今日のごった煮。
   日々の気になることや好きなもの、画材レビューサイト「Prismatic Colored Fancy」関連記事、ベジの生活情報など。        一言で言うと「ごった煮」。たまーにこっそり更新しています。
Dr.McDougall's ヴィーガン・ミネストローネ&パスタスープ
ハワイのベジタリアンショップ、Down to Earthで探した中で
特にはっきり「VEGAN」と書いてあった食品がありました。

直径9cmぐらいの大きめのカップに入っている、ビッグカップスープのシリーズです。
トルティーヤ・スープやミソスープ・ヌードルなど色んな種類があり
ラーメン以外の11種類は全て、パッケージ前面にヴィーガン表示があります。
vegan-minestrone.jpg
その中から選んで買ったものの一つが、このミネストローネ&パスタスープです。
確かにミネストローネって、ヴィーガンメニューにしやすそうです。
作ったことが無かったのですが、今度自分でも作ってみよう…
そのためにもまずは味見で研究です。


開けてみると、その瞬間から「絶対日本のじゃない」ってすぐ分かるくらい匂いが強いです。
トマト系のすっぱい感じと、ハーブ系のにおい。

お湯を注いで作るのかと思っていたのですが
水を入れてレンジで1分45秒→よくまぜたあと蓋をして8分待つという作り方でした。
珍しいです。
vegan-minestrone2.jpg
味も匂いと同様、若干トマトの酸味があります。
全体的に味が濃いめです。色も濃いですもんね。
あの、日本でも買える、外国のベジタリアンブイヨンありますよね?
バイタム・ヘッフェみたいな濃いぃ感じの。
 
本当にああいう味のブイヨン+酸味のあるトマト+パスタ+ハーブ。
それでブイヨンを日本人が思うよりちょっと多めに使った感じです。わりと分かりやすい味。
あとはちょっとオニオンとセロリとかが
ローズマリー、バジル、オレガノ、タイムのフレーバーとも混ざるので、独特…です。
主張のあるものが複数ある感じ。

おいしいんですが、日本人としてはなんだか、お湯を足してちょっと薄めたくなってしまいます。
ビッグカップなので全体の量も、豆などの具もちゃんとあって、満足感もありました。
外国ものだと、日本のベジ食品みたいに小さく・味付け控えめにはならないと分かってきました。
スポンサーサイト


アメリカのヴィーガンインスタントラーメン RAMEN SEAWEED
こちら、ハワイで唯一買ったヴィーガンラーメンです。
Down to EarthとWhole Foods Market、どちらにも置いてありました。
アメリカの会社が販売していますが、中国製です。
値段は1.29ドル、57gで普通のラーメンよりちょっと小さめ?でしょうか。

名前は直球で「RAMEN」、味がいくつかあって、買ったのはSEAWEED(海藻)です。
seaweed-ramen.jpg

1 1/3カップと書いてありますが、ここで気づきました。
アメリカのカップサイズは日本ときっと違うということに。
1cupは 約 236.58mlだそうなので、315mlぐらい。危ない危ない。
4分煮ます。

細麺で、あっさりしていて…
なんだか、全然「ラーメン」という感じじゃないんですよね。
理由は簡単で「油」がないんです。
わかめの乗った、薄めのみそ(醤油も入ってます)スープ麺、という感じです。

原材料は添加物や保存料・msgなど使っていないそうで、
表示をひとつひとつ英語で読んでいっても、知らない単語なんて出てきません。
ほんとうに自然のものだけ…という感じです。


uncle Eddies vegan cookies
ハワイで買ったヴィーガンクッキーをもうひとつ続けて紹介します。
uncle Eddies vegan cookiesです。
味はCHOCOLATE CHIP WITH WALNUTSを選びました。
uncleeddiestop.jpg
ホノルルのWhole Foods Marketにあり、4.99ドルでした。
アメリカのAmazonにも売っています。
公式サイトはwww.vegancookies.comです。

「アンクル・エディーズ」…エディーおじさんの…
名前を見ると何かを思い出すと思ったら、ステラおばさんっぽいですよね。

袋の窓から見ると固そうに見えますが
実は、サイズ大きめのソフトクッキーです。ほぼ実物大です。
ソフトなヴィーガンクッキーはわりと珍しいですよね?
eddiesveganchocowalnut2.jpg
もちろんこれが入っているからには袋もわりと大きいのです。

