今日のごった煮。
   日々の気になることや好きなもの、画材レビューサイト「Prismatic Colored Fancy」関連記事、ベジの生活情報など。        一言で言うと「ごった煮」。たまーにこっそり更新しています。
シディーク(千代田区・中央区など)とベジタリアン
私の行動圏内に「シディーク」というインド料理チェーン店がたくさんあるんです。
ほんとに密集と言っていいくらいに。

なのでシディークに入れたら結構便利になるかも?とずっと気になっていたので
シディークのAKIBAカレー館で聞いてきました。それを軽くメモ。
店員さんとの会話が間違っていなければこんな感じです。

が、インド系の店員さんで私が十分に会話できなかった部分もあるかもしれないので
いざ入ろうという場合はお店の方に再確認を推奨です
ここはよくお店の方が 呼び込みに外に出てるので、聞くの自体はラクでした。

ナンは卵乳製品使用だそうです。

 ↑これ聞いてちょっとびっくりしたのですが
※「ベジタリアンターリー」というメニューはありますが
 ナンが卵乳製品入りなので「ラクトオボベジ」対応ということになるのかなと。
 Akibaはそうだということですが、他のところも同じな可能性は高いです。

・ターリーというセットでなければ「ライスだけ」も選べます。
 カレー+ライスでテイクアウトもできますし、その場合はセットより安い感じ。

・ここの豆カレーは「バターダルカレー」。=乳製品入り。
 やっぱり前行ったシディークビレッジとは色々違います
(既にシディークビレッジも私が行った時とは変わっていますが)

・ベジタリアン対応カレーは「野菜カレー」と「バターダルカレー」の2種。
 (この2種は「ビレッジ」じゃないところならどのシディークにもあるようです)

シディーク、野菜カレーでも刺激は弱くないですよね?
でも多くのベジ、特にラクトオボベジの方には、かなり力強い見方になりそうです。
ラクトオボベジならOK、ナンを避ければラクトベジOK
インド系のため乳製品は結構ゆるいので
オボベジやヴィーガンならお店の人に要確認
、というところかと。

私ベジ11ヶ月にして、いよいよ気がついてきたんですよ。
東京の大都市なら1つぐらいは使える店があるということに。
実はまだ、狙っているのに行けずにいる店がたくさんあるのです。
知識は本当にベジを助けますね。
スポンサーサイト


PAINT JUMP第1弾とコピック
こんにちは、キサです。
PAINT JUMP、意外とゲット報告を見ないので自分が記事にしてみます。


説明不要のJUMPの人気作家お二人の、
表紙の絵のコピック作画行程+色番号と、塗り絵の企画本
「PAINT JUMP」の第一弾が今月発売になりました。
第二弾ではワンピースの尾田先生も予定されているとか。
ほとんど塗り絵ページで、作画関係の内容は最初の数ページだけになります。

お二人ともまさに正統派で、色味そのものを把握されたさすがのコピック使い。
岸本先生の色の選び方は特にザ・王道で、私もよく使ってる組み合わせも多くて
やっぱりそれですよね。というような気持ちで拝見したところもありました。

逆にそう来たか!そんな色で塗ってらしたんですか!っていう色選びのときも
参考になりますし、コピック使いの学生さんなんかは
もし見られたらチェックしてみるといいかもしれません。
どちらかというと熟練者よりも入門向きレベルだと思います。


ただ驚いたのが、記念して発売されたそれぞれの本に対応したセット!
あれ、ちょっと鬼畜じゃないですか…?

「各セットの色番号は、書籍内容に関することになりますのでお答えできません」

いくらなんでも何色が入ってるか分からないセットは買うの恐いですよね…?
既に少しコピックを持ってる人ならカブりそうだし余計に。
完全に本を買った人向けです。

さらにびびったのが、あのセット扉絵に使った色が全部入ってはいないんですよね。
どうなんだそれって!なぜ誰も何も言わないんだー!!と一人で叫んでみます。
お二人ともコミックマーカー、
特に久保先生は複数回CM66(Cappuccino。ベージュ系の色です)を使ってたのに
コミックマーカーはセットに入っていない。確かにコピックスケッチじゃないけど…!
ほぼ網羅はしていますが、スケッチでも入ってない色も微妙にあった気がします。

いつもいつもToo.さんのコミックマーカーの扱いは純粋に不思議です。
いい色あるのに入手しにくい+決して補充用インクが出ない=使い勝手が向上しない。
ほんとお願いしますToo.さん。

