今日のごった煮。
   日々の気になることや好きなもの、画材レビューサイト「Prismatic Colored Fancy」関連記事、ベジの生活情報など。        一言で言うと「ごった煮」。たまーにこっそり更新しています。
ベジタリアン/ヴィーガンと健康・体調って正直どうなの&ベジタリアン精神
ベジタリアンになって丸3年が経ちました。
今回は、
「ベジタリアンである意識」に少し距離が出てきて見方が中庸になってきたので
ベジタリアンと健康・体調の裏側、と、ベジタリアン精神について、
できるだけ正直に書きたいと思います。


ベジタリアンと健康って、正直、どうなんでしょう?
多くのヴィーガンブロガーがいて、人気を得ている反面
私はヴィーガンあるいはベジタリアンで影で多少健康を害している人も、いると思うんです。

でも、そのことはあまり表立っては書かれない。
それはベジ本人は、ベジこそが正しく倫理的で、色んな問題を解消してくれる方法で、
「他にもベジやヴィーガンがたくさんいる(ブログ等で見る)くらいだから問題ない生き方だ」
と信じているし、
「自分の個人的な失敗」でベジタリアン全体が誤解されたらまずいと思う心理が
あるからじゃないかと思うんです。
こういう心理、結構、くせものだと思います。
ほんとはある程度の人数が失敗してても、自分だけかな、と思って書かないでいる、みたいな。
みんながベジ最高って言って、実は問題は書かないでいるだけ、って可能性もあるんです。

実際は、栄養学の専門家か料理人ではない人が完全なベジタリアンになるのって、
結構難しいこともあるわけなんです。

私の場合は、完全にヴィーガン生活してた頃
3食食べてるのに飢餓感が抜けなくて、でも食べられるものが減り、
おやつとか言ってせんべい2/3袋くらい一気食いしたこともありました。
炭水化物でかさ増しして、空腹とかをまぎらわせてたんです。
こういう「炭水化物過多」経験のあるベジタリアン、ほかにも絶対いると思います。
(たまに欧米とかで、やけに太ってるベジタリアンいるじゃないですか。
私は完全ヴィーガン食だったので、太るまではいかなかったんですけど ほぼ同じような感じで)

もう、どう考えてもこれはおかしい、と自覚しながら。
あとこっちは前も書いたんですが、爪の真ん中が横にへこんだ(貧血)こともありました。
別のとき、冬なんですが
元々冷え性だったのがさらに悪化した上、指がふくれあがってかゆいとか変になり
皮膚科に行ったら、ずっと屋内にいるのに手がしもやけに近い状態になってたとかも。
あれはほんとにびっくりしました。
こんなことありうるんだ、っていう。
あとはたまに口内炎ができたりとか。爪が薄くなって割れやすくなったり(たんぱく質不足)とか。
要するに、鉄分とか、血行とか冷えとか、たんぱく質とか、良くなかったんでしょう。
いっぺんに全部出たわけではなく、しばらくヴィーガン食を続けるとどれか1つ出たりしました。
倒れるとかふらふらとか、そういう派手なのはありませんでしたが。

で、あわててラクトオボに戻したら
「不具合」は一気になくなりました。が、蛋白質がわずかに足りなかったりすることもあります
(最近ベジになって2度目の血液検査をしまして、たんぱく質の基準値って6.5~8.2なんですが、
卵も乳製品もちょっとは食べてたものの6.4とギリギリ届きませんでした。
私個人で見れば「もうちょっと食べれば完璧」ってだけの話なんですが、
一般論では「豆腐も豆も、たまに卵乳まで食べてても、控えめだとボーダーを切る」
んだと思いました)
ほかに、肉食べてた人がベジになると、ラクトオボでも、
ちょっと食べ足りない感とかは 時々出たりするかもしれません。

