今日のごった煮。
   日々の気になることや好きなもの、画材レビューサイト「Prismatic Colored Fancy」関連記事、ベジの生活情報など。        一言で言うと「ごった煮」。たまーにこっそり更新しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ヴィーガンの洗濯用洗剤一覧
こちらは洗濯用洗剤や柔軟剤、漂白剤など
洗濯関係のヴィーガン商品のまとめページです。
食器やお風呂掃除など、ほかの生活用洗剤はヴィーガン洗剤一覧にまとめました。

Ecoverがいくつか出てきますが
Ecoverはカモミールの食器洗剤以外は全てヴィーガンです
uk.ecover.com/en/why-ecover/faqs/


洗濯用洗剤
・Attitude ランドリー ラベンダー&グレープフルーツ
            イランイラン&タンジェリン
・AlmaWin ランドリーリキッド クリナッツ
・ECOVER ランドリーリキッド
・Seventh Generation 衣類用洗剤(2倍濃縮) フリー&クリア
                      ブルーユーカリプトス&ラベンダー
  (セブンスジェネレーションは一部のドンキホーテで取扱があります
   ドンキのサイトhttp://www.donki.com/seventh/product.phpでも
   動物性原料不使用と表記があり、海外のveganショップでも扱われています
 http://www.theveganstore.com.au/products/Seventh-Generation-2x-Concentrated-Laundry-Liquid-946ml.html)
・SODASAN ランドリーリキッド
・SONETT ナチュラルウォッシュリキッド




部分洗い用が
・ECOVER ステインリムーバー
(ヨーロッパの洗剤によくあるゴールソープはヴィーガンではありません)


色物用洗剤が
・SONETT ナチュラルウォッシュリキッド カラー


柔軟剤は
・ATTITUDE ソフナー(洗濯用柔軟剤)
・ECOVER ファブリックソフナー
ATTITUDE(アティチュード) ソフナー(柔軟剤) ラベンダー&グレープフルーツ 1.04L

洗濯用リンスが
・SONETT ナチュラルランドリーリンス



香りをつけるなら
・AlmaWin ランドリーパフューム



おしゃれ着洗い用洗剤は
・AlmaWin デリケートウォッシュ
・ECOVER デリケートウォッシュ
・SONETT ナチュラルウォッシュリキッド ウール・シルク用(おしゃれ着用)
(AlmaWinやソネットは
 「ウールやシルク」などと書いてあるので、ヴィーガンにはいらないかもしれません
  ECOVERも「ウールやシルク」と書いてありますが
 「赤ちゃんの肌着洗いにも」と表示がありました)


漂白剤
・SONETT ナチュラルブリーチ


洗剤ではないのですがもうひとつ一緒に紹介しておきたいのが
アイロン用仕上げ剤
・SONETT ナチュラルアイロンスプレー です。



それと
人気のあるthe Laundressは動物実験していないと公式サイトに表記があり、
公式サイトじゃなく個人サイトで、キャンドル以外はヴィーガンと
書いてあるのを見たことがあるので使えるかもしれません
(確定していないのでリストに加えていません)
スポンサーサイト


ニュートリアマーカーが買えるネットショップ
こんにちはキサです
とりあえず、ちらっと書いていたことの報告から

先週、土曜日の午前一時(日本時間)頃にLetrasetにトリアの初期不良に関するメール
(セットに入ってた一本の、ファインニブのニブ自体がついていなかった件)
をしていたのですが、7日後の土曜の今日・18時台に返事が来ました。
一応日本に代替品を送ってくれる…ようです。
なにはともあれ、もう返事来ないかもと思っていたので、来ただけでも感謝です。


一応、帰国後も色々見てみて、トリアマーカーが通販で買えるところをメモしました。
私は現地に行って買うという強行手段で入手したため、
まだ通販は使っておらず、詳細は分かりません。あくまでショップリストのメモです
※サイトはもちろん全て英語です。


イギリス(メーカー本国)系
公式
www.letraset.com
一応アメリカ以外にも送ってくれるみたいですが、前もそうでしたっけ?
値段も少し安くなっています
インクボトルは最寄りのショップに問い合わせになっているので、
ネットショップでは買えないのかもしれません

www.amazon.co.uk
バラとセットもの、スタンドなど色々あります。インクボトルのみ×のようです
アメリカのAmazonより数が揃っています

www.tradeprintsupplies.co.uk
(一通り揃っていましたが、品数がバラとセットのみに減っていました)
ここはUKなので安いです
インクボトルもありましたが今はないようです
(元々インクボトルはUK国内以外には発送しないようなのであまり関係ないのですが)

www.artifolk.co.uk
(マーカー本体バラ、48色までのセット、インクボトルもあります)
注文できる国のリストに日本も入っているので非常に安心です
値段はそこまで安い方ではないですが、割引自体はされています

www.londongraphics.co.uk
(マーカー本体バラ、カートリッジ、12本か24本までの少なめのセット、インクボトル等)
ここもUKなので値段は安いものもあったりします、
カートリッジやインクもけっこう揃っています
※海外発送の場合、オンラインオーダーではなくメールで詳細を記入し注文になります


アメリカ系(意外に安いところもあります)

まずはとりあえず
www.amazon.com。
Amazonというだけでちょっと安心感があったんですが、品数がどんどん減っています。
日本でいうマーケットプレイス(中古)のセットぐらいしかないので
実質ここは無理になってきたかもしれません

www.shoptheartstore.com
(ここも本体、カートリッジ、セットとわりと揃っているようです
 インクボトルはありますがアメリカにしか発送しないようです)
安さもそこそこです。

www.jerrysartarama.com
(マーカー単品と、セットのみ)
ここもかなり安いですね。セットの割引率がすごいことになっています

www.dickblick.com(ペン単品とセットのみ)
こことかもいけます

あとはもちろんeBayですか。個別に海外発送OKかの確認は必要ですが。

アメリカ系を中心に、安くても日本への海外発送自体しないところも多かったりします
carpediemstoreとか、www.artsuppliesonline.comあたりがそうでした。
あとは以前shop.comにもあったのですが、今検索かけたらありませんでした。