あ、CM66は、わりと薄汚れたベージュって感じの色で確かに便利ですよ。
お二人のファンの方は合わせてどうぞ。
あるいは本を見ながら、一本一本買い揃えていってもいいかもしれません。



秋葉原・ブックオフともっふるたんとchompchomp
こんにちは。大学の頃、週1でアキバ通いだった時期があるキサです。
今日は先週に引き続きアキバを巡ってきました。


今日オープンだったブックオフ、都内最大級というので覗いてみたんですが
1Fから6Fまで!あるので、確かに結構いいかも。
1フロアも縦に長くてそこまで狭くないし、
コミックから小説からCD・ゲームまでたくさんありますよ。
かごいっぱいに入れて買っていく人も多くて、すごいなーと衝撃。
それと1階では新品のゲームも売ってました。


それからアキバのドラゴンアイスで売ってる「もっふる」!食べてきました。


ここ、システム分かりにくいんですが、焼き時間があるため注文してから並ぶのでご注意。
おかずメニューが4種、デザートメニューも4種あります。
今回はあずき&栗を頼んでみました。
手元に来ると はい。間違いなくお餅の匂いがします!
表面は焼いたお餅のパリパリしたとこに近いですが、薄いながらもちっとした部分もあります。
薄いお餅の風味+あんこを少し、でイメージしていただければ多分そのまんまの味です。
ベーシックな材料だけで作られているので
すんごいおいしいっていうものではないのですが、名物感は楽しめました。250円です。


それから今週オープンしたてのchompchompに入ってきました。
20~30代女性がメインターゲットの飲食店ビルなのですが
4Fに入ってる「かまくら」ってお店の豆腐メニューが見たかったんですよ。
よくお店の外にメニューとか食品サンプルあるじゃないですか。それ目当てで。

ビル入り口は「これ?」ていうぐらい小さくて、
すっごいきれいな小さいエレベーターだけが3台ぐらい並んでいるんです。
実は、一緒にエレベーターに乗り合わせたお兄さんが、お連れの女性の方に
「エスカレーターじゃないのやだよね。お店1階ごとに1軒とかだとさ、
降りたとたん
いらっしゃいませーとか言われたらさー」とおっしゃっていまして。
4Fは2軒入ってるしまさかなーと思いながら降りたら
入り口前に待ち構えてた店員さんが即座にいらっしゃいませー1名様ですか?
何も言えないキサ。後ろで静かに閉まるエレベーター。

お兄さん、貴方は偉大でした。拍手したいです。この場を借りて讃えさせて下さい。
このビルすごい嫌だ(笑)
結局メニューとかないようでしたしそのまま帰ってきました。
そもそも1階入り口で全フロアのメニューが把握できないのがいけないんですよ!
普通、飲食店って外でメニュー見ながらここにする?とか言って入るじゃないですか。
そういうのが一切ない。
入りにくいからもう入りたくないし
こんなビルにした人を小一時間問い詰めたい(この表現懐かしい)。

chompchomp、サイトのアニメが長くて待たされてすんごいイライラする上
20代女性から見てもキャラクターがこどもっぽすぎるのが気にはなってたんですが、
ビルまで不親切とは思いませんでした…。
中にはいい店ももしかしたらあるのかもしれないのに、もったいない。


ベジタリアンと豆と豆料理
こんにちは、キサです。
今日はベジタリアンの基本・豆の話です。
むしろ今まで書いてなかったほうが不思議な感じがしています。

もう一年近く前、ベジになると決めたとき驚いたのが、肉とかと比べた豆の値段でした。
乾燥豆って、1kgで数百円じゃないですか。
水で戻すとかなり膨らみますし、たんぱく源としては安いのに優秀です。
例えば大豆だと、100gあたりのたんぱく質で比較すると
牛肉鶏肉豚肉のどれよりも多いそうですよ。


で、それぞれの豆ですが
最初に買ってみて今でもよく使うのが
ひよこ豆*(ガルバンゾー または チェチ とも呼ばれます)

