今日のごった煮。
   日々の気になることや好きなもの、画材レビューサイト「Prismatic Colored Fancy」関連記事、ベジの生活情報など。        一言で言うと「ごった煮」。たまーにこっそり更新しています。
JINS PC、JINS SCREENのゴムパーツ無料交換
こんにちはキサです。
最近うれしかったことを1つご紹介します。


私、ブルーライトを気にして
JINS PC時代からのJINSのPC用眼鏡(ハイコントラストレンズの方)愛用者なのですが



メガネの耳にかける部分のゴムのパーツが、経年で崩壊してボロボロになっていて
(「ラバーモダン」というらしいのですが、パーツの名前を知りませんでした)
加水分解なのか、なんかベタベタしてるだけじゃなく
ついに中の金属が露出するまでになってしまい
ほんとに買い替えないとダメかな?と思っていたところですね

JINSのお店に持って行くとゴムパーツをタダで交換してもらえるらしいことを知りまして
行ってきました。
結果。


無料交換でした!


現行のJINS SCREENじゃない
JINS PC時代の古いモデルでも普通に&無料で交換してもらえました。
当日中、時間は10分以内くらい?で交換してくれます。

あと
何も言ってないのに、蝶番のネジがきっちりしめられていました
(手元に戻って来たら、なんか新品みたいにしっかりしてた。)
というか、自分では緩んでたことにも気付いてませんでした ←ひどい


お店のお兄さん超親切。
JINS最高。
PC用メガネって元々4000円くらいでそんなに高くないのに、
ここまでしてもらって申し訳ないくらい。
皆さんも、もしラバーが傷んでたらお店に持って行くといいですよ!

これが交換できるということは
レンズとフレームさえ無事ならいっそう長く使えるわけで、
よりJINS SCREENをがっつりおすすめしておきます。
実店舗や公式サイト以外に、Amazonからも購入できます。
スポンサーサイト


今治謹製 白織バスタオル
こんにちはキサです。
今日は、最近使っているものの感想を書きます


今治タオルって、すでにブランド化してるじゃないですか、
その中に「白織バスタオル」っていう
木箱に入ったギフト向きの商品があるんですけど


このバスタオル 小さすぎ
手元に届くまで知らなかったんですけど、サイズが60×110cmなんですね
(比較として、無印のバスタオルは70×140cm
 私が一つ前に使っていた「風で織るタオル」のオーガニック1は72×145cmでした。
 タオルブランドの内野だと、スモールバスタオルが50×100cm
 バスタオルが60×120〜70×140cmらしいです)。
幅60cmは別に困らないんですけど
110cmはもう、体に巻くにもギリギリだし、背中に回した状態では腕も拭けないし
ギフトっていうけど、成人男性へのギフトにはできない、と思うサイズで

タオルとしてはちゃんとして良いと思うんですけど、
もう小さすぎてそこにコメントが集中してしまいます。
140cm台の祖母と2人で使うつもりだったんですけど
祖母なんて小さいからって自分で使わず 産まれて来るひ孫に贈ろうとしています(マジで)
こんなことあります?
贈るなら、小学生くらいのお子さんのいる家宛てだったらいいかも。

私は責任とって使います。使ったら慣れてきました。
今までの普通のバスタオルとは違う使い方で、くるまずに拭けば普通に使えます。


ギフト用にパッケージングされたバスタオルでも 普通に選ばず
サイズチェックしてから買わないといけないと初めて知りました。
人の家に贈ったんじゃなくてほんとに良かったです…。


楽天kobo Touch
今、
楽天で10000円以上購入してエントリーすると
楽天の電子書籍リーダー「kobo Touch」(6980円)が無料でもらえるクーポンが
抽選で5000名に当たります
色もクーポンでの引き換え時に、4色から自分で選べますよ

キャンペーンアドレスは
http://event.rakuten.co.jp/campaign/kobo/20121210/
キャンペーン期間は10日から20日9:59までです