トリアマーカー系の検索で来られる方が一定数いらっしゃるので
(いまだに2年前ぐらいの記事に拍手がきていて、
 逆にちゃんと新しい情報の方を読んでいただけているのかかなり不安なのですが)
情報まとめさせていただきました。他にも見つけたら追加はします。
トリア購入に関して、私にできる情報提供はこれまでの記事で全部です。


フランスのサイトで、ショップディスプレイ用みたいなトリアスタンドを見たんですよ。
この下の方にあるものなんですけど
多分1800の方は、ロンドンにあったトリアのタワーみたいなのだと思うんですけど
http://www.oz-international.com/category-40.html
他のサイトではちっとも見当たらないのですが、300用のならちょっと欲しいなぁ…。
どなたか英語でいいので買える場所ご存知ありませんか。


グルーミンググッズ
諸行無常をかみしめました。キサです…


記事タイトルに毛抜きって入れるのをためらっただけで、今回は毛抜きの話です。
グルーミンググッズとか書いちゃってすみません。

今日まで日本橋の木屋(日本橋三越の向かい側にお店がある)で買った毛抜きを愛用していたんです。
もしかしたら4、5年ぐらいは使ったかもしれない。
リンクはこの木屋の團十郎という2000円超ぐらいの高級版ですが、
私が使っていたのは遠くからの見た目ほぼ同じで「木屋」と字が入った1500円のものです。
日本橋 木屋オリジナル毛抜 團十郎
ところがまさに今日、これを折ってしまったんです。
落としたりしたわけじゃないんですよ。金属疲労からか、ほんとに半分にまっぷたつ
違うブランドからジプシーして3本目に出会い、
わりと気に入ってたのに、本当に諸行無常です。
わりと厚みがあったので、まさか折れるとは思いませんでした。


というわけで、次に良さそうなものを探してきました。
この木屋の1500円のも十分おすすめできる商品なのですが、つい新しいのを探し
(て記事にし)たくなる癖がしみついています。
ブロガーも年期が入ると生活がブログ意識になっていけません。
木屋の團十郎は今のものよりさらにごつくて、私にはちょっと扱いが苦手だったので、
軽そうな違うものを探すことにし
グリーンベルだったら前の木屋の方が良かったかも(*値段も木屋の方が高い)と悩み
フェザーの5mmでないストレートのとかもわりと良かったんですが

これだと思ったのは結局ルビスでした。
ルビスの平タイプが より力が要らなくて良かったです。

2枚を張り合わせているタイプだったので、割れたりもしなさそう。
グルーミンググッズとしては高いんですけど、
触れるところで手に取って比べたら、やっぱり良かったのはこれなんですよ。
ルビス、軽いし扱いやすい。
既に毛抜きとかいうレベルでなく、なにかの作業をしている気分になるくらい精巧。
あともうひとつ、店にはなかったんですけど、Tweezermanのと迷って
たまたま安くなっていた、ルビスのスラントにしました。

スラント、先端が細いので、毛が埋没してようが皮膚と毛だけをスムーズにとれて凄い。
今度のは長く使えるといいのですが。


ベジタリアンとヨーロッパ
今回、都合上、普通のレストランばかりに入ることになっていたのと
向こうでもベジタリアンといえばラクトベジだろうということで
一応「ラクトオボでも大丈夫」というスタイルでの旅行をしてきました。

普通のレストランやスーパーを何件か回った結果、ベジタリアンは
やはりロンドンの方がパリより浸透してるなという感じでした。
イギリスのマクドナルドには
ベジタリアンでも食べられそうなバーガー
(フランスではそれらしいものは無かったと思います)もありましたし。
ロンドンはレストランメニューにも、ホテルだとルームサービスにも、
ベジメニューがありましたが
それでもやっぱりヴィーガンは全く視野に入っていない感じ
(ほとんどのメニューが、肉と魚が使えないからチーズを使うというような発想)なので
ヴィーガンだとこちらでも、普通に食べられる場所は限定されそうです。
たぶん、veganに限れば、ニューヨークとかの方が浸透していそうな予感。

今回は普通のレストランばかりで機会がなかったんですが、
今度行ったらベジタリアンレストランでも色々食べたいなと。

ただ、私、こっちのベジタリアンの環境に若干夢を見過ぎてた気がします。
日本だとあまりに何も無いので、外国だともっと恵まれているのかと想像していましたが
ベジタリアンだと言って「分かってもらえる」だけ。
機内食なんかの用意があるのは立派だなと思いましたが、他は…
ロンドンでスーパーに入ったのですが、
suitable for vegetariansなどの表示があるものは予想より少なかったです。
当然なにか買うときは、自分でまじまじ表示を見ます。
単語は知っていても英語の量を読み慣れてないので、つらかったですね…
表示がある商品もあるだけマシといえばそうですが、そんなに多くないんです。
ほんと、これなら日本と大して変わらない
「分かってくれる」「配慮されている商品もある」だけで
こっちでも、思ったより、ベジタリアンて多くないのかも。
ロンドンでは5%はベジタリアンだと言いますが、5%ぐらい居てこの環境なら、
ベジ多数派になる日なんて今世紀中は無理なんじゃないかな…と思いました。