ひよこ豆が多分一番食べやすくて、他の豆より圧倒的にこれを食べてる気がします。
ベジになるまで聞いたことがなかったんですが、癖が無くておいしい。
ほくほくしています。
ファラフェルやフムスにもチャレンジしたんですが、なぜかあまりおいしくできず…
一番ヒットだったのは固めてコロッケにしたものでした。
こっちは私でもできたので失敗しにくいのも大きなポイントです。
つぶしにくい(茹でてもぐだぐだにならない、固めの)豆なんですけど
強引に小麦粉で固めてハンバーグっぽく焼くのもおいしかったです。
油で焼いた小麦粉の香ばしさと豆のほくほく感が○。ちょっとナゲット的な感じ。
ケチャップとかかければおかずになります。
最初は1kgの豆を買ってたんですが、よく使うので水戻ししたり茹でたりが面倒になり→
次に水煮になっていてすぐ使える、オーガニックの缶詰入りのものを買い→
今は水煮になっていて安いソル・レオーネ(豆230gで210円)の紙パック買ってます。
ついでに書いておくと
ひよこ豆がちょっとだけ入ってるスペルト小麦の「ファッロ・コン・チェチ」は
あたためるだけで食べるよりオリーブオイルをかけるとおいしくなりますよ。


それから
レンズ豆*(=レンテーハ、レンティル、レンティッキエ)

茶色いのや赤いのがあるように見えますが、
が茶色や緑で
皮をむいた状態が赤や黄色のようです。
皮にわずかに臭みが目立つものも時々あるので、
レンズ豆が初めての方は赤レンズ豆の方が失敗は少ないかなと。
他の豆は水で戻しておく必要がありますが、これは小さくてすぐに煮えるので
戻す必要なし。すぐ使えるのが便利です。
アメリカの健康雑誌で、大豆と一緒に世界の5大健康食品のひとつにも選ばれたとか。
味は普通です。スープとかに入れるのがおすすめ。カレーでもいいんですが、
ナチュラルハウスのカレールウに皮付きのレンズ豆を入れたらあまり合わなかったんです。
普通の日本カレーじゃなく、インドカレーっぽいのを作るならカレーもいいかも。


キドニー*(いんげん豆。キドニーでも商品によって呼び方が違うので調べたら
いんげん豆 っていうのが大きな種類で
金時豆・うずらまめ・大福豆はいんげん豆の中の種類らしいと初めて知りました)

結構、缶詰で売っている場合もあるので入手しやすいかも。
スーパーで投げ売りしてたのをゲットして初めて食べました。
独特の感じ。味は甘くなくて大きいあずき、という印象でした。
そのままサラダに入れる手もありなのですが、料理もしやすい豆だと思います。
つぶしやすくて加工も楽だし、そのまま粒の状態でスープにも使えますし
チリパウダーを加えた、メキシカン系の辛めの料理によく使われるようです。

それからもちろん
大豆*。
スーパーで水煮のパックが売ってるのでそれを買って食べてます。
大豆でハンバーグみたいにしようとしても、意外に固まらないんですよ。
固めたそばから、ぼろぼろ落ちてしまって。
豆の味に結構クセがあって、豆の味そのものが目立つ料理に向かないし…。
からあげだったらいけるんですけど、加工食品の大豆からあげの方が気に入ってしまい
なんだかんだで豆腐など大豆加工食品に流れてしまいます。
大豆ばっかりになってもよくないですしね。
大豆の加工食品か、豆にするなら大豆以外、の方が多いです。

私がよく使うのはこのあたりです。


kg単位の豆は、ネットではケンコーコムとかでも売ってますし
東京だと御徒町~アメ横エリアに、やたら安く豆を売ってる店があります。
場所忘れちゃったんですがガード下のとこに1軒と、御徒町から上野方面に歩いていって
二木の菓子の方に曲がらずにもうちょっとまっすぐいくと1軒ありました。
水煮は、ソル・レオーネ(イタリア)がひよこ豆・レッドキドニー、白いんげんが
豆230gを210円の紙パックで売っていて安いので
都内の、日本橋三越新館B1のEATALY(イータリー。イタリア食材のお店で、豆は裏の方にあります)で買ってます。
ソルレオーネ、広尾でも見た気がするのですが…ナショナル麻布かなと思うのですが。


自然派インド料理 ナタラジ(銀座)
こんにちは、キサです。

急にカレーが食べたくなって、ナタラジ銀座店に行ってきました!
ベジタリアンの間ではあまりにも有名な自然派インド料理店、実は初体験でした。


というのも
サイトのメニューページがリンク切れで、結構高いのかなーと思って行けずにいたんです。
が、銀座店のメニューを見ると
平日はランチの「カレー・ビュッフェ」が1050円!
(後日追記*値上げして2008年夏には1100円になっています)
これなら全然食べられる!