最近色々な電子書籍リーダーが出ていますよね。
リーダー本体が普及しないと業界内でリードできないというところがあるせいか
実はこのキャンペーン、先月下旬にもあって、その時は3000名プレゼントだったんです。
で、私はそのときにもらったので
入手して思ったことメモを書いておきますね。
私は電子書籍リーダーはじめてなので詳しいレビューや比較はできないため
雑談程度にお読みください


本体
・とにかく薄くて軽い、それは感動
・昔の電子手帳とか、あと電卓みたいな、光らない白黒の液晶で目にはとてもやさしい
 上位機種のkobo Gloには電気が付くものの、暗いとこで読む習慣等がないため
 電気がついたほうがいいなと思ったことはなし
・よく分かんなくなったらホームボタンがあるのでそこを押すとはじめに戻れて安心

・「あれ?タップしても反応しない」というときは
 違う指で押してみると普通に反応したりすることも
 (私、手荒れするほうなせいか、親指だと全然反応せず、中指で触ったら反応しました)
 反応しないことがある人はタップに反応のいい指を知っておくと良い
・ページの表示速度はまだ向上の余地あり?
・本を読みかけで電源を切るとその本の表紙が表示された状態のままになる
 (電源オフでも絵が表示される)ので
 かっこいい絵が表示されたままにできて面白い
・電池のもちは良い


本を探す・買う
・無料本に関しては青空文庫(著作権切れの無料本。森鴎外とかあのへん)は色々ある
 ただしカラマーゾフの兄弟が1巻しかなかったりと完全な品揃えかは疑問
・有料本は電子書籍としては思ったほど安くない
・新しい書籍はまぁまぁ入っている(天地明察とか聞く力とか)
・集英社の新しい漫画は結構入っている(ONE PIECEとかジョジョとか)
 集英社でも古いと入っていない(聖闘士星矢とか)
・koboのソフトの出来が悪い。
 PCサイトでの検索で表示される書籍が
 ソフトでの検索では表示されなかったりする
 そして動作が重い
・ソフトの購入の設定ははじめは「かんたん購入」というクレジットカード決済になっている
 楽天ポイントを使いたい人は先にポイント利用できるタイプに設定を変更しておくと安心


本をダウンロードしてみる
・ダウンロード通信にはまぁまぁ時間がかかる
・普通に読める
 普通すぎて感想がこれしかない
・何ページか連続でめくるのができなくて不便
 このへんをもう一回読み返したい、というときにページ指定で戻ったりとかはできず
 バーでスクロールしておおまかに移動したあと1ページ1ページめくらないといけない
(一切前のページに戻らないタイプの読者、あるいは書籍 だったら何でもないと思います)
・読んだところまでで勝手にしおりがはさまれる感じで
 もう一度読み始めるときに手間がゼロなのは良い


とりあえず漫画を買ってみる(ジョジョ5部の1巻です)
・見開きが半々で表示されてるのは仕方ないとはいえ気になる
・フリガナが小さすぎてギリギリアウト(読めないときがある)
 普通に読むのには支障はない
・自分でも描けるくらい漫画に慣れていると
 これ解像度低くない?とちょっと思わなくもないかもしれない


kobo Touchは買いかと言われたら、友人や親類に話すとして正直に考えると
「気になるなら、もともと楽天で1万円買うものがある人が
 エントリーしてクーポンもらうくらいがいいんじゃないかな」と。

ある程度のところまでは来ている機種だとは思うんですが
買うにしても、多分今後、もっといい機種が出るんじゃないかと思うんです、
たとえばもっとタッチに反応がいい機種とか。
ページの表示速度がもうほんの少し早くなっている機種とか。
今買うならkobo Glo(今回気になった解像度・表示速度ともにTouchよりいいそうです
7980円でもその点が改良されてるなら結構いいリーダーなのではないかと)にするか、
システムや書籍数もまだ発展途上なので
急がないなら本が増えて他の機種が出るときを待ってもいい、が私の意見です。


東京スカイツリー、初日に行ってきた&まとめ
こんばんは

実はきょう

東京スカイツリーにのぼってきました
skytree20120522open.jpg
雨だったんですけどチケットあるし実験台のつもりで450mまで行った、
オープン初日の個人的印象のまとめです