あとびっくりしたのは「ベジタリアンだ」と言って、
イギリスでは当たり前のようにすぐ理解してもらえたのですが
大陸の方で「魚は食べますか?」と2回ぐらい聞かれたことです。
…あの感じからして、日本人だから聞かれたってことではないと思うんです。
魚食べるベジタリアンて、大陸の方のヨーロッパにはそんなにいるんでしょうか。
ヨーロッパで一般的なベジタリアンはラクトオボだとイメージしていたのですが、
そうじゃないベジタリアンも結構いるんですね、きっと。

ただ、都合上普通のレストランばかりに入ったのに
「ベジタリアンなので肉料理じゃなくサラダかなにかにして下さい」と言って
対応してくれなかったところは一軒もありませんでした。
しかも気を使って、それぞれ色々なメニューを出してくれたりしたんです。
みんなが肉や魚介のとき、
私は
 肉の代わりに チーズの盛り合わせになったりとか。
 魚の代わりに ヴィーガンでもOKな王道サラダが、ボウルいっぱいに来たりとか。
 トマトソース(当然ミートソースではない)ラザニアみたいなのにしてもらえたりとか、
 野菜をパイ生地で包んだものとか…。びっくりしました。
ベジレストランでない普通の店に入ったからこその経験でしたが
こんなにしてもらえるだけでも全然違いますよね。ありがたかったです。
…かなり量が多くて(同じ予算で野菜だけで作ると量が山盛りになるのか、
単に向こうの人の食事は量が多いのか、私が少食なのか、
それともベジタリアンて物足りないもの食べてると思われて量を増やされたのかは不明です)

食べるのも大変だったこともありましたが、ありがたいので頑張って食べました。
堪能しました。


食べ物といえば、個人的な話ですが
1週間以上の旅行期間中、日本食が一切恋しくならなかった
(一緒に行った人に、6日目の夜に「日本食が恋しい」と言われるまで、日本食を一度も思い出さなかった)
ことに、自分で衝撃を受けました。
確かに、ベジになる前の小さい頃から魚が食べられず、漬け物も苦手ですし
最近は白米もまず食べない(家ではいつも玄米を少し)のもあり
特に日本食好きな方でないとは思っていたのですが…。
なんというか、別に日本食にこだわらなくても平気だったんだと気づかされたんです。
ベジになったときと同じように、
これまでどんなに無駄なものを食べていたのかとさえ思ってしまいました。
もっと食生活を変えられそうです。むしろ変えたい。
機内食の生野菜メニューがあまりに衝撃的で、あれはあれで行けそうな気もしたんですよ。
たまになら野菜切っただけの食事もありかなぁと…
ベジメニューだけでも、自分が思ってるより色々あるんだなと感じました。

というわけでごく簡単ですが、今回で旅行関係の記事はおしまいです。
すごく良かったので、また行きたいなと思ってます。


ヴェルサイユ宮殿&ルーブル美術館
こんにちは、現地で「マダム」と呼ばれて大変な衝撃を受けたキサです。
マダム=既婚orいかにもおばさま、っぽいイメージでいたのですが
既婚未婚に関わらず、よっぽどこどもに見えなければ
敬語として大人の女性にマダムと言ったりもするそうです。あぁびっくりした。

さて
今回は、観光として行きたかったヴェルサイユ宮殿とルーブル美術館です。


まずはヴェルサイユ宮殿に行ったのですが…もちろん、豪華でした。
verseille.jpg
ただ、この鏡の間は立派だったのですが
他はどの部屋も、なんと言うか…古いんです。
ものが古いのは当たり前なんです。
いっぱい飾り付けてあるだけでセンスが古いので、洗練された感じがないんです。
そのせいか、わぁ素敵!というよりは
ごてごてしている、という感じの方が強く残ってしまいました。

あと予想通り、日本の迎賓館はヴェルサイユ宮殿に似ていることを確認しました。
迎賓館も今年の夏観てきたばかりなのですが、
扉の装飾とか、あぁ、あれはヴェルサイユのこれを真似したんだなと分かるものがありました。
迎賓館はそんなにすごい規模ではないのですが、結構綺麗には綺麗なんですよ。
今年改修工事終わったばかりと新しいため小ぎれいで、センスにも違和感がほとんどない
(迎賓館は無料で入れますし、東京近郊の方は見に行ってもいいかもしれません)。
そこをいくとヴェルサイユの内装は、どうしても色んな古さが際立ってしまうんです。
なのでなんとなく不完全燃焼…
ヴェルサイユいまいちなんて言ってる人見たことないのですが
なんとなく、手放しで賞賛できなかったんです。
中は鏡の間と、一部の装飾しか良いと思えなかった。
一回は来てみたかったのですが、旅行にはこういうこともありますよね。

庭は相当広いです。すぐ見れるような広さではありません。ずーっと広がっています。
なのに植物にもちゃんと手もかかっていますし、彫刻もたくさんあります。


ヴェルサイユに思ったより感動できなかった私に
大きな衝撃を与えたのは、ルーブル美術館でした。
もう、外観からしてあんなに美しいとは思わなかったです。
よく「全部観るには一週間かかる」とか言われるじゃないですか。
そんなのあくまで喩えで、私は歩くのも早いし、頑張れば結構見れるんじゃ?
なんて考えていました。
甘く見てました。
とにかく今回は彫刻が見たかったので
リシュリュー翼(全体が3つに分かれている中の1つ、地下~3階)の一番下の彫刻から見始めて

…リシュリューだけ地下1階から2階途中ぐらいまで見た時点で疲れ果てて休憩&
端から全部見る方針から
有名どころピックアップ作戦に計画変更を余儀なくされました。

階段と部屋の接続で迷子になりかけたのと
順路がなくて平気で進路が二手に分かれていたりする進み方の難しさもあるのですが
とにかく、日本にいて想像するような「美術館」の広さではありません
建物の外観も広さの規模も、一部展示物のクオリティも、完全に宮殿です。
1日じゃ、朝から入り浸るにしても体力が続きません。無理です。