場所は銀座・松坂屋の向かいの小坂ビル、7~9Fです。
ビルの上の方にも、1Fにも看板が出ています。

エレベーターにも表示が出ているのですが
昼の場合
7F(禁煙)に入るとほぼ自動的にカレービュッフェになるようで
9F(分煙)は、その他のランチメニュー、とカレービュッフェの模様。
というわけで7Fに。


メニューはまずはターメリックライスがたっぷりあります。くせのない黄色いごはんです。
カレーが4種、日替わりのようでしたが、
今日はパンプキンカレー(甘口・乳製品使用)
   カリフラワーとじゃがいものカレー(中辛)
   グリンピースとじゃがいものカレー(中辛)
   ダルカレー(豆カレー。小辛)でした。
辛さだけでなく乳製品使用も書いてあってヴィーガンにも親切だし、
3種でも十分充実してます。4種とも乳製品を使っていない日もあるようです。


カレーは中辛でも比較的やさしい味な気がします。自然派のなせるわざでしょうか。
スパイスは効いてるんですけど、攻撃的な辛さじゃないんですよ。
角がなく、味わいながらじっくり食べられるカレー。食べやすいので食がすすみます。

ナンは卵・乳製品使用です。
大きいのを程よい大きさに切ったものが、お皿にたくさん置いてあります。

それととなりにサラダがあって
飲み物はコーヒーと紅茶がありますが、お水も一緒にあるので自分で注ぎ足せます。

デザートは1種類、乳製品の「キール」というもので、
ライスをミルクで煮たものにナッツとレーズンが入っているというような説明でした。
甘くて冷たいミルク粥…という感じでしょうか。

全部!おかわり自由!なのでおなかいっぱいになれます。
時間は90分間までだそうです。
程よくにぎわったお店で、サラリーマン・OLの方もいっぱい来てました。
これはいいお店かも。
きつくないやさしい味でおなかいっぱい。また来たいと思えました。

デザートのキールとナンの話は続きにちょっとだけしています。
ラクトベジまたは卵乳製品OKの方は続きをどうぞ。
つづきを表示


The Pantryのベジーバーガー(丸の内・六本木など)
こんにちは。

数年ぶりに、台湾出身の知人に会って
ベジタリアンになった話とか素食(台湾の菜食料理)の話とかしたら
「(台湾)住んじゃえ」って言われたキサです。

今回は「ラクトオボ・ベジタリアン向け」のベジーバーガーの話です。

ラクトオボベジOKの方は続きをどうぞ。
つづきを表示


アキバトリムと女性向けの秋葉原
今日オープンだったアキバトリム(AKIBA TOLIM)、
OL=女性もターゲットだというコンセプトにつられて行ってきました。

tolim

同じく20代女性へのちょっとしたプレゼントを探しに、
2Fのミニプラ(小さいソニプラ)と
レッグナビ(ストッキングとかレッグアイテムのお店)
目当てで入りました。

結局買わなかったのですが、
2F、いくつもお店をつめこまれてるので
びっくりするぐらい1店舗あたりの面積が狭い
=物も期待より少なかった、という感じで…

このビル、駅ビルというより
大きいコンビニ」だと思うことにしました。
1Fのコンビニは広くて昼食とかお菓子買うのに使えそうですし
(東京土産だけじゃなくオタク系のアキバ土産も置いてあってちょっと笑いました)、
緊急にストッキングいる時は上のレッグナビとかミニプラ、みたいな。

あと書泉が近いのになぜかワンフロア本屋だったり
無印もワンフロアですが、なんとなくもっと広い無印も多い気がするし

フルラインナップを目指したというより
規模が大きくなくても、少しずつ寄せ集めたビル、というふうに感じました。


来週オープンする向かいのレストランビル・chompchomp(チョムチョム)も、
20~30代女性ターゲットらしいのですが
…興味があるのはかまくらの豆腐料理!と、
イタリアスペインの小皿料理、ぐらいかな?