・思ったよりも殺人的に混んでない
(安全性や快適性のためか、チケット枚数が絞られてる模様&
 団体の人たちは時間で移動していくので窓辺に陣取るのは余裕)

・350mの展望デッキまで行くエレベーターは速い。気圧変化が耳にくる

350m展望デッキ
skytree20120522-350.jpg
・車とかすごい小さいので高いのは分かるものの
 景色自体が美しいわけではあまりない。
 東京って別に景色が綺麗な街ではない上に、すっごい微妙なななめ上からの建物とか…。
 高いぶんひたすら広範囲は見えるものの、天気がいいと富士山見えるそうなんでそれくらいかと
 ただし夜景は素晴らしいと思います

・もし曇り以下(雨など)の悪天候なら
 雲が常に動いてる=粘ると見えたりするので、気長に窓付近にいると気休め程度には見える
 初日は1日雨で最初は真っ白だった→粘って見えた
skytree0522-350-before.jpg
skytree0522-after1.jpg
skytree0522after2.jpg
tokyoskytree20120522after3.jpg
(半分くらいは見えたって感じです、晴れてればもっと果てしなーく広がるはず)

450m展望回廊
・展望回廊はもっと高いので当然もっと視界条件が厳しい、雨の日ならやめた方がいいかも
 初日はほぼ視界ゼロ(一瞬見えたくらい)

・展望回廊までのエレベーターは晴れていればすごいはず

・エレベーター降りてすぐが最高地点ではなく螺旋状に少し上ると最高点がある
sorakarapoint.jpg



全体として
ツアーで行くのはハイリスクと予想。
 事前予約で天気が分からないのと、時間が限られ天気が微妙でも粘れないため。
 少なくとも梅雨はやめたほうがいい。
 のぼるなら天気がいい日に当日券で行くべき。
 予約するなら当日の天気が悪いとただ白いだけという覚悟が必要


現地に行って気づいたんですが
スカイツリーは見えてるときが行き時です。
簡単に言うと、下からあるいは二駅くらい遠くから見て
下から展望台が見えなかったら 展望台からの景色も見えません
真っ白いと元とれないんでぜひ参考にして下さい。


スカイツリーは行く価値があるのかという点ですが
一人や友人など費用が各自もちならまぁ話題性こみでアリかもしれないですけど、
家族で行くにはかなり高くつきますよね。
元をとったという満足感には、天気の良さや
もともと高いところや高いところの景色が好きという、個人的な加点が必要かなと。
強い興味があるならアリだと思います。


これから個人撮影の写真とか映像も出てくるはずですし、
どんな感じかは分かってくると思うので
当日券販売になって以降の、
天気の良い日を待ってまったり行けばいいんじゃないかなと思います。
晴れた日の展望回廊エレベーターの映像、誰かYouTubeにアップしてくれないかなーと
ちょっと期待しています。


Prova、Tretta等、よく似てる本棚の違い
本棚を買ったんですが、
見た目が似てるものや、モノは同じなのに値段が違うものが多くて混乱したので、
分かったことをメモしておきますね。
情報を探してる方の目にとまりますように。


ProvaとTrettaが同じもので
(値段は違いますが、Trettaを頼んだら思いっきりProvaが届きました。
 輸入時の品名がProva、商社での取扱名がTrettaなんだそうです。
 ごく稀に、Prova Tretta 両方の名前が併記してあるショップもあります
 Trettaの方がやや高くなっているので、Provaを買った方が安く済むかも)
中国製です。
Prova・Trettaには別売りの扉が付けられます。

ceilingはtrettaと同じ系統で、ceilingの方が古いモデルみたいです。
扉は別売りされていません。
(追記:コメントにあるように、日本製です。)

ウォルディーが日本製で
幅が少し大きい(Provaで45cmなら、ウォルディーは実寸46cm)です。


(追記:他にも、奥行きと仕切り板の違いについてコメントをいただきました。
    参考になさってください。)




Copyright © 今日のごった煮。. all rights reserved.
まとめ