多分、全部見るならリシュリュー・ドゥノン・シュリーで1日ずつ
計3日ならなんとかいける、というラインだと思います。
2日は絶対不可能ではないかもしれませんが、相っ当頑張ることになりそう。
1週間…は、体力的な余裕が欲しい人や、
      見る時間が極端に長い(あるいは長く欲しい)人、
      スケジュール的に丸一日動くのは無理な人はこれくらいかなと。
私の見る&歩くスピードだったら1週間ということはないですが、
それぐらいでもありというか、必ずしも誇張とは言えないかも…と思わされました。

あと、「ナポレオン3世の居室」というエリアがあるのですが、これがかっこよかった。
こちらの方がヴェルサイユ宮殿の時期より新しいので、豪華なのにごてごてしていない、
品と格とセンスがある。
ほんとに、これだよ!こういうのが見たかったんだよ!という感じで、
すっごい、綺麗でした。
ヨーロッパの華やかで美しい内装を見たいなら
ヴェルサイユが見たいという特別な思い入れがない限り、こちらがいいのではないかと。
napoleon3.jpg


ルーブル館内には
モナリザやニケなど超有名作品は「こっちにあります」という案内が出ているのですが
そんな案内も無く普通に『民衆を導く自由の女神』など有名作品があったりもします。
一方、さすがルーブルというべきか
有名ではなく普通に置いてある絵や彫刻でも、本当に素敵なのがあって、素晴らしいんです。

さらに、ルーブルって、18歳未満は無料で入れるんですよ。
こんな素晴らしいところが普通に街の真ん中にあるなんて、
フランスには文化では絶対敵わないと思いました。
ルーブル、行ってよかったです。


トリアマーカーを買いました
というわけで、ようやくトリアマーカーを買いました。
最初は生で見て、買い揃えたかったのですが
やはり鮮やかな色で、色味も好きな感じ。これです、これが欲しかったんです。
それにしてもこのMANGA系のパッケージの絵柄が気になって仕方ありません。
特に少女の方は、画風が日本より15年(もっと?)は遅れています。
tria-bought.jpg


実は、トリアがあまりにも日本に入ってこないので
自分で輸入販売みたいなこともできないかと、一時期考えていたんです。

ところが、一連の話を貿易業の知人にしたら
「これまで(旧トリアの)取り扱いをしている輸入代理店があったのに
 それ(新しいトリア)を輸入しないことにしたのには何らかの理由があるはずだ
 売れると思ったら絶対に輸入しているはずだ」という指摘を受けまして
それにかなり納得し、躊躇していたところだったんです。

今回ヨーロッパに行って、実際難しいのかもな、と思わされました。

置いてある感じを見ると、ちょっと汚かったりボロくなってたり、
そんなに売れてないのかもなという感じがひしひし…。
そのせいかメーカーの地元イギリスと、隣のフランスでも売っているお店も種類も少なく
トリアの取り扱いがあると分かっている画材屋を
ロンドンで2軒(同じチェーン店ですが)、パリで2軒回って
オーガナイザーやポシェットをバラで置いているところはゼロ
インクボトルの在庫があるお店もゼロ
インクカートリッジの在庫がある店は1軒だけでした。

そして高い。マーカー1本でも、安くなっていないと相当な値段になります。
インクも、コピックだと25mlで399円なのですが
このトリアのボトルは20mlで6.7ユーロ、891円ぐらいですよ。
パントントリアもインクが高かったものの、40mlだったからあの値段でも許された訳で、
確かにこれは売るのも難しいんだろうな…と、パリのお店で思いました。
アナログ画材自体、使われなくなってきていますしね。

さらにさらに、高いからクオリティが万全かというとそうでもないんです。
旧パントントリア時代もそうでしたが…。
マーカーのキャップの数字表示が一部切れてるなんて序の口、
そもそも付いているキャップの数字表示自体が、本体と違ってる場合があったりします
(誰かがチェックなどで外して付け間違えたのかなと思えるような数ではなく)。
他に今回起こったトラブルをもう1つ発表しておきます。
ウォレットに入ってる24本セットを買って、日本に帰って開けたら
ファインニブのニブ(先端)自体が付いていなかったマーカーが一本ありまして
今レトラセットに英語で問い合わせています。どうなることやら…
(追記:買ってしばらくして気づいたのですが、
 「キャップの合わせが甘くてズレやすく、インクがすっかり乾いてしまった」
 ものもいくつかありました。まだ半年・1回の試し書きでしか使っていないのですが。
 もちろんそんなことなく普通に使えているものもありますが
 これは…日本では…売れないかもなぁと余計に感じました)

プロの使用に耐える高水準のインクだけでも、もっと買いやすくなってほしいと願ってやみません。
私もマーカーを買っただけではなくて
日本に送ってくれて安めでインクなど商品数の揃っているネットショップを探さなくては。


ロンドン・パリでトリアマーカーを買う
こんにちは、ヨーロッパに行って、
画材は本当にその国らしい色のものが出ていると感動したキサです。
ダーウェントってイギリスっぽい色だと(行く前から)思っていましたが、
行ったら予想以上にイギリスはああいう色でした。茶色とか緑が特に。
私の大好きな青紫がかった青も、日本にはなくヨーロッパの画材にはいっぱいあるので
なぜだろうと思っていたら、フランスの空の色がそういう色でした。


ヨーロッパに行こうと最初に考えはじめたのには、観光以外の理由がありました。
それは、画材を買いたかったからです。

その名も、このブログと併設画材レビューサイトでたびたび書いている
Letraset Tria Marker
(レトラセット トリアマーカー、旧パントントリアと区別のためニュートリアマーカーと呼ぶ場合も)
イギリスのメーカーなので、イギリスが一番安いはずだと予想し、探しに行きました。