前からアキバをうろうろしてる身としては
なぜ急に女性をターゲットにした店が続くのか、かなり疑問なんですよ。
ヨドバシAkiba以降、ファミリーとか本当に増えたからかな。
男性いっぱいいる→ファミリーも来た→次は女性!みたいな流れでしょうか。

ブックオフも来週できるそうですが、関東最大級店舗になるらしいので
これは元からいるアキバ住民にも便利になるかも。
どこも日々変わっていきますね。


キング製菓の植物性クッキー
こんにちは、おみやげでいただいたジャスミン茶が個人的ブーム中なキサです。

カフェイン入りの飲み物はかなり久しぶり。意外に何にでも合いますね。
の形になっていて(こういうタイプはわりと高いらしいのですが)
お湯を入れるとだんだんほぐれて広がっていきます。

これ好きじゃない人にはくさいだろうなーとは思うのですが
ハマってくると 温かくて香りが感じにくいうちは物足りないぐらいなんですよね。
冷まして風味を楽しんでます。


長い前置きはこのへんにして。


お菓子、まだまだ引き続き探しては手を出しているのですが
純植物性のクッキーを買ったら、すごくお気に入りになってしまいました。


キング製菓から2種類、植物素材のクッキーが出ていて
1つめがこの「うの花クッキー」です。

ショートニングを使っているのですが、
そのショートニングが植物油からできていることが明記されています。
おからと豆乳を使ってるみたいで、
それだけ聞くとちょっとダイエット用クッキーみたいな雰囲気なんですけど

でもこれがおいしいんですよ!

一枚は薄くて小さめですが
食べた感じもサクサクして軽いし、さっぱりして甘みがあります。
あんまり味しないかなと思ってたんですけど、全然そんなことなくて
じわっとくる味わいなんです。素材のやさしさです。
やたらハマってます。
人と一緒に食べてたらこれおいしいねって言われちゃいました。

そしてもう一個がブランクッキー

こちらもショートニングが植物性油からできているのがはっきり分かる
ヴィーガンクッキーです。
全粒粉が入っているこちらの方が、甘さは控えめかもしれません。
ブラン+全粒粉で食物繊維たっぷりです。
同じく薄めでやさしい味。全粒粉とはいえ、きめが細かい方なので、食べやすいです。


原料が原料なので、ヘルシー指向の方が買うことが多いのかもしれないのですが
個人的に味が好き。なので色んな方におすすめしたいです。
ナチュラルハウスとかでもネットでも手軽に買えますよ。
特にうの花クッキーは真剣に買いだめを考えてます。


ベジのよく利用するお店一覧
ベジタリアンの食べる/使うものが売っているお店は少ないので、
自分の愛用品を売っているお店を把握するのは大切なことだと痛感しています。
今回は私がどういうで買い物をしているか、軽くまとめておきます。

*実店舗*
ナチュラルハウス(青山本店、日本橋高島屋、有楽町イトシアなど)
    一部の食パンやカレーなど、ナチュラルハウスオリジナル商品に
    ヴィーガンOKのものがあります。
    三育やsofaさんの商品なども買えます。
クレヨンハウス(渋谷・表参道)
    コスメなど生活用品が充実しています。
    表参道に行くとナチュラルハウスと両方チェックします。
ボンラスパイユ(西武新宿ペペ。新宿ルミネ店は2008年7月末で閉店)
    自然食品店。ここも食品がメインです。
    ベジでない商品も多いですが、探せば意外なベジ商品があります。
    オンラインショップもあります。
リマ新宿店 マクロビオティックなものが色々売っています。
        オーサワジャパンの商品を全品取り扱っています
ナショナル麻布スーパーマーケット(広尾)
          輸入ものを扱っているお店で、
          自然食品店などとは違う独特のラインナップです。
          ベジのお店ではないのですが、
          たまにヴィーガンOKで他には売っていないものが見つかります。
          ヴィーガンアイスのPurely Decadent、
          PITA THE GREATのピタパン、
          ヴィーガンチーズのSheeseなどがあります。
エコロジーショップGAIA(お茶の水、代々木上原)
          食品以外にも書籍や日用品、コスメがあります。
          こちらもオンラインショップあり。
          私は玄米ラーメンなどを買うことが多いです。
東急ハンズ銀座店ナチュラボ丸の内コレド日本橋3F
          スキンケア・ヘアケアなどでヴィーガンものが色々見つかります。
          オーブリーオーガニクスやネイチャーズゲートはどこも扱っていて
          ナチュラボにはトリロジー、ヴェレダ、ラヴェーラなど、
          ハンズ銀座にはハウシュカ、ロゴナ、ラヴェーラなど、
          コレドにはMARKS&WEB、コスメキッチンにマルティナ、giovanniなど。
LUSH 若い女性に人気ショップ。シャンプーや石けんなど。
    オンラインショップもあります。