もちろん体調面で、よくなる部分もありますがそれだけではなく
爪が変になったり、口内炎になったり、そういうのを何回も繰り返したりと
ベジタリアンで体に不具合が出てる人も、中には何人もいます。
何も悪いことがなく大丈夫ならもちろんいいのですが
もし不具合が出たら、様子を見て、気をつけたり、食生活を整えるべきです。
こんな単純で、当たり前みたいなことを言うサイトも、私が見た限りでは存在しませんでした。
あまつさえ、有名どころでも、
ベジタリアンでも大丈夫だと思い込みたいばっかりに、
いちいちベジの有名人を列挙しているサイトだってあります。
ネットでの又聞きで(世の中、画像とか説だってねつ造し放題なのに)
自分の主張を補強するため、自分に都合のいい内容だけ書いているところもあると思っています。
(ただ、菜食になって体調「悪かったのがなおった」、という例は本当の場合も多いと思います。
 例えば、健康に気を使わない食事してる人、
 カップラーメンみたいな加工食品ばかり頻繁に食べてる人(昔の私)と比べたら
 健康に気を使いはじめ、
 肉と、肉を使った加工食品を食べず「食事」らしい食事に整える方が健康的に決まってます。
 肉は栄養価が高いというメリットの反面、健康へのデメリットも意外にあるからです。
 私も大学の頃はおやつとマックとカップ麺を結構食べてて栄養状態悪く
 血液検査で「一人暮らし?ちゃんと食べないとだめよ」とか言われる
 (※実際は実家暮らし)レベルでしたが
 ラクトオボになってはじめて血液検査したら全部正常値になってました。
 逆に、食べ方によっては、たんぱくとか鉄分減りすぎ等の不具合もありうると思います。
 もうひとつ、ベジタリアンが
 花粉症対策として効くのはベジタリアンの中ではよく言われる話で、私も実験済みです)

ほんとに、迷いました。
ベジタリアンて、「動物を苦しめない」でも「飢餓」「環境」でも、健康以外を目標にしてると
ヴィーガン至上主義になりがち
(というか、日本の現状を見据え、つきつめれば当然そうなるはず)なんですよ。
卵と乳製品をどうするか、これで随分悩みました。
周りへの影響を考えたらヴィーガンの方がいいに決まってて、
ヴィーガンでありたくて、でも、爪が割れたり飢餓感が消えなかったりして。
この3年の間にヴィーガンとラクトオボを何回もふらふらしましたし
どれだけ調べたか、苦しんだか、分かりません。
疑いなく「肉食べないと栄養足りない」と発信してる旧世代の情報は置いておいても
『葬られた第二のマクガバン・レポート』みたいな、ベジタリアンで問題ないという研究もあり
ベジタリアンは増えてるけどタンパク質が足りなくなることもあるよみたいな注意
(題名忘れましたが、今年?出た「妊娠のためにはたんぱく質が必要」みたいな内容の本で
 「ベジタリアンだと足りないことも」みたいな部分が結構印象深かったです)もあり
両方、あります。
ヴィーガンだとサプリメントとか当たり前みたいに扱ってる人がいますが
よく考えたらサプリメントって食べ物じゃない気がしたんです。
サプリメントを当然視した「栄養」って、「みんなができる、正しい食べ方」じゃない。
肉や魚はもう一生なくても大丈夫だし精神的にもいらないけど
多くの人間にできること、少なくとも自分にできるラインは
この「魚か、卵か、乳製品はある程度食べる」あたりなんじゃないかと、思うに至りました。
健康のためやってるわけじゃなく、周りのことを考えてベジになってても、
それでも健康害するのは、きっと間違った食べ方だと思ったからです。

ヴィーガンでもローフードでもなんでも、可能な人も実際にいるかもしれない。
うまくいっている人もいます。
けど、そうじゃない人だっているんじゃないかと思うんです。
元々肉は動脈硬化とか不健康のイメージはありつつ、やはり栄養価は高い。
食べられるものが減れば、栄養バランスは当然シビアになります。
食事バランスをとるのに成功する人もいれば、失敗する人もいます。

ベジになって良かったって人もいれば
ベジタリアンやヴィーガンのデメリットに悩んでいる人も、いるはずです。
私は「多少(肉食べてたときよりかなり少ない)の卵・乳製品あれば問題出ない」タイプでしたが、
牛乳が体質的に合わなくて 肉・卵・乳製品抜きで魚だけ食べるのが合ってるとか、
そういう色んな兼ね合いは個々人で違う可能性もあります。
(追記:個人的な印象として、
 特に、出産可能年齢の女性は問題発生率が上がっている気がします。
 要するに、肉でもなんでも好きなだけ食べていても貧血になる女性が時々いる中で
 そこからさらに肉卵等を抜いて、貧血等になる可能性を100%払拭できるのかということです
(男性にはもともとあまり貧血はみられないですが)。

