今日のごった煮。
   日々の気になることや好きなもの、画材レビューサイト「Prismatic Colored Fancy」関連記事、ベジの生活情報など。        一言で言うと「ごった煮」。たまーにこっそり更新しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アバクロに行ってきました
こんにちは、キサです


銀座にオープンしたというカジュアルブランド、アバクロンビー&フィッチのニュースを
テレビで見てはいたのですが、どんなものか全然知らなかったので、ちょっと覗いてきました。
オープンから10日後なのと平日のせいか、H&Mのオープン時期ほどは行列してませんでしたよ。
入口でちょっと止められて5分待ったかどうか、くらいでした。


それで…
あの…本国アメリカでもこういうお店の感じらしいのですが、無知な自分には全てが衝撃でした

まず店内は暗いし
エントランスの像の前で、上半身裸の店員?のお兄さん(わりかしマッチョ)
マッチョな像の前で、お客さんとの写真撮影に応じていて
なにこの空間。どうしよう。私達何をサービスされているんでしょう

店員さんはみんなチェックのシャツ着用で、結構背の高い人とかスタイル良い人比率が高い気が。
店内の階段部分の絵も、お買い物を済ませた人が持っている紙袋の写真も、エントランスの像もマッチョ
カジュアルなジーンズとチェックシャツとマッチョに、アメリカンな趣味をひしひしと感じます。


フロア分かりにくいかもしれないので書いておきますが
7階に少しと、8階~11階(その高さにびっくり)までがレディースでした。下がメンズです。
1階-7階にしか動かないのはオープン直後だからなんでしょうか?ずっとかな?


エレベーター降りるともう、すごい空間です。まず臭い。ただひたすらに香水臭い。
ほどなくアバクロの名を冠した香水が大量に並んでいるのを発見して納得。これか!

そしてやっぱり暗い
基本的に全体が暗くて、小さいスポットライトがいくつかあるような店内なので、
とにかく商品をしっかり見るのが難しいんです。
これどうかなって思って手に取ったものの
ほんと 暗くてよく分かんないという…
そんなにいい生地じゃないなぁとか漠然とした感じしか分からないので
あの暗さの中で買い物すること自体が冒険です。ここで早くも買い物を断念。
商品はアメリカより割高になっているそうですが、確かにそんなに安くないと思います。
ファストファッションという感じの価格帯ではあまり…
服の値段としてはそこまで高いわけではないのですが、カジュアルでこの生地と考えると…普通。

暗さに加えて音楽もダンサブルな感じのがガンガンかかってるので、クラブみたいな雰囲気…で

それで今回何にびっくりしたかって、全員じゃないんですけど
店員さんが曲に合わせて揺れてるんです。
揺れてるだけならいいんですけど、ステップ踏んでる人とか、既に踊り入ってる人とかまでいて

まさか業務中にノリノリになるわけないし、指導が入ってるんだと分かりますが、衝撃でした。


ほんと、独特の世界を見た気分です。服とか抜きにしても、雰囲気があって。
ハマる人はハマるのかなぁと…
ちなみに店にしばらく居ただけなのに、しばらく持ち物から香水臭さが抜けなかったです。

それにしてもちょっとしかいないお客さんには面白いですけど、毎日働くのは大変そうです…
踊るのもそうなんですけど、ほんとに暗いので、昼でも日中と思えない空気なんです。
スポンサーサイト


B never too busy to be beautifulブランド停止
全品ヴィーガンのコスメブランドB never too busy to be beautifulが
本国イギリスでブランド終了につき、ブランド停止
お店は1月(通信販売は2月)で終了だそうです