*楽天ショップ*
ケンコーコム
爽快ドラッグ…どちらも税込3990円以上購入で送料無料、この便利さにつきます。
       長期キャンペーンでもっと送料無料金額が下がることもあります。
       月に何度かポイント10倍キャンペーンがあるのでその時を狙います。
       三育や桜井食品のベジ食品、マジックソープ(ヴィーガン石鹸)、
       ECOVERやattitudeなどのヴィーガン洗剤はどちらにもあり
       ケンコーコムにはロゴナやニールズヤードなどの化粧品が、
       爽快ドラッグにはヴェレダの化粧品があります。
おおばこ 「5個まとめ買いすると1個おまけがつく」で有名なお店。
     買いたいものがある時にはおすすめです。5000円以上で送料無料。
Natshell ベジタリアン、ヴィーガンの楽天ショップ。
     薄いものならメール便でも送ってくれるので便利です。

*楽天以外のネットショップ*
わらべ村 ヴィーガンの食品や日用品を広く取り揃えている、安心して買い物ができるお店。
     税込15000円以上購入で送料無料。
テングナチュラルフーズ アリサンのお店。こちらも食品メインに種類が揃っています。
            送料無料金額は10000円からです。
            ベジ商品を多く輸入しているので種類豊富です
 ほかに「かるなぁ」という有名なベジタリアンショップもありますが、
 私はまだ利用したことがありません。


ペル・グラッツィア・デル・ソーレ(丸の内・有楽町)
諸事情で外食が続いてます。キサです。

とってもおすすめのお店を発見してしまいました!


私、メイン行動範囲が日本橋~東京駅あたりなのですが
このへんて都会のはずなのに全然ベジタリアンOKのお店がなかったんです。

ずっと探してたんですが、ぼーっと読んでたOZ magazineの銀座特集で
「予約で野菜だけのコースも対応」みたいに書かれてるお店を見つけたのです。
ペル・グラッツィア・デル・ソーレ
どうしても行きたくなって飛び込みました。

有楽町線/有楽町駅、三田線/日比谷駅両方から直結、東京駅からもそう遠くない
国際ビルB1(通称「クニギワ」)のすみっこのお店です。
見た感じほんとに「モダンなイタリアン」という感じ。


メニューを開くと
普通に肉とか魚介を使ったメニューに並んで
星マーク★付きで「動物性抜き」と表示されてるメニューがあります。
温かい料理の中では季節野菜のフライ。パスタはペペロンチーノです。
それと、メニューに違う星☆で動物性抜きにできるメニューが明記されています。
すごい親切でちょっと感動。数もいくつも揃ってます。

「動物性抜き」っていうのは、例えばリゾットだったら
バターを使った味付けなのをバター抜きにする、という感じのようです。
ぜっかくなので「雑穀、豆、野菜のリゾット」(1800円)を動物性抜きで注文してみます。




「抜き」っていう表現が気になりながら、どうかな~と思って食べたら
(゚∀゚ *)これがとってもおいしい

ほんとにうちでは作れないプロのおいしさ
色んな素材を生かした複雑な味わいなのに、きっちりまとまって構築されてて
豆も結構大きいのを使ってるんですけど、調和が崩れないんです。
そして全然バター「抜き」とは思えない満足なお味。味がいいとしかいいようがない。
オリーブオイルを使ってるのかなとちょっと思ったのですが。

ベジのお料理だと、味気なかったり、量が少なめのお店が多いのですが
ここなら本格的なお料理を好きなだけ楽しめます。


色々頼むとお値段高くなっていきますが、お店の方々の対応もちゃんとしたお店です。
イタリアン好きなのですが、友達を誘ってごはんとかデートとかにも良さそう。
今度はひとりじゃなくて、人とまた来たいな。
動物性ありのメニューも充実してるので誰とでも来られそう。
お酒苦手なので頼めなかったのですが、ワインも種類が揃っているようでした。

なお、ベジタリアンへの対応についてですが
ランチは忙しい時間の対応はできないこともあるので予約。
ディナーはどの時間も対応。
それと予約で、ベジ対応のコースも受け付けてもらえるそうです。


自分で分からなくて困ったので営業時間(2008年3月31日確認)だけ載せておきますね。
PER GRAZIA DEL SOLE(ペル・グラッツィア・デル・ソーレ)
Lunch:11:30~14:30(ラストオーダー14:00)
Dinner:17:30~23:00(ラストオーダー21:30)
電話番号はクニギワのサイトに載っています。
繰り返し行きたいお店ができて嬉しいです。東京駅付近でお探しの方に、おすすめです。




Copyright © 今日のごった煮。. all rights reserved.
まとめ