ロンドンでLetrasetの商品を買えるお店についてのトピックを発見し
http://uk.answers.yahoo.com/question/index?qid=20090505121113AAJM3Wy
この中で目を引いたのがロンドンに4店を展開する「CASS ART」という店でした。
サイトを見ると、ロンドンでうちより安かったら同じ値段にします、という
日本の某電機屋並みのフレーズがあり、これなら安いに違いないとこのお店に決定。


まずはロンドン中心にほど近い、CHARING CROSSにあるお店に行きました。
入り口を見ると張り紙…なんだかお店がキャンペーン期間中で色々安くなっているよう。
これ、もしかして、トリアも入ってたりしないかな…と思ったら
BrightかXBの12色セットがレスザンハーフプライス!!半額以下!!!
これは絶対に安いはず、ロンドンに来てみて大正解でした

ただ、安い12本セット(16.95ポンド、1ポンド170円とすると2881円)
12本全部XB(黒)のものしかなかったり、
それ以外には在庫自体24本セットしかなく(こちらは54.4ポンド?だったかと)
24本セットを買う予定はなかったので、同じチェーンの違うお店に行ってみることに。


お店でマップ(印刷された小さいものがたくさん置いてあります)をもらい、
そこから歩いていける距離の、SOHOの方のお店に行くと…
あった!Brightの12本セット16.95ポンド!
triabright.jpg(クリックで拡大可)
画像の通り、公式にあるオーガナイザー(スタンド)入りでなく、
紙箱に入ってるだけのものなのですが
1本300円切ってるしこれは安い。明らかに安い。

24色セットも好きなのが選べて一つ48ポンドとさっきの方より安い。うわーーー
時間的に他のところには回れなさそうだったので、これを買うことに決めました
1本2ポンドって1ポンド=170円と見積もっても340円ぐらいじゃないですか。
これなら3本1000円のときのコピックとたいして変わらない。複数買いです。

でも、
一本一本バラ売りって置いてないのかな?と思ってきょろきょろするとそこには

tria-tower.jpg

トリアタワーーー…!
あった!
この2年以上求め続けた光景に、ついにロンドンで出会えました…
ありがたすぎて拝み倒したい勢いです、SOHO万歳

1本4.95ポンド(同1ポンド170円とすると841円)と決して安くはないと思ったら
トリアタワーの上に表示があり、2本買うと一本タダでもらえるスペシャル企画中でした。
商品買う前にニブ曲がってたりしないかチェックしたら、
ニブ破損してるのはパントントリア時代もあったりしましたが
なぜかキャップのシールが本体と明らかに間違ってるのが何本かあって
誰か試したりしてキャップを付け間違えただけとは思えない数だったのが気になりました。
クオリティ大丈夫なのかトリアマーカー。
インクが好きなのでチェックしたらやっぱり買いますが。

自分用+人へのお土産分も含め100本近くと、2.95ポンドと安かったA4マーカーパッド、
値段にして200ポンド近く一気買いしてしまい
そのおかげか免税書類も快く作ってもらえました。
ただ最初に聞いたおしゃれ坊主的な店員さんはVAT書類作れるの知らなかったので
確認は必要でした(違うレジのおしゃれウェーブの店員さんは知ってました)、
書類セット自体はお店に置いてあるはずですのでもし行かれる場合は確認を。

本当はスタンドとかインクも欲しかったんですが、無かったみたいでした。
こうも安かったり、在庫してる種類が少なかったり、一部商品がボロかったりすると
イギリスでもそんなに売れてないのかなぁ…と思ってしまいます。
このチェーンで一番大きいらしいISLINGTONのお店(中心地から少し遠い)や
LONDON GRAPHIC CENTRE(ここも通販サイト見ると期待できそう)
に行けばもっと何かあったのかもしれませんが、この際贅沢は言いません。満足です。
気に入った色の本体は買ったので、リフィルなんかはネットで探そうと思います。


それからパリに寄ったときも、
レトラセットのマーカーを扱っているフランスのお店を検索できるページ
http://www.concourstria.com/index.php?page=pointsvente
(Par gamme de produitというバーからTriaを選択し、Rechercherをクリックすると
 フランスでトリアが置いてある店の住所と名前が表示されます
 Parisなど地域を限定したかったらPar magasin/villeに入力してからクリックです)
で探したんですが
WEBカタログで予想したとおり、セーヌ川沿いの有名店マガザン・セヌリエにはなく
パリ市庁舎近くのBHV(ベー・アッシュ・ヴェー)はマーカーパッドか違うマーカーしかなく
(しかもA4のマーカーパッドで6.9ユーロもしてました)…
唯一アダン・モンパルナスにはバラ売りでいっぱいありました。
オーガナイザーとかはなく、カートリッジ1本3.75ユーロがあったのでいくつか購入。
インクボトルは6.7ユーロ(20mlで891円)と値段の表示があったのですが
その場の在庫としては置いていないようでした。
CreaっていうSaint Placide通りにあるらしい画材屋さんも探したんですが、
お店自体が見つからなかったんですよ。
迷ったりは一切なかったですし、
このチェーン店公式サイトのmagasin(店)の欄からの表示もなくなっていたので
多分ここのお店がなくなったんだと思います。違う場所のCreaならあったんでしょうか。


ウェスト・エンド版『オペラ座の怪人』
今回のロンドン・パリの旅行で、
最初に行ったのはロンドンのウェスト・エンド ミュージカルです。
ヨーロッパにはJTBのツアーで行ったのですが
現地の自由行動時間中に、予定によって行ければ行こうと思っていたため、
現地でチケットをとるか考えることにしました
(あらかじめJTBで、チケットの確保をお願いすることもできます)