 ブログをやっていて私が感じるのは
 ベジタリアンやヴィーガンになるのは女性の方がかなり多いですが
 実際にヴィーガン食の生活に成功し長期継続できるのは男性の方が多い、という印象です。
 これはしばらく気づかなかったほど、私にとって極めて意外な発見でした。
 男性は 肉料理を好む人が多い だけで
 肉体構造的にロスが少なく、菜食でも栄養不足になりにくいのだと思います。
 よく考えれば、歴史的に僧侶が精進料理を食べていた=
 男性が純菜食で生きやすいということなのかもしれません)

ヴィーガンものを色々食べてネットで紹介してはいますが、
それでも食べ物に関する「ヴィーガン」は、自信を持って人に薦められる段階にない、
誰でもできて安全なヴィーガン食理論が広く行き渡っておらず
不用意に「ヴィーガン万歳」と言うには、栄養を整えるための研究がまだ少なすぎる
と思ってます。


そしてようやく「体に不具合出ることもあるよ」って気づき、ちゃんと言えるようになった今、
心配です。無理して、誰か、体を壊していないか。
ブログにいらっしゃる方でたまに、ベジタリアン 口内炎とか、体調とか、
ご本人がちょっと不具合経験してらっしゃるのかな、って検索の方が見受けられるんです。
特に、意志が強いほど、危険もあるんですよ。
理由なくベジタリアンになんてならないじゃないですか。
好き嫌いか健康志向ならぼちぼちやっていくと思うんですが
動物のこと・環境のこと・飢餓のこと、そういう残酷な現実を知って、
それを変えようとベジタリアンとかヴィーガンになろう!って思ったタイプだと
とにかくなんとかしなきゃ、頑張らなきゃ、って思いやすいんです。
私はそうだったし、だからこそたくさん苦しんだし、
反対に 決意があったからこそベジも3年続いてるんですけど。

悲しむだけでは、体質や栄養的な問題が乗り越えられるわけじゃないんですよね。
そんなので体質変われてたら私はブレサリアン(ものを食べない人)になったはずですし
最低でもヴィーガンでは いられたでしょう。
でもそうじゃなかった。
精神や理想から入っても精神や理想で片付けるのは非現実的だということです。

ベジタリアンて単に「食べるものを変える事」で、別に全てを救う画期的手段じゃないわけです。
そういう風に主張してるサイトもありますが、期待しすぎてはいけないというか。
ベジのブログやサイトはハッピー、エコ、地球や動物に優しい…明るい面を強調した記事ばかり。
でも、本当に必要なのは夢じゃなくて、現実的な方法です。

だから、菜食のメリットを知ってベジタリアンになろうとする場合や、
あるいはなろうとしたけどちょっとうまくいかなかった場合は
とにかく
自分にとって本当に必要なものはなんなのか を
自分で1つ1つ見極めていくことが必要
なんじゃないかと、今は思うんです。
例えば美容のために馬油を塗りたくる必要は別にないなとか、
シルクの衣類はなくてもいいか とか、
じゃあ、焼肉食べ放題って必要?
食べ放題じゃない、食事で出される数切れの肉は?
卵は?
マクロとかローフードとかって…?
そうやって考えたり、「自分」にとってどうかを試すことがすごく必要だと思います。
(マクロビオティックやローフードは失敗例も時々聞きますが…)
そうやってボーダーを前後して調べると
例えば私だと、ラクトオボベジになったときは健康面では全然問題が出なくなり、
食べられる食品自体が激増するのもあり、このあたりが自分の思うボーダーでした。
それでも、卵食べる量とかは、ベジタリアンじゃないときよりは明らかに減ってます。
オムレツで卵二個とか牛乳を飲むとかそんなには食べません。
ヴィーガン基本で、たまにちょっと卵と乳製品が入ってるものも許容するぐらいの、
ヴィーガンとラクトオボの中間くらいがベストと思ってます。
なおも絶対にヴィーガンとしてやっていきたい方は、食事を完全に解体するつもりで切り替え、
専門家並みの知識をつけるくらい研究しないとだめです。
もしかしたら私が何か間違っていて、「正確に研究され組み立てられた食事」にしたなら
私だってヴィーガンでも大丈夫なのかもしれませんが、
理由は分からないのですが、失敗しました。数日は平気で、続けると不具合が出がちでした。
ヴィーガンとかフルータリアンで本当に健康に暮らしてる人には、
本当に何も体の悪い変化はないのか、
なぜ私はヴィーガン食がだめだったのか、
なぜ世の中にはベジタリアンで体に不具合が出る人がいるのか、
何を食べれば良いのか、教えてほしいくらいです。
あんまり悩んで、血液型別の食事とかいうよく分からない理論まで思い出してしまいました。
私O型(肉を食べるのが良いと言われている。A型がベジタリアン向きだそう)なんですが、
どうなんでしょうか。