そしてこれ

おいしー
最初(´;ω;`)涙でそうになりました
Amazonでベタぼめされていたのにも納得。
若干ざっくりした粉っぽさはありますが、それでもしっとり。
アメリカのクッキーらしい味です。オーガニック穀物と甘味料使用なのですが、
若干、精白されていないものっぽい味がするような気がします。気のせいかなぁ。
チョコレートとナッツもよくマッチしていて、ただ甘いだけでなく充実感があります。

これ以外に、AmazonではOATMEAL CHOCOLATE COOKIES等が非常に人気があるようです。
おいしかったので、今度は違う味も買ってみたいと思います。


(2012年追記:
 これは絶対また買おうと決めていたので
 再度ハワイに行ったのでリピート買いしました。
 今度はチョコチップのほか、ピーナッツバターも購入。
uncleeddieschocochippeanut
 なるほどピーナッツバターの味と香りがします。こちらもおいしいです。

 相変わらずどちらもやわらかい食感と、ヴィーガンなのに甘くて食べやすいチョコレートが
 最高のクッキーです。)


Alternative Cookies
私、クッキーが好きなのですが、「クッキー」といえばアメリカじゃないですか。
ハワイでヴィーガンクッキーも何種類か見つけました。

まずはオルタナティブベーキングカンパニーのものから紹介です。
altetrnativebakingcookie.jpg
シリーズでダウントゥーアースにも、ホールフーズにも置いてありました。
公式サイトはalternativebaking.comです。
購入しませんでしたが、小麦を使っていないクッキーもありました。

購入したのは「レモン・ポピーシード」です。
レモンの風味がきいた、ソフトめのクッキーです。
アンクル・エディーズほどソフトではなくて、もう少し粉っぽい感じ。

レモン好きなのでおいしかったのですが、
直径10cmくらいのこれ1枚で2.99ドルと値段高めなので、
個人的には他のクッキーの方がおすすめかもしれないです。


LUNDBERGのライスチップ Pico de Gallo
今日から「ハワイで見つけた市販の食品・お菓子」の紹介をはじめます。

まずはハワイのベジタリアンショップ、Down to Earthで見つけた
いかにもアメリカっぽい大袋入りの、LUNDBERGのライスチップスです。
フレーバーはPico de Gallo(ピコ・デ・ガヨと読むそうです)、
トマトとタマネギ、チリなどを使ったメキシコ料理の味です。
lundberg-ricechip.jpg

裏面の原材料表示(英語)をひたすら凝視して、よし!ヴィーガン!と思って買いましたが
ホテルどころか日本に帰ってから、表面左下にヴィーガン表記があるのに気づきました。
袋が大きすぎて気づきませんでした…
ricechipvegan.jpg
人工着色料・人工調味料不使用なのも書いてありますね。
ダウントゥーアースとホールフーズ、どちらでも扱っていました。
公式サイトで見ると、他にSea Salt、Wasabiフレーバーもヴィーガンのようです。

味の方ですが
見た目から、ドリトスとかドンタコスとか、ああいうものと近いのかと思っていましたが
ライスチップなので焼いたトウモロコシの甘めの味でなく、チップスはあっさりしています。
そこにトマトやオニオン・ガーリック・ペッパーの味がついていて、
味自体はしっかりしているのにあっさりしたライスとバランスがとれて、くどくなりすぎません。
おいしいです。
ほんのりスモーク風味もついていますね。
こういう「スナック」をすごく久しぶりに食べた気がします。
次にアメリカに行くことになったら、これはまた買ってもいいかなと思います。


他に、このブランドからはライスケーキなどが出ています。
ライスケーキというとお餅を想像するのですが、見た感じは「おこし」っぽいものでした。

(2012年追記:
 再度ハワイに行き、このライスチップはよく覚えていたのでリピ買いしました。
 KOSHER認定のUマークとか色々ついてますね。
 定番商品として定着しているみたいですね。)


Whole Foods Market(ホノルル店)
ホノルル3日目、カハラ・モールにあるホール・フーズ・マーケットに行きました。
The BUSの23番(アラモアナショッピングセンターやヒルトン・ハワイアン・ビレッジ前から乗車可)
で行けます。
wholefoods-honolulu.jpg