私、舞台系はロックライブとかコンテンポラリーダンスとか歌舞伎とかなんでも
1ジャンルにつき一回は観ることにしているんですが
ミュージカルは特に好きで、ちょこちょこ観てるんです。

今回はせっかくのロンドンなので本場のミュージカルを観ようと
地下鉄ピカデリー・サーカス駅近くの「Her Majesty's Theatre」で上演している
『オペラ座の怪人』を観ることにしました。


もうロングラン(20年以上)なので、
いきなり行ってもチケットがとれるらしいことは、分かっていたんですよ。

ところが思わぬアクシデントが!
ロンドンの空港についた時点で、早めに確保しようと思い電話で予約しようとしたら
劇場の人がすんんごいイギリス英語(しかもリンキングしまくってるし、全体的にはっきり発音しない)
カードで買いたいとかStalls(1階席)の席が1つ欲しいとか自分で言うのは通じたんですが
そのあと何かを1文ぐらいの長さで聞かれて
2回ぐらい言ってもらったのにどうしても、しかも一単語も聞き取れなくて。
アクシデントでもなんでもないですね。私のリスニング能力不足です。
ごめんなさい英語上手じゃなくて単語が分からない、直接行っても買えますか?
て聞いたら買えるっていうので謝り&感謝を伝え、劇場に直行しました。

建物の外の脇に何かの列?(数人)もいて、あれ?と思ったんですが
正面入り口も普通に開いてて、そこで当日の夜の分も売っていました。
とりあえずその日はキャンセル待たなくても平気だった、ということで。
値段も席も表があって、ここが空いてますとかすぐ分かりますし
簡単な英語で大丈夫です!というわけで

(ノД`)・゜・。買えましたー

よかったー

1人で行ったせいか、19:30開演のチケットを当日夕方買ったのに
1階の8列目真ん中近くが空いてて、すごくいい席でした。
値段も65ポンドぐらいなので9000円~1万円の間、
日本のS席とかと比べたら安いですよね。

劇場自体はそれほど大きくないのですが、豪華でオペラ座の怪人のイメージにぴったり。
上演最中もそれは感じましたし、さらに
舞台空間の使い方とか、舞台でできることを生かしたシーンづくりとかもうまくて
それだけで涙ぐみました。

ファントム役の人ももう、声が甘い甘い
最初に「クリスティーン…」て 姿を見せない状態で歌が聞こえたときとか
きたーーー!って感じで、ほんと声で選ぶんだなと思いました。
オペラ座の怪人て、なんとなく背が高いイメージあったんですけど、
観てる途中でこの人は背高くないと気づきました
(クリスティンよりは高いけど170あるのかな?ないかも?くらい。
背は低いのに歌声はイケメンだった『ノートルダムの鐘』を思い出しました。
ちょっとだけ話の雰囲気が近いですよね)、が、歌なんかはバッチリだったし
顔の特殊メイクとそれへの異常な?コンプレックスの強さと合わせて
強いタイプじゃないファントムとして、これはこれでありだなと。

そしてヒロイン・クリスティン役(劇団四季版とかだと「クリスティーヌ」)の人は
いったいどれだけの倍率をくぐってきたのかと思わず思ってしまうほど
声量あってばっちりうまいし、なんだかかわいい。
こういう「ヒロインが魅力的」な設定の話だと、結構ハードル上がるじゃないですか、
若いキャラのはずなのにあんまり若くない…とか思われてしまったり。
でもそういうの感じなかったあたり、すごい。
新人歌手で一気に売れる、しかも2人に好かれる役がちゃんと似合ってました。

ショーなんかのシーンも豪華だし、あらすじ知ってても見応えありました。
というか細かくあらすじ知ってた方が多分正解です。字幕なしでも楽しめますから。
観てよかったー。満足できました。
なんだかファントムかわいそうだったなぁ。
人殺したりしちゃうキャラがヒロインから選ばれるわけないんですけど、それでも。

有名作品だからなのか、こんな9月に日本人も結構いました。
ロンドンなのに隣4人ぐらい日本人でした(笑)
みんな考えることは同じですね。

ブロードウェイ・ミュージカルも来日公演で見たことがあるんですけど
ほんとに「アメリカンPOPS&ROCK」って感じの歌で、シナリオもアメリカっぽくラフ、
観客の人とかもすんごい盛り上がってたし歌がいいとは思ったんですけど、
あのノリについていけなかったんです。
ミュージカルにみんなで盛り上がることは求めてなかったというか。
ウェスト・エンド系の方がストーリーもシーンもわりとじっくり鑑賞できる感じなので
ロンドンに行ったら、おすすめです!


ヴィーガンベジタリアンの機内食(生野菜)JALロンドン便
こんにちは、キサです。
とりあえずヨーロッパ旅行関係の記事は、一日一つを目標に書いていこうと思います。


まずは機内食の話から。
今回、東京からロンドンまでJALの直行便で行ってきたのですが
JAL 日本航空
JALの機内食には、事前予約で対応できる特別食が色々用意されていて
ベビー用・こども用・糖尿病食などのほか

ベジタリアンミール(卵と乳製品の入っていないお食事)、
ベジタリアンミール(卵や乳製品の入っているお食事)など
それぞれヴィーガンらしき(はちみつなどは未確認ですが)ベジメニュー、
ラクトオボベジらしきベジメニューが用意されています。
フルーツのみ…なんてメニューまであるようで、フルータリアンも大丈夫なんでしょうか?