ベジタリアンは確かに1つの選択肢で、私は肉を食べる生活に戻るつもりは全くありませんが
ほんとに、ベジとしての立場抜きの、3年ベジタリアン試した個人としてしゃべります。
正直 健康でいたかったらたまに魚か卵くらいなら食べてもいいんじゃないかと思います。
なんか物足りなかったり、ガッツが出なかったり、することは時々はあります。
「動物」を食べるのは私は絶対やりませんが、それでもヒトという動物としてみれば
肉も卵も乳製品も取らないなら 栄養としての魚はアリだと思います。
同時に、魚や肉は、「時々」ならいいかもしれないですが、
毎日、ましてや1日数回食べるようなものではないと、試した感覚としてはっきり思っています。
肉なんか3年間一口も食べなくたって何も問題ありません
でも、その中でやりすぎだったり無謀だったりで失敗もしているので、
他の人がそれで健康を害したりしていないかと、考えて今回の記事を書きました。

食肉のこととか飢餓のことを初めて知ってショックを受けた人、
特に学生年齢の若い人たちや繊細な人へ、
悲しみすぎないでね。と言いたいです。

実際、「動物を殺さなければいけない」と思うのは、本当に悲しいことです。
生きるために動物でも植物でもなにかしら殺さなければいけないなら、
自分なんて死んだ方がいいのかと思ったことだって、もちろんあります。
中学校のときに最初に気がついたときも、ベジになった3年前もそうでした。
植物にだって命はあるだろうと批難するノンベジがたまにいますが、
私だって、食べずに生きられたら今日からだって植物も何も食べません。
切り花とか切るのもどうもなじめなく思ってるし、
生きるために植物を殺さなきゃいけないなんて心底悲しいし、
生きるために何か殺さなきゃいけないなんて心底バカバカしいブラックジョークみたいに思ってます。
でも、そうやって極端に走っても結局変わらないじゃないですか。
自分が死んだとしてもそれでも何も変わらない。

なんでも、
ベストな理想は叶わないときでも、限りなくベターに近づけることはできるはずで

なにかを変えたいと思ったことは大切にして、
自分にできることは他人ができなくても他人がやっていなくても必ずやり通し、
人に出来ても自分には出来ないことや、理想と現実的な部分はちゃんと見極める。

これに気づくまで、3年です。遅かったなー。

ベジになると決めた時点で、ベジサイトはもう参考文献程度にして、
健康を保つことも、理想や現実や精神との折り合いも、
自分で探る、べきだったんですね。

一人でつっぱしって無理するより、
「二人が肉とか魚を半分にすれば、実質1人のベジタリアンができる」みたいな
ああいうのを目指すのもいいのかもしれません。
この考え先日どこかのサイトで見たんです。ノンベジにも適用できそうで、いいですよね。
もちろん、ゆるみすぎてあれもこれもオッケーとかはよくないと思いますが
不具合が出た時点で、無理しすぎないことは覚えておいてほしいんです。
皆さんには、動物や、飢えた人、環境以外に、自分のことも大切にしてほしいなと思います。
体を壊す食事は、正しい食事ではありえません。絶対に。
理想や目標も大切にしつつ、
無理しすぎず、自分にとって正しい位置や、食べ方を見つけてほしいです。
スポンサーサイト


リンクシェア見本市
ブロガーやサイト運営者が参加する「リンクシェア大見本市」で
色んな面白いもの・いいものを見つけたので貼っておきますね

まずは思わず撮ってしまった変わり種、「スガキヤ ラーメンフォーク」です。
ramen-fork.jpg
これ…どうやって使うんだろう?と考えて
麺を巻いてスープをすくう…んだと思いますが、使い勝手がちょっと想像できません。
フォークでラーメンを食べるという発想がありませんでした。
スガキヤさんとノリタケさんの共同開発で、MoMAストアで扱っているようです。
MoMA STORE