ここはオーガニックなものをたくさん取り扱っているお店で非常に人気があり、
ベジタリアン向けの商品もあるとのこと。


どこから探そう…とうろうろしていると、
棚に「ヴィーガン」と表示するシールがあるのを見つけました!
wholefoodvegandisplay.jpg

ただ、シリーズはveganでもハチミツを使っている味までVEGAN表記がかかっていたりと、
そこまで厳密に見てないのかと思うこともありますし、
逆にパッケージのどこかにVeganと書いてあっても、シール表記はなかったりもします。
こんな感じで完璧ではないですが、それでも、選ぶ助けにはなると思います。

あと、この店はDown to Earthと違い、ベジタリアンではないので
奥の方にはものすごく肉臭い(スーパーなどの比ではない、癖のある感じの)エリアもあります。
不慣れな私は一発で気持ち悪くなった(弱すぎ)ので、強い臭いが苦手な方はお気をつけ下さい。


お店の中にはこんなお料理も。ここにもVEGAN、VEGETARIANと表示があります。
wholefoodspecialties.jpg

冷蔵のもの・冷凍のものも少しまとまった数があります。おいしそうです。
wholefoods-refri.jpg


いくつか商品を買い、
自分でカップに入れてお会計する方式のガーデンベジタブルスープはここで食べました。
レジを出るとすぐ食べる場所があります。
wholefoodssoop.jpg
とってもおいしいです!ただ、理由が分からないぐらい味が濃いめです。
これが俗にいう「日本人の繊細な味覚」との差なんでしょうか。
野菜もたっぷり、野菜ブイヨンもたっぷり…という感じです。

他にもテイクアウトでサラダを買ってみました。
vegan-sonoma.jpg
ソノマサラダ…ってどういうものなんでしょうか?
湯葉みたいなもどき肉のかたまりを使った、さっぱりしたサラダです。
vegan-sonoma-salad.jpg


ホールフーズオリジナルの商品もたくさんありましたが、ベジタリアンチップスを購入。
wholefoods-veggiechips.jpg
コーンスターチ系のチップスです。結構油がしみています。
緑のものにはほうれん草が練り込んであって、少し独特の風味があります。


(2012年追記:
再度ホノルルに行き、ホールフーズにもまた行ってきました。
相変わらずいっぱいデリがあります…
honoluluwholefoods2012.jpg
あ、やっぱりコンデジの解像度じゃ無理があった。
ケースの上のメニューシートについている茶色い丸は「Vegan」と書いてあります。

今回はヴィーガンサモサなどを買ってみましたよ。
ノンベジの同行者もこれを買ったのですが、感想は二人とも「おいしい!」でした。
honoluluwholefoods-vegansam.jpg


ライスドリームのアイスクリーム・バニラナッティバー
Down to Earthで、たくさんあった冷凍食品を買って帰れないのが
惜しまれたので、せめて1つ…と テーブルでアイスを食べてきました。

Rice Dream vanilla nutty bar、
おなじみお米のミルク「ライスドリーム」を使ったアイスクリームで、ヴィーガンです。
割引されていて1.69ドルでした。
ライスドリームのアイスって、日本では見たことがないですね。
ricedream-nuttybar.jpg

かなり、あっさりしています。
普通のアイスでいうと、「卵こってりアイスクリーム」というより、「ラクトアイス」的。
もっと薄いかも。
ライスドリームを使っているとこうなるのでしょうか。
バニラ系のソイアイスに必ず残る「豆乳味」に慣れているとびっくりするくらいです。

豆乳の味に慣れないけどバニラっぽいアイスが食べたい人、大豆がだめな人には良いと思います。
逆にあっさりしすぎていると感じる人もいるかもしれませんが、チョコとナッツが変化になっています。


新ブランド・fizz発表会
セシール系列の20~30代女性向け新ブランド、fizzの発表会に行ってきました。
セシールオンラインショップ
商品の6割が3000円以下という超プチプラ ブランドです。
ノンレザーで、安くて、使えるバッグを探すのに便利なんです。