色々見ていった中に
ベジタリアンミール(生野菜を中心とした食事。電話予約で対応)というのがあり、
これ、どんな物なんだろう?と思い、今回は旅行会社を通じてこれを選んでみました。


特別食の人はシートのところに、目印としてスペシャルメニューのシールが貼られます。
私のシールは「RV」。Raw Vegetarian…というところでしょうか。

そして食事の時間になると、誤配を防ぐためか、
噂通り、特別食は真っ先にサーブされます。
来た食事がこちらです。
jal-rvmenu1.jpg(クリックでもう少し拡大できます)

4つ器があってそれぞれ
切っただけの野菜
切っただけの野菜
切っただけの野菜
切っただけのフルーツです!

ベジタリアンも相当なじんできたつもりでしたが、久々に衝撃を受けました。
誰が見てもベジタリアンという感じです。

味…はもちろん普通に野菜を切っただけの味です。
思ったより乾燥していない、普通のフレッシュ野菜だったのには感心してしまいました。

ロンドンまでの距離だと2回食事が出るのですが、
毎回ほとんど同じと言っていいような食事が出ます。
レモンじゃなくてビネガー系だった、とか
トマトじゃなくて違う野菜とか、根菜だったのがきのこになったとかそういう変化です。
こちらは最終日、帰りの便の分ですが、やはりだいたい同じ雰囲気です。
jal-rvmenu2.jpg(同クリックで拡大可)


ただ、このパンは普通に焼いてあるパンですよね…?
「乳成分は~以下です」と書いてある(要するに0でなく入っているんですよね?)
マーガリンが一回出ましたし。違うマーガリンのこともありましたが。

なんとなく名前からローヴィーガン的なものをイメージしていたのですが
この「ベジタリアンミール(生野菜)」ミールの場合
完全にローヴィーガンというほど厳格なものではないのかもしれません。

ちなみに軽食には、他の方がパンが出されている中、私はバナナが一本出ました。


それと、国移動でブリティッシュ・エアウェイズにも乗り
こちらは軽食としてサンドイッチが出ました。
あんなEU内の、しかも食事時でもない短いフライトで機内食が出ると思わなかったため
予約も何もしていなかったのですが、
出たチキンサンドを「I'm vegetarian」と言ってすぐに返すと
カートの下からチーズコールスローのサンドイッチが出てきました。
(*これは軽食の場合で、本格的な機内食の際は予約が必要なようです。)
欲しくて返したわけじゃないのにベジメニューが出てきて、びっくりしました。
イギリスはすごいです。


ヨーロッパより帰ってきました
こんにちはキサです
旅行から帰ってきました!

コメント・トラックバック等受け付けない設定にして出かけたのですが
どうもFC2の仕様で
「設定した以降に投稿する記事が」コメントを受け付けない設定にしかならず
これまで書いた記事へのコメントは受け付けてしまっているようでした、すみません
ご質問だった方には、遅ればせながらお返事いたしました。


今回イギリスとフランスに行ってきました!
はじめてだったのでJTBのツアーでお願いしました。
はじめてで分からないことだらけでも安心です。

事前に立てた予定
・ロンドン・ウェストエンドのミュージカル『オペラ座の怪人』を観る
・ロンドンかパリで トリアマーカー(画材)を買う
・フランスでヴェルサイユ宮殿とルーブル美術館を見る
全て達成しましたー!充実した旅行でした。

書くことがたくさんあるので順次アップしていきます。


サンコースーツケース MORAFU
!お知らせ!

 *9/16までの間、ブログを更新・チェックできない可能性があるため
  コメント・トラックバックは全て、受け付けない設定になっています。
  ご了承下さい。*


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

キサです。
旅行に行くので急遽スーツケースを買いました。

私、ド庶民すぎてこれまで旅行にほとんど、海外には全く、行かなかったので
色々調べまして

一応、
・TSAロック(アメリカなどでも、カギをかけたままスーツケースを預けることができる)付きで
・軽くて
・かつハードで
・フレーム式の、頑丈なもの
が良いと思い、その条件で探し

色んなブランドのを検討したのですが、サンコーというメーカーで
今、オンラインショップでサンコーの1万円以上のスーツケースを買うと
OKOBAN」というシステムのタグがプレゼントされるのを見つけたんです。
荷物につける登録タグで、荷物を紛失しても拾った人がそのタグの数字を入力すると
持ち主に連絡がつく=無くした荷物も見つかるかも という新しいシステムで
日本には2009年8月、先月ですよ、はじめて入ってきたんですって。
このプレゼントと、国産ならではのスーツケースの安さと丈夫さ、
あと、調べたら結構保証のいいメーカーのようだったのでサンコーにまず決定。

それで、スーパーライツELっていう軽量タイプ(持ったら本当に軽かった)が
25000円くらいだったのでそれにしようかと思っていたのですが、
実物を見て選んだのはこの
MORAFUっていうスーツケースです。

これ、サンコー製の「最高級モデル」なのに75リットルが36000円ぐらいで、
比較検討してた他のメーカーの同サイズモデルより一万円ぐらい安かったんです。
開けてみて、内装とかもスーパーライツELよりしっかりしていて、
整理もしやすそうだと思ったので。

唯一気になったのが、色。
画像だといかにも金属っぽいシルバーに見えますが、
実物はねずみ色っぽい
(メタリックなシルバーでなく、光沢のある「グレー」)感じでした。
買う前に実物を見たのは赤とゴールドだったのですが、
赤は原色っぽくなくて、大人でも大丈夫そうな色合い
&フレームのダークグレー(黒に近い)とのコントラストがかっこよかったんですよ。
赤にしてもよかったかな。

何はともあれ「しっかりしている」「軽い」等、つくりについては満足しています。
思った通り、整理もすごくしやすくて大正解。

(追記:TSAロックについてですが、もしヨーロッパによく行かれる方なら
TSAのヨーロッパ版みたいな鍵が開発されているという話もあるので
急ぎでない場合はその発売を待つ手もありかもしれません。)