あとはすごく細い、「マグネットベース」という5本セットの花瓶もありました。
slim-kabin.jpg
1本1本こうやって飾ればおしゃれなんですね。
こちらもMoMaストアで購入できます。

あと、シャープのプラズマクラスターと、シャープのインテリアホン。
interior-phone.jpg
これはコードレスホンで、画面に写真付きの電話帳が表示できたり、
電話として使っていない時は時計を表示したり、
写真を表示してデジタルフォトフレームとしても使えるみたいです。
カデンオンラインのブースで発見しました。

服も色々あって
ベルメゾンネットで買える、モデルのSHIHOさんプロデュースのワンピースもありました。
SHIHO27000.jpg
27000円くらいするので、
説明してくれたお姉さんも「ちょっと高いんですけど…」みたいな雰囲気だったんですが、
かわいいので貼っておきました。もうちょっと安かったら自分でもチャレンジしたかったな。

夢展望のブースもかわいかったです。
姫系のアイテムが色々揃ってます。
クラウンつきのリボンは取り外せます。
dreamvision-crown.jpg dreamvision-brouse.jpg

それとすごかったのはブランデリのブース。
メルマガ登録で、洋服の福袋が貰えました。
福袋自体は3000円のものみたいなんですが、家に帰って数えたら定価20000円分くらい入ってて…
ブランデリってリンクシェアで初めて知ったのですが、ニッセン系列のサイトで
INTERPLANET、JAYRO・JAYRO white、ロペ、BLACK by moussyとか
色んなブランドが格安アウトレットで買えるみたいです。
80%引きくらいのものが普通に並んでいます。


yoox.com
服の買い方って、人によって違いますが
私はいつも「服はある程度ちゃんとしたものを、少し安く買う」のが基本です。
「ある程度ちゃんとした」といいつつ、実はデザイナーズブランドの服も、かなり好きで

ブランドだと、デザインが多様でしかも洗練されているのはもちろんですが、
私は日本のMサイズ体型でないという現実的な問題もあるので
(身長167cmで、Mだと短く・トールサイズだと大きすぎ、日本の服より海外のSサイズがぴったり)
海外の物の方が選びやすかったりするんです。

でもやっぱり、庶民には高いものが多いので、定期的に見ているサイトがあります。

yoox.comです。
YOOX.COM(ユークス)

品揃えはデザイナーズものは結構揃っていますが、やっぱりイタリアものが強い気がします。
アルマーニ系列とかずらっとあります。
シーズンオフしたものをまとめて買い付けて販売しているので、在庫サイズが減ってたりすると
最大90%とかすごい割引率で売ってることがあります。
20000円のクロップドパンツが2000円…みたいな。
残ってるのがかなり大きいサイズか小さいサイズの場合もあれば、普通サイズの場合もあるので
掘り出し物感覚で楽しめます。

ここからが大事なところで

イタリアから発送なので
送料がなんと2200円もするのですが

送料無料キャンペーンが月1くらいであるんです。先週もやっていて、期間は1週間程でした。
いくら以上で送料無料、という縛りが無いので、普通に安いもの好きなものを買って大丈夫です。
セールのもので気に入るものがあり、送料無料の時なら、下手したら日本でユニクロを買うより安いです。
安いものが好きな人、ブランドが好きな人、他に私のようにあまり日本サイズが合わない人も、
うまく使えば楽しい買い物ができます。
レディースもメンズもキッズもありますよ。

というわけで前から欲しかったものをさっそく買い、それが届きました。
ちなみに注文日から4日で届きました。靴しか買ってないのに大きい箱です…
yoox-bigbox.jpg
これが今回買った、Laura Biagiotti(イタリア)の合成皮革・人工ダイヤのサンダルです。
セールで500円オフ+送料無料で5900円でした。ブランド物にしてはごく普通の値段…です。
きれいめデザインで、かつフラットで歩きやすいものって日本ではほぼなかったので、満足です。
早速履いてます。
yoox-laura.jpg


東急ハンズの傘
ブログをやってると、
色んなものを見せてもらえたり、招待していただける機会があったりして、生活に潤いが出ます。
先週行ってきたリンクシェア見本市も、いいものがたくさん見られて充実していました。