デビュー記念だけあって、冊子のモデルさんご本人登場での商品紹介&撮影会もありました。
こちらは荒井奈緒美さん。
fizz-onepiece.jpg
このワンピちょっと使えそう。リボンとりはずしOK、ワンピを前後逆に着ることもできるそう。

fizz-roomwearbear.jpg
ルームウェア。クマの足がスピーカーになっているそうです。かわいい。


服もひととおり展示がありましたー
fizz-onpi.jpg

袖の裏が水玉になっている、黒のジャケットもあり
やわらかい生地で着ててもラクなだけでなく、シワになりにくいように作られているものとか


あとはちいさーくたためる、携帯用のカーディガンとか。ほんと手のひらサイズにできます!
サイトで見てぜひ感動してください。
冷房の寒い夏にはありがたいです。
keitai-cardi.jpg


そして小物がすごく気に入りました。
1000円のキラキラシュシュ。キラキラはプリントなので、つけるとき邪魔になりません。
fizz-syusyu2.jpg

こっちはミニクリップ。ハートは3種類入ってます。
fizz-clip.jpg
この2つは即欲しいと思ったものでした。


そして今日の戦利品はこれです
fizz-bag.jpg
上のピンクのワンピの写真でモデルさんが持っているのと同じ形の、スタッズつきバッグです。
なんと2990円!で全4色ありました。
本当は3990円の予定が、オープン記念で頑張ってこの値段になったそう。

冊子やサイトで見るとゴールドやマゼンタも良かったのですが、
実物を見るとブラックが一番質感や色合いがなじんでいたので、これにしました。
バッグと近い暗めの色のスタッズで、
派手すぎず、でもちゃんとロックテイストなところがポイントです。

週末のGINGERの招待イベント(香里奈さんや山田優さんを見てきます!)、これを持っていきます。


Down to EARTHダウントゥーアース(Kailuaカイルア店)
ハワイ滞在2日目に、ハワイにのみ展開している
ベジタリアン商品のみを扱うオーガニック&ナチュラルフードショップ
ダウントゥーアースに行ってきました。

本当はホノルルにもお店があるのですが
カイルアビーチに行く予定があったので、カイルア店の方に寄りました。
カイルアビーチパークから、徒歩でも行ける距離です。
downtoearthlailua.jpg

外観だけでは気づかなかったのですが
本当に「スーパーマーケット」の広さの店内です。
整然と、とってもたくさん、商品が並べられています。
downtoearthlailuain.jpg
本当に衝撃です。
これ全部、ベジタリアン…!?

圧倒されながらも商品をチェックしはじめて気づいたのですが、
「ベジタリアン」の店ではありますが
「ヴィーガン」かどうかとかは、全く分かれていないんです。
なので相当な時間をかけ、マークを見たり原材料を読みながら、ヴィーガンものを探しました。
だんだん原材料表記が英語でも全くめげなくなってきました。
日本でもそうですが、ヴィーガンショッピングなんてタフでないとやってられませんよね。

レジのそばでララバーも発見しました。

日本では315円しますが、ハワイでは1.79ドルの模様。差がありますねー。
ララバー好きな知り合いがいたらまとめ買いしてあげたかったです。

サプリメントなんかもたくさんあります。

ナッツや穀類が量り売りで売っていて、便利そう。
調理済みのお惣菜もあり、これにはVEGANかどうかがそれぞれ書いてあります。
downtoearthhonoluludeli.jpg

加工食品や調理用のヴィーガン商品は、なんとか見つけたものの探すのが大変でしたが
冷凍食品とかこそ、まとまった種類があるんです。
こっちでは簡単に食べられるものが受けるんだと思います。
日本には持って帰れないし、ホテルにレンジもないので、購入を断念。
いつか日本でも食べられるといいな…と思います。

シャンプーやコンディショナー、スキンケアアイテムなどもありました。
日本でも売られているベジならおなじみのものもあれば、
ヴィーガンマーク付きの、日本では見たことの無いものがあります。

本当にベジタリアンとしてはすごくいいお店です。
長居して100ドルぐらい買い込みました。さすがに予定外でした…
今後少しずつ、「ハワイにはこんなものがありました商品」を紹介していきますね。