「あそこに行けばヴィーガン化粧品が買える」という安心感は絶大だったのですが。
来月からセールになるそうなので買い込むことにします。


卵不使用マヨネーズ一覧&感想前半(ナヨネーズ、ソイマヨなど)
私の知っている、日本で買える卵不使用マヨネーズを一覧にし、
簡単な感想メモと一緒にまとめました。

欧米の輸入ブランドでは
ナソヤフーズ Nayonaise(豆腐ベースなのを強く感じる味。ほんとに豆腐)
・スペクトラム キャノーラマヨネーズ(Amazonショップで発見
                 海外サイトでそんなに評判よくなかったのですが
その他
・ソイマヨ(わりとマヨネーズを再現した味、高いが味は良い方)販売中止
・チャヤ マクロネーズ  (デジョンマスタードが強く、マヨネーズとは違う系統)
  ↓マクロネーズが販売終了し豆乳マヨが発売(名前だけでなく中身も変わっています)
・チャヤ 豆乳マヨ
・大豆のこだわりマヨネ  (マヨネーズ寄りに頑張っているのは感じますが少し酸っぱい
              以前「大豆deマヨネ」を作っていたメーカーのものです)
・ノンエッグマヨネーズタイプ(気持ち酸っぱく、全く甘くないのが特徴。一番早く食べきった)
・健康フーズ ベジタルネーズ(ちょっとすっぱい。変わった味がややマイナス)
・マヨール+       (こんにゃく使用でわずかなざらつきと、独特の味。
              りんご酢の酸味。
              食べにくさは意外に少ないがおすすめまではしない)
・マヨドレ        (酸っぱさだけ少し足された、普通のマヨネーズに近い味
              味しっかりめなのと、スーパーなどでも買えて、一般向き)
・オーサワジャパン 大豆マヨ(砂糖不使用。甘みとほんのりマスタードで不思議、油分離がち)
  ↓大豆マヨが廃盤になりオーサワの豆乳マヨが発売されました
・オーサワの豆乳マヨ
・ノンエッグマヨさまハーフ
・スギヤマ 卵をつかっていないマヨネーズ
・ビオクラ食堂 豆乳マヨPerori
・畑生まれの豆マヨ(自然食品店こだわりやのオリジナルだそう)
・柳川まめマヨ
・健福マヨ
・健歩 インスタントカシューマヨ
・恒食 国産豆乳マヨ
・ユニオン ベジタブルネーズ
・キユーピー エッグケア

  私が知っているのはこの合計19個です。
(以前、どこかのサイトでとうにゅうずが紹介されているのを見たことがありますが
 とうにゅうずとソイマヨディップは蜂蜜入りでヴィーガンではありません
 あとオタフクソース 1歳からのノンエッグマヨは
 ゼラチン使用になりNGになりました)
海外で買えるヴィーガンマヨでは、「vegenaise」が評判がいいようです。
ハワイ・ホノルルのホールフーズで見つけ、どうしても気になったので買ってみたところ
あっさりしていておいしいのですが、日本のマヨネーズとは系統自体が違いました。
なので日本人のイメージする「マヨネーズ」は日本のメーカーに期待した方が良さそうです。

上から順にひとつずつ試し、今は12個目のオーサワ豆乳マヨまで使いました。
買えるものからひとつずつ買って、感想を書いていきたいと思います。

上の簡略版感想以外に、
1~7つめのナヨネーズからマヨール+までは
詳しい感想をこの下に載せています。
8つめのマヨドレ以降は順次、こちら(マヨネーズ感想後半)に掲載します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ナソヤフーズ Nayonaise(ナヨネーズ)

最初に買ってみたのが、海外の有名な定番商品、ナヨネーズです。
都内の早稲田自然食品センターで購入しました(昔買ったので今も扱っているかは分かりません)。

確かに豆腐のさっぱり感…豆腐ベースに少し味わいと酸味を加えたような印象です。
マヨネーズとは違う味ですが、ポテトサラダにしてみたらこれはこれでいける。
すぐ使えて簡単な味付けにも便利だし、これは合格かも。

かなりあっさりというか、ほんとに豆腐が強いので、
「マヨネーズに近いもの」を求めている場合はこれはお薦めしません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*ソイマヨ* (※販売中止)

Nayonaiseの次は、ソイマヨを買ってみました。

今回ソイマヨにしたのは、秋のベジフェスで試食して結構良かったからです。

豆腐マヨネーズだと少し豆腐っぽさがあったり、
あるいはやや酸味だけが目立ったりしがちなのですが
ソイマヨはほんとにクセがないです。
油を感じるわりにはさっぱりしています。おいしい。

ただ試食した時(クラッカーにソイマヨ)の印象より、やや味が薄め?の印象かも。
クラッカーのときは結構マヨネーズっぽく感じたのですが
味の濃い料理や食材にだと、ちょっと味が勝ちにくいのかな、と思います。

他のマヨと比べてほんとに高いのがネックなんですが、
しばらくはこれで生活できそうです。

チューブ本体に商品名の表記が何もないので、
使う前にマヨの名前を書いておくといいかもしれません。
(あとあと、ヴィーガンマヨはこれが普通だと知りました。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

チャヤ マクロネーズ*(販売終了)

もちろんマクロビ仕様で、ヴィーガンです。
chaya-macronaise.jpg
これ、名前からして、マヨネーズに近づけたものを想像して買ったのですが
ひと味もふた味も違います
一口目でぱっと分かるぐらいマスタードです!