会場には色んな企業ブースとおすすめの商品が展示されていて
中でも「これは帰りにでも買って帰りたい」と思ったものがありました。
東急ハンズの傘です。

以前から、UV加工のついてる折りたたみ傘を買おうと思っていて
かなり調べたのですが、案外種類が少なくて。
UVカットでも「~%カット」って書いてないと、カット力が弱い傘もあるみたいで

最初はクニルプスあたりにしようかと思っていたんです。
ただ、クニルプスって6000円くらいするじゃないですか。ミニでも4000円くらいですか。
傘ってなくしたり、風でだめにすることもあるので、あんまり高いのはこわいなぁと思って。
UNO KANDAもUVカット力高いのですが値段も高いのと、ちょっと「女の子」っぽすぎて
もうちょっとシンプルで、UVカット率の高いものを探していたんです。

で、ハンズのブースで見た折りたたみ傘がほぼ理想に近い感じでした。
ジャンプ傘で、「撥水加工」「90%以上UVカット」がついて2290円でした。
いくつか種類があるのですが「54cm」のものがこの仕様で、
男性に人気の58cmは2490円だそうです。
hands-oritatami.jpg
他にUV加工で手頃な傘っていえばtotesだと思うのですが、
totesの自動開閉のシグネチャーより安かった…というか、自動開閉でUVカットものでは底値かと。
これより安くなるとUVカットじゃなかったり自動開閉しなかったり、なにか抜けます。
欲しいと思っていた機能全部入りでも、この値段だったら安心して使えるなと思ったのでした。
ハンズのショップは調べなかったので盲点でした。安くて機能も揃ってるもの、探せばあるんですね。


探してたのはUVカット折りたたみ傘でしたが、それ以上にこれは!と思ったのは
同じシリーズの長傘でした。
これももちろんUVカット加工(ワンタッチ等でなく普通に開きます)、
58cmのものは女性向けにフチにフリルがついています。かわいい。
飾りが付いていますが、女性向けはひも、男性向けは合皮で
男女とも持ち手部分は男性向けのひもと同じような合皮です。
なにがすごいって、何グラムか書いてないのがもったいないくらい軽いんです。
ほんと感動したので、ぜひ持ってもらいたいくらい。
hands-long-umbrella.jpg
1890円と値段も安かったし、これは早く買っておこうと思います。

ネットでも購入できます。5000円購入で送料無料のようです。
傘自体が安いので、近所にハンズがある場合は実店舗で買ってもいいかもしれません。


次の記事でも、会場で見られた色んなものを紹介しますね。
おみやげとかも色々もらえたんですよ。

(追記:
とりあえず折りたたみだけ買いました。長傘は黒にしようか緑にしようか悩み中です。
折りたたみ、ちょっと骨が細いのか、風にはあまり強くないんですが
さしたり閉じたりはすっっごく便利です。ここまで便利だと日よけにも進んで使えます。)
hands-kasa.jpg


BRANDS for Friends登録
最近、夜に見るのが習慣になっているサイトがあります。
BRANDS for FRIENDSです。


「招待制で登録」といううたい文句で日本に入ってきたショッピングサイトなのですが、
登録(無料)すると
まず毎週「この日から、このブランドのセールをします」という案内メールが来ます。
そこでの告知通り、1つのブランドが夜9:00から3日間、全てセールの状態で売っています。
値段は半額くらいのブランドが多い気がします。

売っているものは有名無名限らずアパレルが多くて、トリンプのインナーウェア、バッグ、
時計やアクセ、±0の家電とかフラワーアレンジメントの時もありました。
同じブランドをまたやるっていう印象はないですね。毎回本当に色んなブランドです。
先週はAdidasのスポーツウェア、MONO EDITION MODAの時計等でした。
今週は昨日からJill Stuart(コスメでなくアパレル、今期ものでした)がはじまって
他にもブルガリのサングラス、ビレロイ&ボッホ(食器)、Kappa(スポーツブランド)の予定です。