というわけでこのスーツケースでちょっと行ってきます。
どこに行ったかは帰ってきたらご報告しますね。


Woman.excite カラーセミナー
こんにちは、忙しさで既にパニックになっているキサです
ブログに書くこともたまってしまってます…

時間がないけどこれは書いておきたい!と思うことが先日ありました


実は、2日にWoman. exciteのセミナーに行ってきました!
Woman.exciteでの募集に応募し、招待状をいただいたものです。

場所は有楽町西武8Fのエキサイトカフェ。
普段は、ドリンクを購入すると、1時間インターネットの閲覧ができるスペースです。

今回のセミナーは「カラーセミナー」で、
肌がイエローベースかブルーベースかを見たり、顔の下に布をあててみることによって
自分に似合う色」が分かる!という内容でした。
womanexcitecolor.jpg
私、元々こういう内容に興味があり、本を読んだりしていて
自分は「ウィンター」タイプだと思ってたんです。
単純に髪が黒いのと、色が白いと言われることが多かったし
ベージュ等あいまいな色がびっくりするぐらい似合わないので。

でも、原色だと若干強すぎるようで、ディープトーンぐらいの色が良いという結果に。
これは本当に、言われるまで全く分かりませんでした。
なので言いたい!
本はたくさん出ていますが自分で判断するのは難しいので、
プロの方に見てもらった方が良い!です。

周りの参加者のみなさんが、合わせる色によって
すごーくきれいに見えるのも間近で見られて
マンツーマンでない、セミナーならではの良さもありましたよ。
人数が多い分、一人あたりの時間がやや短く、
もう少し知りたいと思う部分もあったのですが
そのあたりは個人でプロの方にお願いすれば良いのかなと。


カラーだけでなく、骨格に合わせた形…など、コーディネートに使える内容も
少し教えてもらえました。
すごく勉強になる内容でした。ありがとうございました!
今後また何か、Woman.exciteでイベントがあったりするようですよ。


キング製菓のクッキー 若葉のうの花&ショコラ
以前、キング製菓の植物性クッキー・うの花クッキーとブランクッキーを
こちらでご紹介したのですが、
先日新宿のボンラスパイユで、新しいものが発売されているのを見つけました。

まずは「若葉のうの花クッキー」です。
以前「青汁うの花クッキー」という名前で期間限定で売られていたものがあり、
食べてみたら同じもののようでした。

「青汁」というだけで、いかにも食べづらそうなイメージがありませんか?
でも、びっくりするぐらい普通で、意外なことに抹茶クッキーみたいな味で
原材料を見たら、本当に抹茶も入っていました。
健康にいいものがこんなに食べやすいなら、リピできる!と思える味。
食感はうの花クッキーより、少ししっとりしているかもしれません。


もう一つは「ショコラブランクッキー」です。

こちらはブランクッキーをベースにしているようです。
カカオの入ったものをあまり食べないので迷って買わなかったのですが、
キング製菓の植物性クッキーシリーズはどれもおいしいので、期待できるかも。
カロリーも1枚19キロカロリーに押さえられているそうですよ。


デリー銀座店(銀座)
こんにちは、
インフルに警戒して外出を控え気味のキサです

忙しくて自分でも忘れていたのですが、
まだインフルに警戒していなかった頃、銀座のデリーで外食した際の写真が出てきました。
銀座といってもやや駅から離れた場所です。

平日のではなくて、土日のランチ(1500円)でした。
deriiginza.jpg
deriiginza2.jpg

ランチは選べるメニューで、ベジタリアンでも大丈夫なのはラッサムの方でした。
ラッサム(スープ)はすっぱいとは分かっていたものの、「やや辛い」そうで
警戒して一口。
え?辛くないじゃん
と思ってしばらくしたあとに辛!と…一瞬感じたのですが
2口目にはなんの抵抗もなく食べられました。
慣れたにしても2口目は早いですよね?不思議です。
他のお店のラッサムは苦戦するのですが、これはすぐに完食できました。まろやかめです。

ベジタリアンでも食べられるカレーは2種類あって、
辛くない方のベジタブルカレーをお願いしました。
野菜がごろごろたっぷり入っています。
なんだか、歴史のある洋食屋さんみたいな味というか
(見た目も「インドカレーというよりは洋食屋さんぽい」と思ったのですが)
カレーはさらさらしているのと、スパイスを使っているわりに刺激がきつくないせいか、
そんなにインドっぽいクセの強い感じではない…気がします。
なんとなく、昔からの味を守っているような、落ち着いた感じの味でした。

全体的に食べやすいお味で、インドカレーに不慣れな人と来ても大丈夫な感じでした。


ルピシアの栗のお茶
お茶の専門店、ルピシアでお茶を買いました。


ルピシアでは緑茶・紅茶とそのフレーバーティーから
ノンカフェインのハーブティーまで色々揃っているのですが

去年、知人の家で飲んでから即買いしたものを、今年もリピして買いました。
秋~冬限定の、「栗」のお茶です。

普通の緑茶に、栗でフレーバーを付けたお茶なのですが
すごく甘い香りがするんですよ。
熱々の状態より、冷めた状態の方が 香りも味わいも より甘いです。
カフェインが入ってるものは普段ほとんど飲まないのですが、これだけは別格。
香りが大好きで、缶を開けたときにさえ幸せを感じてしまいます。

ちなみに
画像の通り、栗のかけらが入っていますが、お茶をいれても戻らないので食べられません。

これはもっと色んな人に知ってほしいフレーバー。
「栗」っていうのが秋らしいし、早くも毎年秋の楽しみになりそうな予感がします。
東京だとプランタン銀座などにショップがあり、ネットショップでも購入できますよ。




Copyright © 今日のごった煮。. all rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。