原材料を見ると、やはり多い方から、豆乳・油・デジョンマスタード・酢…などでした。

からいわけじゃなく、でもマスタードの風味を生かして
とろとろのドレッシングを作ったイメージです。

チャヤだけに味は凝っているので、
マヨネーズとは違う「ドレッシング」系だと理解した上でならおすすめできます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*大豆のこだわりマヨネ*



これ、一口めほんのちょっとすっぱい、かもしれないです。
卵を使っていないマヨネーズはすっぱいものがあると読んだことはあったんですが、これかぁ、と納得。

もちろん「すっぱ!」というほど強いレベルではなく、2、3回目に食べると慣れるレベルですが
ソイマヨの方がすっぱさがないぶん、マヨネーズには近かったと思います。
大豆のこだわり…とついていますが、油分と酢、っぽい味です。
そのわりに随分食べやすく、開けたばかりなのにわりと減ってきています。


それと、あまり期限は長くありません(お店の関係かもしれませんが、届いた時点で半年を切っていました)ので、
まとめ買いはしない方がいいかもしれません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*ノンエッグマヨネーズタイプ*


感想なんですが、
普通のマヨネーズってがベースじゃないですか。
それで、「マヨネーズ風」のものは卵の代わりに大豆を使っているものが多い気がするんです。
ナヨネーズ、ソイマヨ、マクロネーズ、大豆のこだわりマヨネ、
今まで使ってきたものは全部そうでした。
このノンエッグマヨネーズタイプは一番多いのが「」で、次が米酢。
大豆は全く入っていないんです。

そのせいか、なんとなく不安になる味…というか、
マヨネーズタイプにしたドレッシングというか、
コクとかが少なく
わりと油と酢だけっぽい(このクセのない弱い酸味が前面にくる)感じの味なんです。
砂糖が入っておらず、甘くないところは好感触で
繰り返し食べるには良さそうですが
5つ試した中では、個人的には第一印象はあまりよくなかったかも。
少なくとも、前に使っていた大豆のこだわりマヨネの方がややマヨネーズっぽかったです。
たぶんソイマヨかマヨドレが1番だとは思いますが。
期限は製造日から半年です。

豆乳があまりお好きでない方、ドレッシングみたいな酸味のあるものもお好きな方、
あと砂糖など甘いものは避けたい方にはいいかもしれません。
(追記:甘くないので、慣れれば思ったより食べやすく、
 いつもヴィーガンマヨは消費期限ギリギリで食べるのですが
 これははじめて、期限に余裕を持って食べ切れました。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ベジタルネーズ

西武新宿ペペのボンラスパイユで購入しました。
ネットではベジタリアンショップ「かるなぁ」、楽天ショップ「おおばこ」などで購入できます
(上のリンクは「おおばこ」です)。


…なんだか食べ慣れない味が…!
マヨネーズの味と書いてあるサイトもありましたが、私は違う気がします。
バランスはいいのですが、食べ慣れない何かの味、が気になってしまいます…
おそらく原因はマンナン(こんにゃく)ペーストです。

卵不使用マヨ6つ目ともなると分かってくるのですが、
卵抜きで「マヨらしく」するのってやっぱり難しいんですよね。
酢で少しすっぱく、
そこに卵の代わりに大豆とか豆乳を加え、さらに油を加えたような、
つまり「酢を大豆で薄めてちょっと油」っていう味がノンエッグマヨの基本なんですね。
このベジタルネーズの場合、大豆はそうでもなく、油が多すぎることもないのですが
すっぱさと「何かの味(多分マンナン)」が非常に気になります…。
まずいとまでは言わないのですが、これ単体でもおいしくはないし、
他のヴィーガンマヨと比べたらなおさら、おいしくない部類、かも。
味は他のベジマヨに比べ少し濃い、コクのある感じな気がするので、
この独特の味さえお嫌いでなかったら…まぁまぁかも。

値段がどちらかといえば高くない方(494円)だったので、まぁいいかな、と思います。

消費期限が短いのは、他の多くのノンエッグマヨと同じです(9月頭購入で、12月下旬)。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
*マヨール+*

広尾駅すぐの明治屋で購入しました。(注:ほどなくして取扱なくなったようです
都内では有楽町ナチュラルハウスで見たことがあります)
こんにゃくを使っているタイプで、
同じくこんにゃく使用のベジタルネーズとマヨール+は近い系統と言えると思います。