JALのヴィーガンベジタリアン機内食・ホノルル便編
こんにちは、キサです。

実は今週頭まで、ハワイ州ホノルルにちょっとだけ行ってきました。
この年になって初めて海で泳ぎまして、海に入るのが好きになりました。

JTBで予約、

利用した航空会社はJALウェイズです。
JAL 日本航空
なので今日はJALウェイズ・ホノルル便の、ヴィーガン機内食を紹介したいと思います。

JALの特別食のベジタリアンミールはいくつかの種類に分かれていますが
「ベジタリアンミール(卵と乳製品の入っているお食事)」のつぎが
「ベジタリアンミール(卵と乳製品の入っていないお食事)」になっているので
ヴィーガン・ラクトベジ・オボベジの方も、このメニューを選ぶことが多いはずです。
(他に生野菜・アジア風・オリエンタル菜食主義などもあります)

ホノルル便では往路・復路ともに、食事が1回と軽食が1回出されます。
貼られた特別食シールの表示はVGML。ヴィーガンミールの略でしょうか。
これが行きの食事です。
to-honolulu-meal.jpg
ラタトゥイユっぽいもの(右)と、ごはんと、サラダと…
思いっきりいつも食べてるようなものが出てきたという感じです。
味付けに凝っていないのと、大豆等の豆が出てこないのが違いますが。
右下のお皿のものだけが温かいのですが
「ベジタリアンメニュー(生野菜)」を知っているだけに、温かいものがあるだけで安心します。

きのこが少し多めのメニューでした(茶色っぽいのは2つともきのこです)
びっくりしたのは左上のもので、いつもこの器はデザートなのに今日は春巻??と思ったら
すっごく薄くて春巻の輪切りに見える形のアップルパイでした。なんて恥ずかしい勘違い…
蜜が使われていて、結構甘かったです。


復路便はこんな感じでした。こちらのほうが普通でクセのないメニューだったかなと。
from-honolulu-meal.jpg

それで書いておかなければいけないことが1点。
「ベジタリアンミール(生野菜)」(過去記事参照)のときもそうでしたが
パンに塗るスプレッドに、往路のものは「乳成分は~以下」と書いてあったり
(同じ設備で作られているだけか、ゼロではないものの使っているのかは分かりませんが)
復路のものは完全に「WHEY(FROM MILK)」、ホエー(乳由来)が含まれていました。
というわけで完全な「ヴィーガン食」ではない部分もあるので、ちょっと注意が必要です。

それとようやく気がついたのですが
やっぱりJALは日本なので、ベジタリアン料理のノウハウがきっとあまりないんですね。
だから、乳を使わないといっても100%ではなかったりすることもあるし、
そんなに「おいしい」「工夫のある」メニューにはなっていない…と思います。
ベジタリアンのある程度いる国に行くんだったら、その国の飛行機にした方が
恵まれた機内食になるのかもしれません。
あまり変わらない可能性も多いにありますが…。


行きの軽食はこんな感じでした。ちょっとシンプルすぎて寂しい気もします。
to-honolulu-keisyoku.jpg
JALの行きのハワイ便のBAGEL&BAGELのベーグルが出ると聞いていたのに出ず、
あれ?あそこのベーグルはヴィーガンも食べられるはずなのに?と思っていたら
出るのはBAGEL&BAGEL×JALコラボパッケージの「ココアチョコ」ベーグルのようでした。
なので乳製品抜きのベジだとこういう、ベーグルでないいつものパンになるようです。

復路では普通にシンプルな野菜と果物(非加熱)の軽食メニューでした。
from-honolulu-keisyoku.jpg


一緒にホテルと街のことも書いておきますね。
泊まったヒルトン・ハワイアン・ビレッジの、ルームサービスにベジメニューがあるかチェックしました。
マークとかがついていたりベジタリアンマニューが分けて書いてあったりすることはなく、
名前にベジタリアンとついていたりするものが
ピザにいくつか(当然チーズ使用)と、パスタにひとつあるくらいですね。

街にはサブウェイが結構あります。マックよりあるんじゃないかっていうくらい。
ベジーデライトは3.5ドル(ロングは5ドル)になります。
「ハワイにはベジタリアンが多い」といいますが、現地の人の話を聞いたらそんなに居ないよう。
ただそれでも、日本よりはずっと食べるものを探しやすいはずです。