登録している人は友人とかを「招待」できるんですが
私は初期に登録していますので、
会員登録したいという方は私からご紹介・ご招待できますのでご希望の方はどうぞ。

自分のアカウントから取ってきたバナーを下に張りましたので、
この画像をクリックすると「私から紹介」したと認識され、そのまま会員登録できます。
(※こんな簡単&オープンに招待していいの?と思ったのですが
 こういう紹介バナーが用意されてるくらいなので、
 ブログでこういう形で出してOKのようです)
基本バナー2012年夏版です。バナーテストで最もクリック率が高かった構成になっております。


vege herb saga(御徒町)
先日、上野近辺で急遽外食しなければならなくなり
唯一覚えていた「100%ベジタリアン」のインド料理屋さん、VEGE HERB SAGAに行きました。
vegeherbsaga-kanbann.jpg
御徒町駅からも仲御徒町駅からもわりとすぐです。
できるかぎり無農薬・有機栽培野菜等を使い、南北インド料理を作っているそう。
アルコールの扱いがない、ヘルシーかつ宗教へのに配慮もあるお店です。

インド系+ベジメニューオンリーなので、がっつり乳製品を使うタイプのラクトベジ
例えば
「ランチセットの飲み物は何にしますか?チャイ?ラッシー?(2択)」みたいな感じです。
ヴィーガンを通すにはちょっと心配な店…でしょうか。
「ガッタカレー」というヨーグルトカレーもありました。珍しいです。

もう1つ珍しいのは、厳格なインドベジであるため卵を一切使わず、ナンにも卵不使用なこと。
ライスは日本の米とインド米を選べるようです。
(ライスはバターライスのようなので、ヴィーガンを通すにはナンもライスも同じく不可です)
Bセット(850円)をナンで頼むとこんな感じです。
vegeherb-naan.jpeg
確かに普通のナンと違い、あっさりです。

座っていると、店内のインド人の出入りも日本人も多く、ほぼ常に満席。
インド料理好きの間でもじわじわと人気が出始めているようなんですが

あの、やっぱり「人気のあるインドカレーのお店」って
「本格的なインド料理」なんです。
で、本格的であればあるほど、…辛かったりして、
「ベジタリアンが食べられる」ものだというだけで手を出しても
誰でもすんなり「食べられる」ものじゃなかったりするんです。
それをすごく感じました。

…そんなにすごく辛くもなく、むしろ家庭的なやさしい味なのに、香辛料が大変で。
忘れもしない、辛すぎて過去最大に苦戦したダルマサーガラを思い出しました。刺激で鼻が…

東京で、100%ベジのインド料理と言えばナタラジ(よく行きます)だと思いますが
ナタラジはクセが弱めで、食べるのが大変なカレーってないじゃないですか?
ここはナタラジよりスパイスが多様で複雑、より日本のカレーから遠いタイプなんです。

本格的で、それでいてやさしい味なのがおいしいのは分かったので
じんわり効いた重奏的な香辛料とか、インド料理が好きな人にはおすすめできますが
そういうのに弱い人だと、選んだカレーによっては大変、かもしれないです。
カレーは日替わりみたいなので断言はできませんが、ちょっとの刺激は覚悟した方がいいかと。
ちなみに今回苦戦したのは「野菜のテンプラ」(?インド名を失念しました、すみません)カレーでした。

カレー以外にも、マサラドーサのランチセットもありました。
「いかにもインド料理」なものが色々あるようで、ディナーとかで来ても楽しいかもしれません。


上野や御徒町のあたりって、実はベジの店が少ない気がします。
インド料理もいいのですが、万人向けのお店をもっと探そうかなとも思いました。


楽天ケンコーコムでベジタリアン食品を買う
(追記:ケンコーコムは商品の入れ替えが激しいので、
    この記事に書いた商品もいくつかなくなったりしています
    また、ときどき送料無料になる購入金額も変わります)

ベジタリアンになってから、多くの食品を買うのにちょっと困るようになりました。

首都圏に住んでいても、定期的に買いにいったりするのはちょっと面倒なので、
一番利用してるお店はベジタリアンショップでも自然食品店でもなく、楽天ケンコーコムです。
一番利用していて、もう15回以上は買っていると思うのですが。

「ケンコー」とうたっているだけあって、三育とかのベジタリアン商品も意外とあるんです。
1990円以上購入で送料無料になるので、いつもそれに合わせるように買っています。
以下全て動物性素材不使用のものだけで揃える、私の買い物パターンです。
   
