
新宿ルミネエストやお茶の水のToolsで、
コピックの最新色「Ex-5」12色が、早くも先行試験販売されていました。
バラ売りもバリオスインクも12色セットも揃っていましたよ。
新色が出る時はやはりTools実店舗をチェックするに限ります。


V20がクセのない薄い色で
白い服の影とかに便利そうだったので、個人的には買いでした。
今回のVの2色、他のVに比べて赤み少なめじゃないです?
個人的には使いやすくて歓迎なのですが。

RV55はパッと見でRV25に近い色かなと思いました。
あそこまでバッチリ濃くない、使いやすそうな感じで。
RV63は色名も納得の、お花らしい色でした。

あとどうしても言いたい色が1色。
E81のIvoryってみなさんどう思います?
私、前々からアイボリーのような色が欲しいと思っていたので
今回の新色の色名発表時点で「きた!」と思ったんですよ。
でも、塗ったら、違う。
私が欲しかったアイボリーと違う…!
←こういう、これウェブカラーでいうと♯FCFFF3にしてあるんですけど
うすーーいクリームがかった白(YR21のCreamじゃなくてもっと黄色くない色)
みたいなのをイメージしてたのです が

元々E43にDull Ivoryあるじゃないですか。
公式スウォッチだと♯cbaf8cになってるこれです。
今回のIvoryもクリーム色系ではありません。
グレーっぽいというか…濁りが強いというか…
E43も前から「アイボリー???」って疑問に思ってたんです。
多分、象牙の一番濃い部分を基準にしてるというか
「象牙色」としているイメージ自体が根本的に英語圏のIvoryと違うんですよね。
JISの「象牙色」とか、淡い色じゃない茶色っぽい色だったりしますし。

ほどよい薄いクリーム色、意外にないんですよねコピック。
濃かったり、黄色みが強かったり、逆に黄色みが薄すぎたりとか。
別の名前で、また良い色が出てくれることを、期待したいと思います。
…なんとかして自分で作るべきでしょうか。


marusanスープ「飲むサラダ トマトとフルーツ」
marusan製スープ「飲むサラダ トマトとフルーツ」を買ってみました。
動物性素材不使用のヴィーガン仕様、かつ砂糖不使用で、168円です。

都内の実店舗では新宿小田急ハルク地下「こだわりや」、
ネットでは楽天・爽快ドラッグなどで購入できます。


レトルトパックに入っていて、「冷蔵庫で保管」をおすすめと記載があります。
せっかくなので指示通り冷蔵し、あけてみると

サラサラしたジュースやスープでなく、
野菜の繊維が残っている感じで、でろでろ~っと出てきます。
すごく濃いんです。
口当たりにもときどき、ちょっとザラザラした感じがあります。食物繊維たっぷりです。

質感とは違って、味自体は重くなくさわやかで、
トマト中心に にんじんなど野菜の甘みと、りんごの甘みがつまってます。
トマトらしい味なのに酸っぱさがない、さっぱりした甘み。
スープとか色々買ってみましたが、これはかなりおいしいと思います。

ただ、ソフトドリンク感覚でゴクゴク飲むというより、
食べるぐらいの気でいないと飲みにくい濃さ…かもしれないです。
濃いですが、おいしかったので、リピしてもいいかなと思っています。




Copyright © 今日のごった煮。. all rights reserved.
まとめ