ただ、ベジタルネーズより、味のクセ(こんにゃくの)が弱い気がするので、
ベジタルネーズより抵抗なく食べられました。
単体で口にするとさすがに分かるのですが、
何かに付けて食べると癖が目立ちにくいです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


オーサワ 野菜たっぷりスープ
こんにちは、キサです。
もう12月ですねー。しかも4日。どんどん日が過ぎていきます。

冬の寒さをしのぐため、オーサワ食品から出ているスープをまとめて買ってみました。
  
動物性素材・添加物・砂糖不使用のマクロビオティック仕様で
トマト、かぼちゃ、豆乳の3種類があります。
ネットでは楽天のNatshellなどで購入できます。


まずはトマトを食べてみました。
すくってみると、野菜と大豆などがごろごろ入っています。
ベジタリアンとか関係なく、野菜不足の人にもよさそうですね。
このスープ、水分多めなのもあって、わりと薄味かもしれないです。
そのぶんトマトのすっぱさが弱くて、やさしい味になっています。食べやすい感じ。
水分多めのスープがあまり好きじゃない方にはおすすめできませんが、
重くないのでパンなどと合わせてすんなり完食できました。

かぼちゃも同じく水分多めで、ほんのりかぼちゃの風味と、細切りのにんじん入りで
黄色野菜たっぷりのスープですっごく体にやさしそうでした。


tetsu、芸名をtetsuyaに&ラルクが冬五輪テーマ曲
これが記事を更新せずにいられましょうか


びっくり1。
てっちゃんがアーティスト名をtetsuからtetsuyaに改名しました

これほど感想そのものがなく衝撃だけ受けるニュースって他にない。
ただびっくり。
もちろん本名が「てつや」らしいのは知っていた(だから感想がない)のですが、まさかこうなるとは

芸能人の方が改名するときって、だいたい理由は姓名判断じゃないですか。
あれだけ売れたんだからもう画数なんて関係ないんじゃないかと思うんですけどね…?
とりあえず旧字体カウント(手元にある安斎勝洋氏の本を参照しています)してみると
tetsu(9画・×)→tetsuya(13画・○)
TETSU(10画・×)→TETSUYA(16画・○)
になるはずです。姓名判断からみると明らかに新しい名前の方が画数が良いみたい、ですね。
他に理由があるのかもしれませんけど、どうなんでしょう。
ここで原点に戻って本当の俺としてやっていく、みたいなのとか(←適当すぎる憶測)
身近な方が亡くなって、その人の名前に付いていた「や」をつけた、という説があるようですが。
(追記:「コメットさん」と呼ばれていたスタッフさんが亡くなったんだそうです。
    ラルクファンの中にもショックを受けている方もちらほら…)

もう、もう、「tetsu」として10年以上もラルクファンやってるわけで
それが今「tetsuya」とか言われると「誰!」感がはんぱないです。
もちろん公式サイトのプロフィールのところも変わっていますが
プロフィールの写真変わってないのに名前だけ違う違和感がすごくて、なぜか笑ってしまいました。
たぶん次のラニバがあっても「てつやー」って呼べない気がする。その頃にはもう慣れてるかな…?

あと大文字のTETSUYAが一瞬「ツタヤ」に見えた人は私以外に25人ぐらいいる。きっと結構いる。
ごめんなさいてっちゃん。新曲楽しみにしてるんで許して下さい。



びっくり2。
オリンピック主題歌になったそうですね。これもすんごいびっくり。CDが出るのは素直に嬉しいですが…
ラルクにスポーツのイメージがあんまりなかったからでしょうか。
しかもNHKでテーマソングって、結構大きく使われますよね。
さらに活動休止中にこの展開。意外すぎる要因が重なっています。

このあいだの北京五輪のテーマだったミスチルも、オリンピック中はかなり聞いた気がします。
ラルクもそうなるんでしょうか。
次のオリンピック、女子フィギュアをかつてないぐらい楽しみにしてます。

追記:
NHKで新曲聴きましたー!
泣いてもいいですかっていうぐらい冬季オリンピックぴったり。hydeーーー!!
近年のhydeバラードはHurry Xmasしかり、歌詞も世界観も優しくて良い曲すぎです。
tetsuyaネームへの不慣れ感が一気にふっとびました。ラルクはラルクですね。




Copyright © 今日のごった煮。. all rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。