・純正ラーメン(556円)
・ベジタブルミートソースを2つ(294円×2=588円)
・ベジタリアンブランドかるなぁ(大豆まるごとミートのみ取扱)か三育か、大豆からあげの
 「もどき肉」を何か1つ買って400円弱
 (私の場合、かたまりタイプと薄切りタイプが交互になくなるのでどちらか1つなんです)
・三育の麻婆豆腐(262円)
・創健社のベジタブルカレーで273円
・やさしい味で大好きな野菜ブイヨン、「野菜のおかげ」(1260円)
 (「欧風だし」や、マギーのアレルゲンフリーブイヨンなど、使えるものが色々あります)
・最後に、
 おやつとしてうの花クッキーかブランクッキーあたりを1つずつ買って375円。
ヴィーガン仕様マヨネーズもありますよ。
水とかは安いものは少ないのですが、歯ブラシは1本67円とすごく安いものがあります。

ブイヨンがまだあるとか、
送料無料にだいぶ届かないときに何か新しいものを買ってみたりします。
Veganマークつきのオーガニックイタリアンタルト(756円)を買ったこともあります。
砂糖不使用でしかもおいしいんですけど、高くてリピしづらいのが難点です。
ロゴナの化粧品とかも結構あります。ドクターブロナーのソープとか、ローズウォーターとか…
扱っているお店が限られるものも揃っているので、毎回良い買い物ができて
ほんとに楽天ケンコーコムがなかったらベジ生活が大変というくらい、頼ってます。
楽天で「一番いい買い物」と言ったらやはりここを思い出しますね。
最近は在庫があれば発送も早くなって、一番良かった時は注文当日発送でした。

大切なポイントがあるのですが
楽天ケンコーコムは結構頻繁にポイント10倍キャンペーンをやっています。
たまにではなくて、月に2、3回くらいはあるような気が。
なので、はじめてお買い物される方はぜひキャンペーンを狙って下さい。
送料無料になる金額2000円分買ったとすると、
買うものにもよりますがポイント10倍で200ポイントくらいはもらえるはずです。
ベジタリアン食品て割引で買えることは少ないですからね。
ポイントをためて、次に何か買うときに使っています。


泥武士キッチンのベジタリアンバーガー(銀座ファンケルビル)
久しぶりに銀座の泥武士キッチンに行ったら、
ベジタリアン対応メニューが随分増えていました。

オープンしたての時、「ベジパワープレート」はかつおだしが使われているということでしたが
今日ベジメニューについて確認したら
カレーみたいな感じのものには肉が入っていて
その他のもの、ベジパワープレートもベジタリアン大丈夫なようなお返事。
ベジメニューの追加と同様に仕様を変えたんでしょうか。
さらに
ビーガンカレー(単品で900円)以前グリーンソイジュースとともに記事にしました→こちら
ベジタリアンヌードル(単品900円)←↑この2つは動物性不使用とはっきり明記されています
ベジタリアンバーガー(単品600円)
など、ヴィーガンでも大丈夫なメニューがいろいろありました。
とりあえず今日は、唯一数量限定メニューだったベジタリアンバーガーを注文。

dorobushikitchen-burger.jpeg
サイズは予想より小さめです。
多分、これ1個だとごはんにならない気がしますので
普通に1食として食べたい場合にはセットメニューにすることをおすすめします。
やさしいカレー味の、シンプルなカレーコロッケバーガーです。
おいしいにはおいしいんですが、やはり小さくて高い印象がちょっとぬぐえません…。
泥武士キッチンて、少なめの軽い食事に慣れてるベジタリアンでも少ないと感じる量なんですよ。

ともあれ、お店の中にはこんな表示もあり
dorobushikitchen-vegan.jpg
こんなにヴィーガンメニューが増えたお店になったことにちょっとびっくりしました。
豆乳など食品も少し売っていて、ムランデュピベール(以前記事にしました)のお菓子や
たぶんこの店のオリジナル?の、ビーガンマフィンなどもありました。

それと、このファンケルビル8・9階の「泥武士」についても新情報です。
元々、泥武士はヴィーガンメニューには予約で対応可能でしたが、
2600円くらいする「ビーガンランチ」というメニューが新しくできたようでした。
1回くらいは食べに行ってみたいなぁと思うのですが、いつになるやら。




Copyright © 今日のごった煮。. all rights reserved.
まとめ