次はハワイで寄った、ベジフードを扱ったお店のことも書きます。
ショッピングには恵まれていました。


デヴィッド・シルヴィアンとHYDE「ROENTGEN」
今日は誰にも言えなかった、
HYDEのあるアルバムとデヴィッド・シルヴィアンについてです


VAMPS以前の、HYDEソロの頃
666はHYDE(hyde)っぽいなと思っていたのですが
ROENTGENだけ、他の作品と雰囲気が違う気がして不思議だったんです。
平たく言うと、未成年だった私は暗くてびっくりしたんです(わりとすぐ好きになりましたが)

しばらく経って、
hydeがデヴィッド・シルヴィアンが好きだと言ってたのを思い出し、
Dead Bees on a Cakeというアルバムをまず借りてみたんです。
ちなみにDead Bees~の発売が1999年で、ROENTGENが2002年です。
1曲目の「I Surrender」
マジでhydeに似てます。雰囲気もトランペットとかの使っている音の具合も、声も…
っていうかほとんどROENTGENのhydeの歌い方なんですよ。
ROENTGENに入ってても違和感ない感じのトラック。
パクりとかかぶってるとかそういうんじゃなくて、
ROENTGENだけ全く方向性が違うという疑問が「これか!!」と一気に氷塊した曲でした。
これが好きならそりゃROENTGENにもなるわ。という感じで。

I Surrenderは、iTunesで30秒だけ試聴できます。
9分くらいある曲なので、30秒だとほとんど分からないのがすごく悔しいのですが…
hydeファンにこのアルバムごとおすすめしたりは全くしないのですが
(hydeの好きなものだから聴いてみたいなら、デヴィッド・シルヴィアンは他にもいっぱいリリースしてます。
JAPANというバンドのものもそうです。私はJAPANは古い感じがしてあまり分からなかったのですが)


とりあえずI Surrender(David Sylvian)がものすごくROENTGENだと思う
おなじhydeファンの人に言ってみたかったんです。
私みたいに、ROENTGENてなんでこういうアルバムなのかと思ってた方は疑問が解決しますし
多分ROENTGEN好きな方なら、この曲も結構なじむと思います。
私はどっちも好きですね。


国内産 緑黄色野菜を食べるスープ
「国内産 緑黄色野菜を食べるスープ」というものを買ってみました。
砂糖は使用している、ヴィーガンです。

パッケージのように、野菜と豆が、ごろごろっと入っていますが

ちょっと意外だったのが
比較的水っぽい、サラサラしたトマトスープなのですが
にんにくとか、たまねぎとか、ホワイトペッパーとセロリで
優しいながらもしっかりした味なんです。

なので量も多くないわりに、味の面で食べた充実感があります。

どろどろに濃くないスープなのに風味が効いてるって、珍しい気がします。
これはなかなか良かったかも。リピできる。
国内産というのもヘルシーですしね。


トレックバーとネイキッドバー
イギリスで製造されているveganバー、「トレックバー」「ネイキッドバー」を買ってみました。
ネットではナッシェル、テングナチュラルフーズなどで購入できます。
どちらもヴィーガンなだけでなく、砂糖も不使用です。
eatnakd.comで検索すると公式サイト(英語)が出ます。


まずはトレックバー ピーナッツ&オーツを食べてみました。
「ホールフード エナジー バー」という表記が新鮮です。
裏側にはVEGAN MADE RAW、と書いてありますが
100%RAWではないような?感じです
(↑のサイトのFAQによれば、オーツは健康上・安全上の理由でスチームされているようです)。

名前にピーナッツとあるように、一口でピーナッツの味が広がります。
でもそれだけでなく、デーツ系の甘みや、オーツ麦の風味もあって
すごく栄養補助バーらしい、いろいろつまった味です。
ララバーみたいなシンプルドライフルーツ味かと予想していたら、良い意味で裏切られました。

中身が詰まっているので、サイズのわりに食べごたえもあります。
これ、個人的には好きかもしれません。
途中でやめようと思いながら、勢いで完食してしまったぐらいです。


そしてもう片方のネイキッドバー ベリー
こちらも裏を見るとローフード率は非常に高そうです。

味はかなりラズベリーなのですが、質感や見た目は全体的にトレックバーにかなり似ています。
食感はこちらの方が、ほんのわずか くにくに しているのかな?(錯覚かもしれないです)
ラズベリーが好きな方なら、いいおやつになりそうです。


ちょっと高いんですけど、トレックバーの方をリピしようかなと思います。


東京・京都のベジタリアンレストランガイドが出版
いつの間にかこんな本が出版されていたようです。
東京ベジタリアンレストラン厳選ガイド---東京都内・近郊の厳選カフェ&レストラン115件を紹介!
東京ベジタリアンレストラン厳選ガイドというタイトルで、
どういうベジに対応かも書いてあります。
表紙の「5つ☆」という表記から☆評価がついているのかと思っていたのですが、ついてません。
純粋にお店の紹介…という感じの本です。シンプルにまとまっています。


それと、↑のを検索したとき一緒に出てきたので知ったのですが
京都のベジタリアンレストランガイド、
京都 おいしい野菜のごはん屋さん お気楽ベジタリアンレストランガイドという本もあるようです。
京都 おいしい野菜のごはん屋さん お気楽ベジタリアンレストランガイド

こういう本、いつか出るんじゃないかと思っていましたが、ようやく…という感じです。
もともと、こういう本がなくて自分が困ったので、少しでも情報を揃えるために
あちこちのベジレストランに行って記事にしはじめたんですよね。
これでベジタリアンも、少し、生活しやすくなるのではないでしょうか。


ラーメン花月2010春限定 ベジらあめんナナコ
毎年恒例、ラーメン花月さん春限定ベジタリアンラーメンの季節になりました。
一部店舗では先行販売が始まっているので、一足早く食べに行ってきました!

何だかんだでベジになってから菜菜(カップ麺ver.)・菜菜3・ロッソとほぼ毎回食べてます。
今回は「ベジらあめんナナコ」、和風のラーメンだそうです。

さっそく注文してみると

vegenanako.jpg

だっ… これ 手前に載ってるの大根おろしですよね?ラーメンに大根おろし…衝撃。
スープに若干透明感があります。

スープが今回はかなり、やさしい~味です。
肉とかを使ったらこういう味にはならないだろうなっていう、ベジラーメンならではの感じ。
そこに色んな具材での味の変化があります。
大根おろしはびっくりしたんですけど、意外に合っていますね。うまく味の変化があります。
なめこ、水菜、ゆず、なんといってもネギ…。

去年のロッソがトマト+油できっちり味わえた(そこが好きだった)のですが、
だいぶ方向性が違います。
精進おすまし野菜スープというか…濃いラーメンを期待すると違う感じかも。
前回のロッソがトマトで緑黄色野菜なら、今回は淡色野菜。
あっさりした味わいを楽しむメニューになってます。

薄味なので重くならず、食べるスピードが途中で緩んだりしません。
ノンストップですんなり完食。

全店舗での発売開始は、あさって3月3日からです!


あと非常にびっくりな内容を見つけたのですが
花月さんのナナコのニュースリリースページの下の方にこんな記載が。
http://www.globeat.jp/news/release/100129nanako.html
「現在、日本ではベジタリアン及びゆるベジ(週に数回、野菜のみの食事を心掛ける人)が増え、
 全人口の1%を占めると言われています」

(゚д゚ ) ほんとに!?
1%もいます?
そんなに居たら嬉しいですけど、言われているって誰に言われているんでしょうか。
確かにベジフェスに行くと「何、これ皆ベジタリアンなの?」てくらいかなり人いるし
マクロビ系の人とかもいるし…
でもリアルでベジタリアンなんて会ったことないし…考えちゃいますね。
1947~1957年生まれの女性の1割以上がマクロビ実践とかいうすさまじい話が日経に載ったそうですし
ヘルシーフードとしての「肉や魚を使わないメニュー」、
じわじわと、広がってるのかもしれません。
草食系とかいう言葉もあるくらいですからね。私は根っから草食+本物の菜食です。


花月さんの期間限定メニューは
ちょっと前までは2011年までのみベジラーメンがスケジュールに入っていたのですが
最近、2012年にもベジラーメンの予定が入ったようです。




Copyright © 今日のごった煮。. all rights reserved.
まとめ